hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

やっぱり、死が怖いです。回答受付中

回答数回答 1
有り難し有り難し 1

何度も失礼します。
最近生活していてやはり、死が怖くなりました。

感染症の影響で多くの人が亡くなり
そのことが、あたかも自然なように
連日報道され、人の死が生活の中で
より身近(不謹慎ですみません。)
に当たり前のようになってきていて
いつ死ぬかわからない、まだ自分はやるべきことができてない
という負の感情がブクブクと浮かび上がってきてしまいます。

また、これは先ほどのものと違うのですが、
9月3日の夜に見た夢で、夕方に
一人で習い事(文化系)の練習をしていると、
習い事の先生(故人)が先生の住む母屋から出てきて、
自分の隣に座って話すという夢を見ました。
先生にいくらかの自分の悩み事を聞いてもらった後、
「向こうでは、どうしているのですか」
と聞いたところで先生が答える前に
目が覚めてしまって、そこから
「先生が何を言おうとしていたのだろう」と
モヤモヤが続いています。

以前の質問で死と向き合って、
そこから生きていく意味を見つける
というお知恵をいただいてとても参考になったですが、
自分自身が死と向き合うことができなくて
生きていく意味の追求も止まってしまっている気がします。

お坊さんの思う死の恐怖と向き合う、よける、折り合う方法や
お坊さんが普段それと付き合う方法を教えていただきたいです。
先生がどのようなことを言おうとしていたと思われるのか、
ということもできれば教えていただけると嬉しいです。

お忙しい中申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
乱文失礼しました。

2021年9月9日 0:13

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

死の正体を知る

でんさま

「死が怖い」というのは、「おばけ」と一緒でその正体を知らないことによるからでもあります。

その正体を知れば、枯尾花的に怖さもなくなるものとなります。

下記の書物がその正体の理解に役立つかと存じます。

チベットの生と死の書 (講談社+α文庫)

ゲルク派版 チベット死者の書 (学研M文庫)

秘密集会タントラ概論(法藏館)

死といかに向き合うか、その助けにもなるかと存じます。

川口英俊 合掌

2021年9月9日 15:44
{{count}}
有り難し
おきもち


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究 この度、仏...

質問者からのお礼

川口英俊先生

ありがとうございます。
3冊のうち2冊図書館にある本だったので
貸し出し予約をしてみました。
確かに死の怖さは正体が見えない、
何なのかわからないというところにあると
自分で考えてみて思いました。
まだまだ怖さを克服して前を向いて歩くには
時間がかかると思いますが頑張っていこうと思います。

貴重なお教えをありがとうございました。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る