お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

道元様

道元禅師の生き方にひかれています。道元様の生涯や曹洞宗の教えでわかりやすい書物などあれば教えてください。

仏教
有り難し 22
回答 2

質問投稿日: 2012年12月11日 11:15

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

べん・げん・ぶつ

あまり知られていませんが道元禅師は曹洞宗とか禅宗という言葉を嫌われた方です。
「自分は人間として誰もが救われる教えを求めただけである、だから私の死後も曹洞宗とか禅宗とか仏教という看板を掲げるべきではない」というお立場なのです。ですから深い意味では曹洞宗という宗派は存在しませんし、そういう姿勢こそが曹洞宗です。

宗教宗派の肩書きを捨てて、まずは一人間として接せられる学び方が良いと思います。

学道用心集、これは避けて通れないと思います。仏道を学ぶ際の用心、修行のあり方が書かれています。

正法眼蔵は95巻もありますが、その中でこれだけは!という三巻があります。
これは参禅を深められた方々のオススメの書でもあります。
辨道話
現成公案
仏性
の三巻を、べんげんぶつ と略されることもあります。
入門書としてお勧めなのは「良寛さんと道元禅師」板橋興宗 著 です。
曹洞宗大本山 総持寺の禅師様であられた方の著書です。
難関な言葉なく、道元禅師の教えがよく理解できると思います。

道元様の教えを弟子の立場として学ばれたいのであれば、
正法眼蔵随聞記が分かりやすいと思います。
これは道元禅師のあとを継がれた懐奘禅師が道元禅師の生の話し言葉を執筆されたものです。

個人的には宝慶記をお勧めいたします。
ZENの映画はマニア的見解ですが現代的に面白くするためにフィクションが多すぎると思います。教えが全くありません。道元禅師が誤解されます。リメイクされるべきだと思っています(笑)失礼いたしました。

5年2ヶ月前

“やまさん”さん、こんにちは。

お他宗のかたのことですが、お答えいたします。
とりあえずの概略をとらえる、間違っているかの判断もつきかねますが・・・そういう場合はやはり映像が一番かと存じます。

禅 ZEN
出演:中村勘太郎、内田有紀ほか
監督:高橋伴明

そして、著書でしょうか。 『普勧坐禅儀』『正法眼蔵』『永平廣録』。
ただし、読むにあたっての立ち位置を変えてみると面白いかと。
本当に道元禅師が書いたものか・・?彼の人生、日本の歴史のなかでの位置関係では・・?

“道元禅師の生き方にひかれています。”とのことですので、ご存じかもしれませんが駄弁を弄しました。

5年2ヶ月前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ