hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

命の重さに違いはあるのでしょうか

回答数回答 2
有り難し有り難し 17

最近命の重さについて考えることが多くなりました。
考えても考えてもぐるぐる回って答えにたどり着くことができません。
お坊様なら答えやヒントをお持ちだと思い質問させていただきます。

命の重さに違いはあるのでしょうか。

私は勝手なもので、命は大事とか、粗末にしたらダメと言われ育ち、本当にそうだと心から思って生きているつもりです。
この「命」という言葉の範囲がとても自分勝手に設定されているようで、目の前に蚊が飛んでいれば反射的に殺します。
時には追いかけて殺します。

蚊にも立派な命があります。それをこの手で奪うのです。
それはいけないこと。命は大事。そう思っていても、また目の前に蚊が現れれば殺すのです。

蚊だから殺したのか。
血を吸われるし痒くなるから。私に害を及ぼすから殺した。
そうやって理由を付けることはできます。
しかし、私は犬に噛まれたことがありますが、その犬を殺してやろうなんて思ったことはありません。
むしろ噛む程びっくりさせて申し訳ない、噛ませて申し訳ないと思ったくらいです。

哺乳類じゃないから?温かくないから?赤い血が通ってないから?

そんなつもりがなくても、私の根本では蚊の命は軽いと思っているのでしょうか。

ぐるぐると考えてるうちに、自分の心が汚く思えてきます。

なにかヒントを頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

2023年9月11日 17:44

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

命に意味などない

命に最初から与えられた価値や意味などありません。
重さなどもありません。
そこにあるだけです。

鉄や石油などの資源にも、金銀財宝にも、緑にも、意味などありません。
それらは全て人が後から与えたものです。
河原の石よりダイヤモンドの方が価値があると誰かが決めたのです。
でも、ダイヤモンドより河原の石を大切にしてはいけないと決まっているわけではありません。

重さは人が決めたのですから、
虫と動物が、
動物と人間が、
同じと言う人もいます。
違うと言う人もいます。

どっちと言わなければいけないと言う決まりもありません。

ただ、あなたがあなたとどう向き合うか。
それだけが問われるのです。

2023年9月11日 23:27
{{count}}
有り難し
おきもち

けいじょう
日蓮宗の僧侶、啓誠(けいじょう)と申します。 修行に失敗し、一度は腐...
このお坊さんを応援する

そもそも命に重さはありません

そもそも命に重さはありません。命に重さ(重要さ)があると思うと、その程度や比較が気になってしまいます。
それぞれの命はそれぞれの因縁によって現象として現れているだけで、人の命も蚊の命も犬の命も違いはありません。
ある条件のもとで蚊を殺したり犬を殺さなかったりということは、それぞれの業のめぐりあわせによって生じる結果であって、命の重さによるものではありません。
おなじ蚊や犬であっても、たとえばその蚊がはじめて見つかった新種であると知っていたり、犬が狂犬病にかかっていると知っていれば対応は全く変わってしまうでしょう。
私たちは生きている限り、自分以外の命を自分の勝手な分別で比較したり評価してしまいます。これは避けられないことです。
一方で、殺す殺さないは結局、自分の勝手な分別によるものですから、命の成り立ちからすれば殺すということは悪い行為であることに変わりはありません。
そういう悪い行為をできるだけせずに済むように、正しく知って正しく行動しましょうというのが、お釈迦様の教えだと思います。

2023年9月12日 9:35
{{count}}
有り難し
おきもち

新潟県上越市、龍興山宗恩寺住職。
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

命に重さなどない。意味などない。
確かに重さも意味も人間が、私が勝手に決めた価値観ですね。
すごく納得できました。
なるべく殺さずに済む方法を考えるようにします。
正しく知って正しく行動する。これを頭に入れていきます。
ありがとうございました。

「仏教全般」問答一覧

浄土で人はなにをしているのか

我が家は浄土宗ですが、私は必ずしも浄土宗の教えがしっくりきません。 後世安穏、往生安楽国という表現があります。死んだら極楽浄土に行く、というのですが、じゃあ浄土では安楽にのんびりと暮らすんでしょうか?何も苦がない世界では何をしているんでしょうか?それはとても退屈で飽きる生活が延々と続く事ではないかと悩みます。 解釈が間違っているかも知れませんが、私は最澄さんは「生きていることそのものが菩薩行だ」と言われたように思っています。だから日々、観音経を唱えるのは「自らもかくあれ」ということだと思って唱えています。 でも生きている間には私たちは菩薩の域には到達できません。となれば、死んでからも菩薩になるための修行をするんだと思っているのですが、すると浄土では何をするんでしょうか。地獄についてはたくさんの絵も説明もあります。しかし、極楽世界といわれるところで、私たちはどのような生活を、どのような思想的な深みを目指す営みをするのでしょうか。今が苦しい、その救いとして安楽な浄土があるという理解ではどうしても納得がいかないのです。 浄土で、私たちは何をする覚悟をもって旅立てば良いものでしょう。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ