お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

少しずつ老いていく親に焦りを感じます。

父64歳、母68歳です。

最近は、2人とも足腰が悪くなったり、体力が目に見えて衰えたり…。
親はいつまでも若くないのですよね。

ですが、親の老いを実感するたび、言い知れぬ不安感が襲われます。
こんな気持ちをどう持っていけば、良いでしょう?

老い・介護・看病・病気
有り難し 170
回答 4

質問投稿日: 2014年3月12日 0:47

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

「ばあやのお話」

あやさま。
なごみ庵の浦上哲也です。

私の父はもう10年以上前に亡くなり、母は健在ですがずいぶんとおばあちゃんになってきました。年齢なりに元気ですが、加齢による変化も色々出てきています。もう自分が子どもの頃の、元気ハツラツな母の姿を見られないのだな、と思うととても寂しいです。

兄が2人おり、時々話しますが、受け止め方も三者三様です。
でも私は僧侶になって、高齢の方との付き合いが多かったこともあり、またカウンセリングを学んだこともあり、兄たちとは違ったスタンスで母と接せれている気がします。

「物忘れや失敗を責めずに受け止めること」
「同じ話をしても、耳を傾けること」
私が母と接する時に気をつけているのは、主に上の2点です。
これだけでも、母は私と接する時に安心しているように感じます。

思えば自分が幼い時、忘れたり失敗しても母は(一度は怒っても)許してくれました。
小さい自分が何度も同じことを聞いても、何度も答えてくれました。
返しきれませんが、少しでもご恩返しをしたいと思っています。

ひとつ、金子みすゞさんの詩を紹介します。

「ばあやのお話」

ばあやはあれきり話さない、
あのお話は、好きだのに。

「もうきいたよ」といったとき、
ずいぶんさびしい顔してた。

ばあやの瞳には、草山の、
野茨のはなが映ってた。

あのおはなしがなつかしい、
もしも話してくれるなら、
五度も、十度も、おとなくし、
だまって聞いていようもの。

4年2ヶ月前

今度はあなたの番です

こんにちは、一妙寺の赤澤と申します。

現在はあやさんのように、不安感を抱える方が多くいらっしゃる時代だと思います。

私の母は、私が生まれたころから私のことを大切に、朝早くから夜遅くまで私を育てる為に身を粉にして働き、私のことを損得関係なく愛してくれました。あやさんも同じではありませんか。

だからこそ私も、母親のことを絶対的に思っている部分がありました。
親はずっと元気で、自分の面倒を見てくれて、大切にしてくれる強い存在。自分には弱い部分を見せたりしない・・・。

しかし、親も人間です。 私たちと同じ、人間。私たちはいつか親の弱さや老いを知る時期がくる。

その時はあやさんがきちんと受け止めて、今までの恩返しをしなければなりません。 今度はあなたの番です。

だからといって、一人で抱え込んだり悩むことはありません。御兄弟に相談したり、みんなで協力し合って孝行したいものですね。

現実から目をそむけるのは簡単ですが、それは良い人生とはいえません。
あなたの行動一つで、きっといろんなことが動き始めるでしょう。

4年3ヶ月前

歳を取るということ

歳を取らずにすむ方法はひとつだけ。すなわち死ぬしかありません。

死なずにすむ方法はひとつだけ。生まれてこないことしかありません。

しかし、生まれてしまった以上、必ず死なねばなりません。それがいつかは誰にもわかりません。ただ、ハッキリしているのは、今、生きているということです。というよりも、生かされてある今があるだけです。

ですから、生かされてある証として歳を取る、つまり生かされてあって初めて歳を取らせていただけています。にも関わらず、歳を取るのもイヤ、死ぬのもイヤだと言ってもどうにもならないことではないでしょうか?

歳を取っていくご両親のお姿に不安をお感じになる心情はわかります。しかし、歳を取っていくご両親とのご縁がそこに開かれてあります。そして、そのご縁が続けば、いつか介護が必要になるかもしれません。そのときには、そこに自分を育てていただいたご恩をお返しするご縁がまたそこに生まれます。

あなたとご両親には、生かされてあり、歳を取らせていただいている今があります。その今のご縁を大事に紡いでいただきたいと思います。

合掌

4年3ヶ月前

老いに対するネガティブイメージを捨てましょう

上手に年をとっている方は老いが老いながらも❝負い❞ではありません。
円熟と捉えるべきではないでしょうか。
老という言葉も尊称的な意味でつかわれます。
老師、老古仏、家老、老舗、大老…、別にジさま、バさまという意味ではありません。
老いを乗り越えるコツは体の衰えがあっても心が老いない事。
体が病気でも心が病気でない人は❝健全❞です。
体が病気で心も病めば不健全です。
体が元気でも、心が病んだり、老いれば、それこそ不健全。
人は生まれてきた以上死亡率100%です。
あなたのご両親も、あなたも上手に老いを楽しむことです。
生老病死に沈められて苦しむのではなく、生老病死のプールで浮かんで、楽しんで泳いだり、船に乗って楽しみながら漕いで行く。
それが仏教的生き方です。

4年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
これからは、両親と新しい関係を築いていきたいと思います。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ