hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

菩提寺のお坊さんのこと

回答数回答 3
有り難し有り難し 47

我が家の菩提寺のお坊さんのことについて相談したと思います。
尼さんで、嫁ぎ先の普通の家庭(サラリーマン家庭)に住んでいらっしゃいます。
お勤めの時にお寺へいらっしゃるようです。(お寺は先代がお一人で住まわれていらっしゃいます)
年齢(70歳前後)を理由に2~3年前よりお彼岸廻りもお盆廻りもされなくなりました。

私は昨年、息子と義父を見送りました。
枕勤めもお通夜も、遺族でと言われ、葬儀のみ来ていただきました。
葬儀の後、初七日含め49日までのお勤めをまとめてして頂きました。
息子は49日と初盆をまとめてしました。
まとめて、と言うのはお坊さんから言われてのことです。
義父は今年が初盆になりますので、日取りのお電話をしたところ「初盆されますか?」と言われ「出来ればしてあげたい」と伝えたところ「どうしても、と言われればやらない事も無い」と言うような反応でしたので無理なお願いするのも、と引き下がってしまいました。

最近は簡単にまとめて、とか、省略される方もいらっしゃると言うことは聞いたことがあります。しかしながら、お仏壇のある家庭に生まれ育ち、嫁いだ今の家庭もお仏壇があり、ずっとお世話させていただいてきました。熱心な信者とは言えませんがそれなりに信仰心はあるつもりでいます。
また、遺族が簡単に済ませたいと思うことの否定の気持ちはありませんが、遺族がきちんとしたいと思っているのにお寺さんの方から簡単に済ませる事への不満が少なからず沸いてしまいます。

息子のことは、出来ればひっそりと、と言う思いもあり私達が供養してあげればいいとも思っています。ただ、義父は「お葬式は派手にしてくれ」と生前言っていたこともあり、お寺への寄付なども他の檀家さんよりも多くしてきたりと言う人でしたのできちんとすることを望んでいるように思っています。

これからもお付き合いしていかなくてはなりませんし、不信感など持ちたくはありません。浄土真宗はお盆のお迎え(?)などはいらないとも聞いたことはありますが、その辺りのことも含めてご教授いただければ幸いです。

2021年7月13日 13:28

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

簡略化は南無阿弥陀仏のお心に触れる機会を減らすこと

こんにちは。

先ずは、お悔やみ申し上げます。
身近な方をお二人も相次いで見送られて、深いお悲しみ中にお暮しでしょう。

さて、「遺族がきちんとしたいと思っているのにお寺さんの方から簡単に済ませる事への不満」というお気持ち、ごもっともです。「49日と初盆をまとめて」というのはまだ分かります。49日がお盆月に該当、或いは近い場合は私もご一緒にどうですか、と勧めます。

「葬儀の後、初七日含め49日までのお勤めをまとめて」というのは、解せません。私は、過去そういう依頼があった時、断りました。そもそも初七日でさえ繰り上げているのに、49日まで葬儀当日に繰り上げるという事は、あまりに簡略化が過ぎると考えるからです。それを、「お寺さんの方から」というのは、宜しくありません。

「これからもお付き合い」という前提なので、「出来ればしてあげたい」という意向を強く伝えて、仏参をしてもらった方が宜しいと思います。

「浄土真宗はお盆のお迎え(?)などはいらないとも聞いた」とあります。
浄土真宗では、確かにそうです。

お盆の特定の期間、亡き人が帰ってくるのを「迎え」て、また送り出していくという考え方ではありません。この為、亡き人の乗り物としての足のついた茄子や胡瓜を供えません。

これは、次のような考えに基づいています。

亡き人が極楽へと往かれ、阿弥陀如来様のお心を弘めるお手伝いをされる身となった。故人はいつもお念仏する私と共にあって、お念仏を称(とな)えよ、阿弥陀仏を拠り所にせよとお勧め下さっている、と捉えます。この為、お盆という特定の期間に身近に思うのではなく、一年中身近に思うのだというのがその教えです。

浄土真宗では、ご法事もお盆も同様の意味にて行います。
それは、故人が私に勧めている南無阿弥陀仏とは何か、なぜお念仏を称(とな)えよ、阿弥陀仏を拠り所にせよとお勧め下さっているのかに触れる為です。この目的を果たすために、僧侶は読経の後、きちんと法話をしてその訳合いを明示する必要があります。

この意味でも、簡略化は南無阿弥陀仏のお心に触れる機会を減らすことですから、宜しくありません。極楽へ往かれた故人も、仏事を勤め法話を聞くことを何より望んでいる、と捉えていただければ。

追記
お気持ちをお供えさせて頂きます。
また、ご相談ありましたらお寄せ下さい。

2021年7月13日 14:57
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...
このお坊さんを応援する

ありがとうございます。の心

ご質問拝読いたしました。

社会通念や常識で、
考えたらハッキリすると、
思います。

ご依頼を賜れば、
ありがとうございます。
と愚拙は必ず御礼を
申し上げます。

尊い御縁に感謝ですよね。
有り難いです!

先程も一周忌の法要を
させていただいた方から、
三回忌のご法要を
承りました。

お盆の忙しい時期にと、
恐縮されましたが、
御指名でしたので、
他は副住職や役僧さんに
行っていただいても、
愚拙が必ず参りますと、
申し上げました。

御縁をいただけて、
本当に有難いです。

いまは亡き方は
お浄土からこの御縁に
あわせていたたぎ、
私たちは
なかなか合わせることない
両手を合わせて、
南無阿弥陀仏と、
唱えさせていただくのです。

愚拙なら、
御縁に感謝できないところとは、
付き合いませんね。

封建時代ではないので、
どちらとどのように、
付き合おうと、
自由ではないでしょうか?

信仰や信心は、
心を解放して、
自由にそして幸せに、
なることだと思います。

お浄土にいらっしゃる
皆様はどう見て、
いらっしゃるでしょうかね?

おそらく苦々しく、
思っているのでは、
ないでしょうか?

御供養とは、
おもてなしです。

ありがとうございます。

と思えるのが、
御供養だと思います。

どうか、
フレキシブルにお考え、
くださいませ。

亡き方を御縁として、
仏さまに会わせていただける、
ありがたいから、
両手を合わせて、
御念仏をいただく。

お付き合いする必要が
あるかどうか、
お考えくださいませ。

どうかお幸せに
お過ごしくださいませ。

御縁に感謝!
ありがとうございます。

2021年7月14日 1:26
{{count}}
有り難し
おきもち


浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...
このお坊さんを応援する

残念ですが

その菩提寺は人出が足らなくて
ご門徒さんの信仰心に応えられない状況だと思います。

浄土真宗の御法事は
亡き人のためではなく
まだ娑婆を生きなければならない我らが
いのちの意義に気づくためのものです。
徳を積んでいくようなものではありません。
七日参りも忌明けもお盆もそうです。

今後も
あなたの信仰心に応えてくれないようなら
お寺を変えることも仕方ないことと思います。

2021年7月13日 23:04
{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。
かなりの田舎でご近所は皆、同じ檀家さんという所へ住んでいますので、お寺を変えると言うことは出来ないのだと思っていました。ご近所付き合いにも差し障りがありそうだとずっと思っておりました。

「どうしてもと言うならやらないでもない」と言ったニュアンスでいやいやお勤めされても亡くなった義父に失礼だと思っていました。

法事や供養、お念仏を唱える意味についてお教えいただき、やはり遺族の気持ちを大切にして頂けるお寺さんであってほしいという気持ちがさらに強くなりました。

色々と難しいかもしれませんが、親族と話し合ってみたいと思います。

「お坊さん・僧侶全般」問答一覧

お坊さんが憎いです。

私の妻とお坊さんが不倫をしました。同じ会社で勤めていたことから関係がスタートしたようです。発覚から、半年程連絡もなく手紙だけをよこして謝罪終了。 手紙の内容もどこからか引用したようなもの。 お坊さんだけでなく私にも妻にも原因はあると思います。 また、そのお坊さんとはお世話になっているお寺の息子さんで、高校からの知り合いということもあり、特にお坊さんを責め立てると言うことはせず、穏便に済ますことにしました。 しかし、後日知人からそのお坊さんが結婚式を挙げたと聞きました。 また、そのお坊さんは私の叔父の会社に私が紹介して勤めており、何食わぬ顔で未だその会社に勤めています。(叔父は不倫のことを知っています) 妻は退職し、私は叔父や関係者に謝罪に回りました。 その間お坊さんは何もせず、普段と変わらぬ生活を送っていたようです。 手紙には1人のお坊さんとして、人間として信頼を取り戻せるように努力すると書いてありましたが、謝罪もなく謝罪の手紙を出す前に結婚式を挙げる人をどう再度信頼すれば良いのか。 何故、それで信頼を取り戻せるように努力すると言えたのか不思議でなりません。 私はそのお坊さんに対しての怒りが収まりません。 この怒りはいけないものでしょうか? いけないものであれば、どのように収めればいいのでしょうか。 お坊さんも1人の人間です。時には過ちもあると思いますが、あまりにも不誠実と思えて仕方ありません。 決してそうではないと思いながらも、お坊さんはこのような方ばかりではないのかと思うようになってしまいました。 このままお坊さん、お寺、仏教を嫌いになるということは避けたいです。 新たにお坊さんと出会う方法はないでしょいか? 伝わりにくく、拙い長文失礼しました。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

お墓、お坊さんのことでどうしたらいい?

真言宗の先祖のお墓に父が入りました ◯お坊さんだけでは、管理手入れができない広いお墓です。墓守りさんは、だいぶ前に出て行かれました。 その為、お寺の入り口には、粗大ごみが置いてあり、草木はぼうぼうで、車から降りると、蚊が群れをなして襲ってきます。尋常な数ではありません、孫や母は、刺されすぎて熱が出るほどです、その為お墓参りは、時期を見てさっと行くしかありません。一度住職に、木や草が生えてて蚊がすごくて〜となんとなく伝えたのですが、木や草は空気の浄化をするから何もしないとのこと粗大ゴミや家の不用品も見えるところに、かなり置いてあり、かたす様子も全くありません ◯7回忌が終わり未だに墓誌を彫ってもらえないので、一度お願いしたところまとまったら、私が彫るからってことでした。 まとまったらとは、どう言うことなのか?石屋さんが彫るのではないのか?とにかく直接石屋さんに話はさせない住職です ◯父のお葬式の時どのくらい包んだらと母が聞いたら50万と車代と言われ包みました。これは相場なのでしょうか?父の戒名、院とか立派なのはついてません一般的と親戚の人が言ってました 母の時はそんなに包まないと思います ◯7回忌が過ぎた後、お寺から7回忌の法要のお手紙が来ました。もうお布施も送り終わってるはずなのに、えっもしかして何もしてもらえてないのかと不安になりました。 ◯父は生前、お墓石をきれいに建て直しました。その時もかなりな金額を言われ父は仕方なく住職の言う通り450万できれいにしました墓石は立派な石ではありません   住職とは話をしても中々こちらの話は伝わりません。母もあの住職はお金しか頭にないとあのお墓には入らず祖父と父のお骨だけ他に移して墓じまいしたいと言ってます たぶんあの住職の事ですかなりの金額を請求されるか阻止されると思います どうしたらいいかわからず、相談させていただきました。よろしくお願いします

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

お坊さんとのお付き合いに関して

質問をご覧いただきありがとうございます。20代学生のものです。 先日知人から紹介を受けて数回お食事にいった方に告白をされました。しかし、告白された時に慌ててしまい「いま忙しいから」とはぐらかしてしまいました。また「いま好きな人はいない」と嘘をついてしまいました。 その方はお坊さんの卵で来年には本山の方へ修行、下山後も実家(私の居住地からは車で3-4時間ほどの場所です)へ帰ってしまうようです。私自身も彼のことは異性として好きだと感じています。しかしその上でお付き合いするうえで来年から会えなくなってしまう、私自身の将来(就きたい職業があります)等色々考えお付き合いをするのは無謀なことなのかなと感じています。彼との会話から将来を見据えてお付き合いをしたいといった趣旨も見受けられます。私も周りからも彼自身はいいと思うけど将来的にはお付き合いするのは難しいのではないか、といわれています。 反対される理由は自分でも分かり切ったことなのですが、先日の発言をとても後悔しています。彼は優しい人で「自分はyayaのことを好きだけど友達として会えるうちは会いたい」といってくれています。また私もまだ彼のことが好きで未練タラタラな状況です。お互いまだ付き合えるチャンスがあるかもしれないと腹の探り合いをしているような状況です。好きだから付き合いたいという気持ちはあるのですが普通のカップルのように会えるのももう一年もないのだと考えると軽率に付き合うのは良くないと感じます。 私はこのまま意志通り付き合わないのが正解なのでしょうか?それとも短い間でも好きだから付き合うのが正解なのでしょうか? 身の回りでお坊さんとお付き合いしている方がいないのでここで書かせて頂きました。拙い文章で申し訳ございません。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

高名なお坊さんへの相談に意味はあるか

私は仕事のサボり癖が抜けず長い間悩んでいます。そのため様々な方に相談させていただきいろいろなアドバイスをいただきました。結局は問題はあまり解決していませんが、こんな相談を聞いていただいた方皆に感謝しています。 さて、この悩みを一度だけお坊さんに相談させていただいたことがあります。妻が昔、評判のよいある高名な僧侶に相談をしたことがあり、その伝手で私もお話を聞いていただけることになりました。 ただし、すでにかなりご高齢であったため、そのお寺に連絡した時点では残念なことにその僧侶の方はお隠れになられていて、跡を継いだ和尚様がいらっしゃいましたので、その御方にお話を聞いていただけることになったのです。 そのこと自体は大変有り難く、またその和尚様が比較的若いとはいえ不満を覚えたわけでもないのですが、しかし、やはりモヤモヤとするものが残ってしまったのです。 はっきり言って、20年近い間に多くの人に相談しておいて未だに解決しないものは、誰に相談しようがどんないい方法だろうが到底変わらないだろうことは感じつつあります。それでも、人生経験が豊富な方や、長年多くの人の悩みに向き合って来た方であれば何かあるのではないか、という考えが頭を離れません。 自分は有能な人や名声のある人に弱いのはわかっていて、それだけでは必ずしも意味はない、と言葉では頭に入れたことがあるものの、本当の意味では身についておらず、すごい人についていきたい、という願望が抜けません。 当時はありませんでしたが、このウェブサイトではたくさんの僧侶の方が様々な悩みにご回答されていて有り難く思います。私自身は仏教の業界にはまったく疎いのでどなたが高名か、などといったことはわかりませんが、しかし仮に評判のよい高名な僧侶の方がいたとして、そのような御方に相談することは意味があることと思えますでしょうか?

有り難し有り難し 112
回答数回答 4

お坊さんを怒らせてしまった

お坊さんを怒らせてしまいました。 とある悩みについてお坊さんにメールしました。 悩みやすい性格であるため、何度もメールをしては、アドバイスをしてくれていた方でした。 その方から先日、アドバイスとともに、「1円でもよいから納めてください」「それかこれからも友だちでいてください」とメールがあったので、 私は「こちらこそ、これからも友達でお願いします」「いつもありがとうございます」と打ちました。 そしてしばらくして、新たな悩みについて相談したところ、 「なぜ1円も納めようとしないのか」というメールの返信が来ました。 「1円でもよいから納めてください」「それかこれからも友だちでいてください」の後者を選んだ理由は、 納め方がよくわからなかったからなのですが、これについてかなり怒っており、見た瞬間震えてきてしまい、メールを削除し、 今現在学業で忙しいから今度でよろしいでしょうか、と返信しました。 すると、この期に及んで言い訳するのか、とメールが来ました。 その前は、あなたの悩みやすいその性格が全ての原因だ、的なことも書いてありました。 それから返信はしていません。 ただ、信頼していた方だけにショックですし、納めることが義務だとは思いませんでした。 若干トラウマになりそうです。 この体験とどのように向き合えばよいでしょうか。

有り難し有り難し 170
回答数回答 5

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺