hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

父親と未だにちゃんと話せません。

回答数回答 4
有り難し有り難し 23

私は幼稚園から小学校卒業まで、父親と離れて暮らしていました。

理由は今はそうでもありませんが、父親の借金や女性問題(最近明らかになった)、暴力、家庭よりも仕事が優先という父の性格が原因でした。
たまに父親が私と母が暮らす家まで来て、ちょっとご飯食べて…みたいなことを繰り返していました。
その時は寂しい、というより自分に父親はいないんだと幼いながら思っていました。
同い年くらいの子ども達がお父さんと遊んでいる姿を見るのが、腹立たしく感じることもありましたが。

それから中学入学をきっかけに、家族3人で暮らすようになりました。

でも父親と私はよく喧嘩をして、父親に殴られたりというのもたまにありました。

今はそういったことも少なくなりましたが、やはりどこか父親と距離があります。
正直、このままで良いと思っているところもあります。
父親に何か質問しても聞いてない、「知らん」の一言で会話が終わる、それは今は当たり前になってしまっています。

でも就活を始めて、かつて会社を経営していた父の凄さや、仕事の大変さを感じ、このままで良いのかなと思っています。
「ありがとう」の一言さえもそっぽを向いて言う自分が恥ずかしくなりました。

自分の素直じゃないこの性格ふくめ、ちゃんと父親と向き合いたいです。
ご助言お願いします。

2014年7月4日 14:54

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

口下手なお父ちゃん かもしれません

①(^

2014年7月6日 1:26
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

有り難き縁

私も、父が子どもの頃から、仕事ばかりで、一月に良くあって二三度、遊んだ記憶も、あまりありません。

すずさん、成長なさってはじめて分かる事も、有ります。

お父様と、同じ場所に立つまで成長なさったのですね。

ありがとう 一言が、出ないのですよね。

でも、おやこです大丈夫。

案外、案ずるより産むが易し

そんなものだったりしますよ。

言葉に出しにくかったら、ご飯に誘って、さりげなく伝えて見るとか。

成長なさった、すずさん、お父様はきっと喜んでいますよ。

2014年7月4日 19:27
{{count}}
有り難し
おきもち

長谷雄蓮華 (ラジ和尚)
ラジオ パーソナリティ 『 命の 相談会 』開催 愛知県愛西市...

記念日はそのためにあるのではないでしょうか?

 親子は結構もめるもので、未だに平行線という家庭も少なくはありません。ワシも話は出来ますが、未だに抵抗はあります。ワシの父親は厳しいというより機転が利かない。柔軟性が足らない。せっかち。このような性格で上手く持っていくにはちょっとしたエネルギーが必要です。ワシは取り敢えず反面教師として見ております。
 すずさん、どうしても父親と和解したいなら、母親と協力して、父の日、勤労感謝の日、誕生日(両親か、本人のどれか)、結婚記念日、他記念日に食事に行き、贈り物をすると会話が出来ませんか?和解も出来そうな気がします。はっきり言って定石ですが・・・。
 父と娘が真の和解を見せるのはあなたが結婚する時ではないでしょうか?「菊作り、花見るときは影の人」(吉川英治)。今の時代にそぐわない発言で、申し訳ありません。でも、一つの方法として受け止めてください。
 最後に、親孝行とは親に何かすることではなく、あらゆる人や物に対して親切にすることです。どんな環境や境遇で生きていたかは詳しく分かりませんが、親にとって人に悪いことをする子より親切に接している姿を見た方が親としては安心します。これこそ、真の親孝行です。親も自分の事を見直すきっかけにもなります。これは『正法眼蔵随聞記』(道元禅師語録)懐奘著に示されております。
 参考になりましたか?なりませんね。

2014年7月4日 18:09
{{count}}
有り難し
おきもち

ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

お父様をこっそりと、しかし真っ直ぐ見つめ続けてください

私も時期は違いますが、父とは中学の時から一緒には住んでおりませんでした。
父の暴力的な態度から両親が離婚したからでした。
(すずさんとはかなりケースが違いますが)

最初は凄く嫌な父に見えていました。

でも、時期が経ち私が大人になってから、父の姿や言動を改めて思い出して
父の気持が遅ればせながら解るようになりました。
凄く不器用な、でも心の奥には優しさを秘めた真面目な気の小さい父でした。
そう気がついたとき、父との再会が楽しくなり
普通に会話が出来るようになりました。

心配しなくても、「ありがとう」を言える時が必ず来ます。
自然に話せる時が来ると思います。

だから、それまではジッとお父さんを真っ直ぐ見つめてあげてくださいね。

2014年7月14日 11:02
{{count}}
有り難し
おきもち

仏道に入門して30年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました!
だいぶ前の話にはなってしまいますが、産まれて初めて父の日にプレゼントを贈りました。
言葉としては何も言われませんでしたが、自分が渡したものであれほど喜んだ顔を見たのは初めてでした。
普段とは違う父の表情を見て、前向きに考えられるようにもなりましたし、たまに母経由ですが相談もできるようになりました。
皆様ほんとうにありがとうございました。

ゆっくり歩み寄っていきたいと思います。

「父親が嫌い・苦手・喧嘩・関係がよくない」問答一覧

父が嫌で仕方がないです

 小さい頃から父は仕事で家にいないことが多く、単身赴任で家に帰ってくることはほとんどありません。たまに土日に帰ってくる程度です。 仕事が忙しいことも家族のために頑張って働いてくれていることも理解しているのですが、どうしても嫌だと思うのです。  私が父を嫌う理由は「叱り方」や「意見・価値観の押しつけ」からきています。  叱り方は顔や頭を叩く、押入れに閉じ込める、夜に家から締め出す、施設に入れると脅すなどです。さすがに中学・高校を過ぎたあたりからはありませんが、大学をやめたいと伝えた時は張り倒されました。  意見や価値観の押しつけというのは、料理はこうしろああしろ、食べ方はこうだ、こうじゃなきゃいけない。と強要したり、疲れたと口にすると子供は(精神的にも肉体的にも)疲れることはないのだから疲れたなどと言うな。と怒鳴られたりです。家族で出かける時も気に食わないとすぐに怒り出し、車を運転していればわざと荒く運転したりします。 私が思っていることや考えていることを言うと頭ごなしに否定され、「自分のときはこうだった」と自分語りが始まります。でも、言わなければ不機嫌になるのです。 姉妹の中で一番目をかけてもらっているし、姉妹に比べて自由にさせてもらっていますが、親の言うことを聞かなくてはいけないことに疲れました。 私は親不孝者でしょうか。もう大人なのだから親の言うことを聞くのではなく自分の意志で決めてはいけないのでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

元凶となる父親が憎くてたまらない

(編集部より。規約により投稿の一部を変更しています。)  私の父親のことで相談です。父は人三倍ほどプライドが高く、ちょっとした事で狂ったように喚き散らし家族にも暴力をふるうことも度々あります。  ある宗教団体にも入信していて、父はその宗教団体で全てが出来上がり自分の価値観が一番と思っています。私は今となっては「はいはい」とスルーするようになりましたが。  そんな父は三十代で事業に失敗して以降六十歳を過ぎた今でもほとんど家に籠り、まともに働きお金を家にいれたことはありません。  そのため借金は膨らみ、家には借金取りが来ては居留守を使う父に代わり母や祖母が平謝りし、ついには家を担保に家族は追い出され親戚の家に泊まっていた時も父は一人だけ知人の家に泊まっていました。  母や祖母が意見を言おうものであれば、「うるさーい!!」と怒り狂い暴力を振るっていました。もちろん八つ当たりで私や妹弟も殴られていました。  私は子供の頃はこれが父親の姿なのだろうかと疑問に思い、頭を下げ泣きながら親戚にお金を借りる母親が不憫でしかたなく、どうやって父を殺そうかと考えた時期もありました。そんな過去を送り、父以外の家族は壮絶な思いをしてきました。  現在子供は独立しました。両親は年金はあるのですが貧乏スパイラルから抜け出せずにいます。  私も妹も「離婚したら?」と何度も母に提案したのですが、母なりに思うところがあるのかうんとは言いません。もう仕方がないと諦めています。  私は結婚し義理の父母が出来ましたが、本当に優しく娘のように接してくれるため欲しかった愛情を受け、初めて「家族」というものを実感しています。  一方父とは距離を置いて気にしないようにしているのですが、母からお金の事や行事で連絡を取る度に、未だに横柄な態度を取り変わろうとしない(無理でしょうが)父の人間性が許せなく心の底から憎い気持ちが煮えたぎります。  それと同時にまた父が問題を起こすのではないかと不安も出てきます。色んな見方もあるかと今まで悩んだりしましたが、どうしても父一人だけは許せなく、憎い気持ちと不安が消えません。  いちいち過去のことを考えて怒りや不安に捉われる時間を過ごすのは無駄と分かっているのですが…どうしたら心穏やかにこれからも生きていけるのでしょうか。      

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

急逝した母と残された父

先月実母が急逝し、心の在り方、家族の在り方についての悩みです。 本当に突然亡くなってしまい、母を思い出す度に辛いです。 喪失感がいまだに埋められません。 聖人君子とまでは言えませんが、私にとってはかけがえのない優しい母でした。 私の結婚が遅く、孫をわずか一年しか抱かせてやれなかったことが悔しくてたまりません。 母を大切にしていたつもりでしたが、もっとしてあげられた事があったのではないか、なぜ病気の兆候に気付いてあげられなかったのか、と慚愧に耐えない思いです。 私は実家を出て、借家住まいです。(実家から車で30分の距離) 実家は田舎にあり、非常に保守的な地域・価値観で育ちました。 長男は実家を継ぐもの、という価値観が根強く残っています。 然しながら、実家が過疎地なこともあり、我々夫婦の老後や娘の学校を考えた場合、もう少し都市部で生活したく、家族で話し合った上、現在私のマイホームを建築中です(借家近く) 生前母は建築に賛成してくれていました。 資金援助までしてくれたほどです。 父は渋々ですが了承済です。 父は仕事は現役なので収入もあり、生活能力もありますが、やはり一人にすることが心配です。 内心寂しいのではと思います。 隠れて泣いているようです。 現代では一人暮らしの高齢者は沢山居られると頭では解っていますが、夜一人になってしまう父を思うといたたまれない気持ちになります。 私の勤務地と実家が近く、毎日様子を見に行く事は可能です。 丁度私に栄転の話もありましたが断り、せめて現在の勤務地を続けるつもりです。 実姉は独身ですが、激務で週一回の帰省が限界です。 父は予定通りマイホームは建てれば良いと言ってくれますが、父を1人にしたくないという気持ちも出て来てしまいます。 かと言って、実家の地域で暮らすことは、私達夫婦と娘の人生を長い目で考えれば、厳しいと言わざるを得ません。 堂々巡りです。 父は地元にしっかりと根付いており、近所づきあいも深く、友人も沢山いる為、我々の家に父を呼ぶことも難しいです。 私の描いていた未来は、全ては母のおかげで成り立つものだったのかも知れません。 私が母に甘えていたのだと痛感しています。 母のいない寂しさ、今後の家族を思うと不安でたまりません。 ご助言頂けますようお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

僧侶である父について

はじめまして、こんにちは。 お忙しい中申し訳ございません。 私の父は僧侶です。 私が小学生の頃にお坊さんへ転職をし今は東京へ出てお寺を経営しています。 そんな父ですが私が幼い頃から怒りっぽく叱られている記憶が殆どです。 もちろん私が悪い事をして怒っているのでこれは躾だ…と思っていました。 そんな事を20歳手前くらいまで思っていたのですが友人の父親を聞いているとだんだんと私の父は厳しすぎるのでは…?と思うようになり成人してからはその思いが益々強くなっていきました。 友人に話すとそこまでしない、それはもうDV等と言われ更に考えるようになりました。 例えば私が嘘をついた時「おどれ何嘘ついとんねんこっち来い」と言って腕や髪を引っ張られ床に叩きつけます。 泣いて謝っても「おどれは謝ることしか出来へんのかもっと考えて物言え殺すぞ」等とてもお坊さんとは思えない暴言を吐き叩かれます。 もう考えることもしたくない私は「はい」か「ごめんなさい」しか言えなくなります。 母には手を出しませんが似たような言葉の暴力は私や弟より多く言われてます。 弟は結婚をして家を出たので父からの厳しい目は避けられています。 私も父が東京へ出てからは恐怖に怯えることなく普通に生活していましたが最近東京に来て手伝ってくれと言われました。 当然またあの父親と暮らすなんてとてもじゃないけど嫌だと思い仕事もあるし無理だと断ったのですが母を人質に使うかのように「最近お母さんが変だ」と言ってきました。 変と言われても何がどう変なのかわからず理由を聞いても変だの一点張りで「お前が来てお母さんを助けろお前が来なお母さん死ぬぞ」と脅してきました。 ずっと言われ続けていたのと「お前は1人じゃ生きてかれへん何も出来へんねんから東京へ来い」と言われ自信もなくなり抵抗するのに疲れ、行くと言ってしまいました。 ここまで育ててくれたのには感謝していますがもう二度とあの父親と暮らしたくないのです。 でも残念なことに恋人はおらず、結婚の予定も当然ありません。 寧ろ父親を見てきたせいで結婚願望が全くと言ってもいい程ありません。 この先どうすればいいかわからず辞めていたリストカットも再発してしまいました。 こんな愚痴ばかりで申し訳ないのですがお坊さんである父に対してどうすればいいか教えて下さると幸いです。 長文乱文失礼致しました。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

加害者であり被害者の父

連日同様の質問で申し訳ございません。でもどうか聞いてください。 先日父が母を殴ってしまい、警察沙汰になりました。二人は当然別居。母は被害届を出しました。 住むところがない母はとりあえず私のアパートで一緒に暮らしていますが、新居が決まり来月には引っ越しをします。まだ仕事もありますし、被害者である母はとりあえず落ちつけそうなのですが、今は父が心配です。 母を殴ったのは今に始まったことではなく、長年のDVや性格の不一致が招いた離婚だとは思います。いかなる理由があろうと暴力は許さないことです。 それでも、そんな父でも私たち兄妹の親です。今後どうなるかわかりませんが、先日実家にいる父に会いに行ったところ『自分は犯罪者だから…』と酷く気落ちしていました。状況は父にとっては厳しいものです。起訴されれば前科もついてしまうでしょう。 だからといって母に被害届を取り下げろとはいえません。長年のDVは母の肉体と精神を傷つけました。被害者は母であることに変わりわない。それでも…離婚だけで言えば父が一方的に悪いわけではありません。互いに悪いところがあるにもかかわらず、認めずに見て見ぬ振りをしてきて、生じた歪みはもう復元できないところまできてしまいました。だからこそいざこざを起こす前に離れればよかったのです。でも、もう警察沙汰になり、完全に加害者と被害者になってしまいました。 更に父に追い討ちがかかるように、私の兄から自分の子供達にはしばらく合わせられないし、会いに来ないでほしいと言われたそうです。 親として、兄の判断は間違いではないのでしょう。でも、可愛がっていた孫に会えなくなり『自分には行くところがなくなってしまった』と力なく話してました。 また遠方の妹にも父は電話をしたようで、『馬鹿な親で申し訳ない』と話したそうです。妹は身体に気をつけてねと励ましたそうですが、父が『……自信ねぇ…』と涙ぐんでいたようです。 夫婦は戻らなくても親子関係は変わらない。 それが私たち兄妹がだした答えです。父も母も私たち兄妹が支えていくつもりです。それでも、生活力のない父が、最悪持ち家も無くなり、今後独り寂しく暮らしていくことを思うと涙が止まりません。もちろん父、母には今後も定期的に会いにいくつもりですが、何故か父が死んでしまうのではと説明がつかない不安でたまりません。 父が救われる道はないのでしょうか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

父に優しくして欲しいです。

我が家は両親と私・弟・妹・祖母の6人家族です。弟は大学生で一人暮らし中です。私は社会人で実家住みなのですが、些細なことから父とよく喧嘩になるのです。そんな父に対して不満が2つあり、解消しきれなくて今回質問をしました。 私は父によく似ていて、顔のパーツや性格などが瓜二つなのですが、父からすると私の行動が手に取るようにわかるのらしく、それが父の苛立ちに繋がりすぐに私を叱ってきます。私がその行動をしたことに何か理由があっても話を聞いてくれないのです。これがまず一つ目の不満です。 二つ目は父が私にだけ言い方がキツイことです。我が家は母が中心で、父も母と喧嘩をすることはありますが、普段はとても優しいです。妹はまだ小さく、父がとても可愛がっているので叱られることもありません。祖母は母方の祖母なので父はやはり祖母にもとても優しいです。そんな中で父は私だけに言い方がキツく、すぐ怒鳴ります。私も負けじと言い返すのですが、結局話を聞いてもらえないのです。 父は元から横柄な所があるのでそう言う態度や物言いが珍しいわけではないのですが、家族の中で私にだけそう言う扱いをしてくるのがかなりストレスです。なんで私だけ、という思いがいつも胸の内にあるのです。母は父が私には気を使わなくていいからリラックスしてああなるんだよと言われます。もちろん母が味方をしてくれることあるし、母がわかってくれていることはとても嬉しいです。でもやっぱり話を聞いてもらえず怒鳴られることに耐えれない時があります。もう話したくないという諦めもあれば、なんで聞いてくれないのかという不満もあります。思い出すだけですぐ涙が出るほどです。もちろん私が間違っていることもあるので指摘されていること自体は受け入れています。 この気持ちをどう処理すればいいのか、折り合いがつけれるものなのかわかりません。何か気持ちを切り替えれる考え方があれば教えていただきたいです。 ここまで父への不満を綴りましたが、決して父が嫌いなわけではありません。潔く、ハッキリした性格で叱られていない時はとても優しく大好きな父です。尊敬しています。でもだからこそ、辛いのかもしれません。私が大人にならなければならないのかな、と自分の中ではそんな考えがあります。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

妻の飯は盛らずとも仏飯を毎朝盛る男

はじめて質問させていただきます。 病気の妻に食事ひとつよそうことすらしないのに、毎朝仏飯を仏壇にもっていき南無阿弥陀仏と唱える父親にどうしようもなく腹が立ちます。 母はもともと持病もちではあったのですが、ここ数年でがんや骨折を経験し、なおのこと弱っている状態でした。しかし父はいっこうに心配せず、体調を気遣うどころか、平気で妻に食事や家事全般、身の回りの世話をさせようとする人です。 幼いころからそれを見て育ってきたので、娘である私ともう一人の兄弟も一種の嫌悪感をもっています。 先日母の体調がより悪化しているようだと父に情報を共有したところ、本人を労りもせず、実家から仏壇を持ちこみました。まず病院に連れて行くなどやるべきことをやってからそうするなら100歩譲ってわかるのですが、まるで母が弱るのを見計らってそうしたようにしか見えず、仏教に悪い印象はないのですが、父のその行動がおぞましく思えます。 寺に持ち込む自身の両親への花代一万五千円はポンと払うのに、妻の通院費・検査費を家族や親戚に前もって一万円預けることには納得がいかないといいます。 今生きている妻をいたわらないものが教えにすがったところで、何か意味はあるのでしょうか?またこのような人物からこころを守るにはどうしたら良いですか? どうぞよろしくおねがいいたします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る