hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

法事は強行するほどのものですか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

はじめまして。よろしくお願いいたします。

今週末、義父が近所の親戚(遠い親戚)の法事に出席します。三回忌です。人と会うことをなるべく避けようというこの時期に、神経を疑います。

去年一周忌をしたんだから、無理にする必要ないのでは?もしくは、出席する必要ないのでは?

と、意見したら、そんなもんじゃない!と一喝です。そんなもんじゃないという根拠、何も説明せず、そんなわけにはいかない、そんなもんじゃないの一点張りです。

法事を中止、もしくは延期しない親戚の神経も疑います。

先月のはじめも別の親戚の法事に出席していました。今回、緊急事態宣言された対象の地域からも家族が来ていました。

法事とは生きている人間を危険にさらしてまでしなきゃいけないことなのか、先祖を敬うことは大切でしょうが、生きている人間より大切なことなのか、理解できません。

法事って、そんなに大切ですか?

2020年4月8日 13:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

法事をする意味と営む人の気持ち

こんにちは、初めまして。

あなたのご宗旨が分かりませんが、私は浄土真宗の立場から申します。
もし、宗旨が違ったら聞き流して頂いて結構です。

まず、この情勢下でご法事を「強行する」か否か、出席するか否か、については人によって考え方の違いがあるので、私は敢えて意見を申しません。

あなたは、「法事って、そんなに大切ですか」という法事の意味、及びこれを営む人の心がお尋ねになりたいのでしょう。その問いを中心にお話します。

法事とは何か、二つの漢字から意味が推測できますか?。当たり前のように口にしていても意外と知らないことってあるのではないでしょうか。答えは、「法(南無阿弥陀仏、仏様の救いの心)」に恭(うやうや)しく「事」(つか)える。ということです。事は、現代でも師事、師に事えると言いますよね。

つまり、亡き人を極楽へとお連れ下さった仏様をご本尊として事えて、お経の中に説かれている仏様の仰ることを拝聴する大切な機会なのです。こういった機会を昔から大切にし、これを行わなければ落ち着かないという人が居ることを理解して欲しいです。

実際ご親戚がどのようなお気持ちで、ご法事を開くといわれたかは文面からは明らかではありません。ただ「そんなもんじゃない!」という言葉に、あなたに伝えつくせない思いがあるのは事実のようです。ご法事には「先祖を敬うこと」のみならず、上記のような法に事えるという厳然とした意味があり、また特別な気持ちをこれを迎えようとする人も居るのです。

また、ご親戚には亡き人を悼みたい、亡き人のために、という気持ちもあるでしょう。まだ、亡くなられて二年という日の浅さです。その気持ちを想像できるなら、表題の通りに法事を「するほどのもの」と表現できるでしょうか。

出席するしないはあなたのご判断です。
ただ、法事をする意味と気持ちまでは否定的に捉えないでいただきたいです。
ご参考になれば

2020年4月8日 14:10
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...

不要ではないが、不急ではある。

法事の大切さを
あなたは理解されているようですが
その程度は人それぞれです。
夫の親戚の価値観はそうなのでしょうね。

新型コロナウイルスへの危機感も
おなじように人それぞれで
他人事と思っている人は多いです。

あなたの立場では
これ以上強く言えないでしょうから
自分側がよりきっちり自衛するしかないですね。

2020年4月8日 16:31
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

「法事・法要・49日」問答一覧

四十九日法要を終えて

こんばんは🌃 数日前に、「霊感の強い息子について」 で相談させて頂いた者です🙇 先日、無事に四十九日法要を終えて、 毎日お仏壇に手を合わせております。 息子たちには、「おばあちゃんの心が この中にあるんだよ」と本位牌に向かって手を合わせるよう、今日始めて祖父の家に来たんですが、お仏壇の部屋に入った瞬間息子が、「あ、おばあちゃんが居る」と言いました。 「え?次の世界に行ったんじゃないの?」と聞いたら、「様子を見に来たんだって」と答えました。 ちょうど、四十九日か1日前に祖父宅へ行ったとき、息子は「おばあちゃんいない。何も感じない」と話したので、てっきり次の世界に旅立ったと思ってたので、今日お仏壇の前に居ると聞いてびっくりしたのと、何故か嬉しい気持ちになってしまいました。 息子(長男)は、祖母とコンタクトとる事が出来るので、今日私が次男を叱った事を祖母に話したみたいで、「あんまりしかりなさんな。○○(私の名前)の家の事はちゃんとみてますよ」と言われて、 身の引き締まる思いをしました。 祖父は、このような霊的なものを信じないので、「あんまり良くないから、やめなさい」と言われるのですが、長男が普通に見えてしまうのでどうしたら良いのか迷ってます。 私も母が亡くなってから四十九日間、 台所やリビング、息子達と寝ている和室等で、ふっとお線香の香りを感じてました。 そのたびに「あ、おばあちゃん今ここにいるんだな。様子を見に来てるんだな」と思って過ごしてました。 これから、どのように過ごして行けば良いのか?良きアドバイスがありましたら 教えて頂けますよう、よろしくお願いします🙇

有り難し有り難し 15
回答数回答 3

永代供養後の七回忌

病死した夫は、夫の遺言もありお寺さんとのご縁は結んでおりません。 簡易的な仏壇も自宅にはありますが、魂入れもしておらず、お墓は永代供養の合祀にしました。戒名はありますが、義実家が勝手につけたもので、夫の面影を偲べるようなものではありません。 , 三回忌までは、お墓の法要室をかりて法事をいたしました。戒名は浄土真宗のものですが、お墓の合同供養祭をしてくださるお寺さんが曹洞宗なので、曹洞宗で法事をしました。 , お恥ずかしい話しですが、自宅の修繕や娘の進学が重なり、家計が厳しく、法要室での七回忌の費用を捻出するのが難しいのです。 , 自宅にお坊さんを呼ぼうと思ったのですが、魂入れをしていない仏壇にお坊さんをよぶのはだめでしょうか?また、宗派はどちらを選べばいいでしょうか? , 七回忌はしないで、合同供養祭で塔婆をお願いしたり、参拝できるお寺でしている先祖供養の回向で七回忌の供養にしても問題ないでしょうか? , 義実家とは全く付き合っていないため、むこうの様子はわからないのですが、仏壇や法事か2ヶ所でされているかもしれません。そのことに不都合はないでしょうか? , 不躾な質問ばかりで申し訳ありません。 お知恵をかしてください。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る