hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

庫裏の修繕費用に関する不正の発覚

回答数回答 2
有り難し有り難し 21

庫裏の修繕費用を檀家で全額負担して、修繕する事が決まったのですが、その金額が本来かかる修繕費用よりも約倍額の200万円程誤魔化し多く請求させている事が発覚いたしました。

どうして発覚したかと言うと、お寺のお手伝いをさせて頂いている時に、庫裏の修繕見積書が乱雑に置かれていて、正規の金額がたまたま目に入ってしまいました。
またお寺の修繕を依頼された知り合いの業者さんが住職さんに、大幅に誤魔化した金額の見積書の作成をしてくれとお願いされ、断ったと相談されました。

業者さんの話と見積書の内容が合致し、尚且つ一般的な建築業者さんなら明らかにおかしいと気付く金額でもあります。
また、不審に思った檀家さんが住職に見積書の提示を求めると言う話も聞きました。
とても小さな町なので、この問題がすぐに広まり大問題になる事が予想されますが、とても良くしただいている住職さんなのでショックでどうしたら良いのか分かりません。

檀家の少ないお寺なので、何か深い事情があったのかなとも思いますし、嘘であって欲しいとも思います。
また住職さんの言葉に何度も助けていただきましたが、それが嘘だったのかとも思ってしまいます。
誰にも相談する事が出来ず、苦しいです。
どうかアドバイスをお願い致します。

2021年1月1日 23:00

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

檀家の皆様で考えましょう

すでに他の檀家さんにも知られているようですし、あなた一人が抱え込む必要はありません。
住職ご本人に経緯を聞いた上で、檀家さん全体として対応を検討しましょう。
住職の単独犯なのか、一部の檀家役員と共謀してやったのか、余った修繕費用の使途などを確認し、悪質だと思われるなら、住職をクビにしたり、訴訟や刑事告発も考えられます。
余剰金の返還は当然ですが、返還金を各檀家に返金するのが、檀家の会計で管理して今後の寺院運営に使うのか。
ただ、仮に住職をクビにした場合、後任住職をみつける必要があります。
もしも、新住職を招くために法衣その他を設えたり、それこそ庫裏をリフォーム等の話になれば、場合によっては200万円以上の新たな出費が必要になりますから、コスパ的な問題もありますね。
しかし、住職として尊敬できない状況なら仕方ありませんよね。
住職の自業自得だと思います。

2021年1月2日 4:12
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

「聞いた話」を丸呑みにしない

こんにちは。

 ご質問では「発覚」とありますが、あなたがお寺のお掃除の手伝いをしていたところ、募った寄付金額よりも安い見積書を見た、という事実だけで、その他の話(大幅に誤魔化した金額の見積書の作成をしてくれとお願いされた、不審に思った檀家さんが住職に見積書の提示を求めた)というのは聞いた話であり、「明らかにおかしいと気付く金額」というのは、「一般的な」建築業者さんの意見ですよね。噂や想像の域という事ですよね。

 私の寺でも最近お寺の新築工事をしましたが、そのような噂がたくさん出回りました。今まで信用していた方がそのような事を言っていたり、またはそれを信じてしまう方がいたり、私自身もたいへん傷つきました。

 お寺は、庫裏であっても、一般の住宅とは構造も違いますし、また長持ちさせるために良い材料を使わせていただいています。(品質の悪い物ですと、またすぐに修理が必要になりますからね。)そのためどうしても割高になってしまいます。ご覧になったものは、見積りの一部だったかもしれませんし、全く違う工事の見積もりだったのかもしれません。

 それに、あなたが見積書をご覧になったとの事ですが、大切な書類をそのように乱雑に置くとも思えないですし、そもそも、もしご住職が見積金額をごまかそうと考えているならば、不正がばれてしまうような書類を檀家さんの目に届くような場所におかないでしょう。小さな町で少ない檀家さんのお寺とのことで、問題が起こったらすぐ広まってしまう事は良くわかっているはずで、そのような不正をするとは私は思えません。

 ご質問から、ご住職のお人柄の良さも伝わってきます。是非、このようなご住職のピンチの時こそ、お寺の味方になっていただきたいと思います。

2021年1月2日 16:30
{{count}}
有り難し
おきもち


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

質問者からのお礼

年明けのお忙しい中、お話を聞いてくださりありがとうございました。
私もどうすべきであるかは薄々気付いていましたが、願誉浄史さまに仰って頂いた事で確信に変わりました。
また檀家全体の問題だとアドバイスを頂いたお陰で、抱え込んでいた気持ちが軽くなりました。
今後どうなるかはまだ分かりませんが、皆で話し合い慎重に考えて行こうと思います。
ありがとうございました。

光禪さま、ご回答ありがとうございました。
説明が足りず誤解をさせてしまったと思います。
まず大切な見積書を乱雑に置くはずが無いと言う事ですが、住職は現在1人でお寺に住んでおり、高齢で掃除も1人では手が回っていない状態だと言う事。
お手伝いとは掃除ではなく、お札の作成をお手伝いさせて頂きました。
こちらのお寺は父が棟梁を務めて新築させていただいたお寺で、庫裏の構造は一般的な家と変わりありません。
また修繕内容としては、屋根のふきかえ(屋根の鉄板を剥がさず、上から新しい鉄板を引くもの、素材はステンレスではなく、ガルバリウム鋼板です。)と外壁の塗装です。
当方建築系の親族が多い事、板金屋さんの知り合いも多く、金額は会社によっても違いはあると思いますが、どの業者さんに聞いてもあまりに高額であり得ない金額だと言う意見しかないのです。
また名の知れた宮大工さんではなく、一般的な業者さんが修繕工事を行います。
本堂の修繕ならば父が依頼されると思いますが、庫裏は住職さんの住居であり、どこに委託するかと言うことは住職が1人で決めました。
檀家さんも高齢な人ばかりで、建築的な知識がある人はほぼいない状態です。
修繕費は口頭のみで、住職さんへの信用でお金を払ってしまった檀家さんが多く、見積書を見た人は私以外いない状態です。
信じられないでしょうが、ずさんな管理体制である事はわかっております。
檀家数名で見積書の提示を求めましたが、しぶられ現在見積書のコピーを頂けておりません。
住職さんの事を悪く言いたい人は私も含めいないと思います。
しかし、知り合いの業者さんが住職さんに、見積書の金額をふかして高額な金額での見積もりを依頼されたが、小さな町でそのような事が発覚したら住んでいけないと断ったと相談されたという事、私がみた見積書の内容、見積書を檀家へ開示していないという事実は変えられません。
そうでなければこの場で相談などしないです。

「お寺とのトラブル・嫌なできごと」問答一覧

お坊さんが怖い

先月母が亡くなりました。 父から葬儀の事に関して、丸投げされていたので、私が葬儀屋さんに電話し、喪主を勤めました。 葬儀屋さんと打ち合わせ中に、お寺のお坊さんがいつ葬儀に来てくれるか電話するように言われました。 お坊さんに電話したら、“枕行に行きたい“と言われました。 今朝母が亡くなった事で気持ちが動転していて、葬儀屋さんとプランの話し中だったことで、また後で電話すると言って電話を切りましたが、私は電話をするのをすっかり忘れていました。 それから2〜3時間後にお坊さんから連絡があり、お坊さんを怒らせてしまいました。 母の戒名を考えるために明日、寺に来るのかと言われましたが、私は逆ギレしてしまい、上から目線だとお坊さんに言ってしまいました。 うちにはお金も無いと伝えました。 私のほうからお坊さんに用事があって電話したのに、逆ギレしてしまうほど、まともでは無く、冷静ではありませんした。 葬儀の日に待合室で、“待てど暮らせど電話がなかった。自分から連絡してきて、あの態度は何だ。枕行をやらなかったのは初めてだ。“ともっともな事を言っていました。 今日は母の49日でした。 お経を詠んでもらい、お話しを聞いていましたが、お坊さんは私とは目を合わせませんでした。 お話が終わると、お坊さんさんは烈火の如く怒り始めました。 “何故遺骨を持ってこない?こんな事は初めてだ。“ “何故49日の打ち合わせに来ない?今日は来ないかと思っていた“ “枕行をやらなかったのは初めてだ“ “お父さんは萎縮してしまって、あなたに何も言えない“ “自分のやりたい事だけをやって、周りに迷惑をかけている“ “枕行しに行きましょうかと言った日は、もっと若い女性が悩んでいるのかと思ったら、36歳だったなんて!“ “あなたがした事で、お父さんは謝っているのを知っているか?“ “葬儀の時にお布施5万、御膳料5千円、御車代5千円の6万だったけど、0が一個足りねぇよ“ と親族の目の前で言われました。 お坊さんの大きな声で何故何故といわれて私は何も言い返すことができませんでした。 私の実家はこの先墓じまいになります。 母の遺骨はそこには入れたくありません。 お骨は私の家にあります。 来年の一周忌、3回忌、七回忌…毎回このお坊さんに会うと考えると気が重くなります。

有り難し有り難し 134
回答数回答 6

お寺さんとの関係解消について

母方のお寺さんの住職さんが物凄く嫌いなんです。 お気持ちで支払う金銭に関して相場を渡しても足りないと言ってきたり、ご挨拶に本堂に伺うときちんと手順を踏んでいたにも関わらず今は忙しいと怒鳴られ罵られたりしました。 幼い頃からその住職さんから人間の温かみのようなものを感じられず漠然と嫌な人だと思っていましたが上記したような事があり、尚更受け付けなくなってしまいました。お墓参りに行くたびに嫌な気持ちになります。 住職さんも人間です。虫の居所が悪いとか精神的に参っている時もあるかとは思います。でも、私なら次に顔を合わせる事が会った時は謝るし何か相手に対して不満があったとしても言葉はもう少し選ぶと思います。 母がこの先亡くなる事があれば叔父が代わりにお寺さんとの付き合いを続けてくれるのかどうかも分かりません。母がそのお寺さんのお墓に入ることはありませんが、母の墓前で手を合わせる時に母の両親を蔑ろにしている(お寺さんとの付き合いを無くしお墓参りに行かなくなる)ような事があったら胸が痛むと思います。 お寺、お墓を変えるというのはとても大変な事だと聞きます。相手があの住職だと思うだけで気が滅入ります。ですが、御骨を人質に取られていると思いながら今のお寺さんと付き合い続けていくのも苦痛です。どうにか母が生きているうちにお墓を移しお寺さんとの関係を断ちたいのですが、母にどう切り出していいのかも分かりませんしどのような対策や準備をしておけばいいのかも分かりません。 そんなふうに考える(住職さんを許せない)自分が悪いのかと思ったりもします。 付き合い方を見直す方がいいのでしょうか?思い切って関係を断つのがいいのでしょうか?その際のアドバイスなどもありましたらお聞きしたいです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 37
回答数回答 3

話が違う!お寺を変えたい

私の父は長年宮城県仙台市に住んでいたのですが、私は東京、妹は名古屋と住所はバラバラです。母は14年前に亡くなっており、父は頑固に仙台で一人暮らしをしておりました。 その父は、昨年(2020年)3月に亡くなりました。ちょうどコロナ禍が始まっており、葬儀は一番シンプルな形で行いました。しかし、納骨はしておらず、まもなく一年が経ちます。その間、お骨は名古屋に住む妹の家にありました。 母のお骨は埼玉にあるお寺に合祀されており、父方の祖父母も同じお寺に合祀されています。 最近、そのお寺に父の納骨の件で電話したところ「お話を伺いますのでこちらに来て下さい」といわれたので、お寺に行きました。対応した方はわりと若い男性でした。 その時驚いたのは、いきなり料金の話を持ち出されたことです。というか、話はお金の件だけでした。その金額が思っていたより高額だったので、つい「戒名はこちらで用意してます」と言ったところ、「ではその戒名をFAXで送って下さい。宗派とか確認して大丈夫だったらそれでいいです」と言ってくれたので、帰宅後ネットで戒名を依頼できるサイトで申し込みました(金額は10分の1でした)。直後、そのサイトに契約されているお寺(なんと岐阜県)から電話がありましたが、内容は「このような戒名ですがいかがでしょう?」といったもので非常に感じの良い方でした。 私は、先日のお寺で話した段取りで戒名のFAXをしようと思っていた矢先、埼玉のお寺から封書が届きました。内容は簡潔に言うと「戒名はすでに決めたので料金を払え」というものでした。「戒名抜きの金額でも厳しいのに話が違うじゃないか!!」と怒りが込み上げてきたのですが、相手はお寺でビジネス相手ではありません。戒名抜きの金額ならぎりぎり大丈夫と思っていましたが、なんだか最初からお金の話しかしないし、まるで借金取りのような手紙は来るし……このお寺はイヤだなと思うようになりました。 一応、戒名の件と経済的に厳しいということは先方に伝えるつもりですが、話がこじれた場合、今回の納骨の件は全てキャンセルしたいと考えていますが、キャンセルは可能なのでしょうか?

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

離檀を考えてしまいます。

今年、祖母を亡くし葬儀・法要と先祖代々お世話になっている お寺にお願いしました。 その際住職の対応が不誠実に感じています。 ・葬儀でお経を咳き払いをしながら読み 木魚を叩く棒を床に落としました。 落としても気にせず葬儀社の方が 拾い上げてくださるまでそのままでした。 (住職の飲み歩きは有名で飲みすぎでうまく お経が読めないのではと勝手ながら思ってしまいます。) ・葬儀に際して両親が連絡をした際も 希望日に私用があったらしく「僕も忙しいからさ、疲れちゃうし」 と言われ別日になりました。 お布施も相場3倍以上の額を住職から言われ包みました。 車代も自家用車でくるのに「タクシーだと1万じゃ足りないよね」と言われました ・四十九日では 位牌二つを一度に片手で持たれ(二つ指で挟むように) 遺影は片手で渡されました。 親戚がお寺でコードにつまずいた際は 足元よく見て歩きましょうよ。と言われました。 質問を無視されたこともあります。 ・住職から祖母を悼む気持ち、遺族に寄り添う気持ちは全く感じられませんでした。 ・お布施も祖父母が自分の葬儀にかかるお金はと コツコツためてくれたお金から包んだものです。 私は大のじいちゃんばあちゃん子で大好きな祖母の最期を 台無しにされた気持ちが強くとても腹が立ちます。 ・祖父や両親も離檀はちらついてはいるようですが 実家は田舎町で、色々な話があっという間に広まることや 先祖代々からのお寺、離檀にかかるお金と気力を考えると 現実的ではないと思っているようです。 祖父も高齢で体調も思わしくない為、そう遠くないうちに またお寺と関わる機会もあるかと思うと 今、騒ぐのはかえって負担にさせてしまうと思います。 一方でまた住職にお願いしたくないとも思います。 ・現状、祖父も両親もいますので 私がでしゃばって行動しようとは思っていません。 ただ頼りにされた時力になりたいです。 私は実家を出ている為色々な案を出せればと思っています。 そこで一度ほかのお坊さんのお話も聞きたいと思いこちらに質問させていただきました。 (住職への怒りが収まらず話を聞いて欲しかったのもあります) ・このような住職の対応は私たちは受け入れるしかないのでしょうか? 先祖代々からのお寺を離檀するというのは良くないことですか? 離檀のさいは今の住職にまず話をするべきですか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

信頼していたお寺に裏切られた気持ち

20年前にご縁のあるお寺にてご祈祷を受けたところ、凄い効き目がありました。その頃、霊現象が多かったのですが、口伝のまじないのようなものもその時教わりました。(口伝なので、人には内緒にするよう言われました) 色々効き目は凄かったのですがここでは省きます。 それから、20年毎年正月にはそのお寺で新年のご祈祷を受けていたのですが。 最近、良くないことが重なったので、いつものお寺でご祈祷をしてもらおうと伺いましたところ、 今まで見たことのないお坊さんが受け付け、私の話を笑ってバカにするのです。しかも、同じお寺にもかかわらず、以前受けたご祈祷のこともバカにされた(言ってはいけないと言われた口伝も無理矢理聞き出した上で)為、私は怒ってご祈祷を受けずに帰りました。 しかも、寺を出て5分もしないうちにゴールド免許だったのに警察につかまり罰金です。 そのお坊さんは人間としても最低だと思いましたが、 私は20年も通い続けたお寺に裏切られたと、仏縁が無くなったと感じ、そちらの方がショックなのです。 もう、お正月に御札を替えに行く気持ちもなくなりました。 しかし、次にどこを頼れば良いのか。今回の件で、どれだけ自分がいつものお寺を頼りにしていたかもよくわかっただけに、帰る実家を無くしたような気持ちです。 このような場合、お正月は新しいお寺を探して行った方が良いのでしょうか? それとも、そのクソ坊主に当たったのはたまたまだと考えて同じお寺に行った方がいいのでしょうか?お正月、また会ったらイヤなので、とても迷っています。

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る