hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

転生?

回答数回答 3
有り難し有り難し 47

投稿させていただいた質問に対する回答へのお礼に書かせていただいたのですが

私は動物との縁が深く
死んだ動物、傷ついた動物などのお世話をしたりしています。
動物は天国に行けるか?との質問に人間以外は極楽浄土へはいけないから転生するとのお答えをもらいました。

一年くらい前に突然見ず知らずの子供に抱きつかれて「ありがとう、やっと言えた」と言われました。会ったことがあるのかと聞くと「ずっと前に、ずっとずっと前に覚えてないけど覚えてるよ。」と言われて再び抱きしめられてから別れました。

また、ペットショップでオウムが逃げ出した瞬間に立ち会ってしまったんですけど、その時は肩に止まりながら繰り返し「アリガトーアリガトーアエタアエタ」と鳴かれ、店員さんも若い子で、来たばかりで言葉なんて教えてないのに不思議だと言っていました。

この子達は私が供養をしたり看取っていった動物たちの生まれ変わりなのでしょうか?

また、この子達のために神仏に祈ればこの子達は天国、極楽浄土に行けるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

六道輪廻

不思議なご経験をされましたね。
涼穏さまが体験された出来事、それが過去世においてかかわりのあった動物なのかどうかはわかりません。

地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上
お聞きになられたことがあるかも知れません。六道。生きとし生けるものはこの6つの世界を生まれ変わり死に変わりしている。
「人間以外は極楽浄土へは行けない」この考え方は私も同じです。
仏法に出遇うという事、仏法を聞くということ、仏教の教えを実践するということ、これが大切なことですから。
ただ、人間に生まれたから必ず極楽浄土に行けるかと聞かれるとこれも必ずしもそうではありません。まず最初に仏法に出遇わなければならないからです。地獄に行くか餓鬼道に行くか、わからないところではあります。

浄土真宗本願寺派のご門主は、『世のなか 安穏なれ』という著書の中で、
「動物が死後ただちに極楽浄土へ行けるかどうか、仏ではない私たち人間にはわかりませんが、生きとし生けるものを照らし、仏にしたいと願われている阿弥陀様ですから、人間とは別な手立てをご用意されていることでしょう」  (90頁)

と書かれています。はっきりお答えすることが難しいとも受け取れます。愛する動物の存在をこのようにしかお答えできないのは心苦しいのですが、私どもはこの仏さまの願いを聞かせていただき、今を生かさせていただいております。動物のおかげによって命について考えさせていただくご縁をいただくのも確かです。

「一切の有情はみなもつて世々生々の父母・兄弟なり。いづれもいづれも、この順次生に仏に成りてたすけ候ふべきなり。」(歎異抄5章)

浄土真宗の祖、親鸞聖人が生前に語られたといわれる言葉です。生きとしいけるものは皆兄弟であると。生まれ変わり死に変わりし、必ず人間に生まれ、仏法に出遇い、極楽浄土に生まれさせていただく。仏にならせていただくのだと。動物も人間も、死ねば別の命に生まれ変わる。それがまた動物なのか人間なのか、はたまた地獄なのか極楽なのか。
いずれにせよ阿弥陀如来の救いに遇わなければ生死を離れることもできず往生浄土もかないません。

※申し訳ありません。主に浄土真宗の視点からの回答となりました。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


阿弥陀仏にお任せ

不思議な体験でしたね。
その子達はあなたが供養した子の生まれ変わりかもしれません。
または、あなたの前世がその子の前世と何か関わりがあったのかもしれません。
前世で友達だったとか、親子だったとか。

私は仏教なので、神様の事は詳しくはないのですが、阿弥陀仏の事なら回答出来ます。

あなたがその子達の為に阿弥陀仏にお願いすれば、阿弥陀仏はその子達の望みも聞いて、導いてくれるでしょう。

その子達達が極楽浄土を望めば極楽浄土へ、
あるいは、その子達がまた生まれ変わる事を望めば生まれ変わるように、阿弥陀仏は導いてくれるでしょう。

南無阿弥陀仏とお称えして、阿弥陀仏にお任せしましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

動物供養について

涼穏様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

動物たちとのご縁が深くおありであり、動物たちへの慈悲の思いをお持ちでいらっしゃいますこと、誠に尊いことでございます。

輪廻転生については、それぞれの心の連続体(心相続)における行いの集積となる業・カルマの因縁(原因や条件)次第となります。

私たちも、過去世より引き継いできている業・カルマの結果として、人として生まれたり、畜生として生まれたり、あるいは、餓鬼や地獄へと生まれたりとすることになります。

六道輪廻については、人間と畜生以外について、様々な議論がありますが、その心の連続体(心相続)の因縁による多様な迷い、苦しみの状態の代表的なものとして六つがあり(現に、人間としての心においても、餓鬼や地獄の苦しみ、あるいは天人の楽や苦しみを受けることがある)、またこれも因縁次第となりますが、物質的な何らかの形態をとる場合もあれば、微細な意識のみの存在(例えば、意成身)として、迷い、苦しみを受けるということも、もちろんあり得ると考えます。

そういった中において、過去世で、現在存在するものたちとも、何か関係があったということは、当然にあり得ると考えられます。

ですので、お話のようなこともなくはないと存じます。

いずれにしても、お互いにまだまだ迷い苦しみの輪廻にいることには変わらず、できれば、仏様とのご縁を頂戴致して、悟りへの道となる仏道を歩められるようにとして、ご供養や回向をしたりすることが大切となります。

拙生が動物供養において用いさせて頂いている回向文の中には、「(どうか、次には、)浄域(仏様の教えにあずかれる清らかな境涯(浄土や仏国土など)、あるいは、この現世のように仏様の教えがまだ残ってある世界)に生まれて、悟りへの道をのぼらしめたまわんことを」という一節がございます。

次こそは、このご供養、回向も機縁として、確かなる仏縁によりて、善き心の変容をなすことで、悟りへの道を歩める境涯へとなりますように、そして、やがては全ての迷い苦しむものたちが、悟りへの道を歩みて、悟りへと至れますようにとして、ご功徳を頂けましたら有り難いことであるかと存じます。

お優しい慈悲のお心、誠に尊く、有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

有難うございます、皆さんの回答を読んだら涙が出てしまいました。

仏様は人間しか救ってくれない、などと少し斜に考えてしまった時もありましたが今回のことでいずれどの子も救われるのだろうなぁと信じることが出来ました。

合掌

「不思議なできごと・夢を見た」問答一覧

戦争のグロい写真や作品が観たくなる

私は小さい頃から家族に戦争の真実を知る為にと戦争作品を観させられていました。 怖くて何度もうなされたりしていました。 しかし、大人になってからも積極的に作品や写真などを観ていました。 私は戦争の歴史や偉い人の事より、市井の人々がどんな状況だったのかに興味があります。 家族で、当時の人々の気持ちを考えたり、自分だったらどうしたか?などを語り合っていました。 特に満州にいた人の話に強く関心があり、体験談を読んだり、当時の写真をみては、何故か胸が締め付けられるような懐かしさを感じていました。 また霊感か? 新幹線で知らずに戦場の跡地を通過した時に戦の映像が頭に浮かび、調べたら実際に戦地だったり。 寝ている時に頭上にB29が来て、機銃掃射をされる夢を見たので調べたら、空襲で焼け野原になっている地域だったり。 原爆ドームでは見られている感じと、真実を知って言って欲しいと言われた気がしました。 沖縄では戦地には行っていないものの、亡くなられた方をみたこともあります。 精神疾患で寝たきりになった時、凄惨な遺体の写真が頭に浮かんだり、亡くなった方が生きて動いている妄想に悩まされました。 それ以降はみないようにしていたのですが、いわゆる原爆の日や終戦記念日以外の時期、オールシーズン、戦争作品や写真などを観たくなり抑えられません。 最近では、よりグロテスクな物をみたいという最低な衝動にかられて苦しいです。 お坊さんにお聞きしたいのは4つです。 1.亡くなられた方の想いとは? 夫は自分だったら同情されたり、可哀想と思われたくないと言います。 ひとりひとり違うとは思いますが、無念だったり、平和が続くように願っているのではないでしょうか? 2.供養の仕方 今まで真実を知ること、気持ちを考える事が一番の供養だと思っていましたが、最近は資料館などに寄付もさせてもらっています。 他にできることはありますか? 3.グロテスクな物をみたい衝動は何故起きるのでしょうか? 後で思い出して怖くなるのだから抑えたいのに無理です。抑える為の心構えを教えてください。 医者では服薬以外の対処法がないみたいなので。 4.前世の記憶の可能性? 懐かしく感じたり、興味を持つのは前世でその当時に生きていたからでしょうか? たくさん質問してすみません。 ご冥福と恒久平和を願う気持ちはあります。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

不思議な夢と越法罪について

こんにちは。私は色々自分の中で整理ができなかったので質問させていただきます。 去年の4月頃、当時の私はコロナやこれからの事など色々な不安なことがいっぺんに来て心を病んでいました。本当に先も見えない日々で私は、ふと十数年前に見た何かの雑誌の特集の守本尊を思い出し、わらにもすがる気持ちで阿弥陀如来様の真言を唱えました。すると、数日の間に夢に阿弥陀如来様が出てきました。(夢の内容は長くなってしまうので割愛しますが、怖い印象の夢ではなかったです。) とても偶然には思えなかった私は、ネットで色々とどんな神様か改めて調べていました。すると、あるサイトで真言と一緒に印も掲載されていて、迂闊だった私は一緒に印も結ばないといけないと早とちりをしてしまいそこから真言と印を結んでました。 つい先日に、越法罪の存在を知りそれは越法罪にあたるのではないかと、だとしたら自分はなんて愚かで軽率なことをしてしまったと後悔しており、深く悩んでしまうようになりました。また、初めて印を結んだ時から大分時間がたってしまっていたこともあり、記憶も曖昧になってもしかしたら印を結んだ事で夢に出てこられたのではそうすると、ヤバいことをしてしまったのではと段々思考もエスカレートしてしまい自分でもよくわからない状況になってきています。  このような場合は越法罪に当たるのでしょうか?  もしそうだった場合どうすればよいのでしょうか 拙い文章で申し訳ないですが御回答をいただけたらと思います。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

母が亡くなった時の出来事はあり得ない?

2月15日に最愛の母が74歳で亡くなりました。 弱った身体に追い打ちをかけるように病気が増え、 半年間の壮絶な入院生活でしたが、母は本当に頑張ってくれました。 母が亡くなった日の夜中、実家でぼーっとしていると 突然電子音のような音が短く聞こえました。 葬儀場の安置室に居る時、小さくチンとおりんのような音がしました。 通夜が終わり母のお棺の側にずっと居たのですが、 突然プロジェクターが光り、母の遺影の上辺りを照らしました。 「斎場のサプライズでスクリーンで何か映すの?!」と思い、 天井に取り付けてあるスクリーンを見たり、 プロジェクターと青い光が当たってる部分を交互に見てました。 5秒くらい?で光が消えました。 もちろん斎場は真夜中にいきなりそんな事するわけなく。 お経をあげて下さったお坊さんに話しましたら、 『仏教には非科学的な事はありません』と言われ。 そうだよね・・・と思いつつも、 マスクをしてるのに突然はっきり線香の匂いを感じる事があります。 側に居てほしいと願い過ぎて、私がおかしくなったのでしょうか。 何年も闘病して苦しんだ母には 苦痛がない極楽でご先祖様と一緒に最高に幸せでいて欲しい。 朝晩、南無阿弥陀仏を十回お称えしています。 でも私の側にいつも一緒に居て欲しい。 わたしがいつまでもそう思っていると、 私のせいで母は極楽で幸せになれないのでしょうか。 私がずっと側に居たのに、母を助けられなかった。 母に『絶対にこのまま死なさないから!』と言ったのに。 私がもっと早くもっと詳しく、母の病気を調べていたら 母は今も生きていたかもしれない。 時々、母のお世話が大変だと思ったりしてしまった。 そんな事ばかり考えているから不思議な現象が起きるのですかね・・ 私がおかしくなって幻聴幻覚なのでしょうか。 母が『ここは最高だよ!お母さんすごく幸せだから心配しないでいいよ!』 とか言って出て来てくれたら良いのに・・・と思ってばかりいます。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

不思議な出来事の意味を教えて下さい

こんばんは。 よろしくお願い致します。 今日は不思議な出来事だらけでした。 行ったことのない神社の階段を下った直後に左足がガクガク痙攣した夢を見て目が覚めました。 起きた直後も痙攣していましたが、再び目をつぶりました。 今度は眠ってはいませんでしたが目を閉じているのに全く同じ映像が見えて、また左足が痙攣しました。 驚いて目を開けましたが、何故かそのまま目を閉じました。 今度は自分のスマホで何かを検索している映像が見えました。 その後、隔週で行っている父方のお墓参りに父と行きました。 普段はお墓の前で手を合わせると手と頭が少し前後に揺れるのですが、今回は初めて何もなく驚きでした。 いつも起きていることが普通ではないのでしょうが、慣れている僕には何もないことが普通ではありませんでした。 帰宅後に考えごとを楽しんでいたら、突然強い睡魔と頭痛に襲われて眠りにつきました。 また夢を見ました。 知らない人(?)に笑顔で強く肩を叩かれました。 自分より若いであろう男の子でした。 起きたら左肩に痛みに近い感触がありました。 直後に小学時代からの親友から電話があり、飲みに誘われました。 普段は断っても無理やりに連れ出されるのですが、今日は素直に引き下がってくれました。 少し雑談をしていたのですが、普段は「○○○をしろ。」と説教されてしまうことが多いのですが今日は「✕✕✕をするな。好きなことだけをしろ。」と言われ、違和感を感じつつも電話を切りました。 しばらく頭痛はひどかったのですが、突然治ったと思ったら視界が明るく感じ、1人で部屋にいるのに周囲から視線を感じます。 しかし怖くはなく、何故か安心します。 特に頭上からの視線には両親以上の愛情(?)を感じます。 また寒気のような感覚があるのですが、体調不良のようなものではなく温かい寒気のような感覚です。 僕はこういった不思議な体験は元々疑ってはいませんでしたが、心のどこかで(自分は体験することはないだろう。体験した人も少し大袈裟な表現をなさっているのではないか。)と考えていました。 体験してわかりました。 不思議なことはあるのですね。 差し支えなければ、このできごとの意味を教えて頂きたいです。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る