hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

仕事の向き合い方

回答数回答 4
有り難し有り難し 9

現在の職場に来て5年になります。

私は何事も効率よく、てきぱきとやってしまいたい性格です。

1つの仕事を終えても、あれもこれもと、手が空くとすぐに色々な仕事を任されてしまい、個人的な仕事が思うように進みません。

上司から任された全体の仕事もやらねばならず、なおかつ時間がない中で、個人の仕事も終わらせねばならず、それがうまく並行してできない毎日がもどかしいです。

また、後輩に仕事を振ることも苦手なのか、「これくらいの仕事だったら、自分でしてしまおう」と思ってしまい、結果として、仕事量が増えてしまいます。

自分で自分の首を絞めてしまっている時もある反面、「他の人は明らかに仕事量が少ないのに、なんで自分だけ」という見方をしてしまう自分もいます。

このように、時間的にも精神的にも余裕のもてない毎日で、とても落ちこんでいます。

仕事に対して、今後どのように向き合っていけばよいのでしょうか。
また、どのように気持ちの折り合いをつけていけばよいのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仕事の目的は、決してその仕事自体をこなすことではありません。

亀山純史と申します。
「何事も効率よく、てきぱきとやってしまいたい」と言う考えは悪いことではありませんよね。また、1つの仕事を終えても、あれもこれもと、手が空くとすぐに色々な仕事を任されてしまうことは、あなたの能力が認められている証拠でしょう。でも、自分の仕事が思うように進まないのでは、困ります。
また、「何でも自分でしてしまおう」と思ってしまい、結果として、仕事量が増えてしまうこともよくありませんね。任せるところは任せるべきです。
そして、自分で自分の首を絞めてしまっている時もある反面、「他の人は明らかに仕事量が少ないのに、なんで自分だけ」という見方をしてしまう自分がいるという認識も、よくありませんね。

仏典には「毒矢の譬え」と呼ばれている話があります。
「ある人が毒矢に射られて苦しんでいるとします。その時、その人の周りにいた人達は医者を呼ぶでしょう。ところが、当人は「この矢はどこから飛んできたのだろう。」「この毒の種類は何だろうか。」「誰によって射られたのだろうか。」と考え、「それがわからないうちは、この矢を抜き取ってはならない。」と言います。そうこうしているうちに、この人はやがて死んでしまうでしょう。では、どうすればよいのでしょうか。それは、すぐに矢を抜くことなのです。

仕事もこのたとえ話と同じです。「誰がその仕事をしたのか。」ではありません。ですから、自分一人で仕事を抱え込むことで苦しんでいる状態は、まさに、自分の身体に毒矢が刺さっている状態です。人に頼めることは人に頼みましょう。個々の仕事の目的は、決してその仕事自体をこなすことではありません。ですから、全ての仕事をあなたが抱え込むのではなく、後輩にその中のいくつかを任せていいのです。是非、仕事に誇りを持ち、充実した生活を送ってください。

以上が私からの回答になります。お役に立てれば幸いです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

大切なのは「中道」

しえりさん、初めまして。沙門 亮鷹と申します。
毎日のお仕事お疲れ様です。

唐突ですが、仏教の開祖であるお釈迦様の教えにこんな説話が残されております。

ある時、お釈迦さまの弟子に足から血を流すほど修行を続けても悟りを得られないと悩んでいるシュローナという方がいました。

出家前は琴が得意だった彼に、お釈迦様は「琴の弦は強く張れば良い音が出るのか?」と尋ね「琴の弦は強すぎてもゆるすぎてもよい音が出ない。修行も同じである」と説きました。

つまり、怠けるのは良くないが厳しすぎるのも良くない。
欲望に溺れる怠惰な生活にも命がけの修行(苦行)を重ねる生活にも本当の安らぎは得られない。偏ってはいけない。ちょうどいい張り具合にこそ安らぎはある。

と説かれました。これは専門用語でいうと「中道」という仏教の大切な教えの一つです。

さて、貴女は今のお仕事で五年目。キャリアや普段の仕事ぶりを見て上司の方は貴女に仕事を任せていれば大きな間違いはないだろうと安心されてるのでしょう。やや安心しすぎているのかもしれません(汗)

「これくらいの仕事だったら、自分でしてしまおう」も積み重ねれば大変な仕事量に……文面から拝察するにそのことは貴女も自覚されているはず。

このまま余裕を無くしていけば、いずれ貴女の心の弦が切れてしまいます。
もしくは心身の疲れのあまり今までしなかったようなミスをしてしまうかもしれません。

でしたら、貴女がすることは一つ。
後輩の方に任せられる範囲で仕事を任せてみましょう。私も務め人時代によく言われましたが、仕事を適切に任す事も大事な仕事です。任された後輩もきっと貴女に認められたと悪い気はしないと思います。また、上司にも勇気を持って貴女の仕事量を考えて仕事を振って欲しいと伝えましょう。

仕事を任すこと、余裕がない時に仕事を断ること、これは悪いことではありません。
むしろ、余裕がないのに引き受けてしまうことの方が結局みんなが損をします。

大切なのは「ちょうどいい張り具合」、「中道」です。
貴女の「中道」を見つけてください。

大丈夫です、貴女ならちょうどいい「中道」を見つけられるはずです。
頑張ってください。でも頑張りすぎにはご注意ください。合掌(^人^)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


未だ愚迷凡夫の身ではありますが、皆様の一助になるようなお答えができれば幸い...

人は同時な2つのことはできない

しえりさん

あなたはとても信頼されている方なんですね^_^
仕事をテキパキとこなせると思われているのです。

仕事を並行して、というのは無理なことだと思います。人間は同時に2つのことはできないのですから^_^

喋りながら食べる、テレビ見ながら本を読むとか。できているようでよくよく観察すると1つ1つを瞬間瞬間に行っているだけです。
同時に仕事をしようとせず、1つ1つを確実にこなすスタイルに変えていくと気持ちにゆとりができると思います。
もともとできないことをしようとするから無理が生じるのですから。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


仕事はチームワークです

お仕事お疲れ様です。

ところで答えはあなた自身が書いている通りですよ。
手が空いている後輩に仕事を任せたらいいのです。
自分が受け持つ仕事量は、仕事の処理能力の8割位を目安にしましょう。それ以上は後輩あるいは上司に仕事を任せてください。
そうでないと心身ともに疲れますし、急な出来事などにも対応する余裕がありません。

また、後輩に仕事を任せることは、仕事を怠けることではありませんよ。
任せることも仕事なのです。
仕事はチームワークなのです。
後輩に経験を積ませて育てることにもなるし、なにより、あなた自身がうつ病などになって、職場に多大な迷惑を掛けない為でもあるのです。

勇気を出して後輩、場合によっては上司にだって仕事を任せましょう。それも仕事ですよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

「仕事の悩み・不安」問答一覧

内定先の仕事が本当にやりたいことなのか。

現在就職活動中のものです。 第一志望の企業に内定はいただけなかったのですが、同業他社の内定をいただきました。しかし、業務内容に若干の差があり、自分のやりたい業務ができるかわかりません。さらに、労働条件もあまりよくなくサービス残業も多いようです。 内定をいただいた直後は、自分のやりたい業種であり、多少の労働条件の悪さは目を瞑ってしまおうと考えていましたが、時間がたつほど不安を感じるようになってきました。こうして沸き上がった不安について質問させていただきたいです。 一つ目の不安 就活の不安な気持ちが募るにつれ今までの人生を振り返ると自分は逃げてばかりな気がします。大学受験は失敗して自分のやりたいことができるから良いと滑り止めで受かった大学へ。そして今就活でいただいた内定先も自分のやりたいことができるから良いと思っている。そして今、私は行った大学は悪い選択ではないと思っています。ここまでは悪くないように感じるかもしれません。ただ、私は自分の心の中の怠惰な思いが「やりたいことだから」と人生を常に妥協させ続けているような気がしています。そしてこの就活も同じようなものではないかと思っています。 二つ目の不安 一つ目の不安にあるように、「やりたいこと」という思いが自分に対する妥協だとすれば、今やりたいと思っていることはやりたいことなのでしょうか。他人の趣味に対する熱中度と比べるとたしかに自分の熱意はたいしたものではありません。そう考えるとそんな「やりたいこと」は本心ではないのかもしれない。そう考えると、どんどん不安になります。 三つ目の不安 ここまで悩み、「やりたい仕事」と言っているにもかかわらず労働条件などにこだわっていることや不安に思うことは上記の不安が正しいということを示しているのではないでしょうか。この思いが不安を募らせます。 家族に恵まれ、大変な努力もせず、決意を持った決断もろくにできなかった妥協だらけの自分のつけが回ってきた気がします。そして、この質問そのものも誰かに肯定してもらい妥協したいものな気がします。 ここまで書いていく中で自分の中で一つの解が出た気がします。そして皆さんの答えも同じ気がしてきました。 やってみればいいやないか お坊さんの皆様はどのように考えますか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

在宅勤務で集中できず、仕事がはかどらない

過去二回ハスノハに投稿し、大変暖かいお言葉をいただきました。ありがとうございました。 今回は、タイトル通り仕事の悩みを相談させていただきたいと思います。 今年の3月中旬に転職し、4月頭から完全リモートワークとなり、現在まで続いています。リモートワークは社長発の命令に近いもので、基本的に出社はできません。 自身を取り巻く環境が二転三転しているうえ研修等も途中で終わってしまい、仕事をなかなか上手くさばけないでいます。 特に、自宅でのリモートワークはとにかく集中力が続かず悩んでいます。パソコンに向かってもなかなか業務に身が入らず、気が散りがちです。事務所では集中して働くことができていたので、人の目がなければこんなにも怠けてしまうかのかと自分に呆れるばかりです。 時間内に業務が終わらず結局休日に仕事することや後回しにしてきた業務での長時間残業も増えています。成果物のクオリティも自身のモチベーションも低下しています。 上司は私の教育にはあまり興味がなく、人に仕事を任せるより自分でバリバリ回したい人なので、私から不明点を尋ねたりする以外にコミュニケーションはありません。 同じような悩みを持つ人は結構いるようで、ネットでは朝起きたら出社時と同じように着替える、髪型など身だしなみを整えるなどの対策が紹介されていますがどれもあまり効果はありません。自宅は一人暮らし用の狭いアパートですので書斎なども作れず、生活空間で仕事していることも理由かもしれません。カフェ等での長時間の作業は難しいですし、、、 しっかりと脳みそを切り替え、集中して仕事にあたるよう自分をコントロールしていきたいと思っています。お知恵をお貸しください。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

自分の仕事内容について

(編集部より。回答者を指名してのご質問はできません。) こんにちは。以前ご相談させていただいたAKEです。 本日は仕事の内容でご相談させていただきます。 前にもお話ししたとおり感音性難聴でコミュニケーションが今ひとつとれない状態は変わっていません。今の仕事は25年程度続けている営業職です。 個人を相手にすることが多かったのですが、会社の方も変化してきて組織や企業を相手に商売することが多くなりました。 感音性難聴では周りが騒がしかったり、環境で聞きづらいのはご承知だと思います。そのため外されす仕事も多くなりそのことも自分では納得しているつもりです。が私だけ仕事から外されるのはやはり悔しく、また会社にいてもいいのかという自己の肯定感が持てなくなることが多々あります。 悪く言う人間もいますので。 今年で57才、60才までは何とか居たいと思っております。 この間、上司も転勤で相談できる人も居ない状態ですね。 自分の心構えや決断と言ったことは分かってはいるのですが、何かある度に悩んでしまい、やはり心のどこかで皆と一緒のことをと思っているのでしょう。 またこの年になってもプライドがあるのでしょう。分かっていますが、 割り切れない状況です。 この間お教えいただいた”他にも大事なことがある” その他の心構えも教えてください。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

勉強好きなのに仕事出来ない

勉強が好きなのに、社会に出たら役立たずって人、居ますよね。 正に僕がそうで、勉強が好きで、学校の勉強いっぱいしたのに、仕事が全く出来ません。 僕は大学時代、テスト前になると、授業のノートを、授業に出てない学生に貸す役割をしてました。 ノートを借りる人なんか、社会に役に立たない人だと信じてました。 しかし、就活して就職したら、仕事は3ヶ月で辞めて、その後のバイトも続かず、当時から患ってた抑鬱症が統合失調症になり、障害者施設に10年以上通う羽目になりました。 ある日、施設の職員が、 「あたし、大学時代、テスト前ノート借りてばっかりだったんだよねー。」 と言ってました。 その人は今も福祉の現場で役に立つ職員です。 僕は、勉強で仕事に大事な物を失ったかも知れません。 今思うと、大学の授業そっちのけで、テスト前にノート借りる方が、スマートな生き方なのかなとも思います。 今は夜で、とっても落ち込んでて、電気すらつける気になりません。 趣味であるクイズも、サークルへ行けば底辺で、辞めた方が良いかと悩み始めました。 僕はあさって、新しいアルバイトの面接に行きますが、このままではまずいです。 生配信ライブもやってたけど、ポジティヴが大事と言われたのと、最近配信してないのとで、辞めようかと考えてます。 僕は数々仕事をしてきましたが、何1つ続かず、40歳を迎えました。 就職支援の施設にいた頃は、こんなに長く続いてるんだから自信もって、と、5年間続いてる事を褒められましたが、実際の現場は全く続かず、今もそうです。 ネットでは怒られてしまいました。 駄目田駄目夫の出来上がりだなーと思います。 ちょっと前までは自信に溢れてたけど、今は過剰な自信だったかと落ち込んでます。 誰か殺してくれないか、それとも歩道橋から飛び降りて車に轢かれようか、そんな思いです。 社会で役に立たなきゃ意味はないですよね。 関白宣言の「仕事も出来ない男に……」のくだりがまさにそう。 絶対大御所コメンテーターから怒られますよ、こんな僕。 勉強ってなんだったんでしょうね。 あんなもん出来ても社会で役に立たない。 そんな思いです。 こんなんなら、早くこの世から去って楽になりたいです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

"汚い"と言われる職業について

こんばんは! 今回は仏教の質問ではないのですが、某有名Q&Aサイトでは看護師に対する攻撃的な回答が来る恐れがあるので、回答者様の身元がきちんとしていらっしゃるここなら安心してお訊きできると思いました。お坊様から仏教的にみたお話をお伺いできれば幸いです。 質問は、“患者さんの下の世話をするようなお仕事は汚いとか身分が低いと言われていますが、卑下されるようなことなのでしょうか”です。 これは昔の看護婦の歴史からきているようですが、看護師は中卒で住み込みで働くような女の子がなった職業だとか、お嬢様ならやらないというコメントを某サイトで拝読しました。お嬢様も排泄はするし、一生汚い物に関わらずに生きて行くのは無理だと思うのですけどね。皆人間ですし。 ちなみに私は看護師ではなく、患者さんの体には触らない分野を専門に勉強しています。ですが、以前に病院で患者さんの体を拭いたり洗ったりしたこともあり、嫌どころか楽しかったんですよ。よーし、きれいにするぞ♪みたいな気分でやっていました。 歳を取った後肉体労働で体を壊すのは嫌だという理由で専門を変えたので、そういった仕事を避けたと言えば私も避けたのですが....でもバカにしていません。 別に人が嫌がる仕事をすれば報われるとか思っているわけではないのですが、専門的な勉強をして資格を取ってなる職業でしかも人の役に立っているのに卑しい仕事だと言われているのを見て、どうも納得できなくて。

有り難し有り難し 34
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る