hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

煩悩が無いと無気力になるのでは

回答数回答 3
有り難し有り難し 41

何かが好き、もっと欲しい、もっとこうしたい、ああなりたい、
というような気持ちは「欲」という煩悩だと思いますが、

こういった気持ちが全く何も無くなる時があります。

「欲」がなくなった状態とは、仏教的には良い状態なのではと思うのですが、
そういう境地の時は何かに執着している時以上に生きるのが辛いと感じます。

何もやりたい事も無く、求めるものも無いと無気力になり、
なぜ生きているのかと言う事を、より考えてしまいます。

欲を無くし、ただ辛い世の中だと思いながら生きるのは正しい生き方なのでしょうか。

私は今、何を求めていいのか何がしたいかもわからないです。
それもまた別の煩悩と言うのかもしれませんが。

2021年7月16日 10:40

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ちょっと休みませんか…

 『無気力』…浅学のため、正確には申し上げられませんが、仏教的には煩悩がないか、極めて少ない状態と受け止められると思います。
 欲求、欲望が極めて少ない、本来とても良い状態ですよね。
 でも私達人間には煩悩があります。向上心も煩悩です…だから向上心という煩悩が無い状態を人は是としません。故に無気力を否定し、気力を振り絞れと激励するのです。ちょっと休んでいる状態の人には随分と迷惑で、うっとうしい言葉と言えます。
 今、あなたは疲れていらっしゃるようです。心も身体も…。
 ならば、休みませんか? それは無気力とは言わないと思いますが。
 『今、何を求めていいのか何がしたいかもわからない』状態を良くないと決め、そこから抜け出そうとするのも向上心という名の煩悩です。
 その煩悩を否定したところで無くすことは出来ません。
 ただ、仏教では執着を離れることを説きます。「今の状態を抜け出さなくては『ならない』」と思う心が執着心です。
 仏教的には「出来る範囲で精一杯」が一番大切なことです。
 今すぐに出来ないことを御自身に強制することは、ますます自分を追い詰め、苦悩を深めていく結果になります。
 無気力が良くない…と思う前に、今自分は無気力であると認め、そんな自分に向き合いましょう。
 飾り立てない、見栄張らない…今の素の自分を見つめ、いたわりましょう。
 まずはそのことから始めて下さい。
 焦ることはありません。気力は振り絞るものではなく、自然と出てくるものです…だって煩悩なのですから。
 あなたを仏様が見守り続けます。焦らず、じっくりとしっかりと…そのことを深く受け止めて下さいませ…。

2021年7月16日 11:17
{{count}}
有り難し
おきもち


千葉県市原市にある浄土真宗本願寺派 弘教寺の住職です。 当方 都市開教...

慈悲に生きたお釈迦様

お釈迦様は35歳で悟って煩悩が消えた後、80歳で亡くなるまでインド各地を旅して教えを説き、たくさんの弟子を育てました。
亡くなる直前の体調不良の最中、弟子入り志願者がやって来たときも受け入れました。
物凄い気力(エネルギー)です。
お釈迦様には欲・怒りの煩悩も、怠けの煩悩も無かったので、慈悲の心によってひたすら他人のために、心は身軽に活動的になれたのではないかと、私は想像しています。
私達が、やるべきことがあるのに無気力になって面倒臭いと思ってしまうときは、怠けの煩悩が起動しているときだと思います。
悟っていない私達は煩悩だらけですが、欲・怒り・怠け・プライドなどの煩悩をある程度コントロールするテクニックは、仏教を学べばかなりマスターできると思います。
それは、お釈迦様が遺してくださった、悩み苦しみを軽減するノウハウなのです。

2021年7月16日 12:50
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

『煩悩が無くなると無気力』ではありません

ご相談をお書きくださってありがとうございます。

さて、貴女が煩悩などが無くなって無気力になり生きていたいという気持ちも消えるとのことですが、多分それは煩悩が消えたのではなく、心が疲れてしまっているのだと思います。鬱状態なのかも知れません。

そんな時は、充分に睡眠を取ったり、可能であれば仕事を休めるようにしましょう。
それが無理であれば、もしくはそれでも無気力が続くのであれば、診療内科を受診してください。

こう申しますのも、煩悩がなくなったら無気力では決してないからです。

煩悩が無くなるとは、自分の本当の存在に目覚めて悟るということです。
その場合、無気力ではなく、とてつもない輝きと幸福感に包まれると言われています。

また、真言密教では一般的な欲をさらに進化させて、人々のために何か役に立ちたい、もしくは仏道を学びこの世界をしっかりと理解したいなどの『大欲』にすることを尊いとします。
つまり『欲』は『大欲』の種として、完全に否定はしません。

今の貴女の状態は、心が疲れているので、まるで煩悩が無くなったように感じているのだと思います。

どうか、心身をお大事になさってくださいね。

何度も書いて恐縮ですが、生きていたくないとの思いが心に持ち上がるのであれば、心療内科をご受診ください。

合掌

2021年7月17日 9:24
{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

質問者からのお礼

小林 覚城様

ある方が良い煩悩というのもあるのですね。向かう先が見えていないだけで、私にも向上したい気持ちがあるのかもしれません。
休むと言うのは周囲の理解や経済的余裕が必要となるので難しいですが、自分の状態として受け止めようと思います。
こうでなくてはならない、と思う心が執着心と言うのはとてもわかりやすかったです。
気力が自然と出てくるよう、「出来る範囲で精一杯」の気持ちでいるようにしようと思います。
あたたかいお言葉、ご回答ありがとうございました。

----

願誉浄史様

お釈迦様は煩悩が無かった為に、体調不良であっても他人のために活動的になれた、というお考えに納得しました。煩悩について私は理解できていなかったとわかりました。
私が無気力のような状態なのは、やるべき事が見えていないだけなのかもしれません。それがわからないから無気力、または怠けたい気持ちになるのだと思います。
こういった煩悩をコントロールするテクニックこそが仏教なのですね。
まずはやるべき事から見つけたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

----

悟東 あすか様

煩悩が無くなると輝きと幸福感に包まれるのだとすると、きっと私の煩悩は無くなっていませんね。仰る通り、心が疲れてしまっているだけなのかもしれません。
人々のために役に立ちたいと思うことも『欲』として捉えるのですね。この世界を理解したいという『欲』は私にも漠然とある気がします。
診療内科には10年ほど通うも打開できていないので、心身を休めることを念頭に置き、仏道から糸口を探ってみようと思います。
ご回答ありがとうございました。

「煩悩」問答一覧

自分の煩悩について考えました。

3月に21年間お世話になった実家を出て同棲を始めて今に至るのですが、同棲相手は金遣いが最悪で自分の貯金は底をつき、元カノを家に呼ぶために私を外へ追いやったりなどがあって、自分はすっかり煩悩の塊のようになってしまったところで、仏教の教えを改めて考えるようになりました。 煩悩をなくすことで人は穏やかな生活を送ることができると説く教えをはじめは「感情を殺すこと」「自己を抑えてうまくやり過ごすこと」と思っていたのですが、ネットや日本史の教科書で仏教について、歴史や自分の宗派である曹洞宗の成り立ちや考え方について知るうちに、「煩悩をなくす」とは煩悩を完全に失くすことではなく、「煩悩と向き合う自分を作ること」だというところに行き着き、自分のためにというのはもちろんなのですが、自分に関わってくれる人たちなど周りに安心や幸せを与えられるということだと思ったのですが、これは実際の仏教の教えとは違うのでしょうか。 今自分は「自分の幸せのため」にあたたかい人間関係を築くことや、自分が心から幸せに思うため、自分をまず見直したいと思っています。 その手始めとして、今ある生活は話だけすると確かに最悪なのですが、それでも楽しくないわけではないので、この同棲生活をより良くしたいと考えていますが、私のこの煩悩についての考え方はまた違うものなのでしょうか。 ご教示よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

知識欲は煩悩なのでしょうか

私は人文系の学問を勉強している大学生です。私は高校生の時に勉強の面白さに目覚めて以降、現在まで自らの知識欲に任せるままずっと勉強に自分のすべての時間を捧げてきました。とりわけ私が時間を捧げているのは西洋哲学、イスラーム学、近代日本文学そして語学です。  学問というのは恐ろしいもので一つを知ると十の分からないものが現れ、学びたいものは指数関数的に増えていきます。そしてゲームやギャンブルと違って飽きるということも無いのです。私は今まで好きなだけ勉強してよいという学生の特権に任せて非常に幸せな時間を過ごしてきました。しかし、周囲から就職の話がぽつりぽつりと聞こえてくる時期になり、将来を考えるにつけて自分に残された時間のことを考えるようになりました。    まだ数十年の時間が残っているとはいえ就職したら自分の時間はぐっと減るでしょうし、年を取るにつれ記憶力も減衰していってしまうことを考えると残された時間は私が学びたいものを学ぶのはあまりにも短すぎます。自分が「まだ勉強したい」と思い続けながら死んでいくのかと思うとなんとも言えない恐ろしさを感じます。    物欲や色欲といった煩悩なら執着を捨てることもできそうですが、知識欲は同じ「欲」でも他の煩悩とは明らかに違った性質を持っているように感じられます。仏教でも「一切の欲を捨てよ」と説くと同時に、膨大なお経を勉強することはむしろ推奨されるのがその一例かと思います。  しかし、知識欲も人を苦しめるという点では煩悩と同じです。勉強の中で自分の思考の深化と相対化に喜びを感じる時に、これから学びたいことを考えていつも絶望してしまうのです。でもだからといって私には「学ぶことをやめるべきだ」という結論は出せません。「学ぶ」ということは何にもまして崇高で、私にとっては人生の意味そのものです。  私のこの恐怖はどうやって解消すればいいのでしょうか?  仏教を勉強されている皆さんなら欲と学びというジレンマについて考えたことがあるのではないかと思い、このサイトに投稿させていただきました。  長くなってしまいましたが、私からの質問をまとめると以下の2点になります。 ・知識欲は捨て去るべき欲なのか ・知識欲が捨て去るべきでものでないのならば、知識欲からくる苦しみはどうすればなくすことができるのか

有り難し有り難し 41
回答数回答 4

プライドの煩悩と能力を反比例させるには。

1、これまで出会ったデキル人達は、在家も出家も 男性も女性も 総じてプライドの煩悩も強かった気がします。他を見下している人も多かったです。攻撃的な性格の人も多かったです。 有能、優秀で、実績もあり、容姿も優れ、尚且つプライドの煩悩もない、もしくは平均よりだいぶ少ない人物を ご存知のかたいましたら、ぜひ教えてほしいです。こっそり尊敬してお手本にします。 2、読み物を読む限りは、お釈迦様はプライドが高いように感じられるのですが、皆さんはいかがお感じですか? 実際にはお釈迦様は無上の悟りを得ておられるということは、プライドの煩悩も皆無ですよね? プライドが高いかのように描かれているのは書き手の技量不足によるものですか?  3、プライドの煩悩を弱め、最終的には消すための具体的方法をご存知のかた居ましたら、教えてほしいです。 また、実際にプライドを弱めることに成功した体験者のかたいましたら、ぜひ体験談や修行方法を教わりたいです。私も修行に励みたいです。毎日の八正道の実践は正直難しいなぁと感じていますが、難しいなりに心がけてはいます。私は怠け者なので、正精進するだけでも、プラスの効果を感じております。アドバイスくださったお坊さん、有り難うございました。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

煩悩について

お世話になっております。 浄土真宗では煩悩をどう捉えているのでしょうか。 煩悩を自覚することで慚愧し、内省するのですよね。具体的に、慚愧とはどういうことなのでしょうか? 例えばですが、僕も男(人間)ですから性欲というものはありますが、性に関する煩悩を自覚した時には性欲をどうするのですか?消そうと試みるのですか?(煩悩を否定的に捉える)まあ、いいやと開き直るのですか?(煩悩を肯定的に捉える)その辺がよく分かりません。 ちなみに、煩悩を消そうと試みる場合は、それはもはや「菩薩」という概念になってしまうように思います。 また、仏教においては分別心があればそれは煩悩ですよね。好き嫌い、善悪、優劣など。 しかし、そういうものに関しても慚愧するのでしょうか?僕達は人間ですよ。嫌いな人もいれば、好きな人もいます。そもそも、「好き」という感情が無ければ恋愛さえできないのではないですか。 僕はまだ学生ですが、将来仕事する時にも良し悪しを判断しなければいけない。もちろん、世間的(主観的)な善悪に過ぎませんが。でも生きていくためにはどうしても必要な判断ですよね。なので、人間の知恵も大切だと思うのですが...。 詳しい方、回答お願い致します。 南無阿弥陀仏

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る