hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

面倒くさがりを直したいです

回答数回答 2
有り難し有り難し 7

しなければいけないことに向かうのが恐怖でしかありません。向き合えばそれなりに進むのですが、向き合うまでが恐ろしくて、ぎりぎりまで放っておいてしまいます。何かアドバイスがあればお願いします。このまままでは社会に出ても生きていくことができません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

リストUPを…。

そうですよ。しなければならない事に面と向かうのは大変な恐怖です。
私もよく漫画の〆切前に行動が凍り付いている事があります。^^;

でも、くろねこさん、向き合ったら行動は早いんではないですか?

私は人間には何か「やらねばならない事」をする時に、二通りのタイプがあるのではと思う事があります。

1、やるべき事をタイムテーブルを決めて少しずつ同速度で確実にこなすタイプ。

2、ギリギリまで手を付けず、心の中のポテンシャルをぐっと引き上げてから、最後にイッキに行動してこなすタイプ。

この大まかに分けた2つのタイプで…1の確実性も良いのですが2の爆発力も良いと思うのです。

くろねこさんは、もしかしてこの2のタイプかなって思ったりしています。

本来は自分の時間をどう使っても良いのでしょうけれども、しかし一般の会社では確かに非難を受ける可能性はあるかもしれないですね。

そして、その2のタイプを直さねば!…って思った時、今度はその「直さねば」の行動に2のタイプが働いてやはりギリギリまで動けない…という事もあるかもしれません。

さて、そういった場合でしたら…良い方法があります。

まず、自分がやらなければならない事を、凄く細かくリストアップして書き出します。
そして、「今」出来る事だけを選んで一生懸命やれば良いのです。
するとあら不思議、いつのまにか仕事は終わっている事が多いものですよ。

この方法は何も他の事を考えず、やるのがミソです。

くろねこさんにこの方法がマッチするかは解りませんが、
よろしかったら一度試してみてはいかがでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

頼ったり、頼られたり

くろねこ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

恐怖や不安につきましては、これまでも下記のような各問いにてお答えをさせて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_321055.html

その中では下記の問いの拙回答が少しく参考になるのではないかと存じております。

問い「仕事に対してできるか不安。何か言われてないか不安」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1003004269.html

『・・実は、「不安心」や「恐怖心」というものは、ほとんどが妄想によって、自分自身で大きく膨らませて尚一層に苦しんでしまっている可能性が高くあります。

問い「こちらの心が無くて、あちらの心が動くでしょうか?」
http://hasunoha.jp/questions/380

そのため、まずは、一体、何が自分を不安とさせているのか、冷静にしっかりと物事を分析して観察してみる、検証してみることをお勧めさせて頂きます。

そして、次に、優先順位を定めて、一つ一つできることから徐々にやれることを増やして進めていければ、やがてそのような不安を少しずつでも無くしていけるのではないかと存じます。

もちろん、進めば進むほどに、更に不安なことも出てくるでしょうが、同様に、現実に即して対応していくことが大切となります。

周りの皆さんの助けや励ましもあるみたいですから、あまり気にし過ぎずに、甘えるところは甘えて、どうぞ一つ一つ着実に進めてみられて下さいませ。・・』

上記の優先順位を定めて一つ一つできることから徐々にやれることをというのは、悟東様のおっしゃられているリストアップの趣旨とも同じこととなります。

あとは、社会では何も自分一人だけで生きている、生きていけるわけではありません。多くの者たちによる支え合い、助け合い、分かち合いで成り立っている世界であるとの認識をしっかりと持つことで、助けられて、また時には助けて、支えられて、また時には支えてということにて、上手に頼ったり、頼られたりということを成されていかれるのが良いのではないかと存じております。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

細かいリストアップ、まだ慣れませんが少しずつやり始めました。目の前の小さなことから逃げ出さないことに対する、良い訓練になりそうな気がしています。大きな壁という認識を捨て、小さな階段を一歩ずつ、一歩ずつ、マイペースを保って登っていくような心持ちで色々なことに向き合っていこうと思います。ありがとうございました。

「自分を・性格を変えたい・直したい」問答一覧

同じ過ちを犯してしまう自分を変えたい

はじめまして。お仕事で忙しいうえに多くの質問が殺到の中、こちらの質問を見ていただきありがとうございます。 私は昔から調子に乗りがち?で、良かれと思ったことや自分の中の無駄な正義に従って行動をしたものの、逆に相手を傷つけたり無意味にでしゃばっただけになることが多くありました。 その時周りの人から指摘で、一度事態を眺めてから判断したり、自分に全く関係のないことなら無視をすることができるようになれた部分もあります。 しかし、反省を忘れてなのか、過去と本質は同じでも少しずつ内容が違う事態だから都合よく反省をリセットしているのか、同じようなことをしてしまう時が今でもあります。 昔から同じ失敗を繰り返す性格を直したい直したいと考え、自分なりに行動しつつも、あらゆる同じ過ちを繰り返してしまいます。 昨年夏に私は酷い過ちをして精神的にもかなり病み、1人で無駄に抱え込んで親に泣きながら話し、もう絶対に絶対に同じことはしないと決めました。 一歩違ったら大変なことになる失敗なので、参考になりそうな考えやテキストを読んだり、親の話を聞いたりして自分なりに糧にしたつもりでしたが、つい最近同じ過ちをしました。 意志も根気も弱すぎて、同じ失敗を繰り返す自分が嫌です。 親にも上記とは別のことで前と同じことしてるよ?、これ何回目?などと言わせてしまうこと、感じさせてしまうことが多々あります。 もう特性の一つとして、上手に上手に付き合っていかなければならないのかと思うこともありますが、やはりどうしても改善したいです。 特にこれから社会に出る身ですので、不安に思います。 同じ過ちを繰り返しているということは、自分の今までの人生や経験が何も活きていなく、何をやってもとまでは言いませんが、あらゆることが無駄でなのではないか、この質問にお言葉をいただいても、これすら忘れてしまうのではないかと不安です。 でも、自分を信頼してくれている人に対する裏切り行為ですし、少しでも今後誰かを傷つけたり、自業自得で自分が無駄に悩んだりする機会を減らしていきたいです。 同じ過ちを繰り返さないよう、何か助言をいただけたら幸いです。 長く稚拙な文章で申し訳ありません。 どうかよろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

なめられやすい自分を変えたい

はじめて相談いたします。 相談の内容は、なめられやすく自分に自信が持てないため、肝心なところで引き癖があるということです。 今後、どのような心構えで生きていけば良いか教えてください。 小さい頃から、人に話しかけられやすく道を聞かれたりすることも多いです。 ただその一方で、職場等において こいつなら何を言っても良いだろうと思われているのか、心ないこと(見た目のこと等様々)言ってくる人も多々います。 うまく交わす術を得るほど、その場しのぎなので何度も何度も言われます。 ある日他の女性と同じように キツい態度、無視という行動を取ったところ 他の女性にはやめても、 私に対しては、性格が悪いという言葉を 投げつけてきました。 笑顔でいると良いことがあるとよく聞きますが、社会に出てからはそれが良いとは思えません。 元々、話すのが好きなタイプですが 近寄りがたい雰囲気(必要最低限話さない)を出してみたり、嫌なことを言われたら態度に出したり いろいろ試しました。 もう限界です。 家族友人関係は良いので、十分だと思います。 人と話すこと、関わることが怖いです。ただなめられやすい自分を変えられる方法があれば実行したいと思っています。 年を取ればこの悩みはなくなると思っていましたが、なくなりませんでした。 こんな相談、恥ずかしいと思いますが直して強く生きていきたいです。 回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

冷たい自分が嫌になります

私はとても冷たいです。 母は私が小学校の頃に離婚をしてから、女手一つで私たち姉妹を育ててくれました。日常生活から学費からとてもお世話になりました。 母も、離婚でつらい時期もあったと思います。1度目の原因は父の浮気、私たちがいたので落ち込んだ姿はあまり記憶にありませんが、まだ小学生の私にポロリと漏らしてしまうほど悲しんだ時期があるのは覚えています。 そんな母へ対しても、私はいつまでも思春期のような態度を取り続けてしまいます。 もう社会人です。いい歳なのに、母への甘えや、反発心が抜けません。注意されてイライラするというのはもうほとんどないのですが、何かの拍子になんでもない些細なことで当たってしまいます。 わざと傷つけたり、失望させるようなことを言ってしまうんです。 そういうことを言う時、私は本当に何も思わなくて自分が怖いです。 母に「あんたは冷たいよね」と何度か言われたことがあります。自分でもたまに、他人を思う気持ちが欠落しているんじゃないかと思います。 そしてどこか冷めていて、他人を見下ろしたような考えをしているなと思います。 最低で、嫌になります。 他人の気持ちを想像するのも、自分の気持ちを想像するのも苦手です。 友人と喧嘩をしたこともありません。人間関係で悩みらしい悩みは今までほとんどありませんでした。 でもそれは人との距離が遠く、浅すぎたからだと思っています。そもそも関わろうとしていないのだと。これは特に親しい友人から言われました。そもそも人と距離を詰めようという気すら見られないと。 いつもいつも保身ばかりです。 最低です。 それで自己嫌悪になるのなら改善すればいいのに、何度も何度も同じことを繰り返して、少しも成長出来ていません。 中学生の私と同じ所にずっといる気がします。 たまに、自分が嫌で仕方なくて、消えてしまいたいと泣くことがあります。甘えてると思います。泣いている暇があるなら改善しろと。 それでも私にも思ってくれる家族がいて友人がいて、好きでいてくれる人がいて、それで更にめちゃくちゃになります。 本当はひとと関わるのは怖いです。 でも悪いものじゃないし、関わりたいとも思います。 もうこんな自分が嫌です。 変わりたいです。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

他人を許せない短気な性格を直したいです。

始めに手掛かりになるかもしれないので、私の短所を書きます。 ドライ、両極端(興味がある事はとことん突き詰めるが、興味が無い事は触れもしない)、白黒はっきりつける、人の好き嫌いがはっきりしている(好きな人には腹を割って話し、本気で笑いながら接します。関わりたくない人は、目も合わせない所か話しかけられても無視か態度に出します。一度関係が崩れると修復不可能です。職場は仕方がないので上辺だけで接してます)、頑固、優劣を付ける、何事にも効率を重視する、完璧主義、せっかち、やられたらやり返す所です。 私の性格の悪い部分が特に出るのは車や電車が好きだからか、車の運転や電車内が多いです。 特に車の運転に関しては若い時から練習を重ね、人一倍気を遣って運転しています。 具体的事例ですが、目の前の車が制限速度以下で走っていて邪魔になっていたり、左右確認に不備があって、こちらに気付かず出てきたり、後方を確認せず車線変更され、ヒヤっとしたりと、兎に角自分のペースを乱されたり、この人周りの事を考えて運転してない。下手だなと思う場面に遭遇すると、「バカだろ、こう運転するべきなのにそんな事も出来ないのに運転しているのか、そっちが死ぬ分には構わないがこっちも加害者になるじゃないか」と言った事を口に出したり、自分が一人で運転していてぶつけられそうになった時は追いかけて行って注意した事もあります。 この他にも赤信号で横断歩道を渡り、接触しそうになった老人をその場で叱責したり、電車内で堂々と音を出してゲームや動画視聴している人を叱責したりと、自分が正しいと思ったら言わないと気が済みません。 先日一旦停止の十字路でお辞儀してから渡る老人を見て、こっちは一旦停止だからお辞儀する暇があったらさっさと渡った方が効率がいいのにと口に出した所、恋人と口論になり、性格を治す様、最終警告を受けました。 今までもこの問題で何度か口論になったので、スマホサイトなどで直す方法を度々模索してきましたが、相手の立場に立って考える、ひと呼吸置くと言った内容ばかりで、治す事が出来ませんでした。 元々は過激な性格ではなかったのですが、何故こんなに些細な事や自分の正義とのズレに憤ってしまうのか、何故他人を許す事が出来ないのか自分でも分かりません。 直す事は難しいでしょうか? どうか力をお借し下さい。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 56
回答数回答 3

極端な白黒思考を抜け出したい

4年半付き合っている遠距離恋愛の彼氏がいます。1年前に私は結婚したいがあなたはどう考えているのか、結婚する気がないなら別れたいと伝えたのですが、その時は「自分には生きがいと言える趣味もあり、結婚しなくても楽しい人生を送れると思うし結婚したいと思ったことはない。ただ、あなたが結婚の話をしないことに対して辛そうにしていたのは薄々感じていたし、仕事もしんどそうだから自分と結婚して辞めてもいい。これからは結婚を前提に付き合うか、今まで通り付き合うか、別れるか選んで欲しい」とのことでした。 この時私は「そんなに私は辛そうに生きているように見えたのか?結婚するより自分の人生を自分で充実させるべきなのではないのか?」と感じ、今まで通りに付き合うという選択肢を選びました。 それから色々なことにチャレンジし、自分にも熱中できる趣味を見つけました。また、仕事についても今よりももっと前向きに働けるよう転職活動を始めることにしました。 ただ転職にあたり、最初は彼の近くに住みたいと考えていたのですが、話し合いの時に結婚したいと思ったことはないと言われたことに対し不信感を持ってしまい、私が近くに来たらまた結婚したがっていると思われ嫌がられるのでは?と思うようになりました。 私は白黒思考の傾向があり、今回も「結婚したいと思わない。配偶者はいてもいなくても構わない→私のことはいらないゴミだと思っている」のように極端な思考をしてしまっています。冷静に考えてそんな相手と付き合ったりはしないと思うので、これが間違っているのは頭ではわかっているんですが、心情としては私の存在を全否定されたような気分です。 また、この1年自分の人生を良くするために色々取り組んできましたが、そのモチベーションも「彼とはいつか別れるから、彼がいなくても良くなるくらい人生豊かにしなきゃ」というもので、こんな風に考えながら付き合うことに虚しさも感じています。今回の転職の件もまだ打ち明けられていません。 ここまで不信感を募らせてしまった相手に対して、企業選択の幅を狭めてまで本当に近くに住みたいのか悩んでいます。普通はここまで信用できない人とは別れたほうが良いとは思いますが、不信感の根底にあるのが自分の白黒思考であることも自覚しているので、何か白黒思考を短期間で抜け出しフラットに考えるためのヒントを教えて頂けないでしょうか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

自分の考えていることがわかりません

私は人のことを思いやったり考えて行動ができません。 それをどうにかしたくて付き合ってる彼に協力してもらいだめなこと直した方がいいことを指摘してもらっています。 でも直そうとしても頭の中が自分の考えばかりになったりどうしても自分勝手な考えばかりになってしまい、怒られ続けています。 彼が指摘してくれるのは私のためというのは時間が経って頭の中が落ち着いたら気がつくのですが、そのときはなぜだめなのかも考えられません。 自分なりに考えて動いたつもりでも独りよがりで自分勝手だと言われてしまって、私がよかれと思ってやったことも怒られてしまいます。 それに私はいわゆる逆ギレのようなことをしてしまいます。 私の頭とか心がまだまだ子供なのです。 わかってるんです。 でもそのときになると冷静じゃいられなくなってしまうんです。 彼にもういいって言われても次は頑張ると繰り返し、そして繰り返し裏切り、これで彼を何度も苦しめています。 こんな私は価値のない人間なのです。 死ぬ勇気もないクズです。 どうしたら落ち着いて考えられますか どうしたら常に冷静に考えて行動、発言することができますか

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

競争的になってしまうのを治したい

嫌いな人間に対して競争的になってしまう性格を治したいです。私は絵を描いているのですが、やはり長年やってるとオンライン上で喧嘩して永遠にブロックということもあります。私の性格はもう周りとは比じゃないんで す。ブロックしたしてない関係なく、まず自分の仲良い人間がそいつと絡んでる事を考えるだけでイライラ、不安が止まらない、いいね数も以前見た相手の投稿の中で1番多かった物と比較して毎回落ち込んでしまう、吐き気、不安に襲われ一日中落ち着きません。今日はコメントの量が少なかったのでそれでまた惨めな気持ちになってしょうがなかったです。 ブロックして一生見ないはずなのに今日気になって見に行ってしまいました。 腹立つ事に、相手もフォロワー数が多いので絵のコラボとかがTLに流れてきます。その人のオリキャラ、絵柄、全て嫌いで吐き気がします。この性格はどうすれば治せるのでしょう。苦しいです。 加えてあちらは絵も上手い。 原作にそっくり似せた立ち絵ばかり描いていますが、私より年下なのに上手いです。勝てる部分と言ったら、私は人を感動させたり笑わせたり出来る漫画をかけること、感情のこもった動きのある1枚絵がかけること、コンセプトが面白いとよく言われることくらいです。でもやはりいいね数が全てを表しますよね。

有り難し有り難し 38
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る