hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

面倒くさがりを直したいです

回答数回答 2
有り難し有り難し 7

しなければいけないことに向かうのが恐怖でしかありません。向き合えばそれなりに進むのですが、向き合うまでが恐ろしくて、ぎりぎりまで放っておいてしまいます。何かアドバイスがあればお願いします。このまままでは社会に出ても生きていくことができません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

リストUPを…。

そうですよ。しなければならない事に面と向かうのは大変な恐怖です。
私もよく漫画の〆切前に行動が凍り付いている事があります。^^;

でも、くろねこさん、向き合ったら行動は早いんではないですか?

私は人間には何か「やらねばならない事」をする時に、二通りのタイプがあるのではと思う事があります。

1、やるべき事をタイムテーブルを決めて少しずつ同速度で確実にこなすタイプ。

2、ギリギリまで手を付けず、心の中のポテンシャルをぐっと引き上げてから、最後にイッキに行動してこなすタイプ。

この大まかに分けた2つのタイプで…1の確実性も良いのですが2の爆発力も良いと思うのです。

くろねこさんは、もしかしてこの2のタイプかなって思ったりしています。

本来は自分の時間をどう使っても良いのでしょうけれども、しかし一般の会社では確かに非難を受ける可能性はあるかもしれないですね。

そして、その2のタイプを直さねば!…って思った時、今度はその「直さねば」の行動に2のタイプが働いてやはりギリギリまで動けない…という事もあるかもしれません。

さて、そういった場合でしたら…良い方法があります。

まず、自分がやらなければならない事を、凄く細かくリストアップして書き出します。
そして、「今」出来る事だけを選んで一生懸命やれば良いのです。
するとあら不思議、いつのまにか仕事は終わっている事が多いものですよ。

この方法は何も他の事を考えず、やるのがミソです。

くろねこさんにこの方法がマッチするかは解りませんが、
よろしかったら一度試してみてはいかがでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

頼ったり、頼られたり

くろねこ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

恐怖や不安につきましては、これまでも下記のような各問いにてお答えをさせて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_321055.html

その中では下記の問いの拙回答が少しく参考になるのではないかと存じております。

問い「仕事に対してできるか不安。何か言われてないか不安」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1003004269.html

『・・実は、「不安心」や「恐怖心」というものは、ほとんどが妄想によって、自分自身で大きく膨らませて尚一層に苦しんでしまっている可能性が高くあります。

問い「こちらの心が無くて、あちらの心が動くでしょうか?」
http://hasunoha.jp/questions/380

そのため、まずは、一体、何が自分を不安とさせているのか、冷静にしっかりと物事を分析して観察してみる、検証してみることをお勧めさせて頂きます。

そして、次に、優先順位を定めて、一つ一つできることから徐々にやれることを増やして進めていければ、やがてそのような不安を少しずつでも無くしていけるのではないかと存じます。

もちろん、進めば進むほどに、更に不安なことも出てくるでしょうが、同様に、現実に即して対応していくことが大切となります。

周りの皆さんの助けや励ましもあるみたいですから、あまり気にし過ぎずに、甘えるところは甘えて、どうぞ一つ一つ着実に進めてみられて下さいませ。・・』

上記の優先順位を定めて一つ一つできることから徐々にやれることをというのは、悟東様のおっしゃられているリストアップの趣旨とも同じこととなります。

あとは、社会では何も自分一人だけで生きている、生きていけるわけではありません。多くの者たちによる支え合い、助け合い、分かち合いで成り立っている世界であるとの認識をしっかりと持つことで、助けられて、また時には助けて、支えられて、また時には支えてということにて、上手に頼ったり、頼られたりということを成されていかれるのが良いのではないかと存じております。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

細かいリストアップ、まだ慣れませんが少しずつやり始めました。目の前の小さなことから逃げ出さないことに対する、良い訓練になりそうな気がしています。大きな壁という認識を捨て、小さな階段を一歩ずつ、一歩ずつ、マイペースを保って登っていくような心持ちで色々なことに向き合っていこうと思います。ありがとうございました。

「自分を・性格を変えたい・直したい」問答一覧

もう普通のフリが辛い。醜い自分を変えたい

これまで人間関係には恵まれましたが、全てを表面上の”演技”で過ごし、表面的には苦労がなさそう、と言われることも増えました。ですが時々”本当の”他人を見下す醜い自分が顔を覗かせ、仕事や交友関係に迷惑をかけています。 原因はおそらく以下の経験です。 片親→海外の血を引いているのではとアイデンティティが不在 貧乏だと言われ育つ→幸せのためにお金を稼ぐのが悪だと感じ最低限しか稼げない 母と同居の祖母の冷戦(現在進行形)→家庭内別居に近く会話しない 親のアル中で暴力 過保護→望めばなんでもモノ・食事・お金を与えられ無意識に依存している 親から身体的特徴をなじられる 他人の家庭と比較され育つ 小中学時代いじめ→器物損壊、名誉毀損、殺人未遂。友人の裏切り、教師がいじめっ子に味方→誰も信用できなくなる 大学のサークルで失敗した際、自己中心的考えで謝罪より保身が優先する。 アルバイトすら10社以上落ち、最後はほぼ単純労働。稼いでも良い、自分を幸せにしたいと心から思えない。 就活も100社以上落選。 問題点は以下の通りです。 初対面の相手との距離の詰め方が分からない。気づけば信頼を失い音信不通になる 自分以外全員を無意識に見下している。親やもちろん親友、さらに先輩や著名人も含め→他人を踏み台にし自信を作っている 誇大な目標を掲げる 他人の気持ちが分からない 弱みを見せると付け込まれると感じ自己最優先で保身に走る 謝罪をすぐにしない 上司などに謙虚に教えを乞うことができず全て自分でやろうとしたり助言も話半分で聞き流す 本音を出すのが恐怖。勇気が出ずいじめ時代が無意識でフラッシュバック プライドがとても高い。謙虚さは敗北、裏切られ弱みを広められてしまうと警戒 幼少期から自分を中心に地球が回ると思っている 誰に対しても最初から裏切る前提で接し、利害関係を求める 恋人親友に対し相手を試すような行動を取る。あえて相手を傷つけ関係を破壊し、悲劇の自分に酔いしれ周囲に同情を乞う プロジェクトでは人一倍進んで仕事をし、他人から仕事を押し付けられるようになり搾取される とにかく「かわいそう」と言われたい 心から所属感を感じる場所がほしい 寂しい 過去の体験のしがらみ、プライド、自己中心的な考え方を捨て去り、自他に対してともに謙虚で素直で慈悲深く、本音で生きるにはどうすればよいでしょうか?

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

嫌われ者の自分を変えたい

お坊さん、はじめまして。 私は今、学校に入って早半年で嫌われ者となりました。 私の何が悪かったんだろう、と休み一ヶ月で考えて、答えはあっさりと見つかりました。 私はコミュ障の自己中だったのです。常にネガティヴな愚痴を大きな声で呟いてしまい、自分の話しかしようとしない。私があまり好んでいないこともあって、悪口は言わないようにしていましたし、それでいいんだと、逆にこれだけでいいんだと甘んじていたんです。しかしこれでは確かに、クラスメイトの気分を害してしまいます。腫れ物扱いもやむなし、といったところでしょう。 人の気持ちが考えられていなかったのだ、と申し訳なくなりました。 また、昔起きたトラブルなのですが、ある時「こちらを見すぎていて不快だ」と言われたことがありました。 とあるクラスメイト達が、それを言われたグループに似ていて、私は怖くて目が合わせられなかったり、違う人と分かっていても同じことを言われるのが怖くて、視界に出来るだけ入れないようにしていました。 どうやらそれが「私達のことが嫌いで無視している」となったらしいのです。 当たり前です。これでいいんだ、と思っていた私が本当に馬鹿です。 申し訳なさと、以前のトラウマを克服できない私の弱さが本当に悔しくなりました。 まだ他にも、私が良かれと思って空回りしたことが沢山あります。 人と関わることに対して、他の人より体力を使ってしまう私が、そのグループとの遊ぶ機会を断ったこと。 どう話しかければいいかわからずに、結果避けてるようになってしまったこと。 そのグループと話す機会があった時、どうすればいいのか分からなくて、結果拒絶反応を起こしたみたいになってしまったこと…… 私の友達がそのグループと仲が良く、肩身の狭い思いをしているというのも、なんとなく、感じ取ってしまっています。 その友達はただただ優しいだけなのに、これ以上彼女の立場が悪くなるのは、どうしても嫌です。 正直、関係回復が不可能なことは分かっています。 仲良くなりたい、とまではいいませんが、最低限必要な時に話せるようにはなりたい、と思っています。 もうすぐ学校授業が始まります。 私はこれから、自分の人格を少しずつ変えようと決めました。しかし、やはり怖いです。どうか応援をください。 長々と長文失礼いたしました。このコロナ間、どうかご自愛ください。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺