hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

愛犬の埋葬について

回答数回答 3
有り難し有り難し 55

悩みというか、心に引っ掛かることがあるので質問させていただきました。

先日、14年近く家族として一緒に過ごしてきた愛犬(マロン)が亡くなりました。
マロンは体が弱っちい子でしたが、平均寿命に近い年月を生きてくれました。私たち家族もとても大事にしてきました。
亡くなったと知ったときは勿論ショックでしたが、「大事にされて、最期も病院とかではなく自宅で、家族がいる時だったからマロンは幸せだったんだ」と言い聞かせてました。ですが、埋葬の時点で親が「市営の斎場に運ぶ。共同埋葬で遺骨は戻らない」と言ったので私は一度反対しました。
でもその時は、悲しみとショックで呆然としていたので流されるままに、皆で斎場に運ぶことになりました。
受付の条件で「ダンボールに遺体のみ入れてタオルやおやつなどは入れないでください」とのこと。。。亡くなる覚悟はしていたものの、老犬の介護の仕方や流動食の作り方等は調べていましたが、葬儀について調べたり準備もしていませんからちょうど良い箱が無く、ヨレヨレのみかん箱にキチキチに入れなければなりませんでした。
その光景がとても悲しかったです。
後で民間の葬儀会社等調べたら、桐の棺にフワフワのお布団やお花、お線香もついていて、市営のものとは差がありすぎて。。。
一番ショックだったのが、市の職員さんに「ここまでです。お預かりします」と言われ、遺体を手渡したのですが、その人はお盆でも運ぶように、まるで小包でも運ぶように、片手に箱を乗せて行ってしまいました。
遺族が、本当にマロンとお別れする場面でそんな扱いを見せられて、怒りを感じました。民間の葬儀会社程の手厚い対応は望めないにしても、手渡された遺体に何の情が無くとも、もっと丁寧に対応すべきでは・・・
ちゃんと火葬してもらえたかも見届けられませんでした。勿論遺骨(遺灰?)もありません。
亡くなったその日の午後に運んだので、火葬は翌日になったそうです。
冷蔵室で独り寂しい思いをさせてしまいました。
せめて一晩、自宅で過ごさせてあげればよかった事と、豪華でなくともきちんと埋葬してくれるところにお願いすべきだった事を後悔しています。
これは人間のエゴというか、勝手な「可哀想」と思ってしまう感情なのでしょうか?
マロンは自分を大事にしてくれたと感じていると信じていますが、最期の最後で可哀想な事をした・・・と後悔しています


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今を祈る

おつらい思い、眠れぬ日をお過ごしいただいた事と深くお見舞いを
申し上げます。

ご供養における後悔は、これよりは「祈り」になされてください。

それは、ひとつのいのちにむけた「さちあれ さちあれ」の祈りです。

マロンさまのこれよりの、ほとけとしての歩みに向けて、
「さちあれ、さちあれ、ひかりあれ、ひかりあれ」と、ただ、
祈ることです。

それでも、マロン様の最後に、悔やまれる事は必ず来ます。

その時は、マロン様のみならず、御家族、御親族、
または、縁あってあなたさまのもとにきたいのちたちに、
ぬくもりをお与えください。
いのちのつながり、ぬくもりのなかに、マロン様はおります。
そのぬくもりを、大事にすることが、そのまま供養になるものです。

あなたさまと、御家族さま、そしてマロンさまに、さち多からんことを。

合掌。

{{count}}
有り難し
おきもち


亡くなられた愛犬マロンからのお手紙

フミマル様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

実は本日に愛犬マロン様からのお手紙を預からせて頂きました。僭越ながらにもこちらに記して代読させて頂きます。

・・

親愛なるあなたへ

お元気ですか。

実は・・あまり詳しいことは言えないのですけども・・次の私の行き先がもうすぐに決まるみたいです。

行き先が決まる前に前世の記憶は完全に無くなるようです。

なので、まだ覚えている今のうちにと思って、お手紙を書きました。

私のことを今でも忘れずに気にかけてくれていて、ありがとう。

火葬のことは、全く気にすることありません。なぜなら、その時、私の心は身体を離れてもうお空にありましたから。

私はあなたやあなたの家族と過ごせた日々、本当に、本当に、幸せいっぱいでした。

みんなに大事に親切に可愛がられて、優しさや思いやりの大切さを学ぶことができました。

そのお陰もあってなのか、私は再びあなたのいる世界へと戻ることができるみたいです。

もちろん、もうマロンの時の記憶は無いので、偶然にどこかですれ違っても、お互い分かることはないかもしれないけれど、今お世話になっている偉い尊いお方が、確か「くんじゅう」って言ってたかな・・記憶や感情の残り香のようなものが、心のどこかにまだ残っていて、過去世で互いに縁や繋がりの深くあった者同士が、どこかで偶然にでも出遭ったら、ふっと懐かしい気持ちに包まれて、なんだかわからないけど、それとなくわかるみたいなこともあるようなことを少しおっしゃっていたので・・

だからお願い、もう悲しまないで。私はもうすぐあなたのいる世界に戻ることになるのですから。記憶は無くなっていても、きっとまたあなたと会えるような気がしています。

本当にありがとう。優しいあなたが大好きです。また会いましょうね。

マロンより

・・

文中の「偉い尊いお方」とは、如来様か菩薩様か、拙生の勘では観音様かなと存じます。「くんじゅう」とは多分、「薫習」で、確かに心に染み付いた残り香のようなもののこと(習気)であり、おそらく「中有」という状態に現在あって、過去世、前世での善き縁によって、またこの世界に生を受けられることになったようでございます。もしかしますと、人間としてかもしれませんね。再会を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌 平成26年4月1日

{{count}}
有り難し
おきもち


生と死に関わらず

実はわが家で飼っていた犬が昨日亡くなり父と母とでお墓を作りました。
昨日回答しようかと思いましたが心の整理がつかず、控えました。
昨日は心の動きを良く観察していました。
亡くなったことを知って「えっ!」亡骸をみると一輪車の上に乗せられて毛布がかぶせられていてまだ温かさがあり、首輪が外されていました。
「ようやく首輪を外してもらえたんだなぁ、よかったな」と思いました。
この犬は私が修行道場に行っている間に飼われた犬なので、後から帰ってきた私はずっとよそ者でした。毎朝吠えられます。仲良くできないまま逝かれてしまいましたので、より一層心が重くなりました。唯はっきりしていることは、生きている間にも彼に思いを寄せることがあり、亡くなった今も思いを馳せていることがある。
その思いの表れは、こちら側、内側のもので、外の彼の生きていた時と、亡くなった後と変わりません。亡くなる前からも、亡くなった後の今も彼に対する思いの表れは同じなのです。
これは生きている人間に対しても同じです。
そしてこれは万人の真実。
だからこそ、亡き命への在り方は、あたかもそこにおわすが如くに接することです。
それが供養ある生き方、報恩ある生き方。
存在は確かに変わりました。
でも思いはせる、その思いはこれからもずっと続いていきます。
ならばこそ、あなたが一番晴れやかになるためには報恩として、追善の気持ちを形にすることであると思います。
かつてそこにいたときにおこなってきた事と、
いまもそこにいるかのつもりでおこなうこと。
この二つの心は同じです。
生と死を超えてその思いを大事に自分を生きるのです。
終わり、終焉を持たずに、共に生き続けてあげてください。あなたの中にちゃんとその感覚があるはずです。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

温かいご回答下さりありがとうございました。
部屋にあるマロンの写真の前に、お水と、毎日食べていたおやつを御供えしています。
朝晩と、何かあれば心の中で語りかけています。

まだまだ、思い出しては涙する日々ですが、マロンがあちらの世界でお友達と駆け回っている事を祈っています。もしくは新しく生まれ変わって、再会できたら良いなとも…

改めて、マロンの存在に感謝しています

「ペット供養」問答一覧

ペットの火葬について

ハムスターを2匹飼っていて 7/27にオスのハムスターが亡くなりました 呼吸が何度かおかしく、床材をホコリがたたないタイプに変えて解決をしていたのですけど ある日これはまずい死んだらどうしようと思い母の反対を押しきり病院につれていったら 確かに酸素があまり送られていない 唇が紫 といわれ3時間後にまた来てといわれ来たら 心臓の病気だ お腹に水がたまっている と 大分悪化してました 病院につれていった夜になくなりました 病院内で酸素を嗅がせたまま 注射などして色々検査したようです 苦しそうでした おそらく三年、三年近くは生きたんじゃないかなと 白内障にもなっておりました 左目も原因不明である日飛び出てきて(膨張かもしれません)しまい、そこから回復したのですが… 最期、家に連れて帰るか帰らないかうだうだ悩んでいる時に逝ってしまいました 調べたところ小動物の魂は3ヶ月で転生、もしくはどこかに行ってしまうと 言う事でした なくなったのは今月の27日で3か月前です ですが火葬は28日以降になってしまいそうです がるくんはどうなってしまうのでしょうか それとがるくんは病院に連れていき 何でこんなことしたの? とは思っていないでしょうか… 冷凍庫で床材にくるめご飯を少しいれ、フリーザーバックの中で眠っています。 答えがあるのならば、本当の事を教えていただきたいです ご回答、どうかおねがいします。

有り難し有り難し 14
回答数回答 3

極楽浄土に生まれて動物の供養をしたいです

はじめまして。 先日のことです。水の中で気絶していただけのヤモリを、死んでると思って埋めてしまいました。 後で気になって調べたら、水中で気絶したヤモリを助けたと言うブログを発見し、ヤモリを埋めた場所へ行きました。土が波立っており、慌てて掘り返しましたが、ヤモリは死んでいました。目が覚めて土から出ようともがき苦しんで死んだのだと思うと、自分の罪とヤモリへの申し訳なさで辛いです。変温動物だし、さっきまで動いていたと家族が言っていたのを聞いていたのに、「冷たい水の中に落ちてショック死したのだろう」と思い込んで埋めたのです。 初七日までお線香をあげるつもりでいます。 それでも辛く、救いを求めて阿弥陀経の現代口語訳を読みました。お浄土には蓮の華が咲き誇る池がある、と説いてあったので、私が殺してしまったヤモリが、御仏に見守られながらその池で気ままに過ごすことを願いながら、阿弥陀経を聴きました。願わくば、私も来世はお浄土に生まれて、そのヤモリや、虐待死させられた動物達の世話したいと思います。 しかし、胡散臭いスピリチュアル商法が数多くあるのも事実で、輪廻転生そのものにも疑いがあります。 償いの為にお浄土に生まれて動物達の世話をしたいと思っていますが、本当にお浄土があるのか、無いならばあのヤモリには救いが無いではないか、と、考え悩んでます。 心をどう持てば良いのか、分からないのです。 お助けください。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

ペットの死が受け入れられない

大切な猫を亡くしました 長い闘病生活でした。嫌がっているのをわかっていて、毎日点滴をしました。投薬もしました。 もう針をさすところもないくらい、やせ細って、逃げる元気もなくて、私はそれなのに毎日捕まえて点滴しました。 もっと早く病院に行くべきだった、もっと早く病院を変えるべきだった、もっと沢山猫にしてあげれることがあった。 具合が悪いのに、頑張ってご飯を食べてくれました。がんばって水を飲んでくれました。無理しているのは見て分かりました。 でも、わたしは食べ物を口に入れ、水を飲ませました。 嫌がることをずっとしました。 ずっと一緒にいたいと思う私の勝手な気持ちからです でも、いざ死期が見えてくると、私が仕事にいっている間に死んでいたら嫌だ。家にいる時にしてほしい、あと次の日が休みだったらいろいろ後続のことができると猫が死ぬことを想像してばかりいました。 その気持ちが伝わったのか、私がテレワークで家にいる日で、かつ次の日が休日で会社を休まず火葬できる日。今日しかない、という感じであっという間に死んでしまいました。 猫は、私が早く死んでほしいと思っていると感じたのだと思います あまりにも自分が冷血だと感じました。 また、本日火葬がすみました。昨日の今日です。なのに猫の使っていたものを片付け始めている自分がいます。 そんな自分の行動が恐ろしい。まってましたとばかりに猫の為にそろえたものを処分しているんです。 自分の気持ちがわかりません。薄情な自分を見て、吐き気がします。自分が気持ちわるく思えて、本当に比喩ではなく吐き気がします。 なのに、しょっちゅう骨壺を抱っこしていたり、発作のように泣きわめいたり、何も考えてないのに涙がでてきたり。 喪失感がすごくて、いないことが受け入れられなくて、猫の痕跡を部屋から消しながら、現実を受け入れられなくて急に泣き出してしまいます。 矛盾した行動が気持ち悪いです。自分が何でこんな行動をしているのかわからないんです。 猫を火葬するときに手紙を入れました。 一緒に逝きたいと書きました。 猫が読めるかわかりませんが、一緒に逝きたいです。 私の唯一の心の支えだったんです。猫が大切です。 なにのこの軽薄さ、薄情さ。でも涙が止まらない。一緒にいたい。一緒に逝きたい。 私を置いていかないでください 誰か助けてください 誰か助けてください

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

死なせてしまった動物への供養

他のペット関係の相談も拝見したのですが、皆様飼い主としての責務を全うしていて私のような最低の人間とは違いましたので、お坊様お忙しいなか恐縮ですが質問させてください。<BR> 成鳥で譲り受けた文鳥さんをわずか11ヶ月で死なせてしまいました。<BR> 体調が悪そうだったので病院の予約をとったのですが、間に合わず亡くなりました。餓死です。以前お医者様にダイエットが必要だといわれ、餌の種類と量を3ヶ月ほど調整していました。その日の夜、いつもより餌の残りが少なかったのに気づいていたのですが、規定量をいれているのだから大丈夫だろうと思ってしまいました。 朝起こすとゲージの下でうずくまっていました。慌てて手で持ち上げ、餌を目の前にだすと、グッと力をこめて顔を近づけ、でも食べる力はなく、水も飲めず、そのまま手の中で亡くなってしまいました。餌箱は空っぽでした。<BR> どれだけ辛かっただろう、苦しかっただろう、ひもじかっただろうと思うと自分が許せません。今思うと、体調が悪そうだったのも無理なダイエットのせいだったのかもしれません。 病院も予約がいっぱいだからと言われ遠慮してしまっていました。急患で診てもらえませんか、と言い出せなかった自分の気弱さをずっと恨んでいます。なにより餌を足さなかった自分が本当に許せません。なぜ罪のない子が苦しみながら死なねばならず、こんな最低な人間がまだ生きているのかと心底思います。<BR> どうしてもっと手を尽くさなかったのかと後悔してもしきれません。私のしたこと全てが彼女にとって最悪な選択だったように思います。時間は戻らないという当たり前のことが本当に辛く、この世にたったひとつの大切な命を自分が潰したと自覚すればするほど身を割かれるような思いです。<BR> せめてもの罪滅ぼしとして、エゴですが、動物保護施設のボランティアに参加していますが、それがあの子の為になるか分かりません。ペットロスカウンセラーの方とお話をしましたが、その日はすこし落ち着いても、翌日にはまた苦しんでいた文鳥さんの姿を思い出して謝っても謝りきれません。<BR> 骨壷の前に山盛りのご飯とお水を毎日お供えしていますが、それだけでは不安です。私の文鳥さんが安らかに眠れるよう、何かかけられる言葉やできる行い、供養はありますでしょうか。彼女は今は苦しみのないところで救われているのでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

父に虐待されていたペットの供養について

こんにちは。ペットの犬の供養について質問させてください。 先日実家で飼っていた犬の一周忌を迎えました。 犬は私や私の兄弟が結婚して家を出るまでは家族で可愛がって居ましたが、父親は可愛がりつつも虐待をしていました。 具体的にはエサやおやつを買い与えはしますが、一声でも夜鳴きをするとすぐに不機嫌になりすごい勢いで寝室から外へ飛び出してきて水入れや犬を蹴飛ばすといった行動です。私や兄弟が父親の逆鱗に触れないよう深夜外に出て犬を宥めたりしていましたが、夜間一声でも鳴くと即怒り出すので、手に負えないような状況でした。私や兄弟が結婚し家を出てからは普段はきちんと世話をしてくれていたようですが、虐待については止める人間がいないような状態でした。 また、犬の死に際にも介護をしようとする祖母を恫喝し、「うるさいからさっさと殺せ、早く死ぬように水も与えるな」と言い放っています。私は嫁ぎ先の事情で引き取れず、犬には苦しい思いをさせてしまったと後悔しています。 遠方ではありますが死後犬を引き取り、私の嫁ぎ先の近くにある霊園で火葬と供養をしていただき、時折私は手を合わせに行かせていただいています。 しかしあんなに可愛がっていた兄弟は手を合わせに来たことはなく、父親に至ってはあんなに虐待しておきながら「犬が居なくなって寂しい」と私に言ってきます。 私も虐待から守ってあげられたわけではなく、そんな私が手を合わせても本当に犬は救われているのだろうかと申し訳なさが勝ります。 犬にもあの世があるのなら、犬はそこで少しでも救われているのでしょうか。私は今からでもしてあげられることがあるでしょうか。 まとまりのない文で申し訳ありません。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺