hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

宗派の違う供養、海外の考え方はだめですか

回答数回答 2
有り難し有り難し 18

昨年、父方の祖父を亡くしました。
先日、母方の祖父を亡くし、
葬儀を終えたところです。

今も悲しく辛いのですが、みなさま尽力してくださり、良い葬儀ができました。
今もそこで見守ってくれているような気がします。

おじいちゃんが大好きでした。
ずっと忘れたくありません。
お盆には必ずお墓参りをしますし、これからもそうします。

話は変わりますが、祖父たちの宗派をよく知らないのですが(無知ですみません。)
私も特定の信仰があるわけではありません(ごめんなさい)
私は死について考えるようになり、世界の考え方を少し調べました。
メキシコの死者の考え方がとても素敵だなと思い、
お盆には変わらずお墓参りはしますが、
11月も、写真を飾り祭壇を作り、祖父を思い出したいなと思いました。

そしたら年に2回祖父に会えるのでしょうか。
やはり、海外の考え方は、意味がないでしょうか。

2020年1月28日 1:32

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

良いと思います

お悔やみを申し上げます。

 日本人はハロウィンをしてクリスマスをして、お寺で除夜の鐘をついて神社で初詣をしています。日本人の信仰はこんなに入り混じっているのに、まだらにならず、きれいに混ざりあい信仰されるのが良いところです。メキシコの「死者の日」をお祝いするのも良い事と思いますよ。ちなみに沖縄では二十四気の一つである「清明」(せいめい。沖縄では「シーミー」と読む)の日に、死者のお祭りをします。4月ですので、これもお祝いすれば、お盆と合わせて年に3回ですね。

2020年1月28日 7:32
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

ミルキーさんなりの御供養となれば、それでいいと思います

 メキシコでそういう行事があるんですね。

 私の寺の先代住職はブラジルで布教活動したことがあるので、ブラジルの日系人の方々とそこそこ交流があります。また、2回ほどブラジルに行ったことがあります。ブラジルでも11月2日を「死者の日」と言って、多くの人々がお墓参りに行きます。日系人の方々は「ブラジルのお盆」と言ってました。岡村淳さんというサンパウロ在住の映画監督が撮ったドキュメンタリー映画で「死者の日」の墓参風景を見たことがあります。夜に多くの人々が手にローソクを持ち行列する映像は、とても幻想的でした。

 光禅師が回答で沖縄のことに触れてましたが、沖縄では門中墓といって一族みんなが同じ墓地に入る場合が多く、洞窟のような墓地の前に一族集まり食事をし泡盛を酌み交わしカチャーシーを踊る。そういう墓参りが一般的なようです。秋田県でも、お墓の前に家族みんなで座り食事をすることが多いそうです。
 山形県庄内地方では、8月下旬に亡くなった先祖の霊を山に送る「モリ供養」という行事があります。いろんな地域でいろんな形で亡き人への供養が行われています。其々の行事、其々の参拝方法に相応の由来や意義があると思います。「みんな違って、みんないい」と思います。ミルキーさんにとって「メキシコの死者の日」が心に響くなら、それを取り入れてみることは大いに結構なことだと思います。

 多くのお寺で団参(団体参拝の略称)といって、宗派の本山やいろんな名刹を参拝する旅行を企画します。私の寺でも、何年に1回の割合で企画して参拝旅行に行きます。参加者への挨拶で「参拝旅行は一種の武者修行です。自分の見聞を広め自分の信仰を深める旅です。禅宗には歩歩是道場という言葉があります。我々の歩く一歩一歩の其の場所が修行道場である、という意味です。この旅の行く先行く先を修行道場として下さい。尚、皆さんにとっての一番の修行道場では、皆さんの菩提寺である〇〇寺です。そのことをお忘れ無く。」と申し上げております。

 いずれは、お祖父さまの菩提寺や宗派のこともしっかり学んでみましょう。

2020年1月28日 9:28
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

「供養全般」問答一覧

兄の自死と供養

初めて利用させて頂きます。 同じ境遇の方々への返信を読みながら涙が溢れました。  兄の死から5年、恐らく今日あたりが命日です。 子供達が寝静まり今夜は涙が止まらず、ここへ辿り着きました。  突然の自死、真坂の出来事でした。10代から運命の歯車が狂い悩み続けた36年間だったと理解しています。家族も苦しみ悩み悲しみました。何故こんなにも兄だけが不幸なのか、最後は自死を選ばなければならなかったのか。5年経ってもまだ現実ではないように感じてしまいます。 私よりも現実を受け入れられない母は人が変わった様で、父方の親族へはまだ話しもできていません。 また、遺骨はそのまま家にあり供養もできていません。 父が戒名と兄の友達がお経をあげてくれたりはしましたが、時間が止まった様な状況なのです。 このままでは報われないと思い、色々と調べていますが金銭面での余裕があまりなく悩んでいます。  どう考えてあげれば兄の為になり、どうしてあげる事が兄や家族の為に一番いいのか教えてください。  また、私はこの事で旦那からは酷い言葉を言われ不信感が募り色々あり離婚しました。 人の死に方が人にはいえない様な死に方でも、故人を馬鹿にする様な人が夫である事に吐き気がしました。今でも怒りの様な感情と私の子供達へは死に方を伝えられていないので後ろめたさを感じてしまいます。 どこにも、誰にも言えない心の内が爆破しているようです(涙

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

姉の供養について

姉が亡くなりました。事情があり10年以上も疎遠でした。波乱万丈な人生で周りにも迷惑をかけてきた姉でしたが、根は優しい性格で私も昔は可愛がってもらいました。 自殺ではないのですが、ずっと自殺願望がありさみしいとずっと思っていたみたいです。 姉の一人暮らししていた部屋に行きました。20年も前に私が書いた手紙をずっと持っていてくれました。写真などもたくさん出てきました。 私は自分の生活を守る為に、姉に優しい言葉もかけず冷たい妹でした。何かしてあげれなかったのか...今は辛く寂しい気持ちです。 遺骨は姉の旦那さん(籍のうえで)が持ち帰りお寺に納骨すると言っていました。私は分骨してもらい、今は自宅の父のお仏壇に。もう少ししたら、父の納骨堂に納骨するつもりです。 事情があり、お葬式もあげてなく火葬の時にお経をすこしあげてもらっただけです。今は毎日、般若心経をあげています。 そこで教えてください。 1,般若心経以外にもお経をあげたいです。どのようなお経をあげたらいいですか?(浄土真宗です。) 2,納骨後も家のお仏壇でも供養したいのですが、戒名もこちらにはなく、(姉の旦那さんは戒名をつけてくれたかは分かりません。)自宅のお仏壇には姉の写真だけしか残らないのですが、それでも姉がいるお仏壇として供養できますか? 3.今後、一周忌や、三回忌、、、ずっとお経をあげていきたいのですが、お経の本とかがあれば教えてください。 生きている間に仲良くなれなかったことはとても心残りですが、これから姉が上の世界で成仏できるように供養したいです。 どうぞ宜しくお願いします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

できれば供養したい

父は私が幼少の頃から何度も不倫をしていました。その度に母は傷つきそれを目の当たりにしながら育ってきました。 時は過ぎ、私が中学生の頃父が家を出る形で別居することになりました。私は父のことが嫌いでした。理不尽に怒り、家族を捨てた自分勝手なあの人ことが。その為、別居した1年間ほどは荷物の受け渡しなどで適度に会っていましたが、そのうち父から会いたいと連絡があっても拒否するようになっていました。それでも父はなぜかお金を毎月振り込んできました。私は不思議でした。なんで捨てた娘にここまでするのか。母も養育費を求めていた訳ではなく、父が独断で振り込んでいました。私はそれを成人して父と落ち着いて話ができるようになったとき聞きに行こうと思っていました。 しかし私が高校生の頃、父は亡くなりました。自殺でした。その連絡を受けた時、私は泣いてしまいました。悲しくて泣いているのか、なんで自分が泣いているのかわかりませんでした。あんなに恨んでいた父ですが、思い出すのは優しかった父のことばかり。あんな最低なことをしておいて、なんで勝手に死んでしまうのか。どういう心境でお金を毎月振り込んでいたのか。私のことはどう思っていたのか。愛していたのか。何がそんなに父を追い詰めたのか。沢山聞きたいことが溢れてきました。 父が亡くなった今、私以外の家族は父の墓参りには絶対に行かないと言っています。心の中で私は大人になったとき墓参りに行く権利があるならば行きたいと思ってます。しかし、父を自殺に追い込んだのは私なのではないか、そんな私が行ってもよいものか悩んでます。父がもし私を恨んでたら、私がお墓参りに行った時何か良くないものを持ち帰ってきてしまうのではないかと心配しています。私は墓参りに行くべきでしょうか?父は私のことをどのように思っていたのでしょうか。また今簡単にできる供養の仕方や心持ちはどういったものがありますか。父を思い出す度胸が苦しくなります。回答頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る