hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人生の行く末

回答数回答 1
有り難し有り難し 12

母がいつ亡くなってもおかしくない年齢になりました。自分は母子家庭で、母の存在はとても大きく、いつも一緒に過ごして来た、唯一の家族だと思っています。母も自分も、精神疾患を抱えています。苦楽を共にして来ました。
母がいなくなった後の人生を考えられないです。とにかく母に尽くして来た、それだけの人生です。自分の家庭にも興味が無かったくらいです。
唯一の生き甲斐を失ってしまう事は、自分自身の死を意味します。自分の半分が死んでしまう様な感覚です。
こういう時代でもあります。完治しない精神疾患の患者。先は見えています。早いか遅いかです。それでも生きるべきなのか、死んでしまおうか。深く悩む様になりました。

2021年10月14日 16:57

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

拝読させていただきました。

お母様を思うやさしさとても素晴らしいです。わたしたちはいつの時代も母体から誕生しますことから母との繋がりは一層強く感じるものでもあります。

人間とは生まれながらにして病をもって生まれてくる生き物でもあります。
それは煩悩であり、欲というものを持ち備えていきます。歳とともに私たちは様々な事柄を経験していくことで、心の在り方に変化を常に伴いながら、形成もされていきます。
仏教では「中道」という“真ん中あたりの道”を歩みなさいと指針しています。
これはすべての言動において
・かたよらない
・こだわらない
・とらわれない
と、いうことです。

何かしらに「思い」が “かたよる” ことで執着が生じていきます。これは感慨深くならないという風にもとらえてください。
仕事などでは、探究心をもって熟慮することは繁栄に繋がることから必要なのですが、不安を深追いすることに探究心が赴いているのであれば、それは “かたより・とらわれ” に値することになります。

人は歳は関係なく、自身の人生の出来事、環境、境遇から心の在り方は異なるものであります。

お母様がいなくなれば自分の半分も死んだも当然であると記してありました。
お母様が大切であるからこそ、お母様がQkさんを生まれたときは、Qkさんの人生が豊かなものに成りますようにと神仏へ願うものです。
時期関係なく、今からでもお母様の願いを恩返しとして返していくことが、お母様・Qkさんが生きていくエネルギーと変化していきます。お母様を笑顔にするには、Qkさんが元気かつ笑顔をつくることを目標とすること。その姿を見たお母様は必ずといってよいほど歓喜されることです。また、Qkさん自身もお母様の喜ぶ姿にまだまだ笑顔にさせてやるという気持ちが湧いていき、ともに良くなるものへと繋がっていきます。
仏教では「利他」という、自分のためでなく他人さまを幸せにすることが、自身にもしっかりと繁栄をもたらす利益となる六波羅蜜行となります。

何度だって、やる気をなくそうとも、また前に少しずつ進んでいけるということを信じてください。

お母様が喜ぶためには、何をすれば方策であるのかがキーマンとなります。

南無大師遍照金剛

合掌

2021年10月15日 16:10
{{count}}
有り難し
おきもち


祈るこころに佛心が宿る。 変化多き時代を生きる私たちにできること、それは...
このお坊さんを応援する

「将来が不安・未来・先が見えない」問答一覧

自分の選択が正しかったのか不安になります

就職活動をしていて、地元の市町村(Aとします)で最終合格を地方の市町村(Bにします)で補欠合格をもらいました。 就職活動時はBの雰囲気や人間模様に心が惹かれ、私が選べるならBの市町村に行きたいと思っていました。(心の中では、知らない土地で0から再スタートするのもいいなと思っていました) ですが、結果は補欠合格で採用される保証がないこと また、AはBよりも規模が大きいため、採用人数が多いです。なので、Aに就職しても新しく出会った人たちと0スタートが出来ると思いAに進もうと決め準備してきました。 先日、Bから電話があり辞退者が出た事 私に繰り上げ採用の順番が回ってきたと 伝えてられました。自分はAに進むと決めていたので、その事を伝えて辞退しました。 ですが、辞退した後でやっぱり行けば良かったかな?選択間違えたかな?と色々考えて涙が止まりません。自分で決めたはずなのに、後悔のような感情が自分の中にずっとあります。 Bを選ぼうとした最初の理由は、知らない土地で知らない人たちと再スタートしたいという思いが強かったと思います。 それはAでも出来るし地元で築きあげた経験や人との繋がりを大切にしたいと思い、Aに心決めていました。 もう辞退したため、Bに行くことはできません。気持ちを切り替えてAに向けて準備したいと思ってるのに前が向けません。今がとても辛く苦しいです。私は選択を間違えたんでしょうか?どうしたら気持ちを切り替えて進む事ができますか? アドバイスが欲しいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

何をするのもこわい、しないとという焦り

就労移行支援で勉強していましたが、不調が増えPCを開くこともできなくなり、結局辞めました。 東京でのひとり暮らしから実家ぐらしになりました。しかし家族の理解があまりなく、コミュニケーションもうまくとれません。 何もせず休め、と言われますが何もしていないと生きていていいのか分からなくなります。アルバイトをしようともしましたが、書類がかけなかったり、仕事が始まったときADHD的な失敗をしてしまうのではないかと不安になったりとだめでした。 勉強ならできるかな、心理師を目指そうかな、自分みたいな子を助けてあげたいなと思ったりしました。でもお金がありませんでした。その状態でできるの?といろんな人に言われました。 これから先、真っ暗だ、何もできないという絶望感でいっぱいです。毎日家族とうまくいかなかったり、自分のこの先が不安だったり、友達とも離れてしまい孤独感を感じたりです。彼氏が相談に乗ってくれて一番安心するのですが、なかなか会える距離ではありません。結婚して一緒にくらせれば今よりはずっといい毎日が送れるんじゃないかと思っていますが、今の病気の状態では結婚できないみたいです。私が仕事していないのもあると思いますが……。いつか別れるのに一緒にいるのはとてもこわいです。 こんな感じで、しぬよりも明日が来るほうがこわいです。でもこわくてしねないです。起きている間ずっと苦しいです。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

ご先祖様や前世と言われるもの

久しぶりに相談させていただきます。 宜しくお願いいたします。 12年前に離婚時鬱になり、なかなか定職につけず腰の狭窄症にもなってしまいました。 働くにも体力の制限があり生活保護をうけています。 しかし今後の子供の将来を考えると働いてお金を増やさなければ生活保護で大学や専門学校に行かせてあげることができません。 娘は、思春期ということもあり、どこにも行けない遊べない買えないなどストレスが溜まっているようです。 そこで両親に話を聞いてもらった所、数代前のおじいさんがお酒などのために土地も財産もなくしてしまったそうです。 それからというもの、親族内での離婚が続いたり、貧困が続いています。 私の前世の行いが悪いのでしょうか。 それとも私の家系に悪い何かが憑いているのでしょうか。 生きていくのも苦しく、娘との喧嘩も絶えません。 本家などは遠いため小さい頃にお墓参りに行ったきりです。 私の知る限りのおじいさんやおばあさんのことは私はとても大好きでした。 今はもういませんが。 その2人もいろいろあり、私の父も苦労してきました。 なんとか私でこの苦しみをとめ、娘には貧乏で悲しみの深い人生送ってもらいたくありません。 ご先祖様時代からの呪いなど悪い気があるのでしょうか。 あるのならどうすればよいのでしょうか。 それとも私の前世の行いでしょうか? 現世の行いでしょうか。 つらくて毎日涙がとまりません。 どうかお助けください。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺