hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

見返りを求めてしまいます

回答数回答 2
有り難し有り難し 21

こんにちは。お忙しい中、相談を見ていただきありがとうございます。

私には何かをした時に見返りを求めてしまう癖があります。

同僚を手伝う時、何かを取り仕切る時、親の手伝いをする時等…

相手の幸せを考えて、素直に行えるようになりたいと強く思う一方で、どこかで見返り(感謝されたいや認められたいなど)を求めている自分がいます。

しかも相手に下心が薄々伝わってしまう(本当はそんな下心抱きたくないです)→思うような反応が得られない→さらに見返りを求める という負のループにハマってしまいます。

見返りを求めそうになった時、どう考えればいいのか分からず、コントロールできず、モヤモヤしてしまいます。

お坊さん方の知恵をお貸しください。

2022年3月14日 22:23

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

見返りのために善意を行うなら貫く

 ほのかさん、善行お疲れ様です。人のために何かするのも大変な労力です。ご自愛下さい
 私は見返りを求める理由であっても、善行はしないよりした方がよい。相手に下心がみえてしまうときがあると言いますが、こちらは場合によっては命を張ってる時もあるのだから、報酬が欲しいくらいですよ。
 このように善行が出来るのはあなたがしているのではありません。あなたの縁起、ご縁がそうさせているのです。
 達磨大師と中国の梁の武帝の問答
武帝「私は仏教興隆のため、寺院建立や僧侶増加、写経などをしてきた。私にどんな功徳がありますか?」
達磨「功徳なんか無いよ」…
この問答で達磨さんは武帝を怒らせました。言葉足らずだったので私が付け加えるとしたら。「功徳なんか無いよ。てゆうか、もう功徳あるよ。この国が穏やかで平和なのはあなたのお陰ですよ。お寺を作り僧侶を増やし、人々の心の拠り所を増やしたことは王である財力と権力を持ったあなたしか出来ませんよ。」
 これが縁起ですね。自分の立場により出来ることは違います。今あなたが出来ることはあなたが色々な人に助けられて生きてきた証です。あなたの価値観が見返りを求めているだけでパンを買って、お金を支払う感覚と何も変わらないのです。だったらそれを貫く気持ちで生きなさい。無理しない程度に。

2022年3月14日 23:45
{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

こんにちは

 誰かのために何かをしたら「ありがとう」くらいは言って欲しいものですね。

 あなた自身も家族や同僚、友人から何かをしてもらったら、どんなに小さな事でもしっかりと大きな声で丁寧にお礼を言うようにするといいですよ。あなたの「ありがとう」を聞いてうれしいと思った人は、他の人に「ありがとう」を言うようになるものです。気持ちの良いことですのでこれは周囲に伝染します。そしてまわりまわってあなた自身がお礼を言ってもらえるようになるでしょう。

 さて、例えば家の手伝いとして、あなたはお風呂のお掃除をしたとしましょう。家族からはお礼を言われなくても、あなた自身がお風呂に入った時、きれいなお風呂で気持ちが良いなぁと思うでしょう。ああお風呂をきれいにして良かった、ってなると思います。その気持ちは、あなたがお風呂をお掃除した見返りといえるでしょう。

 例えば会社の新年会を取り仕切ることになった時、頼んだ人(上司など)からは特にお礼がなかったとしても、新年会をしている時の楽しさとか周囲の喜んでいる様子をみたり、無事に終わったときの満足感はあなたにしか味わうことのできない事です。これ以上の見返りはないでしょう。

 人の手伝いや命令を、やらされていると考えるのではなくて、楽しんで相手のことを思ってやることが、結果として自分自身へのご褒美になるんじゃないのかなぁって思います。

2022年3月15日 18:15
{{count}}
有り難し
おきもち


・曹洞宗/静岡県/50代 平成27年鳳林寺住職。平成28年hasunoh...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

御二方の回答を拝見し、人が喜んでいる所を見て自分も嬉しくなる気持ちを思い出しました。認められたい気持ちに潰されていましたがたしかに、何かをしたことによって周りが喜ぶことは見返りなのだと感じました。気づきを与えてくださり、ありがとうございました!

「認められたい・承認欲求」問答一覧

自分の承認欲求で苦しいです

愚痴と悩みが混ざった内容になってしまいます。 先日、1年ぶりくらいに会う友達に会いました。 その友達と久しぶりに会うと、この友達に彼氏が出来たという話になり、途中から友達はスマホでSNSや彼氏とのやり取りに熱中するようになりました。 私がお会計やこの後について聞いても答えてくれず、明らかに無視をされて悲しくなりました。 その後どこに行っても、この友達は椅子に座ってスマホをいじってるだけで、私が一人で買い物をしているような状態になりました。 目の前にいる私って何なんだろう、ととても悲しくなりました。 その後、私とその友達が所属しているグループのラインに投稿があり、見てみると、この友達が婚約したという報告でした。 友達のSNSには70人の仲間からの祝福と、200近いいいねが来たそうでした。 本来は親友と言っても良いくらいの友達だったので私も祝福したいと思う気持ちはあるのですが、先日の友達の態度が悲しかったことが忘れられず、素直に祝福出来ませんでした。 この友達の婚約報告を見ていると、そんなことは誰も言っている訳では無いのに、なぜか私は無価値なんだと思うようになりました。 いつか私も婚約や結婚をしたらこのグループの仲間に祝福して欲しいと思っていました。 しかし、もうこの婚約報告を見るたび、グループのラインを見るたびに、あの日のことを思い出し、私は無価値だと感じ悲しくなるようになり、見るだけで苦しくなるのならと思い、このグループを退会しました。 私はSNSもやらなくなってしまったし、グループも退会してしまったし、友達と祝福された人数を比べるなんておかしいとは思うのですが、私はあの子よりも祝福される数は少ないんだろうなと思って毎日悲しくなっております。 おめでとうと言われたいのは自己満足、祝福されたことでその後の人生の幸せが確定する訳でも無いんだから気にしても何も無い、と自分に言い聞かせております。 仏教的な考えでは、「自分は欲を持っていることを認めることも大事」という話を聞きました。 私の場合は承認欲求だと思います。 あの日友達から無視されたりして悲しかったのも、私の人生の門出をたくさんの人に祝福して欲しいのも、承認欲求から来ているのかなと思います。 人と比べるなんて無意味だと思っても、それでも苦しくなります。 私はどうすれば心が晴れるのでしょうか?

有り難し有り難し 46
回答数回答 2

「人の為」ってエゴにあたりますか。

お世話になっております。 定かな答えなどない質問かとは思いますが、皆様のご意見を伺いたく投稿させて頂きます。 元々抱え込みやすい性格で、こちらでもたびたびご相談させて頂いておりますが、色々と考えているうちに、私にとって「人に認めてもらう」事が自分を認めるための手段、まさに承認欲求の塊だと感じる事が増えました。誰しも少なからず承認欲求はあり生きるうえで必要かと思いますが、私はその割合がかなり大きい気がします。そのため、周囲を気にせず主体的に生きている人は尊敬するし憧れる存在です。でも、そのように自分を信じて主体的に動く感覚が未だに掴めません。「自分の思いのままに動く」事が非常に不安で、それ以前にそもそも自分が本当にやりたい事って何だろうとふと考えます。 現在介護職をしていますが、元々これも「誰かの役に立てる仕事がしたい」との動機からでした。実際やりがいや達成感は大きく、それがまたモチベーションにも繋がっています。仕事中どんなに辛くても、ご利用者から「ありがとう」の言葉が得られると素直に嬉しいです。 一方で、自分は「純粋に人の為に何かをしたい」というより「そうする事で人から認めてもらいたい」というエゴなだけなのかなと思う事があります。人に尽くしたいというよりも、根本ではそうする事で認められたい、必要とされたいのかと思い、果たしてこれって良いのかと不安になる事が増えました。 仕事のみならず休日もです。本来なら自分のための時間のはずなのに不安で落ち着きません。趣味がないわけではないのですが、その最中でさえ、ろくに仕事もせず自分一人のために時間を費やしていて良いんだろうかと過ります。そのため、休日も家事や自宅でできる作業等に極力時間を充てています。ただ、合間に手が空いた時等、この時間に何かできないのか、一人で呑気にしているなんて無駄ではないかとすぐに焦ります。自分が所属するコミュニティを増やせば少しは変われるでしょうか。 とにかく時間に追われて働いていないと落ち着かず、且つ他者の反応を通してしか自分を認められません。でも、最早それでは真に「人の為」にすらなっていない気がします。それを口実に自分を満たそうとしているのかなと惨めで、むしろ自信を失くす一方です。 自分に自信を付け、自分で自分を認める方法、そのために必要な心がけが知りたいです。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

人より優れていたい認められたい思いが強い

 「人と比べない」「自分らしく生きる」ことを理解して受け容れることができたきっかけを教えて頂きたいです。  私は今、大学生をしています。私は大学院に残って将来は研究者になりたいと考えています。そしてそれが私の「やりたいこと」です。  しかし昨今の情勢や文系で大学院に進学することへの将来的な不安があります。そして、一番問題なのが「やりたいことはあるけれど、社会的に成功したい、認められたい」という感情も心の奥にはあります。  別にお金をたくさん稼いでやりたいことがあるわけでもなく、ただ「年収」というわかりやすい比較対象で他の人より優れていたい、悪く言えば内心で威張っていたい感情があるのだと思います。天の運でたまたま少し良い大学に入れただけなのに、それ相応の名声名誉を得たいと考える自分が情けなく思うときもあります。人と比べてもただ虚しいだけであろうし、「職業に貴賎なし」という言葉もその通りだと思います。  しかし言葉を知って頭で理解した気になっていてもどうも心の中で完全に「受け容れる」ことがなかなかできません。どうにかして「人と比べる」ことをやめて自分らしく生きたい、自分の目標のために生きたいと思っています。  ぜひ、どのようにしてこの感情に向き合っていけばよいのか教えて頂きたく思います。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ