hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

祖母の入院

回答数回答 3
有り難し有り難し 6

私の祖母は、昨年の今頃、家で転んでしまい、足の骨を折ったきり寝たきりで入院しています。もう一年以上、入院生活を送る祖母はもともとボケていましたが、今やほとんどなにもわからなくなってしまいました。そんな祖母ですが、お見舞いに顔を出すと、ここから出してくれ助けてくれと最近言うようになりました。
たとえボケているとはいえ、やはり入院しつづけるのは辛い精神状態の様です。今では鼻から栄養入れている状態で、たぶんこのまま家には帰れないと思いながらも大丈夫だからここにいて休んでねと声をかけるのはとても辛いです。
それを見ていたら生きるってこんなに辛いんだなぁと思いました。死ぬ事も辛く怖い事ですが、生き続けることもまた辛いのではないでしょうか。なんだか生きることも死ぬこともすごく怖いような気がしてしまい、私自身もなんとも言えぬ恐怖感を感じるようになってしまいました。祖母になんと声をかけてあげると良いか、死と生きることへの恐怖の乗り越え方などアドバイスしていただければ幸いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

いのちを感じる時間

認知症となったおばあ様の御姿を見るのはおつらいことと存じます。

我が家族は、昨年なくなりましたが
認知症だった祖母を家で見る事に致しました。
これは大変なことでありました。
母の苦労を踏みにじるような言葉もよく申してました。

しかし、我々家族にはキーワードがありました。
「人間は総じて認知症である」ということです。

認知症の方の言葉というものは、特定の人物を指すものではなく
或いは「ここからだしてくれ~」というのもよくうちの祖母も申しておりましたが、
「どこからでたいの~?」と聞くと、「こえだめ」とか言ってました。
(きたなくてすみません)
過去に自分が味わったことを思い出して話していることが殆どだと気が付きます。
おばあ様の今の日常は、「現在」ではないのです。
時にさかのぼり、時に未来に行ったりする。
これが認知症の方の日常であります。

我々はそうした祖母のタイムスリップを楽しみながら介護を致しました。
我々の日常を、祖母に合わせてもらおうとしても無駄だとわかった瞬間です。

そうしているうちに祖母もだんだんと明るくなりました。
最後のころは普通に会話もしてました。
祖母と久しぶりに会話ができたあの喜びは、今も忘れる事が出来ません。

人生とは辛いものです。
でも、そのままでいたらずっと辛い。
だから「明日はいい日になる。一歩一歩いこう」そうおもうことで、
辛いに一が足され、幸いになるのです。

いま、あなたにできること、あなたにしか見られない、聞けないことを
務めていく。これが、「いのち」を生きることだと思うのです。

そしていまあなたが味わっているように、
あなたの御子孫となる方々にも、そうした姿を見せることです。
そしてあなたが味わったように、苦しみを味わってもらう。
そうやって人は、いのちとはなにかを、
見つめてきたのだと思うのです。

いのちとはなにかを見つめさせることは、
自分の中にある、尊いいのちのぬくもりを見つめる事に
他なりません。そうして自分の中に、祖母や、祖父、父母の、
いのちを感じることが出来た時に、
人生の本当の意味での喜びが溢れてくるのではないでしょうか。

あなた様、おばあ様、御家族皆様に
さちあれさちあれ。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


人が苦しんでいるのを観るのは辛い

まずはおばあさまの心の苦を生きておられる間にできる限りなくして差し上げてください。
これがあなたの今回の問いへの答えの一つとなります。
人間の命は、死を迎えるまでは、生きています。有限です。
有限なる命のあるうちに、安心させて差し上げてください。
死の恐怖を乗り越えるには、死というものがどんなものなのかを認識・理解する必要があります。
回答制限は1000字なので、ざっくり結論から申し上げますと、死ぬまでは生きています。
死は体験はできません。人の死を観ることはできても、自分の死ぬことは一生涯体験できません。だから、生きている間には、生を全うしてください。生を全うするという事は、迷いなく生きるということです。迷いなく生きるということは、自分の思いに迷わされずに生きる、自分の思いから自由になるということです。
死を恐れるのも、死に対して不安感を思い起こすのも、みな自分の中で不完全燃焼が怒っているのです。死に対する、矛盾や、誤解や、認識不足や、悪く考える事、暗い思いを持つことで死を恐れるようになります。
死そのものには罪咎はありません。
死を思い起こされる時、あなたがそこに付随させる思いが、暗いもの、陰鬱なものであると、死を憂うようになります。
「死、そのものに罪咎はありません。」
この言葉を私も正しく理解して、死を恐れることはなくなりました。
良かったら参禅してみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

「死=無」ではない

まにょ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お祖母様を想うお優しいお気持ち、誠に有り難く尊いことでございます。

問い「死について」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002969863.html

「臨終に際して、穏やかに安心して心が落ち着いた状態を保てるようにとして、看取る者たちが、優しく温かい言葉を掛けてあげること、感謝や報恩の気持ちを伝えること、後顧の憂いを無くしてあげれるようにすることなどを通じて、できるだけ安らかに逝かせてあげれることが必要となるのではないかと存じております。・・」、として、その時まで、どうか優しく温かい言葉を掛け続けて頂けましたらと存じております。

どうかお祖母様が少しでも安らかに臨終を迎えられますようにと祈念申し上げます。

死への恐怖の乗り越え方につきましては、仏教における「空と縁起」ということの理解が大きな要諦になるのではないかとは存じておりますが・・非常に難しいのも現実でございます・・とにかく、「死=無」ではないということは、下記の各問いの拙回答を参照して頂きまして、この機会に少しだけでもご理解頂けましたらと存じます。

問い「死への恐怖がぬぐえません」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002999290.html

問い「生きること、死ぬこと、どっちが辛いのか」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002992500.html

『・・自分という存在は、実体としての生もなければ滅(死)もない、ということの理解、いったいではどの自分が生きて死ぬというのか、そのような自分を探そうとしていくら探しても見つからない真理に気づけるかどうか、そこから、あらゆる全てのモノ・コトには実体が無いという「空」(無自性・無実体)を理解できるかどうか、そして、「空」とはいえども、確かにモノ・コトが成り立っている目の前の現実をどのように捉えるべきか、これはつまり「縁起」ということの理解となりますが、この「空と縁起」の理解を進めることが迷い苦しみを超えていく上で非常に重要な鍵となります。・・』

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「祖父母のこと」問答一覧

仲違いした祖母

人をこれでもかと言うほど嫌悪できることに私自身が驚いています。ただ、私は今までに怒鳴ったことも、暴言を吐いたこともありません。 そのせいか、祖母と言い合う度に胸が苦しくなります。息がしづらいです。 もうすぐ祖母は家を出ていくのですがまだ4日程あります。その間がめっちゃしんどいです。 遠回しに聞こえるように、「出ていってほしい。長いなあ」と言っているのですが平然と居座っているので相当図太いです。 好かれる努力をするのもしんどいですが、憎まれ役をするのもしんどいです。修復不可能なまでに溝が深くなった今、別居する方向で動き出したのですが、ぶっちゃけ遅いです。叔父さんの元で一緒に暮らすみたいですが。こんな状況になる前に、最初から住んであげてほしかったです。どうして娘息子ではなく孫である私がわざわざ悪役をして嫌われて、追い出すというシナリオを演じなければならないのでしょうか?私自身、この出来事を転換期だと思って頑張って乗り越えようとは思うのですが味方がいないので辛いです。母は私が辛いといっても「あと少しで出てくから我慢しろ」というばかりです。でもそんな言葉がほしいのではありません。前向きな言葉が欲しかった…。 同じ空間のなかで無視されたり、冷たい態度をとる人間は祖母が初めてだったので戸惑いと悲しみでつい言い返してしまいます。それでも私が悪いそうです。最近は眠れなくて夜遅くまで起きていたり、涙が止まらなくなったり、食欲も減りました。私が思っている以上に体はしんどいのだと思います。でも何とかして乗り越えたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

祖母から言われた言葉に傷ついた

祖母が90代、癌が悪化しあと何週間も持たないと言われ、会いに行きました。 私が小さい頃からたくさん遊んでもらって、大好きなおばあちゃんです。私に娘が生まれた時も何度か会ってとても喜んでくれました。 でも先日会った時は喋るのもやっとで、数分の会話しかできない状態でした。 1歳になった娘(祖母にとってのひ孫)を連れて行き会わせたその日に、娘の腕に注射の痕があったことから、娘が一泊けいれんで入院した話になりました。 すると祖母から、「親の勝手で遊びに連れて行ったり遠出したりしてたけど、赤ちゃんからしたら迷惑だったのよ」と言われました。 一歳の誕生日の時に泊まりで旅行に行ったり、双方の両親と一歳祝いのお食事会をしたりしていたのを、母が祖母に伝えていたので、その事を言っていました。 娘の入院は保育園にいる時に起こったけいれんなのですが、お医者様からも経過観察した上でよくある事で問題ないと言われており、今は至って元気です。 私は祖母から言われたその言葉にショックでした。変に返して病弱の祖母に波風を立てたくなかったので「そうかなー?」と流しましたが、何でそんな事言うのだろう?と悲しい気持ちになりました。 娘が好きで大切に思っている気持ちを否定されたと感じました。また、最期の会話になるかもしれないのに、娘にとって迷惑という私が傷つくかもしれない言葉をどうして言えるのだろうと思いました。 それから5分ほど話し、その場は笑顔で離れましたが、ずっと嫌な気持ちが残ってしまいました。 祖母に対して明るく感謝の気持ちで見送りたいのに、その一言が引っかかってしまいます。そんな事でモヤモヤしたくないのに、どうしても気にしてしまうのです。 人から言われた言葉がずっと引っかかってしまう、こんな性格を治したいです。 このモヤモヤを取り除くにはどうすればいいでしょうか。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

祖母の面倒を見たくない

26歳アルバイト、実家暮らしの女です 不快感のある話になるかと思いますが、どうかご相談させてください 私は今実家暮らしです。70代の父と50代で膝が悪く昔から気持ちの不安定な所のある母、一つ下のアルバイトの妹と一緒に父の年金と姉妹が出す少しのお金を頼りに暮らしています 近くに亡くなった父方の祖母が住んでいた母屋があります(もう人が住んでおらず、ネズミが出たり屋根の一部が壊れているそうです) 相談したいのは母方の祖母についてです。現在70代後半で、とある宗教の信者です。独り暮らしをしています(少し離れた所に祖母の兄(もう亡くなっています)の家族が住んでおり、面倒を見てもらっているようです) その祖母から今日電話がありました。「あなたの所の母屋空いてる?実は自分の家の屋根が壊れてしまい、そっちに行きたいと思ってる」 これを聞いて、私はものすごく怖くなりました。祖母の面倒を見なければならなくなるのではと不安になりました。それで、強い口調で「屋根を直せるか確認してみたら」と何度も繰り返し言いました。 祖母は悪い人ではありません。でも、耳が悪いせいか相手の話をよく聞かず嘘か本当か分からないことを大声で話し続けます。それが怖いし、そんな祖母を見てると自分がみじめな気持ちになってきます。 最初に少し書きましたが、私は26歳にもなってアルバイトです。最近シフトが少なくなり、他の所のかけもちを始めようとしている有り様です。 これまで私は不登校、定時制、大学編入したが中退と、きちんとしたことがありません。 その上祖母を助ける財力もないし、後々祖母の面倒を見る優しさもないのです。それに今さらに気づきました 父は真面目ですが器用でなく、耕作放棄地をうまく管理できず周りから言われ、ストレスをためてしまうような人です。 母はヒステリーになりやすく頼れません。(それでも昔よりはマシになってきましたが)妹は介護をするタイプではありません。 とにかく将来が不安で、怖くてたまりません。胃がもやもやします。そして、今まで自分の性格を優しいと思っていたのに、そうではなくとにかく自分が大事で、他の人の幸せを望むことすら自分のためだったと気付き、あさましさに気持ちが悪くて、でもとにかく嫌な事に関わりたくない自分が消えません みっともない話で申し訳ありません。どうしたら怖くなくなりますか

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

祖母が亡くなった

昨日祖母が亡くなったと電話で聞きました。僕は10代の中学校なんですが、亡くなったと聞いてあまりにもショックでした。もちろん亡くなるなんて思っていませんでした。中学生で思春期で、冷たい態度をとってはいないのですが、祖母の家に帰省すると、祖母とは少しは会いたいという気持ちはあるけれど、お金ももらえるからという気持ちもありました。しかし、亡くなったときいて、なんで自分はこんなこと思ってたんだろうとなってしまいました。後悔の念があります。何もしてあげられなかったと思うので祖母にできることはありますか?また会えますか?亡くなったのを見つけてから、7日程たっていたので、お坊さんには四十九日は9/13といっていましたが、ぴったりでなくてもちゃんとした四十九日の法要をすることはできますか? あと宗教に入ってなかったら例えば浄土宗でしたら、南無阿弥陀仏と祖母にいえば入っていなくても、仏様やお釈迦様、阿弥陀仏様に伝わって、祖母は安心で快適な生活を送ることができますか? あとお盆に入りましたが、具体的にどのようなことをすればいいですか? 長文失礼しました。 どうか返答なさって頂けると幸いです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

祖母が亡くなるのを待つ日々

タイトル通りの最低な感情を抱き、自己嫌悪で死にそうです 気分を害されたら申し訳ありません 9年前、義祖母から「私が施設に入った後か死後なら、この土地を使っていい」と言ってもらい、私たち夫婦は空き家になったら建て替えようと考えていました その頃は、9年以上かかるとは思っていませんでした 義祖母は90半ばですが、認知に問題なく身体も健康で、土日に親族が交互に通い、何日かデイサービスを頼めば一人暮らしも可能なくらいです 旦那とは一回り違うので、数年後は30年ローンすら組めない可能性があります また、再来年には上の子が小学生になるので、それまでには新居を…という気持ちが日に日に強くなります (今の賃貸と義祖母の家とでは学区が変わるので、建てられないと途中で転校になります) 代替案(土地から探す、両親宅を建て替え、両親宅に同居、建て替え後の同居など)は今まで散々話し合いましたが、諸事情あり空き家になったら建て替えるしか選択肢はありません 今は、待つことしか出来ないのは納得してきたはずなのに、最近になって負の感情で満たされてしまいます 終いには、「早くどうにかならないかな」などと、思ってはいけない感情が表に出てしまいます 土地をいただく立場で最低すぎます ひ孫の誕生を喜ぶ姿を見て、これ以上ないくらい幸せだった日もあったのに、自分の祖母のように大切に思っていたのに、何故こんな気持ちになるのでしょう 毎日こんな時間まで眠れません 負の感情に囚われないために、人として最低な事を考えないためには、どうしたら良いでしょうか

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

脳梗塞の祖母

100歳の祖母が脳梗塞で入院してから、ショックで、落ち着かず毎日毎日暗く気持ちが晴れません。 休みは欠かさずお見舞いに行ってますが、祖母の、家に帰りたいという声を聞いたり、悲しげな表情を見ると、涙が出ます。 気晴らしに休みは散歩してますが、通るたんびに祖母との思い出が蘇りまた涙が出てきます。 病状はあまり食べれなく、こないだお迎え現象のような光景も見ました。 ですから、覚悟はしないとと自分に言い聞かせてはいますが、つい先月24日までまだ普通に元気で、美味しいものを食べたりお出かけした祖母を思い出すたびに、辛く涙が止まりません。 祖母とはドライブやモーニングなど沢山車で遊びに行ったり、祖母の好きなものをご馳走したりと、祖母への孝行はしましたが、まだまだ足りないような気がしてなりません。 来週転院しますが、コロナの関係で新しい病院は面会できません。 私はまだ祖母にこれからも孝行したいです。 私に出来る事はありますか? またいつか別れが訪れた時、祖母は旅行やドライブが好きなので、祖母の写真を持って思い出の地や、様々な場所を訪れようかと思います。 病床の祖母に、 私が出かける時、おばあちゃんを呼ぶからついて来てね。 と言うと、うんと頷きました。 もしあちらの世界に行ってしまった後、私はお出かけするとき、祖母を呼ぶと祖母はついてきてくれますか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

仲直りできないまま

春に次女を出産後、コロナの影響もあり手伝いに来てくれていた母と共に新生児と4歳の娘にを連れて田舎に帰省しました   祖母とは特に仲が悪い訳では無く、子どもたちを可愛がってくれるので帰省したのですが   今思えばその頃から体調が悪かったのか、当たりが強くなっていました   私自身も祖母から距離を取るようになり、娘も遠ざけていました   散歩に出かけた私達を追いかけて来ていたようですが『ばーちゃんも散歩している』と勝手に解釈し、置いてきてしまったり   心配して何時間も待ってたと、後から叔母から聞きました   物凄い罪悪感が残ったまま   祖母は耳が遠い事もあり娘が『ばぁば』と言っている言葉も『クソババア』と聞こえてしまうようで、『クソババアが嫌いか?』と自分は嫌われていると思い込んでいました     早く帰りたい、早く帰りたい、と帰宅を早めてしまいました     また今度誤解を解けばいい、仲直りすればいい、また会いに来ればいい     とそそくさときちんとお別れをしないまま帰って来てしまいました     その後1ヶ月程で亡くなってしまいました     娘と仲直りさせたかった、誤解を解きたかった、嫌いじゃないんだと伝えたかった     今更遅いですが、その事がずっと私の心の重荷になっています     亡くなった連絡を受け、その日に娘たちも連れて帰省     最後に顔を見に行き何度も謝りました     できなかった罪滅ぼしではないですが、裏方の手伝いをしてきました     それでも、罪悪感といいますか、心のしこりが取れず。。ずっと苦しいです     ごめんねと謝っても、返事は当然無く     娘にはまだ『死』の概念が無く、「病院に行ったら元気になる」「まだ起きないね」と無邪気な言葉が今の私にはグザグサと刺さります     娘にも、ちゃんと仲直りさせてやれなくて申し訳無い気持ち     ばーちゃんにきちんと謝りきれてない心残り     ばーちゃんは私含め娘も許してくれているのでしょうか     まだ寂しい気持ちを抱えてしまっているのでしょうか。。     墓参りは勿論ですが、何をすれば供養といいますか私達を許してもらえるのでしょうか

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る