hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

仏教の勉強

回答数回答 3
有り難し有り難し 28

こんにちは。

動画で仏教の勉強をしている時に、難しい話ばかりで
長時間勉強が非常に集中が続かなく、飽きてしまうのですが
お坊さん達はどうやって、
仏教の勉強をしましたか?
実践ないことには身につかないことは承知なのですが、
実践の仕方、歴史を学ぶためにその動画を見ています。

2022年10月9日 10:03

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏教を学ぶということはこの自己の元々の状態を明かすことです。

私は仏教の勉強の仕方をずっと間違ってきました。
本を読んで知識ため、仏教的学問を学ぶというようなことばかりやってました。
ところがいくら読んでも学んでも悟れん、悩みも晴れん、救われん、生老病死、四苦八苦からの解脱もアッタモンジャナイ。なぜ?なにゆえに?
学び方が違うからなのです。
だから面白くない。手ごたえが無いのは当然のことなんざますの。👓
曹洞宗の特派布教師さんという禅師様に代わって説法をされる布教師さんの研修会で曹洞宗のある立派なお師家様が次のようなことをお話されました。
「お釈迦さまは仏法を学んだのではない」と?
一般の方にはピンと来ないかもしれません。
お坊さんでも8割がたの人はわからないと思います。
世間の人は仏の教えを学ぼうとする際、仏教や仏教的な学問を学ぶでしょう。
お釈迦さまや祖師たちは違う。
当時仏教なんて教えがあったでしょうか?…いいえ。
厳しい禅寺でも本なんぞ捨てさせられる。
何をすることが仏教の本質を学ぶことなのか…?
それは、この自己、自身というものを裸一貫になって、作用や働きを見つめる。とことん、この人間の天然の作用ということを見つめていくことなのです。
おシャカさまは6年修行されたのではありません。
6年間間違った修行法、間違った学び方をされていたから悟りが明らかにならなかったという視点を大事になさってください。
私も修行道場でいつも坐禅がしんどくて居眠りばかりコいておりましたが、ある時、自分自身で本当にやってみようと思い立って、誰もいない衆寮というところで夜開枕(就寝)過ぎに一人で足も崩して壁にも向かわずに坐っていた時に、初めてやることがなくなりました=自分自身に本当に目を向けることができました。
それまでは考え事ファースト、自分のやりたいことファーストでどうしてもこの自分自身の天然の働き、活動、作用に目が向かないのです。
仏教を学ぶというと人はすぐに仏教学問や仏教らしいことを学ぼうとしてしまう。
道元禅師は「仏道をならうということは自己をならい明らめる事であり、自我意識を坐禅を通して忘じ去ることで、はじめてモノ・事、目の前の事、周りのこと全て(万法)と同化して、万法によって証明、証せられるようになる。そうすることで自己・他己もこえた天然の救われっぱなしのものの真相(法相)に目が開くようになる」と説いておられます。(意訳)

2022年10月9日 12:04
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
お悩み相談は「08020659278」まで。どなたでも無料。 救われた方...
このお坊さんを応援する

何故面白くないのかを考えよう

長時間、面白くない話を聞けばお坊さんだって眠くなります。
しかし、お坊さんとして生きていく以上、面白い話をしなければならないと学生時代の私は考えていました。

だから、
『何故この話は面白くないのか』
『どう話したらこの話は面白くなるのか』
という視点でお話を聞くことにしました。

どうせ、“仏教の実践”という段階になれば“布教”つまり周りに教えることを避けては通れません。
今聞いている面白くない話を誰かにしなければならないのです。
だったら、少しでも面白くなるように今の話をどうやったら面白くなるか、という視点で見たら、今聞いている時間も楽しくなるとは思いませんか?

2022年10月9日 10:22
{{count}}
有り難し
おきもち


けいじょう
日蓮宗の僧侶、啓誠(けいじょう)と申します。 修行に失敗し、一度は腐...
このお坊さんを応援する

学校に行ったり本を読んだり。よく学びよく遊べ。

いちろーさん、初めまして。

わたしが本格的に仏教を学んだのは大学卒業後に僧侶養成の専門学校に行ってからです。教科書や授業で学びました。作法が多少身につき知識も増えましたが、仏教を実践するという意味での身につき方は今もしてない気がします。

その前は、お寺育ちなので、お寺の行事に参加したり、お寺にお参りに来る方々の話を聞いたり雰囲気を味わったりして、何となく「育てられていた」状態であったかもしれません。また、お寺育ちの子どもや、お寺の子ども会の参加者向けの楽しい集まりの中で、仏教の基本的なことを勉強して「仏教」になじみがある感じになっていたので、それも良い方に作用している気がします。

その頃からずっと、動画は存在しなかったので、本を読んだり人が話すのを聞いたりして学んでいました。

動画での学びはどうしても受動的になります。浴びるように話を聞いて仏教に「浸かる」感じでずっと過ごせれば、それはとても良い状態だと思いますが、たぶんそうも行かないと思います。逆に動画を見ているうちに何か「ここがもっと知りたい」と思い始めたら、そこから積極的な学びが始まるのだと思います。

そうなったら、たぶん良い動画がいっぱいあるので、検索してそれっぽいのを探していけば良いのかなと思います。本もたくさん出ているし、サイトもあるので、検索して少しずつ読んで学ぶのも大事だと思います。

ただ、動画も本もサイトも、配信している人や書いている人は「自分は仏教のいちばん大切なところをやっている」と思っていますが、僧侶の場合は大体は宗派に偏っているし、特定の宗派に属していない立場からやっていると思っている人は、自分が今まで接してきた仏教的なモノがすべての仏教の「ど真ん中」であると勘違いしている場合も結構あるようなので、そのへんをさっぴいて視聴したり読んだりすれば良いと思います。

「無宗教の立場からの仏教」より「特定の宗派の立場から」というカタヨリを最初から公言するものの方が良い気がわたしはします。自覚的な無宗教と、自分の宗教性に無自覚なだけの自称無宗教は違うので。

管見ですが、佐々木閑氏や宮崎哲哉氏、森岡正博氏は素晴らしい。
浄土真宗の人ですが、釋徹宗氏もバランスの取れた人格者です。他の宗派にも碩学(他の宗派にも詳しい学者)はたくさんいらっしゃるはず。

よく学びよく遊べ。ともに学びましょう。

2022年10月10日 9:02
{{count}}
有り難し
おきもち


石田 智秀 (ちしゅー)
お寄せくださった質問について考えさせていただくことで、必ず回答できる場合ば...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございました。

「仏教全般」問答一覧

離檀について

私の実家の菩提寺との関係にについてご相談です。 昨年末に実父が亡くなり葬儀を行いましたが、お布施の金額や住職の振る舞いが納得できるものではなく、離檀を考えております。 お布施の金額についてお伺いをたてたところ、60万円。お車代2万円×2人分を請求されました。お布施とは、そもそもお気持ちであり、金額を提示されるものなのでしょうか、また葬儀は30人ほどの小規模のものでしたが、脇導師もいらっしゃいました。菩提寺ではない近隣の寺からいらしたようです。2人必要なのでしょか? 戒名は一番下のランクで葬儀社の方も驚いていました。実家周辺の同じ宗派の寺の中でもかなり高額とのことです。 今までにも、年期法要など毎回、かなり多くのお布施を要求されています。お布施をお渡ししたときに私たちの目の前で、お布施の中身を数え確かめたこともありました。 住職として信頼できないこと、菩提寺には墓がないこと(自宅近くの公共の墓地に墓はあります)今後、これからもかかるであろう高額な費用を捻出することも難しいので離檀を考えています。 離檀の際にお気持ちはお支払いしますが、離檀料として30万円もの金額を支払う必要はありますか? (先日、49日の相談をした際に〝今後のお付き合〟と書かれた用紙を渡され)盆暮れの付け届け○〇円、年季法要お布施〇〇円 等と書かれている用紙に離檀料25~30万円との記載がありました。 嫁ぎ先もたまたま同じ宗派ですが、もっとこちらの話に耳を傾けてくださいます。地域が違えば色々と違ってくるとは思うのですが、どうなのでしょうか

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

病弱でもボランティアがしたい

私は病弱で、精神も患っていますし体も患っています。臓器もボロボロで、28歳でそこそこ若いのに身体能力はもう老人のそれです。いや、下手をすれば健康な老人の方がもっと体力があるかもしれません。けれど、そんな自分でも人助けがしたかった。そして私はある結論に辿り着きました。 それは、今の現代を支配している「ゲーム」という文化を使ったものです。自動演算(わかる人に言えば連射コントローラー)をしてくれる機械(ちゃんとアマゾンでも発売されている正当な品でゲーマーなら愛用者も多く、違法性のものではありません)を使い、寝ている間にオートで作業を行ってもらい、長い作業時間に対して確率1%を下回るレアアイテムを入手したら、それをSNSを使って無償で誰かに配布する行為です。 これならば「自分の得」を削って誰かに譲ることそのものをボランティアにしているため、体力を使わなくて済みます。つまり、私は人に譲るためだけにこの作業を黙々と続けているのです。人を喜ばせることに、何か自分の魂の行き先に必要性を感じ、それを行うことに自分も喜びを感じているからです。 これは仏教的に言ってなんらかの「行」にちゃんとあてはまっているでしょうか。また、己の中の仏をちゃんと育てることができているでしょうか。なまじ、ゲームというエンターテイメントを使ったものなのでこの質問をすること自体に対して不安はありますが、よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

奉仕活動で解脱を目指すこと

私はバガヴァッド・ギーターというインドの聖典が大好きで、その中に「奉仕活動によって解脱ができる。それは行よりも有効な手段」という記述があります。私の夢は解脱とみんなが幸せな世界であり、そのためにボランティア、人助け、世界のためになる選択肢を選ぶことが大好きです。 しかし、達磨大師はこう言われました。功徳(つまり私でいう、解脱を目的としていること)のために寺を建築したり写経したりしても新たな煩悩を生むだけであり無功徳であると。これは、解脱という利己的な目的を持って人を助けたり救ったところで自分は何も得られるものがない、ということなのでしょうか。 奉仕活動によって解脱を目指すというのはシク教やヒンドゥー教的な考え方のはずで、確かに私は若い頃にいっぱい罪を犯したためその分、誰かを助けたり誰かの役に立ったりよりよい世界を作るために努力することは損得を抜きとして心から大好きです。しかし、その先で自分も解脱したいという利己的な抱きがあるのもまた事実です。 私のしていることは、解脱を目指す上で無駄なのでしょうか? 私の行いで誰かが喜びを味わったり救われたりしているので、それは決して無駄なことではないのは確かなはずです。しかし、やはり達磨大師のおっしゃられたことにも一理あるので、そこがずっと引っかかっているのです。例え自分に得が無くとも、奉仕活動自体は好きなのでそのスタンスは崩さないつもりです。 私はちゃんと正しい方向へ進めているでしょうか? よろしくお願いいたします

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ