hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

仏様は普段どこにいるのでしょうか

回答数回答 3
有り難し有り難し 42

毎年お盆が来ると、仏様が普段どこにいるのかが気になります。
お盆の時のみ迎え火、送り火などをして仏様を迎え送りますが、その他の日はどこにいるのでしょうか??
宜しくお願い致します。

2021年8月14日 14:12

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

いつでも あなたの側にいらっしゃいますよ。

お盆に関係なく
常にいらっしゃいます。
手を合わせれば
あなたの目の前にいらっしゃいます。

2021年8月15日 20:00
{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

仏身は法界に常に充満し、あまねく一切の存在の前に現ず。

お経の一説にこのようなものがあります。
「仏身は法界に充満し、普く一切群生の前に現ず。縁に従い、感に赴いて周ねからずということなし、而も常に、此の菩提の座に処したもう。」
拙僧メタル訳
「人間界を救済する仏の救いのはたらき・浄化の作用というものは世界中、いつでも、どこでも、誰の上にもある。(あるがそれに気づかない)あらゆるところに満ちている。それはこの身心が触れる一切の事象の中に見出されるべき素晴らしい働きである。この身がことに触れ、なんらかの作用、はたらき、縁に触れるたびに、この身に映し出される一切の働き。それらには、それそのものとして我々の人間の見解を介入させる以前の姿がある。それが仏である。その姿はまさに最上、最高の作用、仏なるもの“仏身”である。法界に充満し、いつでもそこに何もないということがない。自己の能動的な心象作用の活動をやめて見解を一切捨て去った時、人間は悟りの様子に至る。その心で事に触れるとき、仏ならざるものがない。」

仏さまの「作用」というものを意識してみましょう。
仏さまとは、人間や存在そのものの持つ最高最上のはらたきのこと。
亡き人の存在も仏の作用。
心を向かわせるか向かわせないかだけのことなのです。
お盆とは、宗教行事として年に一度、家庭の精霊棚に先亡様をお招きをするという行事であって、お盆でない時でも故人様の影響力や作用がないわけではありません。
救いや癒し、導き、成長にむかわせる慈悲・慈愛。
そのはたらきは「見よう」とすれば、あるべきところいたるところに見出すことができるのです。
たとえば、テレビをつければ過去・現在の映像がながれている。
この一つだけでも実は尊いことです。
全国に同時にその場に行かなくても、起こっていることが映せる。見える。
人類の叡智によって生み出された時代の最先端のものを授かり・めぐみ=供養・布施として授かっているでしょう。
それだって先人さまたちからのメッセージ、バトン、プレゼントなのだと受け取ることもできませんか?
“仏心・仏身”は法界につねに充満しているのです。
この画面、文字だって実にすばらしい仕組みでしょう。誰が文字を作ったのか。誰が、このネットの仕組みを作ってくださったのか。一切が命を共有する我々と同じ人間が作ってくれた素晴らしい働きです。
大切なのは向き合う気持ち、自己を見つめるこころなのです。

2021年8月15日 10:17
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

ご先祖様と仏様のご在所

ここもんさま

亡くなられたご先祖様方は、それぞれの業縁に従っての生まれ先にいらっしゃることでしょう。生前、過去世における仏縁、心に培われた善き功徳や智慧、業のありよう次第にもなって参ります。

お盆には、ご先祖様方は、この娑婆の縁のあったところに帰ってくるとして、丁重にお迎えし、お膳のお供え、提灯のお供え、また供養等をして、そして、お送りするということを風習的に行いますが、あくまでもこちらに残されてある側における「そうあってほしい」という希望的なところが大であり、実際に帰って来られるかどうかと申しましたら、その確率はかなり低いであろうかと存じます。全くありえないということではありませんが・・

いずれにしても、お盆という期間は、お休み、帰省等にて、亡くなられた方のことを偲び、弔うということで、追善供養を行うに適した期間であるかとは存じます。

追善供養のことにつきましては、下記拙法話を参考下さい。

法話「追善供養」


次に、本当に悟りを開かれた仏、如来に関しましては、娑婆世界には、現在、お釈迦様がご入滅なさられて以来、仏、如来は不在となっておりますが、お釈迦様の法身によるお加持のお力はまだ残っている状態でございます。(私たちが実際に相見えられる、教えを直接頂けるお姿である応身や報身は見当たらないということでもあります。次に、仏の応身や報身がこの娑婆世界に現れるのは、約56億7千万年後に弥勒菩薩が下生されてからとなります。また、娑婆以外の他の浄土では、如来が応身や報身にて在世されているところもたくさんございます。)

「仏身は法界に充満し、普く一切群生の前に現ず。縁に従い、感に赴いて周ねからずということなし、而も常に、此の菩提の座に処したもう。」と丹下さんが引用されておられます中での「仏身」というのは、今の娑婆世界では、お釈迦様の法身におけるそのお加持のお力のことであると言えるでしょう。

また、「仏身」=「真理のお身体のこと」=「真理そのもののありようのこと」とすれば、一切「空性」という全ての真理そのこととして理解できるものにもなります。

川口英俊 合掌

2021年8月17日 12:57
{{count}}
有り難し
おきもち


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究 この度、仏...

「仏像・仏様・阿弥陀・観音」問答一覧

無宗教に近い人間が仏像を作る事について

はじめまして。唐突ですがほぼ無宗教の人間が仏像を作る事は罰当たり、または仏様への失礼にあたりますか? 海外でアート関係の仕事をしており、締め切りやミスなどによってストレスを感じる事が多く、最近ふと机に仏様の優しいお顔があれば落ち着いて作業ができるのではと思いました。 ただ現地で購入できるのはア◯ゾンや得体のしれないウェブサイトでの仏様ばかりで、ほとんど信仰心のない私としても不安です。 それならばアーティストである自分で制作すればいいのではと思ったのですが、文頭の通り勝手に作るのは大丈夫なのだろうかと気がかりです。しかも素材が木ではなくプラスチックのような物になってしまいます。 また仏教や仏像がほぼ無知識だったため色々とハスノハを含めて調べさせていただいたところ、開眼の儀やそもそも偶像崇拝ではない事などを知り余計に「落ち着きのある顔」を求めて側に置くのはよくないのかなとも思っております。 また完全に無宗教とは言えないので亡くなった父や祖父を思ってたまに開眼供養していないのに拝んでしまうかもしれません。インテリアとして割り切る事は難しいと思います。 日本にいつか帰国した時にちゃんとした仏像を購入できるかもしれませんが、それはそれで魂の入った仏像をあまり拝まないのは申し訳ないです。 この質問が仏様や僧侶の方、仏教徒の方への失礼にあたらないといいのですが、もしそうでしたら申し訳ありません。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 3

仏様は見捨てないでくださいますか

はじめまして、こんばんは。 初めての質問です。 私は今学生なのですが、何一つとしてまともにできません。みんなが普通にできていること、していること、一つ一つが私にとってはすごくしんどくて毎日ボロボロです。 私は、すごく貧しいわけでもなく、救いようがないほど頭が悪いわけでもなく、家族も友人もとてもいい人たちで、きっと世間一般ではすごく恵まれているのだと思います。でも、それに対して迷惑しか返すことができていない自分が嫌になります。 最初に書いた通り、私は普通の人が普通にしていることが何もできていません。それなのに、苦しいだの、頑張っているだの自分で自分を守ろうとしてしまうのです。自分なりに頑張っている、なんて都合がいいのはわかっています。 いっそ死んでしまった方が周りのためでしょうし、これ以上苦しみたくありません。しかし、恵まれているくせに勝手に死ぬ自分は地獄でもっとずっと苦しい思いをするのではないかと思い、結局私はリストカットをして自分は傷ついていると思おうとしているだけなのです。自分が可愛いのだと思います。 私のような恵まれているのを自覚して恩を返せない奴がいつまでも生きていていいのでしょうか。私のような人間でも死んだ時仏様は受け入れてくれるのでしょうか。大した信仰もしてこなかったくせに死ぬときになって縋るような奴は見捨てられてしまうでしょうか。 文章ぐちゃぐちゃだと思います。申し訳ありません。ご回答いただけたら嬉しく思います。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る