hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

老子と仏教の関係について

回答数回答 1
有り難し有り難し 17

皆様、いつもお世話になっております。僕は今「老子」についての本を読んでいます。そこで感じたのが、老子の思想は仏教の教えに通じるものがあるのではないか?ということです。例えば老子の言う無為自然という考え方は、仏教で言う空の考え方に近いものがあるのでは?と個人的に考えています。お坊さんの意見を教えて頂けますか?

2022年10月11日 16:11

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

真理と主義思想の違い

真理と主義思想の違いはなにか。
真理というものは「人が考えたもの」ではないのです。
一方、主義思想というものは「人間が考え出したもの」と言えます。
空というのは法相=法の様相であり、この世の法則。人間の法則。人間の本来の様相。
自己の真相がもともとそうなっているという「真理」を説いているのです。
たとえ、神道、キリスト教、イスラム教の人であっても、その道理が通ずるものが真理というものなのです。
「空」というものを「空の思想」と解釈する人たちも多いですが、それは誤りで「思想」ではありません。思想だと思ったのは後世の学者さんたちが分類上、思想としてとらえたのでしょうが、空とは思想ではありません。
主義思想というものは、一部の人たちにしか通用しないものです。
まず「真理とは思想ではない。主義思想ではない。」ということを弁えておきましょう。☚ここ大事です。
つまり真理というのは誰にとっても真実であるということなのです。
誰にとっても通じる共通する内容でなければ真理とは言えません。
この世、地球上のすべてに共通する「絶対的な真実」を真理というのです。
ただし、カルト系新興宗教の言うところの真理というモノは実は真理ではなく主義思想であるというものが多いように感じます。なぜならば、それは人が考え出したものだからです。教組のエゴ、教組の思想、教組の独自の見解を信者に対して「これがこの世の真理であるゾ」と説いて思い込ませようとしているものはその教団の中だけでは通じるものであったとしても全世界の人たちに対して通ずるものではないので、それは主義思想なのです。教団の信者だけに通ずるものは主義思想であり、偏った教え、偏狭思想というべきものであって教理ということが言えたとしても「真理」とは言うことはできないものではないのです。

老子の無為自然という教えは、解釈によって捉え方も異なるでしょうが、仏教的な教えに「近い」ということは言えると思いますが、冒頭申しあげましたように同じではありません。
空ということが知識や理解や解釈ではなく、体得・会得されると「あ!本当だ。違う。」とわかるようになります。
自然に任せて無為に生きるということと「わが身の作用が何もせずとも元々解脱され永遠に救われ続けている」ということとは、近いようで違う。ここがわかる人は稀ですが、違いの分かる方になってください。

2022年10月11日 17:08
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
お悩み相談は「08020659278」まで。どなたでも無料。 救われた方...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

丹下 覚元様、ご回答ありがとうございます。非常に参考になりました。ただご回答を読んで少し気になるところがありました。本来お礼の欄に書くべきことではありませんし、見当違いだったら申し訳ありません。

丹下様は仏教の境地にのみ真理に至る道があるとお考えなのでしょうか?もしそうであるならばそれは危険な考え方ではないですか?自分の信じているものだけが正しいと主張することは選民思想であり、世界の分断を招いてしまうことに繋がるのではないでしょうか。明治時代に真宗大谷派は「一殺多生」という考えを持ち出し戦争に加担しました。もちろん当時の世界情勢は今とは違いましたし、一概にお坊さんが悪いと言うつもりはありません。ただ、もし当時のお坊さんが少しでも自分たちが絶対に正しいという前提を疑っていたら、自分たちが信じているものが間違っているかもしれないと考えていたら、あの悲劇は起きなかったのではないか、そう考えてしまうのです。つまり僕が言いたいのは、宗教的指導者はその影響力があるからこそ、自分たちの教義に対して自覚的に、省みる必要があるのではないか?ということです。

「仏教全般」問答一覧

離檀について

私の実家の菩提寺との関係にについてご相談です。 昨年末に実父が亡くなり葬儀を行いましたが、お布施の金額や住職の振る舞いが納得できるものではなく、離檀を考えております。 お布施の金額についてお伺いをたてたところ、60万円。お車代2万円×2人分を請求されました。お布施とは、そもそもお気持ちであり、金額を提示されるものなのでしょうか、また葬儀は30人ほどの小規模のものでしたが、脇導師もいらっしゃいました。菩提寺ではない近隣の寺からいらしたようです。2人必要なのでしょか? 戒名は一番下のランクで葬儀社の方も驚いていました。実家周辺の同じ宗派の寺の中でもかなり高額とのことです。 今までにも、年期法要など毎回、かなり多くのお布施を要求されています。お布施をお渡ししたときに私たちの目の前で、お布施の中身を数え確かめたこともありました。 住職として信頼できないこと、菩提寺には墓がないこと(自宅近くの公共の墓地に墓はあります)今後、これからもかかるであろう高額な費用を捻出することも難しいので離檀を考えています。 離檀の際にお気持ちはお支払いしますが、離檀料として30万円もの金額を支払う必要はありますか? (先日、49日の相談をした際に〝今後のお付き合〟と書かれた用紙を渡され)盆暮れの付け届け○〇円、年季法要お布施〇〇円 等と書かれている用紙に離檀料25~30万円との記載がありました。 嫁ぎ先もたまたま同じ宗派ですが、もっとこちらの話に耳を傾けてくださいます。地域が違えば色々と違ってくるとは思うのですが、どうなのでしょうか

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

病弱でもボランティアがしたい

私は病弱で、精神も患っていますし体も患っています。臓器もボロボロで、28歳でそこそこ若いのに身体能力はもう老人のそれです。いや、下手をすれば健康な老人の方がもっと体力があるかもしれません。けれど、そんな自分でも人助けがしたかった。そして私はある結論に辿り着きました。 それは、今の現代を支配している「ゲーム」という文化を使ったものです。自動演算(わかる人に言えば連射コントローラー)をしてくれる機械(ちゃんとアマゾンでも発売されている正当な品でゲーマーなら愛用者も多く、違法性のものではありません)を使い、寝ている間にオートで作業を行ってもらい、長い作業時間に対して確率1%を下回るレアアイテムを入手したら、それをSNSを使って無償で誰かに配布する行為です。 これならば「自分の得」を削って誰かに譲ることそのものをボランティアにしているため、体力を使わなくて済みます。つまり、私は人に譲るためだけにこの作業を黙々と続けているのです。人を喜ばせることに、何か自分の魂の行き先に必要性を感じ、それを行うことに自分も喜びを感じているからです。 これは仏教的に言ってなんらかの「行」にちゃんとあてはまっているでしょうか。また、己の中の仏をちゃんと育てることができているでしょうか。なまじ、ゲームというエンターテイメントを使ったものなのでこの質問をすること自体に対して不安はありますが、よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

奉仕活動で解脱を目指すこと

私はバガヴァッド・ギーターというインドの聖典が大好きで、その中に「奉仕活動によって解脱ができる。それは行よりも有効な手段」という記述があります。私の夢は解脱とみんなが幸せな世界であり、そのためにボランティア、人助け、世界のためになる選択肢を選ぶことが大好きです。 しかし、達磨大師はこう言われました。功徳(つまり私でいう、解脱を目的としていること)のために寺を建築したり写経したりしても新たな煩悩を生むだけであり無功徳であると。これは、解脱という利己的な目的を持って人を助けたり救ったところで自分は何も得られるものがない、ということなのでしょうか。 奉仕活動によって解脱を目指すというのはシク教やヒンドゥー教的な考え方のはずで、確かに私は若い頃にいっぱい罪を犯したためその分、誰かを助けたり誰かの役に立ったりよりよい世界を作るために努力することは損得を抜きとして心から大好きです。しかし、その先で自分も解脱したいという利己的な抱きがあるのもまた事実です。 私のしていることは、解脱を目指す上で無駄なのでしょうか? 私の行いで誰かが喜びを味わったり救われたりしているので、それは決して無駄なことではないのは確かなはずです。しかし、やはり達磨大師のおっしゃられたことにも一理あるので、そこがずっと引っかかっているのです。例え自分に得が無くとも、奉仕活動自体は好きなのでそのスタンスは崩さないつもりです。 私はちゃんと正しい方向へ進めているでしょうか? よろしくお願いいたします

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ