hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

故人に話しかけてしまう

回答数回答 2
有り難し有り難し 29

7月に夫が急死し、49日の法要を済ませました。
浄土真宗では亡くなった人はすぐに成仏する、と聞きました。

お尋ねしたいのは、故人を思い出したり、あたかも、故人がそこにいるように話しかけたりするのは、故人にとって悪いことにならないか、ということです。

家の中のあちこち、外出先の車の中、夫といつも一緒にいたので、どうしても話しかけたりしています。
義実家の仏壇には週に一度、分骨していただいた手元供養の小さい骨壷には毎朝毎晩手を合わせ、話しかけたりしています。

仏壇やお墓以外で故人に話しかけたり、思い出したりすることで、故人が苦しんだりはしないですか?

くだらない質問になってしまいますが、ご回答何卒よろしくお願い致します。

2021年8月22日 8:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

生前のご主人と「成仏」後のご主人

こんにちは。

まずは、お悔やみ申し上げます。
深いお悲しみの中にあることとお察しします。

「故人を思い出したり、あたかも、故人がそこにいるように話しかけたりするのは、故人にとって悪いことに」はなりません。あなたの心が赴くままに、今後とも同様になさってください。

人間とは不思議なもので、心は理屈では割り切れません。
命が終わったという事実を飲み込めず、まだそこに懐かしいあの人がいるような気がする、そういうものなのです。

お参り先で、こんな話を聞くことがあります。
3回忌が終わっても、あのドアを開けて息子がただいまと帰ってくるような気がする、と。そういった母親の気持ちがあるのだと気付かされます。

だから、肉親の情そのままにご主人に話しかけてあげてください。
いまでも、あなたのご主人なのですから。

その一方で、これは心が許す限りでいいですから、「浄土真宗では亡くなった人はすぐに成仏する」ということの意味を考えていっていただければ、と思います。

極楽浄土の主である阿弥陀如来様が、亡き故人をお連れくださった。
そして、そこで阿弥陀如来さまによって「成仏」、つまり仏の身とならせていただいた。「仏」に「成」るということは、阿弥陀様の極楽浄土への道のりが開かれていることを、阿弥陀様と共に現世に生きるものに勧める身と「成」ったという意味です。

ですから、生前のご主人であるとともに、極楽への道のりの教えを聞いてくれと勧めているのが故人の現在の姿であると思っていければ、教えの上でも、心の面でも亡き人を十全に捉えたということになる、のだと思います。

どうぞお大事になさってください。
また、年月がたった後に法話を聞いていただければ嬉しいです。
では。

本願寺法話配信サイト
https://broadcast.hongwanji.or.jp/

2021年8月22日 8:44
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...

心の内なる作用・影響力・関わりを霊といいます

仏教では「一切唯心造」という教えがあります。
唯心論とは異なり、一切の事の現れはこの身心の内なる作用として表れていることを見抜きなさいということです。仏教では本来、霊や霊魂、精霊とは我々の内にある作用や働き、影響力のことです。
たとえば私が亡くなった祖母や祖父のことを思い出して、ご報告をしたり感謝の祈りをささげることは私の内なる作用、霊です。霊魂とは一般的には「外の事・外に存在する作用」という風に考えられていますが、故人を思う、思い起こす、影響力があるのは「どこ」でしょうか。

「若人欲了知 三世一切仏 応観法界性 一切唯心造」
人、もし(過去・現在・未来の)三世、一切の仏(わが身のあらわれの真実)を了知せんと欲さば、応に自己が触れるところの世界の一切(法界)の本来の様相、本来性をよく観ずべし、それは一切唯心造なるものである、と。『甘露門』

大好きだったご主人との関わりは生きておられた時、この身心に感じられたことは内なる「あらわれ・映しだされ」としてのご主人。亡くなられて今思い起こされることも内なる作用として表れている「内なる御霊・精霊」という作用、働き、思い出、記憶、現在の新たなる関わりなのです。言葉や宗派や解釈が異なるから人間の上にも違いが表れるのかと言えばそうではありません。世界中の人に共通して亡き人たちを思う内なる作用、内なる霊という「身心のことのあらわれ」というものがあるのです。
よって、別に話しかけたから故人様がどうなるとかいうことがあるわけではないでしょう。こんなことをしたら、いけないのではないかと思うのも我々の心の「内なる作用」ではないでしょうか。
だからこそ、人間は「尊厳・敬意・敬恭(くぎょう)」という精神を大切にするのべきなのです。それが「おまつり(祀)」するという精神です。亡き故人様を死後も私たちを導いて、守ってくださる精霊、ほとけさまとしてお祀りして、これからも私たちをこの上ない安らかな心、聡明な心、すなわち涅槃、悟りの心へと導いてくださるようにとの祈りを込めて、私たちが菩提心(仏教の宗教精神…悟りや涅槃をもとめ、一切の人々を救おうという志)をおこして、供養するということが大切な精神です。亡くなられた故人も成仏し、生きている私たちも生きながらに悩みや苦しみを離れた安心、安らぎの心を❝共に❞めざし、養い合う心こそ供養ともいえましょう。

2021年8月22日 10:28
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

質問者からのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。
思い出したりそれを心苦しく思うのも、心の有り様がそうある、と思い、日々の供養をしていこうと思います。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

祖母が亡くなり1ヶ月と少し経ちました。

先月祖母が急逝しました。 倒れたと連絡があり病院に着くと、医師からの『死亡確認をお願いします』との言葉。急性の病だったためまったく予期しない死でした。先日49日法要が終わり、若干気持ちは落ち着いてきましたがいつになったら日常の心に戻れるのだろうと考えてしまいます。たまに夢にも出てきます。49日を迎える日には、夢の中で寝ている自分の右隣に既に亡くなった祖母がいると目を閉じてる状態で感じ号泣しているタイミングで目が覚めました。起きた自分の目にも涙がひとすじ流れており、これは始めての経験でした。今まで夢に出てきた祖母は生きていたので、初めて夢の中でも亡くなった祖母を認識していて、脳では整理できているのかなとは感じます。ただ心がなかなか追いつきません。3年前にも父方の祖母が亡くなりましたが、そこまで頻繁に会っていなかったのもあり悲しいながら立ち直るのは早かったです。しかし今回は初めてまともにダメージを受けているため対処の仕方がわかりません。死を受け入れるためにどう日々を過ごせばいいのでしょうか。どうすればはやく心の平穏は訪れるのでしょうか。教えていただけると幸いです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

死を受け入れられません。

初めて相談します。 年齢差20歳のある方と相思相愛でした。お互いに既婚です。趣味もあり2年近く親しい間柄でした。相手の方は一年前に急な病になり、ほぼ自宅にいる生活になりました。しかし、2人で出した結論はこのままお互いが心の支えで必要だと言う事でした。コロナ禍もありあまり外出出来ませんでしたが、ここ一年趣味をする為、車椅子で出かける日々でした。唯一の外出で奥様にも承諾して頂き(申し訳ない気持ちでしたが、)尊敬する方と少しでも一緒に居たいと思い、趣味の講師と称して自宅に迎えに行き、会っていました。この一年肉体関係はありません。病気や体力が落ちていく心の変化を支えたい一心でした。微力でできることは限られていますが。 しかし、8月末に奥様より急死の連絡がありました。コロナ禍もあり家族葬になり、前日逢いに行く事が出来ました。今まで人生のアドバイスや趣味、思考色々な点でわかり合える方が居なくなり、これから何を糧に生きていいのかがわからなくなります。また、突然の早い死に無念さや死が迫る恐怖等、相手の方が抱えていた気持ちを思うと居ても立っても居られない気持ちになります。最後はどんな気持ちで過ごしていたんだろうか、私との関係は負担だったのだろうか。亡くなる2日前までは連絡を取り合っていましたが、声も出ず手の震えもありLINEでの少しの会話でした。 今も逢いたい気持ちと話が出来るのなら気持ちを知りたいと思う日々です。 どう思えば気持ちが整理できるのでしょうか? 文章がわかりづらいとは思いますが、ご回答お願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

夫の不在を受け入れられない。

夫が心筋梗塞で急死しひと月が過ぎ、身辺整理とこれからの不安、何よりもう夫に会えない寂しさで毎日がつらいです。 遅い結婚で子供はおらず、内向的な性格の私は友人も少なく、夫がいてくれることが心の支えでした。 夫は自身の実家と疎遠にしていて、亡くなった後に初めて会った親族から聞かされた話と、彼が私に話していたことの違い、様々な隠し事があり、何故正直に何でも話してくれなかったのかな?夫婦って何だろう、彼にとっての私は一体どんな存在だったのだろうと、一人になるとぐるぐると考え続けてしまいます。 生前は借金も女性問題もあり、発覚しては謝られて再構築の繰り返しで、最後の1年半ほどは私もだいぶ無気力になって全く可愛げのない妻でした。 夫は私に穏やかに接してはくれていましたが、大事なことは何も話してくれず、争いを避けてただ毎日が過ぎれば.......という状態だった気もします。 私の態度が余計に彼を秘密主義にさせたのかとか、彼は私といて幸せだったのか、自分は本当に必要とされていたのか、少しでも愛されていたのかとか、全て自信が無くなってきました。 今はただただ、遺影に向かって「どうして行ってしまったの?私のことをどう思っていたの?どうしてもっといろいろ正直に話してくれて、一緒に乗り越えて地道に生きられなかったのかな.......」とブツブツ言うばかりです。 生前は随分不誠実なこともされたのに、愚かにも、ずっと夫のことが好きなんです。 だから寂しくて仕方がありません。

有り難し有り難し 30
回答数回答 1

今の私にできること

はじめて相談します。つたない文章ですが、よろしくお願いします。 私の父と母は長年の別居を経て、熟年離婚しています。 離婚の経緯など今までの出来事から、私自身、父への不信感を拭えず、両親の離婚を機に父とは連絡をとる事もなくなりました。 先日、父が亡くなったと兄から連絡がありました。 兄夫婦は定期的に父と連絡を取って会っていました。 亡くなった父には内縁関係の方がいらっしゃり、その方と兄夫婦で近年やり取りをしてくれていました。 数年前に一度、私自身が父との関係に一歩踏み込むタイミングもあったのですが、ちょっとしたすれ違いにより、私と兄夫婦の溝も深まる事になりました。 父が亡くなり、葬儀が執り行われる事になったのですが、兄夫婦は私の疎遠だった今までの行動を良く思っておらず、通夜、葬儀には参列しないでもらいたい旨をやんわり伝えられました。 私も疎遠になっていた後ろめたさもあり、私が参列しなければ兄夫婦の気持ちもおさまり、その方がよい御見送りになるのならと思い、辞退する事にしました。 内縁の妻の計らいで、兄夫婦には会わない形で父とお別れの時間を作ってもらえる事になっております。 誰にも相談する事ができず、どのように気持ちを整理していけばいいのか分かりません。こんな私が最後に父に出来ること、これから父に出来ることありますか?

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る