hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

命って誰の物なのですか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 32

看護師をしているのですが、お看取りするたびに心がザワザワします。見込みもなく、苦しいだけの無駄な延命治療。正直、もう死なせてあげてよと思う事も多いです。死人に鞭を打つようで、やってる側は心身共に疲労困憊です。

医療現場の経験を踏まえて、命って自分だけの物でもはいんじゃないのかなと感じるようになりました。お坊さんとしてのご意見聞かせて下さい。命って誰のものですか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

先祖から受け継ぎ、子孫に伝える

 仏教の中の学説に、四大(しだい)というものがあります。この世界や人間が4種類の元素「地・水・火・風」から構成されているという考え方です。地水火風が今ここに仮に和合して私と言う人間が存在している。それを四大仮和合(しだいけわごう)と言ってます。そして、病気になって四大不調となり、御臨終となって「四大、空に帰す」「四大、分離して去る」と言ってます。

 四大を仮に和合させるものが、命である。と私は理解しております。そして、それは地球に住む生命体なら地球の歴史と共に育まれてきたものだと思います。40億年の地球の歴史の中で、無機物から有機物が合成され、有機物から生命体が誕生し、微生物、昆虫、爬虫類、哺乳類と誕生して来ています。
  つまり、ひろーい意味での御先祖さまから命は受け継がれ、今私はここに存在する。その命を子孫に伝え子孫を育む。そして、自分の中の四大を和合させることが出来なくなった時四大不調となり、息を引き取り命は四大を離れていくのです。命は私のものであるけれど、私だけのものでは無い。命をリレー競争のバトンに例えれば、受け継いだバトンをしっかり握って、自分の与えられた人生をしっかり走り、次の走者にしっかりと渡していく。それが人生です。

 終末医療に携わるお仕事で、心身ともに疲労されておられることと存じます。ホスピスや緩和ケア病棟を設置する病院が増え、患者や家族の希望を尊重し、延命措置は避けるようになってきたようですね。しかし、家族としては「少しでも長く生きてもらいたい。」という希望を病院側に伝え、病院側もその希望に沿えるよう医療行為をする。それ故、つらい現場を経験されておられることと思います。それぞれの患者にはそれぞれの家族が居られます。延命治療を必要とし、延命治療をして良かったという場合もあるかもしれません。治療行為をしないで、ホスピスで痛み止めをもらって静かに旅立ちたいと願う方も居ると思います。
  患者も家族もしっかりとした死生観をもつことが望ましいですけど、これもなかなか難しいですね。医療関係者が死生学の講座を受講されることが多いと伺っております。私も臨床宗教師研修を受講しましたが、まだまだ駆け出しです。お互いに研鑚し、人生のエンデイングが本人にとっても周囲にとっても安らかなものになるよう努めて行きましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

限りない命の繋がりの中に生かされている命

はじめまして。亀山純史と申します。
私たちの命は、限りない命の中に生かされている命です。私たちは、突然、何もないところから生まれたわけではありません。私の命には、私の父母の命があり、また私の父母の命には、私の祖父母の命があります。更に祖父母の命には、というように、私の命は、限りない命の繋がりの上に生かされている命なのです。ですから、今ある私の命は、私の命でありながら、決して粗末に扱ってはいけないのです。
以上が私からの回答です。これからも人の命に携わる仕事にお誇りを持ってもらえればと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。
亀山純史さま
命は個人のものであって、個人のものではないのですね。命の中に命があるという考えは、今まで考えもきませんでした。患者さんのの背景まで含めた関わりを持って行こうと思います。

吉田俊英さま
自分が生きているのは地球の歴史。と考えるともの凄く重い物のような気がしてきました。悪い意味ではないです。どんな人でも結局最後はふっと居なくなってしまうような、あっけないように感じていたからです。
患者本人はもとより家族も死について考えていないというか、縁起でもないと遠ざけたり、考えたくない人が多いように思います。産まれたからには必ず死ぬのですから、もっと若い時から、生死感を持って欲しいと思います。生きかたも変わる気がします。良いエンディングを迎える手助けができるよう、頑張ります。

「死について」問答一覧

生の強制を信奉できない

以前自殺願望について何度も相談させて頂いたものです。何度もお手数をお掛けして申し訳ありませんが、またご相談の程宜しくお願いいたします。 私は、皆さんとの対話の末に何とか生きる目的を導き、少しずつ自らの存在と自身が存在する世界を祝福できるようになりました。ですが、自身の中で解決していない問題があります。 生の強制と自殺についてです。 私が知る限りでは、仏教は生と死という対立概念について中立の立場を取っています。生きようが死のうが問題ないような心構えを説かれているように思えるのです。私はこの考え方に大いに賛同しているのですが、その立場故に生存を無条件に強制する人たちに対して今でも強い忌避感を覚えてしまうことに悩んでいます。 私は、ハスノハ以外でも両親や友人、教授に自殺願望の悩みを打ち明けたのですが、その誰もに私に対して「死ぬな」という事を前提に説得されました。 私が、生活に不満はないがやることがなくなり、これ以上生命に執着したくないという事を打ち明けたとしても、その発想自体を幻想と一蹴され頑なに生を強制されました。 説得者の言葉からは、現実の私ではなく、説得者のイメージとしての私や、先程述べた死生観を見ているような見当違いを感じ、それ以来人を信頼できなくなっています。 断っておきますが、この方々が悪い人間とは思っていません。むしろ、自己の想像の範疇で私を助けようとしてくれる善人だと思います。しかし、それ故に彼らが生きるという事を無自覚に狂信している事実に深い断絶を感じます。この世のどんな渓谷よりも深い絶望的な断絶の向こう側に、ひとりぼっちで取り残されたような感じです。 私は、彼らのように生を肯定すること自体は問題ないと思っているのですが、生に取り憑かれ、挙句他者にそれを強制する傲慢さを拒絶せずにはいられません。 生きたいと決心した人が快く生き、死にたいと決心した人が悔いなく死ねる。そんな世のあり方を私は望んでいますが、この考え方に取り憑かれた私もまた傲慢なのでしょうか。 そもそも、仏教の教えを信じる時点で私は傲慢だったのでしょうか。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

死についてのさまざま

先日、祖父を亡くしました。半年前には祖母を亡くしました。 2人とも僕にとても尽くしてくれて、人間としても素晴らしい方々でした。 祖父の最後は僕のために洗ってくれたお風呂の中でした。少し発見が遅れてしまい、1人にさせてしまったことが今でも悔しいです。 祖父が使って、洗うために台所に置いてあった食器を供養の気持ちを込めて洗っていた時に、ふと、もうこの食器を使っている姿を見れないんだなと思う気持ちと、生前に食器を使っていた場面が鮮明に思い出されて、保っていた涙腺が崩壊してしまいました。 その後もただ、祖父母のいなくなった部屋を呆然と眺めているだけで、喪失感、自分と2人との部屋での日々を思い出し、涙が出ます。 祖父は祖母が亡くなったのとほぼ同時に進行したがんの発見や老いによる身体の不自由。さらに仕事という生きがいを無くし、僕たちに生活の迷惑をかけていると思っていることや祖母の死になにもできなかったと悔やむ姿。とても辛そうでした。 亡くなってしまったことはとても残念ですが、夫婦一緒に納骨できること、辛そうな祖父が解放されたような気がして、これでよかったのかもしれないと。こう思ってしまう、僕は間違っているでしょうか? そして、祖父母を亡くしたことで自分や家族、友人、大切な人が次にまた無事に会えるのか毎日怖くなってしまいました。 些細な不調なんかでも最悪のケースを常に先に考えてしまい、不安で無気力になってしまうこともあります。 寝てしまって、そのまま自分に何かあったら、それ以外の人もそのまま永眠してしまったらと自分が寝るのも家族などが寝るのを見るのも怖くて、あまり寝れません。 死とは突然で世界を一変させてしまうものだと祖父母に気付かされました。 誰かに聞いて欲しい。それだけを思って書いてしまった部分もありましたが、お許しください。 そして、どうかお言葉、知恵を与えてください。お願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

人の死が受け入れられません

初めて相談させていただきます。 よろしくお願い致します。 先日、芸能人の方が自殺して 亡くなるというニュースがありました。 その人のファンなの?と聞かれると そうです!と胸を張って言えませんが、 ドラマやバライティ等の番組で その方の姿を見るのは当たり前だったので 自殺と報道された時は衝撃的でした。 言い方が悪いかもしれないですが、 その方が病気とかだったら まだ納得が出来たのかもしれません。 ですが、亡くなった原因が自殺と知って テレビの前でキラキラと輝く人が 自殺してしまって自分が知らない 業界にも闇があることを知り、 また、無力だけど自分に出来ることは 何かなかったのかなと考える日々です。 これからドラマにも出る予定で 映画も公開されてCDも販売するのに 理由は本人にしか分からないけれど 心が苦しいです。 追悼のサイトができて メッセージを送ろうと思っても その方のSNSを見ると 素敵な笑顔で笑っていて 亡くなったという実感がなく まだ生きてるのにと思ってしまって メッセージも送れません。 亡くなってるのは 頭の中で分かるってるはずなのに 心が追いつけず受け入れられません。 人の死に対面することは経験していて 気持ちが苦しくなったけど、 大切な人達の死を 受け入れることができていたのに 今回のその方の死は受け入れられません。 直接関わったこともない私が こんな気持ちになるのは おかしいことなのかもしれませんが、 気づくとその方のことを考えていて その方のSNSや動画をみて涙を流して なんとも言えない感情に襲われます。 どうすれば死を受け入れられますか?

有り難し有り難し 4
回答数回答 2

『死んだ方がマシ』を駆使する実母

この度はお世話になります。 9年近く勤務していた会社に整理解雇されました。無職では東京で一人暮らしを続ける事が困難だった為に実家に身を寄せました。同居人は実母のみですが呼吸器を患っており平坦な場所を歩くのも全力疾走している様な感覚だと言いますが決してその様には見えません。その実母が私に対して不満がある際に使うパワーワード『死んだ方がマシ』に苦しめられています。 年金生活者の実母に頼る事は不可能なので最悪でも失業給付金受給期間内に転職先を決めなければと思い転職サイトやオンライン面接で就職活動をしています。 全く暇では無いのですが、実母には理解できない様で嫌味を言われる事も多々あります。 約7年間お互いに自己裁量権のある生活していた為なのだと思いますが、私がいる事がストレスで寿命を縮めていると言われました。それなら私にとっても実母がストレスですが実母からは私が好き勝手している様に見えるそうです。希望や不満があっても察してくれる事を望んでいる様ですが、私は普通の人間で神様でも仏様でも無いのでそれに応える事は不可能です。私に察して貰えず不満が爆発し口論になるという負のループが続いています。 口論になると決まって実母が持ち出すパワーワードに『死んだ方がマシ』があります。私が自分の思い通りに動かない事に腹を立て『死ぬ』という言葉を連呼し服従を求めてきます。死という言葉を使うのは卑怯だという事を理解させる為に私が死ぬから好きにしたらいいと言ってみましたが気付かなかったのか否か分からないまま話をすり替えられて無視されました。 病気を盾にモラルハラスメントを受ける毎日に疲弊しています。私も一人の人間で実母とは別人格で実母の奴隷でありません。これ以上、服従を強いられる生活を続ける先にあるのは精神崩壊だと感じています。 パワハラは一般的になりましたが弱者から受けるハラスメントも存在すると感じます。転居したくても定職が無い今は蓄えがあったとしても貸してくれる業者がありません。実母のモラハラから逃れたい。自己裁量権を奪われた生活を続けていく事は死ぬよりも辛い事だと痛感しています。会社に不信感があり解雇される数ヶ月前から転職活動を始めており、解雇も前向きに捉えていましたが実母との関係は苦痛でしかありません。我慢する以外に方法は無いのでしょうか?我慢するくらいなら死んだ方がマシです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

自分の命の捉え方

自分の命の捉え方についてご相談させてください。 私は命は尊く、儚く、大切にしなければならないものと理解しているつもりです。 しかし、今までの人生を振り返ると、それは自分にだけ当てはまっていないのではないかという気がしてきました。 簡単に申しますと、死にたいほど辛いことはありますが、自らを殺す行為はするつもりがありません。 しかし、私は過去に事件や事故に遭遇し「死ぬな」と思った時に、抵抗することをしなかったのです。 生きる理由としては、親より先に死んではいけないと思いますし、子どもが自立するまでは生きて育てる義務があるからです。 しかし、私はまた死に直面したり、頭ではなく心のままに生きれば、簡単に自分の命を手放してしまうのではないかと不安になることがあります。 生きることに執着していない、がしっくりくるかもしれません。 学生時代に自殺した、親しい友人がおります。 その時に残された者の辛さも知りました。悩みも聞いていたのにそれでも死を選ばせてしまった、自分の無力さも知りました。命の尊さも痛いほど感じました。 経験したからこそ、私は人にこんなに辛い思いもさせたくありません。 それなのに、こんな感覚をもつ自分が情けなく思えてきます。 どんなに辛いことがあっても、休むことなく毎日やりきっているので、「毎日死ぬ気で生きている」と言えば聞こえはいいかもしれませんが、、、 先に申し上げた通り、母親としての責任もある中、簡単に命を手放す人間であってはならないと思っています。 辛い日は、心のままに動かないように飲酒を断ったり、今の気持ちと目標をノートに書き出して気持ちの整理をしたりとか、自分の気持ちのコントロールはある程度できているかと思います。 ですが、根本的な心で感じる自分の命の扱いが軽いままなのです。 どうしたら自分の命も人の命と同じように尊ぶことができるのか、よろしければ教えていただきたいです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

ある人の死、この世界で生きる意味

つい先日、ある若い俳優さんが亡くなってから喪失感と共に考えこむようになりました。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 彼はちょうど私の青春時代を代表する俳優さんでした。 初めて人の死に言葉では表せない感情を持ちました。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 人間を含め、生き物が必死に生き継いでいく意味が分かりません。 他を殺し、その命を頂いて、そこまでして生きて何になるのでしょうか。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ テレビでは朝から夜まで故人(俳優さん)の話題で沸騰しています。 母はずっとその関連ニュースやワイドショーを神妙な顔つきで見ています。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ それがとてつもなく気持ち悪いです。 言い方は悪いですが、メディアも親もエサに寄ってたかって群がるようで嫌悪感がします。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 自ら命を断った方の過去から全て掘り起こし、それについてコメントする。 テレビでその会話をして見せ、またそれを見る必要がありますか。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 私は連日のメディアや一部の人々の様子に気持ち悪さに似たものを感じ、心身ともに影響が出ています。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 私はこの綺麗とは言えない世界にこれからも生きたいとは思えなくなりました。 死にたいとも思いませんが、なんというか、どちらでもいいです。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 亡くなった彼の気持ちが理解できたとは言えませんが、 なんとなく少しだけ分かった気もします。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 真面目な人が生きにくく、 他人を変えることができない、 だから自分が変わることしかできないこの社会で、生きる意味はなんですか。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 自ら命を断つことは最も惨いと思う一方で、自分で自分の終わりを決められる唯一の方法とも思います。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ うまくまとまってはおりませんが、 この世界で生きることに対しての疑問です。 どうぞよろしくお願いします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る