hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

今後関わる人と

回答数回答 2
有り難し有り難し 8

 以前にも質問をさせて頂いた者です。過去の罪とこれからの事を、この場をお借りして相談させていただきました。
 最近、自分が犯した過去の罪のせいで、私の周りの人や私が好きな人などに私のせいで悪い影響が起こらないか不安になりました。自分が関わるせいで、その人のことを不幸にしていないか、と思ってしまいました。またやはり今後も私を愛してくれる家族や親友、恋人を、自分は罪を犯した者であることを隠し続けながら生きていくのが辛いと思いました。今後いろんな人と関わっていく中で、私はこの不安な気持ちとどのように向き合っていけば良いのでしょうか。文章が長くなってしまいすみません。お言葉をいただきたいです。

2020年9月21日 20:34

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏様を頼りませんか?

 それ程後悔しているのなら、この際その過去の罪と向き合ってみますか。
 今一度あなたの罪の被害を受けた方々の所へ行き、心からの謝罪をなさってはいかがでしょうか。出来ませんか?
 出来ないとおっしゃるのであれば、無理にする必要はありません。しかし、それではあなたはこれから一生後悔を引き摺って生きることになるような気がします。
 そして、もっと気になるのは、あなたは「過去の罪」云々とおっしゃいますが、実は今、あなたの人生が上手くいっていなくて、思うように生きられなくて苦しんでいるのではありませんか。
 そして、それを過去の罪のせいにしていませんか。全ての贖罪が出来れば、自分の未来はもっと良い方へと変わるんじゃないかと思っていらっしゃいませんか。
 過去の罪は、例え被害に遭われた方の許しを頂けたとしても、「消える」ことはありません。事実は変わらないのです。
 では、その罪を引き摺って生きるしか無いのか…そんな我が思いを汲み尽くし、あなたの苦しみを私も一緒に背負っていこうと立ち上がって下さったのが仏という存在です。
 過去は変えられない…だからこそ、仏はあなたを支え、導き続けて下さっているのです。
 罪に苛まされる自らの思いすらも、自分ではどうにもしようがありません…罪の思いすらも我が煩悩であるからです。そしてそれはこの上なく手強く、我が身すらを煩悩の炎で焼き尽くしてしまうほど恐ろしいものです。
 そんな我が煩悩を立ち向かって下さったのが仏様です。
 自らではどうにもならない思いはどうぞ仏様に委ねて下さい、託して下さい。任せて下さい。
 どうにもならない我が思いを手放させて、煩悩から生じる苦悩からすくって下さるのが仏様です。
 あとはあなたのご判断です。これからも自らでこの贖罪の問題を解決しようと抱え込んで生きるか、または罪を一緒に背負うぞと呼び掛ける仏様と共に「今自分に出来ること、為すべきこと」に一生懸命に取り組むか…です。
 いずれにしても、あなたに仏様の御慈悲は振り注がれています、決して変わることなく…。

2020年9月22日 11:27
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


千葉県市原市にある浄土真宗本願寺派  弘教寺の住職です。 当方 都市開教...

不安から逃げず、紛らわさずに、向き合うことが大切です

レモンさんが犯した過去の罪を隠しておけると言うことは、警察に出頭しなくてはいけないような犯罪ではないということでしょうか。出頭する必要があるなら、自首して下さい。
そうでない罪でも、ご自分の罪は犯してしまえば、取り返しがつきません。隠していても発覚してしまうことは十分考えられます。それでも、隠し通して生きていくとなれば罪が発覚した時に、その罪によって不幸になることも含めて背負って行くしかありません。発覚する前に罪を公表するか、発覚してからその罪を償うかは、レモンさん次第です。
「悪い影響が起こらないか不安になる」とお書きですが、不安はレモンさんが起こしたいと思って起こせるものではなくて、ご自分の内から自然に沸き起こって来るものです。不安は、今のあり方が本来でない予感と言われています。ですから、不安から逃げず、紛らわさずに、向き合うことが大切です。大切なご家族や恋人のために、どうするべきかレモンさんが不安に向き合うことで、道は自ずと開かれるのではないでしょうか。

2020年9月22日 19:30
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


質問者からのお礼

ありがとうございます。
自分の気持ちと毎日向き合いながら生きていこうと思います。

 和田様
お言葉ありがとうございます。不安から逃げず、自分のしたことは自負して生きていこうと思います。

 小林様
お言葉ありがとうございます。
仏様とご先祖様からの御慈悲を受け取り、一生懸命懺悔しながら生きいきます。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る