hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

名を知らぬ友人と死後会えますか

回答数回答 3
有り難し有り難し 20

こんにちは。

インターネット上でとても仲良くしていた友人が自殺を仄めかすメッセージを残して姿を消してしまいました。「所詮ネット上でのメッセージ」と思われるかもしれませんが、普段明るく、とても強い人だったので冗談とは思えず、認めたくないものの旅立ってしまったのかもしれないという形で受け入れようという思いが日に日に増していきます。

私の想像も付かないような苦しみを抱えて、誰にも気付かれない場所で悲しみと苦しみの中孤独に旅立ってしまったかもしれない彼が仏様によって救われる日は来るのでしょうか。
そして、私がいつの日か旅立った時には、顔も名前も知らないという余りにも希薄な繋がりしか無い彼と再び会う事は出来るのでしょうか。

会えるのなら後を追うという訳ではありません。

私はこの世に受けた生を全うし、彼と再び会った時に彼の抱えていた悩み、悲しみ、苦しみを受け止めて、再び、そして永遠に友達となれるような人間になれたらいいなと思います。

2021年3月4日 8:39

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私は会えると思っていますし信じています。

何の証明も出来ない事柄ですし
阿弥陀経の「俱会一処」という教えを
信じたいだけかもしれません。

でも信じると
故人がそばに居てくれている気がします。

2021年3月4日 9:40
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

その人も善導し、あなたの心も善導し心のモヤモヤも善導すべし。

そのお優しい気持ちを大切にしてください。
できたら、その心をもっと高めて来世や死後の世界の理想を願うよりもこの生ある今の人生において、その人も喜ぶような生き方をあなたの今の今日の、この人生において実現させることであなたもその人もこれから出会う人もみんなが笑顔になれるでしょう。お釈迦さまや仏の教えという最高の人生の教科書を学ばれた人たち、祖師たちとはそういう生き方をされた人です。
人は縁のある人がみな私たちの心の中に宿るものです。
そのお会いしたことのない人であっても、その人に対する想念を思い、描くのはあなたの意識です。
ひょっとしたら生きているかもしれません。
こうなのではないか。
こうなんじゃないか。
それを思うのも私たちの脳であり、心の作用です。
そのもやもやを羊にたとえるならば、その羊がとてもにこやかで元気になるような、青空のように曇りの無いような心に善導することが私はあなたも元気になれて、前向きな人生になれる方法だと思います。
枯れそうな花を「枯れそうだなぁ」と思ったり、枯れたらあの世で会おうな、と思うよりは(# ゚Д゚)水をあげて!というのが私の勧める生き方です。
人間はちょっと切ないことがあると脳裏に浮かぶ脳内ファンタジーマイワールド王国のお城の引きこもり部屋であらぬ妄想を展開させてしまうものです。(本人談)
それよりも、王様。現実の枯れそうな花を今すぐ元気にさせることです。王様、それよりも王様自身が元気になられてこの世に民衆を笑顔にさせることこそ、王様の天から与えられたる使命でございますぞ、とあなたを善導する天才軍師や大臣の声にも耳を傾けてみましょう。
人間は最高に安らかで幸せではないなら、それはまだまだ不完全、未完成と見極める必要があります。なんだかスッキリしない、もやもやが晴れないなら、その視界の悪さを無くそうと志を持つことです。遠く、いつとも知れず、答えも根拠もないことに身を委ねるよりは、あなたの呼吸はあなた専用、あなたの為だけの呼吸。あなたの心もあなたをさらにクオリティを高めるために装備された心です。その心の運転はあなた次第ですから、その出会いも学びとしてさらに自身が心底納得ができる生き方へ自分自身をよりよく導いてみてください。私はこうやってみるといいよと申し上げましたが、それを今からやるかやらないかはあなた次第です。

2021年3月4日 8:58
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
かくげん和尚の電話おなやみ相談  📞08020659278 そのモ...

憶念

おはようございます。
喪失感と悲しみの心中お察しいたします。

とはいえ、僧侶の視点を申し上げると、
姿がみれなくなったからといって彼の存在を消し去る立場ではないです。

顔と名前は知らなくても、消えた日を仮の命日・縁日として、彼への感謝を念じることはできるはずです。

ハンドルネームはご存知なら、そのお名前を大切に忘れないこともできるはずです。

旅立ったかどうか事実がわからないことを受け容れようとするのは大変かとは思います。
それより、今できる『念じる』を大切にしてください。

やさしい言葉でなくごめんなさい。
でも、悲しみからの回復を考えて、あえて上のように回答させていただきました。

2021年3月4日 9:06
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


宗派は浄土真宗 なむあみだぶつです。 北陸の小さな田舎町で住職して...

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。
彼のことを忘れず、新しくまた歩んでいきたいと思います。

「死後の世界・死んだらどうなる」問答一覧

私の声は、母に届いているのでしょうか。

こんばんは。いつもありがとうございます。 先日、うれしい出来事がありました。 早速仏壇に手を合わせ「お母さん、聞いて。良いニュースがあるよ」と言ったのですが、私の声は母に届いているのでしょうか? 母は、私の目を見ながら話を聞いてくれる人でした。「もう一回聞かせてくれる?」と耳をこちらに傾けてくれたりもしました。 でも、話を聞いてくれた目も耳も、今はありません。相づちを打ってくれる母もいません。母の肉体はもう、この世に存在しないからです。 亡き母に語りかける行為は独り言にすぎず、ただの自己満足なのでしょうか。 いくら語りかけても、母から返事はありません。「見えないだけで母はどこかにいる。話も聞いてくれている」と思ってはいても、ときどき虚しく、そして寂しくなります。 *** 追伸 hasunohaと出会い、日々救われています。 私の悩みを聞いて答えてくれる人がいる、と思うだけで安心します。本当にありがとうございます。 また、たびたび質問してしまいごめんなさい。「何度も投稿してご迷惑かな」と自覚しながらも、つい、甘えてしまいます。 今回も申し訳ないなと思いつつ、不安や寂しさがそれにまさり、投稿してしまいました。 それではお坊さんのみなさま、hasunohaを運営されているみなさま。季節の変わり目ですので、風邪を召しませんように。ご自愛ください。

有り難し有り難し 27
回答数回答 3

人は死んでも見ていてくれるのでしょうか

人は死んだら無になるのでしょうか。仏様になって私たちを見てくれてはいないのでしょうか。 幼い頃から大好きで大切だった祖母が最近、亡くなりました。私の家には仏壇が無いため(親戚の家にあります)、祖母の写真を置き、その前にお供え物をしています。祖母は亡くなるまでの半年間は食べ物や水を一切口にすることができませんでした(病院から飲食を禁じられており、栄養はカテーテルで摂っていました)。しかし本人はずっと「食べたい」「水が飲みたい」と言っていたのにそれが叶うことなく亡くなってしまったため、あまりにも哀れで、せめて天国ではたくさん食べてほしいと思い、お供え物をたくさんしています。けれど、ふと思うんです。こんなことをして、祖母は食べてくれているのだろうかと。人は死んだら仏だのあの世だの霊だのそんなものはなく、完全に無になるだけなのではないかと。だとすれば、毎日あれこれと飲み物や食べ物をお供えしているのは、単なる私の自己満足に過ぎません。それを考えると、虚しくなります。仏もあの世もなく無になっているのなら、お供え物もお墓参りも完全に意味の無い行為と言えます。ネットで色々と検索してみたら、霊感のある人は「ちゃんと食べてくれている」という意見を述べていたのですが、私には霊感がないので何も感じ取ることができません。 それに、祖母は20年以上前に亡くなった祖父のお墓参りをずっとほぼ毎日やってきましたが、祖父が見てくれていたようにも思えないのです。なぜなら、祖母は長年、体の不調に苦しみ続けていましたし、長文になるので割愛しますが最期の時もあまりにも惨めなものでした。よく「故人を思ってお墓などを大切にすると幸せになれる」ということを聞きますが、祖母は最後まで哀れでした。このことを考えると、やっぱり人は死んだら無になるだけで、それ以上は存在しない、つまり私たちを見てくれてはいないのかなと思えてしまいます。 難しい質問かとは思いますが、回答、宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 78
回答数回答 4

死後の世界について

最近死ぬことがとても怖いです。今私は20代でまだまだ先の人生があると周りに言われます。死ぬ時よりも死んだ後無になるのだと思うと怖くてたまらなくなり涙が出てきます。今は祖父母も両親も夫も健在で幸せな生活を送ることができています。だからこそこの幸せがいつか無になることが怖いです。また、時間には逆らえないので祖父母、両親が先に亡くなるのだと思いますが、自分が死んでから会えますか?お母さんは必ず迎えにくると約束してくれました。夫も死ぬからといって離れ離れにはならないし、ずっと一緒だと言ってくれています。ただ、死んだら怖いとか迎えにきてくれるとか、そのようなことも思うことすらできなくなくなるのでしょうか。意識が無くなり、思いや感情や記憶も全て無くなってしまうのでしょうか。怖くて仕方ありません。自分が数十年前はこの世に存在しなかったというのも不思議でなりません。死んでも幸せな時間が続くという保証があればきっと怖くなくなるのだと思いますが、そんなことは誰にも分からないし、だからこそ怖いという思いが無くなりません。これまで亡くなってこられた方々も生前にこのような気持ちを持ちながら生活し、気づかないうちに亡くなっていたのでしょうか。文章がまとまらずすみません。辛く、怖いです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る