hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

少しずつ老いていく親に焦りを感じます。

回答数回答 4
有り難し有り難し 236

父64歳、母68歳です。

最近は、2人とも足腰が悪くなったり、体力が目に見えて衰えたり…。
親はいつまでも若くないのですよね。

ですが、親の老いを実感するたび、言い知れぬ不安感が襲われます。
こんな気持ちをどう持っていけば、良いでしょう?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「ばあやのお話」

あやさま。
なごみ庵の浦上哲也です。

私の父はもう10年以上前に亡くなり、母は健在ですがずいぶんとおばあちゃんになってきました。年齢なりに元気ですが、加齢による変化も色々出てきています。もう自分が子どもの頃の、元気ハツラツな母の姿を見られないのだな、と思うととても寂しいです。

兄が2人おり、時々話しますが、受け止め方も三者三様です。
でも私は僧侶になって、高齢の方との付き合いが多かったこともあり、またカウンセリングを学んだこともあり、兄たちとは違ったスタンスで母と接せれている気がします。

「物忘れや失敗を責めずに受け止めること」
「同じ話をしても、耳を傾けること」
私が母と接する時に気をつけているのは、主に上の2点です。
これだけでも、母は私と接する時に安心しているように感じます。

思えば自分が幼い時、忘れたり失敗しても母は(一度は怒っても)許してくれました。
小さい自分が何度も同じことを聞いても、何度も答えてくれました。
返しきれませんが、少しでもご恩返しをしたいと思っています。

ひとつ、金子みすゞさんの詩を紹介します。

「ばあやのお話」

ばあやはあれきり話さない、
あのお話は、好きだのに。

「もうきいたよ」といったとき、
ずいぶんさびしい顔してた。

ばあやの瞳には、草山の、
野茨のはなが映ってた。

あのおはなしがなつかしい、
もしも話してくれるなら、
五度も、十度も、おとなくし、
だまって聞いていようもの。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

今度はあなたの番です

こんにちは、一妙寺の赤澤と申します。

現在はあやさんのように、不安感を抱える方が多くいらっしゃる時代だと思います。

私の母は、私が生まれたころから私のことを大切に、朝早くから夜遅くまで私を育てる為に身を粉にして働き、私のことを損得関係なく愛してくれました。あやさんも同じではありませんか。

だからこそ私も、母親のことを絶対的に思っている部分がありました。
親はずっと元気で、自分の面倒を見てくれて、大切にしてくれる強い存在。自分には弱い部分を見せたりしない・・・。

しかし、親も人間です。 私たちと同じ、人間。私たちはいつか親の弱さや老いを知る時期がくる。

その時はあやさんがきちんと受け止めて、今までの恩返しをしなければなりません。 今度はあなたの番です。

だからといって、一人で抱え込んだり悩むことはありません。御兄弟に相談したり、みんなで協力し合って孝行したいものですね。

現実から目をそむけるのは簡単ですが、それは良い人生とはいえません。
あなたの行動一つで、きっといろんなことが動き始めるでしょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


サラリーマン家庭で育った私が作った小さなお寺。目指すは「アットホームテンプ...

老いに対するネガティブイメージを捨てましょう

上手に年をとっている方は老いが老いながらも❝負い❞ではありません。
円熟と捉えるべきではないでしょうか。
老という言葉も尊称的な意味でつかわれます。
老師、老古仏、家老、老舗、大老…、別にジさま、バさまという意味ではありません。
老いを乗り越えるコツは体の衰えがあっても心が老いない事。
体が病気でも心が病気でない人は❝健全❞です。
体が病気で心も病めば不健全です。
体が元気でも、心が病んだり、老いれば、それこそ不健全。
人は生まれてきた以上死亡率100%です。
あなたのご両親も、あなたも上手に老いを楽しむことです。
生老病死に沈められて苦しむのではなく、生老病死のプールで浮かんで、楽しんで泳いだり、船に乗って楽しみながら漕いで行く。
それが仏教的生き方です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
かくげん和尚の電話おなやみ相談  📞08020659278 そのモ...

歳を取るということ

歳を取らずにすむ方法はひとつだけ。すなわち死ぬしかありません。

死なずにすむ方法はひとつだけ。生まれてこないことしかありません。

しかし、生まれてしまった以上、必ず死なねばなりません。それがいつかは誰にもわかりません。ただ、ハッキリしているのは、今、生きているということです。というよりも、生かされてある今があるだけです。

ですから、生かされてある証として歳を取る、つまり生かされてあって初めて歳を取らせていただけています。にも関わらず、歳を取るのもイヤ、死ぬのもイヤだと言ってもどうにもならないことではないでしょうか?

歳を取っていくご両親のお姿に不安をお感じになる心情はわかります。しかし、歳を取っていくご両親とのご縁がそこに開かれてあります。そして、そのご縁が続けば、いつか介護が必要になるかもしれません。そのときには、そこに自分を育てていただいたご恩をお返しするご縁がまたそこに生まれます。

あなたとご両親には、生かされてあり、歳を取らせていただいている今があります。その今のご縁を大事に紡いでいただきたいと思います。

合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


真宗大谷派寺院で住職をしております。真宗目線でお話できることがあれば幸いで...

質問者からのお礼

ありがとうございます。
これからは、両親と新しい関係を築いていきたいと思います。

「老い・老後」問答一覧

歳を重ねることへの不安があります

久しぶりに相談させて頂きます。 私は30代前半の女性ですが、歳を重ねることに恐怖や不安ばかり感じます。 きっかけは、自分の体型に関することでした。 30歳になって半年経った頃から、明らかに太りやすくなったのです。 私は甘い物を食べる事が大好きで、今まではどれだけ食べても普通体型でいられたのに、運動しても食べる物に気をつけても中々痩せず、ひたすらダイエット食品とサプリを買い漁りました。 体型が変わっていくことが耐えられず、定期的に断食する日を作る始末で、今でもそれは変わっていません。 これは歳をとったのだから仕方のないことだと頭では分かるのですが、中々その事を気持ちの上で受け入れられないのです。 相談したいのはここからです。 30代になってすぐにこれで、これから先歳を重ねてもっと色々と変化を迎えるにあたり、どのような心構えをしておくべきかアドバイスを頂きたいのです。 身近な人には言えませんが、体型が維持できないというだけで、時には死にたいとまで思ってしまい、このままさらに歳を重ねることに不安が絶えません。 変化を受け入れるには、どのような考え方をすればいいのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

五十代からの老病死のとらえかた

こちらではいつもお世話になっております。五十代半ばの男性です。ここ何年か題名の通り、老病死を強く意識するようになりました。それまでは頭にはあったもののほとんど気にしないで生きて来ました。 (老)に関しては、平均寿命から残り何年いきられるか?とか実感するようになったり、いつの間にか回りやテレビで活躍する人達がみんな年下で、二回りも下もいたり。またあと数年で還暦というと愕然とします。なにもできないまま年だけとったように、そんなはずではなかったのに等と考えてしまいます。ケアはするようにしていますが体力も目に見えて衰えて来ました。白髪も増え、目も悪くなって来ました。 (病)(死)に関しては今のところ大きな健康問題はないのですが、両親を内臓系の悪性腫瘍で亡くしているので、毎年の人間ドックが異常に不安です。食生活に気を配り、毎日ウォーキングをしたり等てできる限りの事はしていますが、両親の闘病から亡くなるまでのつらい経験が恐怖を増しているのかもしれません。 老病死という誰もが避けられない苦が急に身近というか、現実見をおびてきた感じでしょうか。 普通に結婚して子供に恵まれ、企業の管理職として並みの生活、人生なのかもしれません。ただなぜか急に老病死が受け入れ難いのです。 これからの余生の心構えについて是非アドバイスを頂けますと深甚に存じます。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

老化ですか?

社会人もうすぐ10年目になりますが、最近物事に興味がわきません。 私は小さい頃からアニメやゲームが好きで、学生時代は寝食を忘れるほど熱中していました。 また、なんでもない景色や人の発言から空想したり、イラストを描くことも好きでした。 自分が空想の世界に惹かれ、世間知らずなところがあると思っていたので、就職が決まったときは「これからは地に足をつけた社会人になりたい」という気持ちがありました。 今の仕事は感情労働特有のしんどさこそありますが、ブラックな労働環境でもなく人間関係も悪くありません。 楽しいこともあるし、勉強になることもあります。 ただ、社会に出る前に感じていたような好奇心とかワクワク感とか想像力とか、そういう生きてる感覚が最近あまり感じられません。 好きだったゲームやアニメにも惰性的に触れている状態になってしまっています。 仕事や生活といった現実的なことで頭がいっぱいで、空想する元気がありません。 かといって新しい趣味も見付からず、最近は何を食べたいのかもよく分からなくなってきました。 時折無性に寂しさや焦りのようなものを感じます。 これらの気持ちとの付き合い方のようなものがあれば、ご教示いただけますと幸いです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 35
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る