hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

母が亡くなり辛いです。

回答数回答 3
有り難し有り難し 446

昨年秋から闘病していた母が
1月に亡くなりました。
ご臨終に間に合い看護師さんから
「お疲れ様」と言われ、
これでやっと母は身体が楽になったという思いと、私も毎日面会に通い心身共に消耗していたので正直安堵の気持ちになりました。

その後葬儀の準備等いろいろ
忙しく悲しむ余裕もなく過ぎたのですが
亡くなって一ヶ月たち落ち着きを取り戻しつつある今、
急に寂しさと悲しさが押し寄せてきています。母がいなくなって話しが出来ない
ということがどうしようもなく辛いです。

生きる気力も湧かず
事故にでもあってあっという間にあの世に行けないかなぁとか毎日そんな事ばかり考えています。

よく、時間が経てば悲しみも癒やされると言われますが今の私にはそのような
言葉もしっくりきません。
なんとか頑張らなければと思いますが
一日一日を消化するのでいっぱいいっぱいです。

この先どのように生きて行けば
いいのでしょうか。
アドバイスいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

卒哭忌とは、感情に溺れることから卒業すること

  6年前の11月に私の父親は亡くなりました。その4か月後、母親が亡くなりました。実家を離れていたので、入院中なるべくお見舞いに行くように努めましたが、自分の寺の住職としての仕事がありましたので、あまり見舞いに行けませんでした。止むを得ないこととは言え、申し訳なく思っております。
  
  葬式後、「亡くなった両親が喜んでくれるような生き方をしよう。」「亡くなった両親が安心してくれるような生き方をしよう。」という気持ちで、日々精進しなければ、という気持ちでおります。但し、その気持ちの通り100%実行できているかと言うと、残念な結果で終わっているというしかありません。というように、あまり偉そうなことを言える立場ではありませんが、敢えて私がアドバイスを申し上げるとしたら、「お母様の御恩と思い出を大事に、一生懸命生きていきましょう。」この言葉に尽きます。
 
 人間ですから、いろいろと迷いが生じます。後悔したくなるのは、みんな同じです。愚痴を言いたくなることも有ります。泣きたくなることも有ります。しばらくは、そういう日々が続くのもやむを得ないでしょう。

 もう四十九日は終わったと思います。四月になれば、百箇日を迎えますね。百箇日のことを正式には、卒哭忌(そっこうき)と言います。哭とは「泣く」と言う意味の言葉です。一般には「泣くことを卒業する日、泣くことをやめましょう。」と説明する場合が多いようですが、私はちょっと違う解釈をしております。

  百日過ぎても、十年過ぎても、五十年過ぎても、亡き人を偲んで泣いて構いません。但し、泣きっぱなしジャまずいです。お母様も自分の死を悼んで泣いてくれることに感謝していると思います。でも、泣きっぱなしでは、今度はあなたのことを心配し、お母様が悲しんでしまうと思います。何年過ぎたって泣いていいんです。でも、後の時間は涙を堪えて日々の生活で自分のやるべきことを一生懸命に努める。その姿をお母様に見せていくことが、あなたの大事な仕事だと思います。泣く事も大事です。でも、感情に溺れすぎちゃだめですよ。
  お母様は亡くなられて、仏様の世界に行かれました。。あなたが前を向き、今を一生懸命生きていれば、「善哉、善哉。」と褒めてくれます。あなたが頑張って生きる姿を見守っていてくれますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

預かっているのです

今晩は。夜分遅くに申し訳ございません。松阪市養泉寺 釜田隆介ともうします。
ご質問読ませて頂きました。文面からみかん様のお母様を思われるお気持ち大変伝わりました。
お母様が亡くなられた時、みかん様は「これで母もやっと身体が楽になった。」と思われたようですが、実はお釈迦様も死は決して恐怖なのではなく、それは生老病死という苦しみの基盤である身体、もしくは迷いの根源でもある身体から解き放たれることと受け止めておいでです。
お母様も今はきっと、御釈迦様の仰られるように生前中受けたあらゆる苦から脱して安らかに黄泉へと赴かれていらっしゃるのでしょう…。
お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。私達人間は、大切な人を失ってしまった時に悲しみから中々立ち直れなかったり、生きている意味さえも見失なってしまうことがあります。又、みかん様の様に「事故にでもあって、あの世にいってしまいたい。」と死を考えられる方も中にはいらっしゃると思います。しかし、みかん様もそうですしそう言った考えを持たれた方は恐らく、「今自分の持っているこの命は自分だけのものだ。」という思い込み、錯覚によって死にたい気持ちが煙の如くモクモクと身体から湧き出て来ているのです。
この自分のものと思っている命は仏教では仏さんからの預かり物と言われています。今ある、みかん様の命、一人の人間として存在出来ていること、それは紛れもなくみかん様のご両親、更には無数のご先祖様方がみかん様に至るまで命の受け渡しを途切れさせることなく繋いでくださったからこそ今があるのです。ご先祖様から受け取ったこの命は、いつか又仏さんにお返しする時がやってくるのです。その時まで「命ある限り、しっかり生きて行く。」それが遺されたみかん様の使命でもあるのです。人生は晴れよりも曇りや雨が多いです。楽しく幸せな時よりも苦しい、辛い、悲しい時が多いです。みかん様は今とても苦しいです、辛いです。それならその苦しみを懸命に味わってください。その辛さに出来るだけ寄り添ってみてください。そうすることで新たな気づきを発見できるはずです。今生かされておる命への感謝であったり、家族、知人友人への思いやりだったり、色々な気づきを少しずつ見つけては拾い上げ、みかん様がゆっくりでも前進されることをお祈り致します。命をお返しする日まで日々を大切にお過ごしください。釜田隆介 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


少しでも皆様のお気持ちに心を寄せて行けたらと思っています、どうぞ宜しくお願...

みな自らをかけて

こんにちは。お話拝読しました。心中をお書きいただけた事、誠に容易ならぬ事と思い有難く、心中お察しします。
我が母も最近老いが目立ち、「いづれは、そういう日が来るのだな」という事を、ぼんやりと感じております。寂しいです。
先般のご質問も読ませていただきました。その中のお返事にも書かれておりましたが、まさに私たちは命がけで、周りの人たちに教えているのです、「命とは、こういうものだ」と。今あなたの感じている事もまた、命の姿の一つ。「母を失うとは、こういう事なのだ」を、お母様から教わりつつ、誰かに伝えているのです、少なくとも私に。
願わくば、自らも同じ世に命を持つ者として、その大切さをしっかりと抱きしめて生きて頂きたいと思います。
お名前も存じませんが、明日の朝のお勤めで、お祈りさせていただきます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

質問者からのお礼

佐藤良文様
御回答いただきありがとうございます。
母は最期まで必死に頑張って病と闘い
満身創痍で私に生きること、死ぬことを
伝えてくれたんですね。
母には「よく頑張ったね、ありがとう」と伝えたいです。
そして母が教えてくれた命の大切さを
しっかりと胸に抱き生きていきたいです。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

息子と主人に申し訳ない。

色んな方の相談を読ませて頂いております。 思い切って、今回私の内を書いてみようと思います。私は5月に母を亡くしました。急性心筋梗塞でした。父はもう10年前に他界しております。兄弟も居ないので私だけが残り、本当に血が繋がっているのは9歳になります息子だけになりました。 息子は発達障害。将来がどうなるのか不安です。私が死んだらこの子はどうなる。という気持ちだけで生きています。本当の気持ちを言えば母に会いたいです。母は本当に息子を可愛がってくれていました。四十九日を終えましたが何も出来ません。する気力がありません。金銭的にも難しいです。 息子が何かしたら、息子になにかあったら、と。主人は運転免許を持っていないので市外の学校や病院に通っている息子は何かとお金がかかります。それを算出するのもやっとな状態。母の有難みを恥ずかしいのですが金銭面でも感じています。 この現状から抜け出したい。その気持ちはあります。でもどこから手をつけていいのか分からず、気力が無く一日が過ぎていく。その毎日です。働きたくとも放課後デイは延長出来ません。夜一人で過ごしたくても息子が居ます。 母が亡くなってから今日まで泣けずに過ごしてきました。とにかく今は泣きたいです。一人で泣き腫らしたいです。この後悔も自己嫌悪も向き合えない母の死も。総てとは言わずとも一度流したい。誰もいない所で。そろそろ心が壊れてしまいそうです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

妹の死あれから

先月も投稿させて頂いたものです。最愛の妹が亡くなり2ヶ月立ちます。今は仕事行きながら残された母の介護しながらなんとか生きてますが、やはりまだまだ妹を助けられなかった罪悪感で苦しくて本当に地獄です。何故体調悪そうだったのに普通に仕事に行ってしまったのか。電話一本で休めたのに、今まで何度も休んで来たのに何故油断したのか、本当に妹に悪くて悪くて申し訳なくて、まだ40才でまだまだこれからだったのに、薬は昔から苦手で今までも飲めずに重責発作なってたけど、その都度回りの家族が救急車早めに呼んで助かってたのに、今回は家族も年取って亡くなったり、母も認知症でまともなは僕しかいなかったのに仕事なんか行って妹が1人苦しんでたのに死なせてしまって本当に申し訳ない気持ちしかなくて。妹の居ない世界は無意味です。死にたいけど母も居るし妹の為にも死ねない。だから地震や事故にあって死ねるのが理想かなとも思います。もう生きる意味ないです。 薬飲めなくてお薬ゼリーや薬をきったりしてましたが、結局昼飛ばしたり朝を飲んだり夜を朝方に飲んだり朝6時まで起きてたり最後の方はもう生活や服薬がめちゃくちゃでした。全然言うことを聞いてくれなくて、怒ったら泣いて、すねて耳塞いだり最後は僕もよう見んかったです。本当にわがままが酷くて。僕が管理できなかったです。もっと早く嫌がっても泣いても入院や入所させとけば死ぬことはなかったです。日帰りのデイサービスに半日行くのすらめちゃくちゃ嫌がっても泣きわめいて大変でした。僕が最後は疲れてて介護が適当になってしまって殺してしまったと思います。人殺しは死を持って償うべきです。妹はもうトイレも行けない、歯も磨けない、ご飯も食べれない、鼻もかめない、車椅子にも乗れない、見たかったテレビも見れない、iPadも見れない、ゲームも出来ない、本も読めない、絵も書けない、歩く練習も出来ない、寝れない、起きれない、ジュースも飲めない、外食も外出も出来ない、話せない、もう何も出来ません。妹を見殺しにした僕はのうのうと生きてる。何故死刑にならないのか。妹に未来を消してしまった。色々話し聞いてもらいアドバイス頂き少しは前向きになった時もありましたが、やはり罪悪感に戻ってきてしまいます。無理とはわかってても妹に会いたいです。また母と3人でワイワイ賑やかに普通に生活したいです。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

一人暮らしの叔父の死

叔父の急逝に家族としてどのように両親をサポートし、亡くなった叔父に対してどのような事を思ってあげたら良いか整理ができません。 先週、突然母親から「叔父ちゃんが死んでるかもしれない。これからお父さんとマンションへ。」と携帯にメッセージ入りました。 叔父の上階の住人から変な匂いがすると管理人に連絡が入ったとの事でした。 私は大変驚き、急に怖くなり、とても落ち着いていられなくなり、急いで近くのお寺へ手を合わせに行きました。 しかし、その後「玄関で血を流して死んでいた」と母親から電話が入り、涙が溢れ落ちてきました。 警察と救急が駆けつけ、鑑識による捜査後、遺体は警察へ運ばれ、私の父が本人確認を行い、医師の診断により推定4日前に病死したと判りました。父がいうには、母は震えてしまって身体が硬直していたとの事でした。 人生のライフステージで毎度お祝いをしてくれた叔父の事を思うと、そのような亡くなり方がとてもとても残念で、悲しくて、その夜は一晩中眠れませんでした。 翌日、叔父の兄夫婦も新幹線で駆けつけ、私の両親と伯父夫婦と4名で小さなお葬式と告別式が執り行われ、お骨は実家のある岩手県へ移されました。その後、菩提寺で現地の近い親戚だけでお葬式をするとの事でした。 いつか落ち着いたら叔父のお墓参りに行くつもりですが(私の祖父母も一緒に眠っています)、私は今回、叔父のお参りが一度も出来ませんでした。正直にいうと、怖くて携われませんでした。 両親は今、マンションの特殊清掃、遺品整理、近隣の住人からの苦情の対応など、叔父の死後、ほぼ毎日のように叔父のマンションへ足を運んでいて大変疲れている様子です。私が両親を手伝う事ができたら、両親の心労は3分の1になるのに、私は何もできなくて酷い娘だなと思います。食事の準備や諸手続きは手伝っていますが、叔父のマンションでの作業がどうしてもできません。 叔父の鍵付き金庫を壊したら、中から大量に半世紀前の祖父母の手紙が出てきました。岩手から東京の大学に通う叔父を案ずる旨、母の結婚の事、都会人の父をきのこ狩りに連れて行った事などが書かれており、胸が熱くなりました。 家族とは遠く離れていても本来そうあるべきなのに、私は全然できていないと自分を責めました。 叔父が天国で祖父母に再会し、幸せに暮らせますようどうかお祈りさせてください。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

ご縁とは?苦しみから解放されたいです。

はじめまして。 亡くなった夫に対して、何が一番の供養になるのか、ずっと考えております。 夫は病気による突然死でした。夫と私の結婚に親族は反対していた事、私と親族は交流が希薄だった事、そのような経緯があり、親族は私に不信感を抱いているようです。納骨や法要の参加も遠慮くださいと言われております。 心を痛めておられる、夫の肉親であるご親族のお気持ちを大切にしたいです。たくさんの思い出があるはずです。 しかし、自分の心に手を当てて聞くと、実は私は法要に参加した場合の親族と顔を合わせた時の気まずさから逃れたい、、結局は自分を守りたいだけでは?という声が聞こえます。 法要への参加を諦めた私に対して、薄情な人間だと、親族はさらに不信感を募らせるかも知れません。その一方で、排除したい人物である私が、同じ空間にいることは、やはり心が騒つくのではと感じます。 このご縁をどのように受け止めればよいでしょうか? 義母は優しく接してくださいます。きっと本心を抑えて、私を気遣ってくださっているのだと思います。 今、裸の私は、大切な人を亡くした衝撃と悲しさで涙が止まりません。一方で社会性という仮面を身に付けた私は、分析的で計算高く、素直な心を見失なっているかもしれません。自分が嫌になります。 今は、ただ悲しみに浸り、泣きたい。もう一度会いたい、恋しい、それだけです。 ご飯を食べたり、買い物をしたり、迫りくる日常に平然と対応している自分が憎く苦しいです。 心の持ち方を教えて頂けますと、 幸いでございます。 どうぞ宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

死の受け入れ方が知りたいです。

祖母が亡くなってから半年が過ぎました。未だなお立ち直れておらず、ふとした時に悲しみや絶望に苛まれます。 わたしはおじいちゃんとおばあちゃんが昔から大好きでした。とてもよくしてもらいました。とても可愛がってもらいました。10年以上前におじいちゃんが亡くなったときも大変つらいおもいをし、泣いてばかりの日々が続きましたが、おばあちゃんを支えないとという気持ちもあり立ち直れたような気がします。しかしおばあちゃんも亡くなった今、生きる希望がありません。わたしをあんなに可愛がってくれる人はもういません。わたしももう良い歳なのに、はやくわたしも死んでおじいちゃんとおばあちゃんに会いたいという気持ちばかりです。おじいちゃんとおばあちゃんがこの世にいないなら死にたいです。思えば、小学生の頃でしょうか。死というものを知ってから、わたしがこの世で最も恐れていたのはいつかくるであろう祖父母の死でした。寝る前に手を合わせて祖父母と家族の健康を祈ることが日課となっていました。それほど恐れていた祖父母の死を経験した今、もう怖いものはなくなりました。ひたすら祖父母に会いたいという気持ちしかありません。このまま生きていても二度とおじいちゃんと話せないしおばあちゃんのおにぎりと卵焼きも食べられない、二度とふたりに会うことができないことをふとしたときに思い出し、絶望し打ちのめされます。思い出の場所や外食した店、買い物した店など日常を過ごす中でふとしたときにも思い出がたくさん甦ってきて悲しくなったり泣いてしまったりします。仕事は頑張って行っています。趣味も楽しめてはいます。でもやっぱり祖父母に会いたいと思ってしまいます。仕事帰りにお墓に行き、ひたすら泣いて疲れて帰るという日もあります。夢にも出て来てくれるときもあります。 この気持ちは日にちが経てば落ち着き、癒えるのでしょうか。亡くなって少し経った頃、地元のお寺さんに供養に行った際に教えていただいたのは、悲しむのは悪いことではない泣いていいということでした。とても救われました。しかし半年も経ったのにまだまだ悲しく苦しいです。 わたしはどういう気持ちやおもいで日々を生きていけばよいのでしょうか。わたしはどうしたらよいのでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

自信を、失っています

心の悩みです。 先日、本当に心の支えだった祖母が亡くなりました。苦しむこともあまりなく87歳まで長生きしてくれました。とてもありがたく天国での幸せを願っています。でも残された自分の生きて生き方がわからないです。私の母は躁鬱らしく、世話もしてくれますし余裕のあるときはなんともない普通の人です。むしろ人より優しいくらいです。でも何か機嫌を損ねることがあったときや調子の悪い時は酷い形相で怒り普通の人は言わないような暴言をでかい声で平気ではいてきました。どうせ頭おかしいと思ってんだろ。とか、あんたが悪いとか言って散々暴言を吐き、自分だけ機嫌が治るとケロッとしています。そうやっていつも恐怖でいうことを聞いてきてもう小さいころから本当に苦手でした。それがすごく怖くて今もトラウマになっているんです。 おばあちゃんはとてもまともな人で、そんなこと言われた?とか、まぁ酷いね。じゃあおばあちゃんとすごそうね。といってたくさん話をして私を守ってくれました。それが心からの癒しだったんです。そういう存在がなくなってしまい、残されたのはトラウマばかりで胸が痛く苦しいです。なんとなく、祖母が亡くなってからまた母の小さな価値観ややり方で自分をダメな人だとかそんな風に捉えてしまっていて皆んな思っているんじゃないかって、呼吸が苦しくなるんです。特に最近なんだか緊張してしまってます。私に直接怒ることはありませんが誰かぎ怒られていると心臓がバクバクして、夜中にうなされます。今子育てしているんですがその頃から心の調子をくずして実家で休んでいます。 心の支えだった祖母の言葉などはもう消えてしまうんでしょうか。心の拠り所はどこなんでしょうか。厳しくされるのがとにかく苦手で自分を否定された気になります。義理の母のほうが穏やかで怒ったりはしない人ですが、弱さを受け入れてもらえないんじゃないかって思ってなかなかほんとうの気持ちを話せません。おばあちゃんに優しくされたいです。 これからどうやって弱い自分、心細い自分を癒していけばいいですか。頑張るとかしっかりとかいう言葉は追い詰められて苦手なので言わないでもらいたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る