hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お盆について。

回答数回答 2
有り難し有り難し 27

いつもご相談を聞いて頂き、ありがとうございます。今回は、お盆の事について教えて頂きたいのですが….

我が家は本家の為、仏壇があります。
お盆は、12日夕方にお墓参りに行き15日にご先祖様を送って行きます。
お盆の間は、朝に精進料理を作りお供えします。
おちゃと?茶湯をしに、親戚の人も必ず我が家に来られます。

このおちゃとが、私には嫁いでからの経験でした。主人の祖母が言うには、おちゃとをすればする程良い。お盆は、おちゃとを何回も何回もするのだと…

祖母が生きていた時は、皆のおちゃとの回数をチェックしていました。あの子は、今回はおちゃとが足りないとか。
私にも、あんたのおちゃとの回数は、少なすぎる!とか…

祖母が亡くなってからは、親戚の人も、お盆中に一度程度おちゃとをしにくらいになりましたが…

そんな事もあり、私はおちゃとが苦手で好きではありません…
長男嫁の私は、お盆は本当に忙しく、ゆっくりおちゃとなどしている時間はないのです。
しかし、義父や主人は、おちゃとをしない私を罵ります。今にバチが当たる!と。

本当に私はバチが当たるのでしょうか?笑笑

また、お盆中はずっと精進です。肉魚を口にしてはいけません。若い食べ盛りの子供がいるので、正直精進は無理です。

愚痴っても仕方ありませんが、毎年お盆が苦痛です。ご先祖様には申し訳ありませんが、私なりに出来る事をする事で供養になりませんか?

やはり、最後には、バチが当たるのでしょうか…

2022年7月29日 18:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

バチが当たる!と強要してほしくないのが寺側の気持ちです。

それは大変ですよね…

信仰の作法なのか、地域の習慣なのか、家系の伝統なのか。私は初めて聞きました。
そのことによって、嫁だけにその準備が課せられるのは、しんどいですよね。面倒だしね。なぜ、私だけ罵られなければならないのか。やってられないよねぇ。

本家や長男の嫁だと言っても、それがどうしたんだよと言ってやりたいよねぇ。
うちもそうですけれど、お盆は皆で本堂でお参りをして過ごすことが何より大切な時間。そうやって、先祖を偲び、仏法を聴いていくことがお盆の大切な意味です。

あなたが死んだあと、子孫.家族に罰を与えたいと思いますか?思わないですよね。
それと同じで、先祖が罰を与えるなんてことは有り得ません。

仏事や作法を、バチが当たるからやりなさい!とは強要してほしくないなというのが寺側の気持ちです。

まぁ、義親がいらっしゃる間は、目を光らせておられるでしょうから、続けなきゃならないのかもしれませんが。なぜ嫁だけがやらにゃならんのか。こんな男尊女卑はありませんよね。
あなたの家のことなんだから!と、夫にも手伝わせましょう。

2022年7月30日 2:13
{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 教善寺 住職として、母親として...
このお坊さんを応援する

形式的で回数の多い儀式よりも血の通った救いや助けを行ずる 

お釈迦さまがあなたが困っている時に家にやってきてお悩みを聞いて導いてくれるのかと思ったらポクポク読経だけして帰っていかれたらガッカリしませんか。
あるいは仏壇に茶湯だけお供えして帰っていったら救われないでしょう。
あるいはあなたの愛する家族があなたが苦しい時にあなたの必要なことを直接してくれると思ったら「茶湯を」と仏壇にお供えをしたらそれはちょっと方向違いな気がしませんか?
お供え、焼香、茶湯というのは象徴行為の一面があります。
もちろん故人やご先祖様にお供えするという報恩感謝の供養精神もありますが、その行為を通じて各自がそれぞれ自己の精神性をより高く養っている姿と考えてみてください。供養・お供えすることによって関係性、縁、自己を学ぶ、心を学ぶ、我がことを優先しがちな我の心をみつめ、改める、施しの精神、利他の精神、助けの精神をまなんで身に着けるようになっていくという一面がある。
それが完全に徹底された人間は生きた人間に生きた供養をする生き仏、生き菩薩となる。
洋の東西を問わず古来からお供えの行為を通して自分と先祖との関りを感じさせて自分自身の存在が過去の人たちの布施・施し・恵み・恩恵によって支えられていることを実感し、感謝や謙虚さ、命の尊さを学ぶ場として子供たちにも感じさせていたのでしょう。
仏教では供養を通じてお釈迦さまや祖師様のように菩提心をおこす「発菩提心」の精神が大切です。
供養塔を立てる、何度もお供えをする、それも第一の用心は各自がそれぞれ菩提心を発するということが無ければ儀式で終わってしまうと思いませんか?
つまり「心得違い」や「本道から外れてしまう」ことでおかしなことが行われてしまうということではないでしょうか?
私も「おちゃとをすればするほどよい」というのは初耳ですが、地方、家庭によって民間信仰的なものはあると思います。
ですが作法というものは元々その作法が生まれた意義や導き先があるはずです。
最終的に人は「どういう人になればよいのか?」ということを単純に考えて、わがままやエゴ濃度の強い人にならず、悪い人より良い人になり、キツイ人より優しい人の方が愛されるものです。
そのおちゃと通じ、あるいはおちゃとがあっても無くても各自が本当に人としてどうか?をみんなで先祖様、お釈迦様、祖師様を鏡として自己を映して見つめてみましょう。他人より自分がどうか?です。

2022年7月30日 11:19
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
お悩み相談は「08020659278」まで。どなたでも無料。 救われた方...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

いつもありがとうございます。
そうですよね…バチなんて当たらないですよね…

嫁ぎ先のご先祖様ですが、私なりにお盆や法事の事は一生懸命しているつもりです。
おちゃとも、この家が昔からしている事なので、辞めようとか思っていません。
しかし、強要されたり、罵られると、その行事自体が苦痛になります。

私にとってのお盆は、親戚の人が集まり交流するきっかけの行事だと思っています。皆が楽しくしている姿を見て、ご先祖様も喜んでいると信じて、今年もお盆の用意をします。

ありがとうございます。

「お盆・お彼岸」問答一覧

お彼岸に仏様に手を合わせたいです。

お坊様にはいつも大変お世話になっております。 今年89歳になる実家の母についてご相談させてください。 母は認知症とは診断されていませんがかなり妄想が激しくなりました。 ・私が母の服を勝手に3着持って行ったまま返していない→現実は私は母の服をさわってもいない。母の妄想です。 お彼岸なので「仏壇に手を合わせに行きたい」と実家の母に電話をした所、「あんたが家に来ると大事な物がどんどん無くなるから来ないで!」と言われました。→私は今までに勝手に実家の物を家に持って帰った事は一度もありません。それをしていたのは私の姉です。私ではありません。 今回実家の仏壇に手を合わせる事ができなくなりました。悲しいです。子どもの頃からお彼岸、お盆にはお墓参りを欠かさずしていました。恐らく母が生きている間は私は実家の仏壇に手を合わせる事はできないと思います。 お墓参りをすれば良いのでしょうがお墓は姉が掃除をしていない為、荒れ果ててしまいました。私がお墓掃除をすれば良いのかもしれませんが実家から電車、バスを利用して一時間以上かかる場所に住んでいる為ホウキやバケツ等を持って電車に乗るのは難しいです。 姉とは縁を切っております。 今後、どの様に仏様に手を合わせたら良いのでしょうか?どうか教えてくださいませ。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

お盆の墓参りを7月から8月に変更すること

東京で生まれ、暮らしてきました。菩提寺は曾祖父以来、23区内の浄土宗のお寺です。母が亡くなって以来、命日やお彼岸、お盆にはお墓参りを欠かさないようにして三十年以上過ごしてきました。 今年のお盆は、結婚した娘夫婦を墓参りに誘ったところ、7月は都合がつかないとのことでした。8月の旧盆の時期であれば、家族の都合がつきそうです。しかし、さして信心深いわけでもないのに、長年の習慣を変えて8月に墓参りすることに多少の抵抗があります。これまで親戚も皆、当たり前のように7月に墓参りをしてきました。お寺のお盆の行事も、やはり7月です。ただ、そうした行事が気になるわけではありません。 お墓参りはいつでもよいといった話は聞きますので、8月に新しい家族ともども墓参りをするのがよいのだろうと思いつつ、やもやした気分が残っています。普段は、割り切って生きているほうだと思いますが、割り切れない自分が不思議です。 おそらく東京でも8月にお墓参りする人が少なからずおられると思いますし、そうした実態を知らないからスッキリしないのだろうと思っています。 なにかアドバイスを頂戴できますと幸いです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ