hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

非合理的に感じる労働環境とその心構え

回答数回答 2
有り難し有り難し 21

こんにちは。初めて質問させて頂きます。
私はこの国の多くの労働環境が正常じゃないと感じています。
顧客からどんなに理不尽なクレームを受けてもまず組織を代表して謝罪を強要させられ(例え自分の非じゃないにしても)、上司や顧客の言うことにはどんなに間違っているように感じても、絶対服従を強いられ反対や意見を許されない。毎年過労死やパワハラによる自殺者が出ても経営責任者に課されるのは交通事故以下の比較的軽い刑罰のみ(個人的には間接的な殺人だと思っていますし、もっと刑罰を重くして重大な人権侵害だという認識が広げない限りは大幅な改善は期待できないと思っています)。
無論、全ての職場がこうでないことは知ってますし、労働者の権利をきちんと守っている職場があることも知ってますが、余りにもこうしたブラックな環境が多すぎるように感じるのです。
経済誌を見ますと他国と日本を比較した記事がいっぱいありますが、特に欧州の先進国では終業時間をきちんと守り、労働法が厳しく定められているので日本ほどブラックな労働環境は少ないというような記事も見ます(実際に目で見て体験しているわけではないので、鵜呑みにしてはいけないと思いますが、コロナ禍前にフランスへ旅行し、現地のスーパーがどこも19:00や20:00に完全閉店しているのを見たことがあるので、ある程度は真実だと思っています)。また議論して当たり前の環境なので(あくまで欧州や北米などですが)、日本と異なり自分の意見を言うことを歓迎されるとも聞いています。
ここで質問なのですが、どこの国もある程度はそういうもんだと割り切ってしまうべきなのか、コロナが収束したら海外に出てこの目で事実を確かめて海外での就業など他の道を模索すべきなのか(海外といっても欧州、北米、アジアなど多くの違う地域と国がある中で決して一括りに考えてはいけないと思いますが。また海外での就業は語学や労働ビザなど国内での就職よりはるかに敷居が高いことも承知しています。)、どう思いますか?ご意見を聞かせて頂きたいのです。

2021年1月23日 16:15

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今一度『労働』ということを深く見つめて下さい

 海外の労働事情のことなど門外漢の私が回答をさせて頂くことは場違いなのですが、『労働』ということについて少しだけ申させて頂きます。
 あなたにとって労働は強制的で、精神的・肉体的苦痛を伴うもので、そしてその労働者の汗や血の結晶が、結局は経営者や資産者階級に吸い上げられ、それらの者達のみを潤すことになっている…そんな受け止め方でしょうか。もし違っていたらすみません。
 その状態は当たらずとも遠からずだと思います。
 「当たらず」と申したのは、『日々のきつい自らの労働によって助かっている人が大勢いる。そのことで私は社会に貢献する。経営者のためではなく、自分の意志で働いている』方がたくさんいて、それらの方々の労働に依って社会は成り立っていると考えるからです。
 一方で「坊さんは労働をしていません」…もう、それは紛れもない事実ですのではっきりと申し上げます。
 だから僧侶とは「『御布施をして頂いたら、いのち繋げる。でも、そうでなければ死ぬ定め』…それを覚悟の上で僧侶になったんでしょ?」の問いに頷くしかない存在です。
 ですから、労働に対して偉そうなことは言えません。
 ただ、だからこそ働いているお方々には敬意を表します。もう本当に尊敬しています。朝から晩まで、いえ夜を徹して、暑くても寒くても、雨だろうが台風だろうが大雪だろうが、日々働く方々を尊敬し、手を合わせます…。
 あなたはどうでしょうか…身を粉にして働いている方々をどうご覧になっていらっしゃいますか。
 どうか労働とは一体何であるかを自らで調べ学んで下さい。
 そして、その結果 御自身が働くかどうかを決めて下さい…。
 働くことは他者の生存を助けることであり、そのことは自身にとっての大きな喜びです。働くことは生きることです。
 僧侶は働かずに、その分 仏道を生きています…。
 あなたはどうなさいますか…。

2021年1月23日 16:48
{{count}}
有り難し
おきもち


千葉県市原市にある浄土真宗本願寺派 弘教寺の住職です。 当方 都市開教...

闘わないと。お客様側も不便を許容を。

基本的には、権利は闘わないと得られないと思います。
労働者が団結して、ストライキも辞さない覚悟で。
しかし、その場合、消費者にも迷惑がかかります。
自分が労働者側のときは残業したくないけど、自分がお客様側のときはお店等に対して過度なサービスを要求してしまうのが日本人かもしれません。
労働者の権利を守るためには、あなた自身がお客様側の立場のときに、労働者に対して大目にみてあげる、割高で遅くて不便なサービスを許容する必要があります。
たとえば、建築業界で働き方改革が進めば、道路工事にかかる日数が長引くかもしれません。
週休2日徹底で工事スピードが落ちますから。
そうすると、交通規制や渋滞の期間が長くなる。
道路を利用する「お客様」側にとっては迷惑な話ですが、私たち日本の国民がそれを許容できなければ、日本のブラック企業はなくならないでしょう。
私たち日本国の消費者がもう少し「不便さ」を許容して、まったりゆるーく生活しないと、労働者を馬車馬のように働かせざるを得なくなるのでは。

2021年1月23日 16:57
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。
もっと労働やその歴史、法律を学んでよく考えてみたいと
思います。その上で結論をだして行動したいと思います。

>基本的には、権利は闘わないと得られないと思います。
>労働者の権利を守るためには、あなた自身がお客様側の立場のときに、労働者に対して大目にみてあげる、割高で遅くて不便なサービスを許容する必要があります。
>私たち日本国の消費者がもう少し「不便さ」を許容して、まったりゆるーく生活しないと、労働者を馬車馬のように働かせざるを得なくなるのでは。

そうですね。全くおっしゃる通りだと思います。
西洋諸国もフランス革命など民衆が声をあげ続け、時に団結して戦ったからこそ
そのような社会を実現できたのだと思います。
社会主義革命など必ずしもよい結果に繋がるとは限りませんが、行動しなかったらそもそも社会を変えることができませんから。
自分も消費者側にまわったときの「寛容」を肝に銘じつつ、権利を守るための行動を少しずつ実行したいと思います。
お時間を割いて下さり、ありがとうございました。

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

人の悪意の怖さ

再び相談させていただきます。 プロフィールの方を参照していただけると嬉しいです。 ネットには普段口にするのも憚られるような誹謗中傷や悪口で溢れています。私自身、現実でいままで人を傷つけたことがありますし、その後悔に囚われることも多く、悪口や虐めの愚かさは理解しているつもりです。(開き直るつもりは全くございません) 最近、世の中でいじめやハラスメントが大きく問題になり、色々な人が声を上げている中、そのように声をあげている人でさえも、アスリートの方々や自分とは異なる意見の方に対し、誹謗中傷や人格否定のような言葉を投げかけていることに恐怖を感じます。みんな、誰もが傷つかない世界を望んでいるはずです。なのに、どうしてこんな事が起こってしまうのでしょうか。そのような誹謗中傷を見かけると、あたかも自分が言われているような心地がして、受け取った人はどのように思うのだろうかと考えてしまい、悲しくなります。どういう気持ちで書き込んでいるのか、それを後悔したりすることはないのかと思います。 悪口の愚かさは体感しましたし、悪意のない世界への実現に貢献したいとも考えています。ですが、このままだといじめやハラスメントは無くなることはないと思います。 人を傷つけたこともある私が、このようなことを考えるなんて烏滸がましいとは思います。ですが、恐怖と疑問が絶えません。よかったらご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

人々に絶望することが多くなりました

初投稿です。よろしくお願いします。 質問といいますか、愚痴に近い内容になりますが、少々お付き合い下さい。 最近、人々に絶望することが多くなりました。世間に対し、あなた方は過去から、歴史から何を学んだんだ、同じことを繰り返してばかりじゃないか、はやる気持ちを一旦落ち着かせて思慮の深いよりよい選択をなぜ取らないんだ、と訴えたくなることがよくあります。 例えば、ネットでの誹謗中傷です。誹謗中傷の内容は感情的・感覚的に発言するものが多く、思慮に欠けますし、そもそも自分の不平不満を述べるのであれば、わざわざ人を傷つけるような言葉を使う必要はないでしょう。人を傷つけてストレスを発散しているのでしょうが、私にはそのような方法でストレス解消することに理解できません。 もちろん、誹謗中傷を行う人はごく少数の者であり、その他大勢の人間は誹謗中傷などしない、とも考えられます。しかし、誹謗中傷を行う者に目を向けると、その多くはどこにでもいるようなごく普通の一般人で、必ずしも社会になじめない人格破綻者が行うとは限らないと思いますし、そのようなことが書かれた記事も目にしたことがあります。 思えば、周囲の人間を見渡すと、親切な方(だと私が思う人)でも、ネットで暴言を吐かないにしても、それは社会的に見て正しい言動なのかと疑問に感じることがあります。例えば、偏見を生む発言を繰り返す人、多角的な視点は皆無で、自己やその周囲の人間のことしか考えていない人、目先の快楽のことばかり情熱を燃やす人などなど。そのくせ犯罪者など、反社会的行動を行った者に対しては烈火のごとく怒り狂い、執拗なまでに石を投げ続けますが、しかし、刑罰法規に触れないものの、結構悪質なことをたくさんやっている方があなた方の中でもずいぶん多いじゃないか、過去に人にはあまり言えない悪行をした人も多いのではないか、と思うことがままあります。 私は、国のため、国民のためになるよう、長い時間をかけて勉学に努めて参りましたが、最近、世間に対してそのように考えることが多くなり、勉強に身が入りません。25mプールに墨汁を一滴垂らすがごとく、私の行いで世間はそれほど変わらないでしょうし、私自身の無力さに失望しているためです。考えを改める必要があると思いますが、お坊様から見て、何かお言葉を頂けないでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

病気だったら何をしてもいいのですか?

 いつもお世話になっております。恐い表題で申し訳ございません。 そう言う私も発達障害を持っております。  先日の質問の中の一文で、 「認知症と見られるおばあさんにカートを蹴られ、思わず怖くて騒いだら 散々車内で罵られた」と申し上げました。  私の家に入ってくれている訪問看護師に事の詳細を伝えたところ(40代で 看護師になり、精神科一筋20年)、 「認知症だね。ご病気だから、仕方ないよ。彼女にとっては、 『そこにあるものが邪魔だったから蹴った』くらいの気持ちだよ。」 とのこと。  それから私は自分の気持ちを落ち着けるためにも、認知症について たくさん勉強しました。なんでも、今回のケースは「周辺症状」の一部で 、周囲に配慮ができなくなったり、攻撃的になるというものだそうです。  私も自身の体験から色々考え、恐怖や不安の延長で怒りが湧いてくる こともあるのでおばあさんもそういうことかな…と思ってみたりも しました。(認知症は不安や妄想も発現するからです)  ですが、それでいいのでしょうか?人様に乱暴したり、ものを壊しても (今回は運良く私に怪我はなく、カートも壊れませんでしたが)病気や障害 だから、で済むのですか?  知的障害の人にストーカーされかけたこともあります。人生で3度ほど。  そういった乱暴者のせいで、私たち障害者全体のイメージが悪くなる と私は思っています。 「生きづらさは、あんたたちのせいでもあるんだよ!乱暴者!」 と言いたいほどです。もっとも看護師さんは、 「世の中の人たちはそこまで極端な考えは持たない」と言ってくれますが…  何度、警察の方の手を借りたかわかりません。申し訳ないです。ちなみに、 最近のお巡りさん・刑事さんは障害福祉も勉強なさっているとか。  お布施にとお茶を買って持って伺ったほどです。ですが、 「警察官は受け取れないんだ。ごめんね。でもありがとう」 と仰って納めてくださいませんでした。  愚痴になってしまいましたが、ご意見賜れましたら幸いです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る