hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

母の霊に遭遇しました。母の意図は?

回答数回答 3
有り難し有り難し 23

以前に「最愛の母を死なせました」として、ご相談をさせていただいたものです。

3月31日に母の四九日法要と納骨を済ませまして、その後4月7日に母の霊に遭遇しました。
状況は明け方4時頃、寝室で眠っていたところ足の部分に重みを感じ、上体を起こすと母が布団の上に座り込んでおり、目が合うとすっと消えてしまったというものです。

母の姿ですが、癌の闘病中のもので、抗癌剤で頭髪は抜け落ち、身体もやせ衰えているという、亡くなる頃の姿でした。

この姿からすると、母は未だ病苦から解放されてはいないのでしょうか。その苦しみを訴えるために、私の前に姿を現したのでしょうか。

また、何故信頼し合った親子であったのに、目が合うや否やすっと消えてしまったのでしょうか。

ご意見・ご教示をくだされば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

2021年4月10日 20:40

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お母様とのご縁の中で生きていく

拝読させて頂きました。
あなたがお亡くなりになられたお母様のそのお姿を見てそうお思いになるお気持ちもよくわかります。
そのお姿が病で苦しんでおられるそのさ中のお姿でしょうからあなたの頭にしっかりと残っているお母様の残像ではないでしょうか?
人は強い印象の画像を見ると自ずと自分の脳裏にインプットしています。その残像は消したいと思って消すことのできない非常に強い印象画像です。ですからそのお姿はあなたの心の中に残っているお母様の印象が形としてあなたの前に現れたのかと思います。

お母様はもう既に仏様に導かれて先に往かれた親しい方々やご先祖様方が優しくお母様を迎えて下さっておられます。お母様は仏様のもとで一切の迷いや苦しみからも救われて心から安らかになられていることでしょう。ご先祖様方と一緒に心から穏やかに豊かになっておられることでしょう。そしてご先祖様方と一緒に仏様のもとで円満にご成仏なさっておられるのです。

どうぞ合間合間にお母様に心から手を合わせてご供養なさり、あなたの思いを素直にお母様にお伝えなさって下さいね。お母様はあなたの思い全てを優しく受けとめて下さいます。

いつの日かあなたが天寿を全うなさる時にも必ずお母様があなたをあたたかく迎えて下さいます。そして仏様のもとでお母様と喜び合い分かち合うことでしょう。

それまでいつでもどこでもどんな時でもお母様はあなたを片時も忘れずに見守り寄り添っていて下さいますからね。

あなたはこれからもお母様とのご縁の中で生きていくのです。

2021年4月11日 9:15
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

お母さまをよく思い出す。

謹んでご母堂さまの御逝去、
お悔やみ申し上げます。

ご質問拝読いたしました。

夢枕に立たれたお母さまは、
本物かどうか、
断言します。
これはあなたが、
後悔と懺悔の念から
生まれた幻影です。

何故かって、
あなたにとって最愛のお母さまは、
お母さまにとっても、
最愛の息子だからです。

利発で聡明であったお母さまが、
痛々しい姿で、
息子であるあなたの前に
現れるでしょうか?

抗がん剤のどんな痛みや
苦しみも乗り越えてきた
立派なお母さま、
天寿を全うされて、
極楽浄土に還られたお母さま、
いまはすっかり病も癒えて、
昔の元気な頃のお母さまですよ。

お出ましになるとしたら、
すっかり元気になって、
看病本当にありがとう!
迷惑かけたね。
感謝しています。

これからは
あなたの人生を、
前を向いてしっかりと、
歩んでください。

お母さんも極楽浄土から、
あなたの行く末を
祈っていますよ。

どうか幸せに!

大丈夫!

さあ前を向いて歩いてください。

愚僧もご多幸を祈ります。

2021年4月11日 21:50
{{count}}
有り難し
おきもち


浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...
このお坊さんを応援する

追善供養

sou123さま

中有・中陰の微細な意識、意成身は、自分の力でコントロールできるほど安定したものではなく、また、中有・中陰の存在は最長でもやはり死後49日間しか保たないため、お母様はもう次生へ向かわれてあると言えるところにはなります。

しかし、そのようなことも全くないとは言えず、もしかすると何かお伝えしたいことがあったのかもしれませんね。

とにかく、追善供養をお勤めすることが、亡くなられた方のより善き赴きのために役立つところとなります。

どうか懇ろになさられて頂けましたら有り難いことでございます。

追善供養につきましては、下記拙法話もご参考になさって頂けましたらと存じます。

https://www.youtube.com/watch?v=lPp80WzKmQc

川口英俊 合掌

2021年4月12日 10:07
{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

お三方とも、ご回答ご助言ありがとうございます。

実は今日、母に離婚された父が訪ねて来て、母の霊前に線香を備えて行きました。
自分が死んでも、夫には知らせるなというのが母の遺言で、ともかく父を忌避していたので、あるいは父が来るぞという警告だったのかな?などとも考えまして・・・

ともかく、母の死に未だに後悔と責任とを感じているのは確かですが、母は成仏し、病苦から解放され浄土で先祖と過ごしているものと信じながら、篤く供養を続けます。ありがとうございました。

「霊・霊感」問答一覧

霊道?

長年(最初に症状が出たのが中学の時です)統合失調症を患っており、病院でお薬を処方してもらい、カウンセリングも受けていますが、それだけでは解決できないような気がして、近隣のお寺にお参りした際に相談してみました。 すると、そのお寺で「霊道が開いているのでは。そういうところ(霊が見えたり、原因がわかるようなところ)専門のところで相談してみたほうがいいのでは。」と言われました。 お薬をやめるつもりはないのですが、体重が大幅に増えたり脚がムズムズしたりと、色々な副作用があって辛く、ムズムズの副作用を止める薬にも、記憶障害という副作用があり、どのお薬を飲んでも、結局は何らかの副作用に悩まされることになります。 こうした経緯もあって、お寺に相談するに至りました。 私以外にも、身内で精神を病む人が結構な割合でおり、中には大人になってから神経発達症の方面で診断される人もいるため、因縁的な何かがあるのかなと考えることもあります。 遺伝やストレスだと言われればそれまでなのですが… 家に帰ってから、お寺や霊能者などについてネットであれこれ調べてみましたが、調べていくうちにだんだん分からなくなってきました。問い合わせをしてみたものの、料金がアルバイト代で出せる範囲ではなかったり、仏様の安置を勧められたり。 結局の所、何が正しいのでしょうか?

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

幽霊の散歩コースになってるのでしょうか、

ご意見お聞かせください 寝室の外に面している所と、リビングだけ年中家鳴りがします、夜11時半頃〜5時半頃が特に鳴ります たまに金縛りにあい、胸を上からぐぐぐっと押さえつけられて苦しくて、ビビりながら目をつぶってのの様助けてって心の中でお祈りし、そのまま収まって朝になることもあるけど、だいたい失神してます 自分には特に霊感とかはないですが、小さい頃から狐さんに好かれやすいから気をつけるよう、知らない方含め声を掛けられる機会が(周りの友人と比べると)だいぶ多いようです 全く覚えてないのですが、京都の曾祖母宅に遊びに行って、お祭りに連れて行ってもらった帰りに狐さんを連れて帰ってきたと高祖母が大騒ぎして数日親から引き離された事があったとは聞いています でも狐さんに意地悪されたり怖い目にあったとかいう実感はないです、もふもふは全般好きです 先日、テレビで南無妙法蓮華経が1番強いって美輪さんが仰っていたので、見られてる!って感じた時はのの様とダブルでお祈りするようにしています が、やっぱりなにかが通った感じがしたり、足音やパキギシ音、バチッ!と感電したみたいな音が毎日うるさいです 金縛りだけでも何とかしたいのですが、やはり引越しするしかないでしょうか、、

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

気ばかり焦ります。

前回の相談から間が短くてすみません。 この文章も泣きながら打っています。 色々あって会社の方は辞めました。退職を迫られたと言った方が近いかもしれないです。去年入社したときはマトモな会社だと喜んだのですが、次から次に黒いところが見つかり凹みました。会社には労基を通じてやることをやっています。療養中にやることじゃないよ…とセルフ突っ込みしながら動いています。 すみません話が逸れました。 会社を辞めたものの、次の仕事先も見つかっていないので正直不安です。辞めたときは大抵亡くなった母に愚痴を言っていたので何とも言えません。 このまま療養をするにしても、裕福な方ではないですし、いつ父親にばれるか恐怖です(もうばれている可能性もありますが) そのため、早く次の仕事を見つけないといけないのです。神社やお寺が好きなのでそういった関係の仕事もありかな?と考えています。 1月に厄除けをした神社で、私は言霊の力が強いと言われました。強い分、マイナスな部分を引き込みやすいとも言われました。 もしかしたらと思ったんですが、波乱万丈?な人生は上記の言霊が強い件も関係しているのかなと思いました。 私は普通、当たり前と思っていたんですがどうやらだいぶ波乱万丈なようです。 確かに、去年からかけて振り返ると、やばいなの一言につきます。前厄、本厄、八方塞がりの力ってこんなに強いんでしょうか?気にしないのが一番ですが、どうにも気にしてしまいます。 見えない力ではありますが、このような負の連鎖を断ち切る考え方や言葉はありますか?見方を変えれば少しでも負の連鎖から脱却できないかな?と考えたからです。 私としてはなんとしても、5月までに元気になりたいです。4月には新しい仕事を決めたいです。 焦らないように、見えない力に引き込まれず心をどーんと強く構える言葉などご教授いただけたら有り難いです。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

この現象が何か知りたい

捨てても捨てても、つけ爪の様なものが家に落ちています。 一番初めは現在6歳の息子が生まれて数カ月後、ある日何もない床の上にポンと落ちていました。 その時はあまり深く考えずゴミ箱に捨てました。 そして息子が4歳のころ、また落ちていました。 実はその数カ月前、夫が不慮の事故で39歳で突然亡くなりました。 ドイツ在住なのですが、夫が亡くなった事で他の街へ引っ越しする準備中で、その時もあまり気に留めませんでした。 その後、家が見つかるまでの間知り合いの家で暮らしたのですが、その寝泊まりさせてもらった部屋でも同じ物がある日落ちていて、 さすがになんだろうと思いつつ忙しく、放置しました。 その後家が見つかり、再び引っ越しをしました。 1年半経った頃、ある日また落ちていました。 少し怖くなり、友人も一緒に見届けながらゴミ箱に捨てました。 2カ月前に再び引っ越しをしたのですが、その家で今朝同じ爪がまた落ちていました。 これはもう誰かに相談するしかないと思い、こちらに書かせて頂いている次第です。 要点をまとめますと、 ・1回目の後は4年くらい出てきていない。 ・夫が突然亡くなる不幸はありましたが、爪が出現するたびに何か悪い事が起きている訳ではない。むしろ息子との生活は安定していっています。 ・夫がいなくなった後はこの3年弱で今日で4回目である。 ・家が変わる度に出てくる。 ・出てくる時はいつも分かりやすい、周りに何もない床の上に突然朝落ちている。 ・夫とは子供が生まれる6年前から一緒に暮らしていましたが、その間はそんな出来事はなく、起き始めたのは息子が生まれてから。 ・つけ爪めの様な見た目なのですが、つけ爪ではなく、いつも同じ模様で同じ個所の色が剥げているので、同じ物と思われる。 今まではすぐ捨てていましたが、もしかしたら捨てない方がいいのかもしれないと思ったのと、誰かに相談したいと思い、今回は取っておいてあります。 そもそもないはずのものが、突然現れるなんて事があるのでしょうか。 霊的な存在は自身信じており、子供のころから何度となく不思議な体験をしているのですが、物質が現れるなんて事は初めてです。 そんな例があるのでしょうか。 何かのメッセージなのか、何をすべきなのか悩んでおります。 ご意見を聞かせて頂けたら幸いです。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

僕の持つ「揺れ」について

知恵袋にてこちらのサイトを知りずっと気になっていたことがあって、こちらの方であればわかるかな?と思いましたので質問させて下さい。 僕は小学校の頃からずっと悩んでいます 自分の中にある「揺れや、もしかしたら波動」かもしれないことについてです ある時、何かの拍子に自分の中に波紋が広がっていくのを感じたことで自分でもよく分からないものが実際に溜まっていて、 それが広がるのを僕の体内感覚や肌感覚に伝わっていくのが僕はいつも気になっていました 僕が「あ、い、う、え、お」を発したり 何か自分の心や頭で発するだけでやれることに気づきました そこからしばらくして僕は「そのことを気にしないでおこう」と思いそこから16歳になったある日の事 私は精神疾患を患ってしまいます とても辛かったですが僕の周囲の人達が親身になってみてくれたこともあり 次第に体調が良くなっていき現在に至ります(色々ありましたがそこは割愛) 現在も元気でいられて比較的時間のある生活を送れているのは周りの人のおかげで出来ています、僕の家は金銭的には貧乏なのでこのような時間を持つことが容易ではありません、この時間のある内に気になっていることを解決できれば良いなと思いどなたかのお力をお貸しいただきたいのです 私が気になっている質問を以下です ・この「揺れ」もしくは「波動」が病気が由来で出ているのではない点 ・僕はこれは「あいうえお」を発した時に出るものなので昔の言葉に関係してるものだと思い昔の日本語の起源を調べていると 「カタカムナ」というものを知ったこと ・この「揺れ」に乗せて「カタカムナ」を交えて発したところ僕の願った病気の症状がかなり緩和されたこと(そんなに直ぐ変わる病気では無いにも関わらず) ・この「揺れ」を僕のお母さんに向けて出しても本人は何も感じていないこと ・瞑想をしている時は揺れが止まるということ 書き出したらキリがないのでこの辺にしておきます 以上のことからお坊さん達が感じたことや 何か昔からの教えで残っていることなどなんでも教えて欲しいです 「仏教にこんな話があります」とかでもかなり参考になるので この今の割と融通のきく時間を生かして解決したいのです ご教授の程宜しくお願いします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺