hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

精神科に通院中です。この状況をどう解釈したらよいでしょうか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 26

子供の頃から現在に至るまで不運が続いていましたが、現在の職場で評価され始めて、何とか人生が軌道に乗り始めたと感じられるようになって来ました。

そんな矢先、胸を締め付けるような痛み、息苦しさ、頭にゴミが入ったような感覚、思考力低下、無価値感、焦燥感、虚無感、めまい、自殺願望に襲われるようになりました。それはそれは苦しい日々でした。

精神科に行って血液検査等を受けて、全般性不安障害と診断されました。薬を服用してから数ヶ月以上経ち、症状は大分治まってきました。しかし完治するのは難しそうで、多かれ少なかれ一生この症状と付き合っていくことになるかもしれません。

普通の人たちにとっては何てことのない日常が、苦しくて仕方がありません。この状態について、私は、自分の人生を見つめ直す好機に恵まれたと感じられることがある反面、何か前世で犯した罰を受けているような暗い気分になることもあります。

もし後者が正しいとしたら、私は死ぬまでこの苦しみを耐え忍ばなければならないのでしょうか。私は何か悪いことをしたのでしょうか。この苦しみは因果応報、自業自得で、逃れられないのでしょうか。仏教の観点からこの状況をどのように解釈したらよいかご教示いただければ幸いです。

2014年8月3日 22:16

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

前世の事より「今」を見つめましょう!

突然のご病気でお辛い状況なのですね。
どうぞご無理はなさいませんように…。

病気は誰でもかかるものです。
精神の病の他にも、いろんな病気があります。
皆、表向きは健康そうに見えても、
大なり小なり何か不具合があるのではないでしょうか?

普通の人にとっては何ってことない日常…
失われた時に始めて気がつけるものであると思います。

生きて何かが出来るという事は全てが奇跡であると私は思います。

空気だって汚染が酷ければ生きては行けませんし
飲食物であっても自分一人では決してそれらは揃いません。

もっと酷い病気や、事故で四肢に障害を得てしまわれた方から見たら
もしかしたら貴方の事が羨ましく思える事もあるのかもしれません。

以前と比べるのではなく、今のご自分の出来る事を見つめてみてはいかがでしょうか?

今、出来る事を精一杯させて頂く事が何よりも大事ではないかと思います。

今の自分を勇気をもってしっかりと受けとめてはいかがでしょうか?
そして、過去と比較せず未来を憂えたりせず、
「今」をしっかりと生きる事が何よりではないかと私は思います。

「今」をしっかりと生きていると、必ず何かが変わって来ると思います。

2014年8月4日 0:51
{{count}}
有り難し
おきもち

仏道に入門して30年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

因縁果の理

hac27様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

不運があって、心の病にもなられてしまわれて、色々と苦しんでこられたつらいお気持ち、誠にお察し申し上げます・・

「因果応報」・「自業自得」・・少し世間では悪い意味で捉えられてしまう誤解がありますが、どちらも仏教思想における重要な用語でございます。

「因果応報」につきましては、これまでにも下記の各問いにて扱わせて頂いて参りました。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_318931.html

問い「運気の悪い人生」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002998645.html

『・・「因果応報」ではなくて、「因縁果の理」として理解して頂くのが良いのではないかと存じております。この世における事象の結果には、必ずやその原因や条件(縁)がございます。原因や条件なしに、いきなり何かが生起していく、変化していくということはあり得ません。・・』

hac27様が今の現状へと至るためには、そのための原因や条件(縁)が必ずあったことは確かです。しかし、何が直接あるいは間接の原因・条件となったのか、無数の因縁果の流れを追うことなど、とてもできることではありません。ただ、これから、悪い結果を招かないようにするためには、ある程度はその原因や条件を探り、因縁の流れを変えることで、悪い結果を回避することはできるのではないかと存じます。その努力次第では、結果をより善くに変えていくことも可能にはなります。

問い「自分自身の価値が見出せません。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1004501330.html

しかし、どうにもならないことは、どうにもならないのも事実です。避けられない、逃げられない因縁もあり、それらによる苦しみをしっかりと捉えた上で、お釈迦様がお説きになられました「四聖諦」を理解するこのも大切なこととなります

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/四聖諦

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2014年8月25日 13:37
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

ご返信が遅れまして、大変失礼いたしました。
ご指摘の通り、私は過去を振り返ってクヨクヨし、将来のことを考えて心配していた節があります。
今を見つめて、今をしっかりと生きていくことを、心に留めてまいります。
ありがとうございました。

川口英俊様
とてもわかりやすく詳細なご回答をありがとうございます。
仏教的には私はもうどうしようもないのかと思っていました。
しかしまだやれることがたくさんあることが分かったので、
今後も仏教を学び、実践してまいりたいと思います。

川口英俊様
とてもわかりやすく詳細なご回答をありがとうございます。
仏教的には私はもうどうしようもないのかと思っていました。
しかしまだやれることがたくさんあることが分かったので、
今後も仏教を学び、実践してまいりたいと思います。

「心・体の障害と向き合う」問答一覧

発達障害を説明するには

こんばんは、質問させて頂くことをありがたく思います。 私は大学生です。 この前研究室配属があり、目的の研究室に行くことができたのですが、実は大学に入ってから殆ど誰にも発達障害を持っている事を言ったことがありません。 発達障害の中でも注意欠陥多動性障害(注意欠陥優勢)です。 興味のあること以外の忘れ物、記憶や集中力の欠如が著しいです。学習障害、言語障害などは無いのでなかなか気づかれにくいです。 今まではそのような事があると自分一人が責任を取り、被害を受ければ済む話でしたが、チームプレーの研究ではそうはいきません。 今まで何度も説明しようとはしたのですが、勇気も湧かず、どのように説明したら良いのかも分からなかったのでできませんでした。 勇気が湧かない、説明しくい理由は過去にあります。 発達障害が判明したのは高校に入ってからでした。周囲との違和感を覚えて親に訴えましたが初めは「甘え」と取り合ってくれませんでした。発達障害と診断されるまでに、周囲に出来損ないのレッテルを貼られたり、出来ない事への言い訳とされたりしたことが未だに引っかかっているのです。 親や周囲を恨んでいる訳では無く、もし研究室の教授や友達にも理解されずに「甘え」と取られたらどうしようと不安なのです。しかし、私自身発達障害を免罪符にしたいわけでもないので、不手際があれば分かりやすく注意して欲しくも思っています。 また、文章にして表すのは得意なのですが、いざ話すとなると言葉が浮かびません。 顔合わせまでまだ時間はありますが、どのように説明したら良いのか教えて頂きたく思います。宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

不安でおしつぶされそうです

初めて相談します。 わたしは高校のときに社会不安障害になりました。 症状としては電車に乗るのが怖くなる、人前で話すのがこわくなるといったことです。 当時の高校の先生に助けられカウンセリングも受けて大学も無事に通いました。 なりたい職業にも無事につくことが できました。 社会人になって4年間ほどは 心療内科に通っていましたが、 状態は落ち着き病院に行くことはなくなりました。 電車への不安、人前で話すことの不安はゼロになったわけではないのですが気持ちを落ち着かせて乗り越えてきました。 そして働き出して8年たち 最近また気持ちが不安定になっています。 きっかけは最近人前で書類に 字を書いたときに震えが出たことです。 急に見られているという意識が不安になりちゃんと書かないとと思ってしまいました。急な不安に心臓がバクバクでした。 さらに買い物をしてお金を出すときにも心臓がバクバクして手が震えるんじゃないかという不安になりました。 このままできないことがまた増えたらどうしよう、仕事ができなくなったらどうしようと色んな不安が思い浮かび苦しくてたまりません。 両親はもう年齢が高く、心配をかけたくないので相談できません。 友達にもどう相談したら良いかわからずこんな自分の状態を気づかれるのが嫌で相談できません。 1人で今色々考えてしまい明日またできないことが増えたらどうしようと辛くて苦しいです。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

見えない障害の辛さ

仕事したい。でもできない。 頑張りたいと思うのに、でも無理だよの繰り返し。 今まで頑張って何か良い結果が 出たことある? 仕事で頑張って良かった事など ほとんど無い。 仕事って職場の人の承認欲求も 適度に満たす活動を同時にしないと、いくら仕事を一生懸命やっても自己中のレッテル貼られる。 誰も助けてくれない。 はっきり言えばいじめに遭う。 どこに行ってもそう。 見えない障害(脳の器質的障害)が正しく認知されて欲しいけど、職場の配慮は期待しないようにと本に書いてあった。 絶対にミスしないように抜けや漏れがないよう、しっかりチェックして関係者に迷惑かけないよう最後まで頑張った。 正社員達が見落とした大きなミスを何度か拾った。 でも誰も味方にはなってくれない。 人員削減の分の仕事一方的に押し付けられて、2人か3人分働いた。 その間、お局様たちは変わらず のんびり喋りながら仕事してた。 細かいどうでも良い訂正指摘してくる正社員のダブルチェックを頼まれた。 断れば今後無視されると分かってたので、断れなかった。 そんな日々が重なり胃潰瘍や頭痛や消化器の不調に苦しむ。 転職しても症状は続く。 一度崩れると崩しやすくなるのかその日はどこにも行けない。 お薬を全部毎日飲んだら腎臓がもたない。 薬が効かない症状が一番辛い。 元々の病気じゃなくて、精神的ストレスがもたらす不調、でも働かないと生きて行けない。 生きていくために働くはずなのに、働けば必ずストレスで体調悪くする。 またいつか働き始めて次はどこを壊すのだろうか。 社会では見えない障害が正しく認知されず、性格悪い自己中や本人の努力不足など、勝手なラベルを貼ってくる。 私の過去を何も知りもせず断罪してくる医療従事者。 こんな社会で生きるとは何なのか分からないです。 前向きに明るく生きて家族には頼りたくない。でも現実はあまりに過酷です。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

障害のある人に対して恐怖感を持ってしまう

いつもお世話になっております。 統合失調症でデイケアに通っています。デイケアにはいろんな障害を持った方が来ていて、身体に障害を持っている人もいます。その、精神や身体に重い障害を持っている人に対して、怖い、と思ってしまうのです。 関わったら自分も影響を受けて、大げさに言ったら、自分の精神障害がひどくなってしまうのでは、とか、将来自分の子供が障害を持って生まれてくるのではないか、などと思ってしまいます。根拠のないことに憶測で恐怖心を抱いてしまうのです。表面上は、そんなこと思ってないというより、むしろ、理解があるフリをして、障害のひどい人に、優しいフリをします。 けれど、心の中では、恐怖感でいっぱいなのです。 自分は、そういう人たちに優しくするのがいいことだと思っているし、そうすべきだと思っているのですが、同時に、関わりたくないとも思ってしまっているみたいです。 私の、病気のせいでもあるかもしれません。お薬を飲んだら、そういう思いも少しマシになります。 でも、お薬を飲まないと、すぐに悪い風に考えたり、他人に対して恐怖心を抱いたりしてしまいます。 妊娠希望なので、お薬はやめたいのですが、精神的にものすごくツラくなるので、やめれません。 今日も、デイケアに来ている身体に障害のある方に対して、悪い影響を受けるかもしれないから、手をふれてはいけないと、他人から見たらわからないほどですが接触を避けてしまいました。こういうことのあと私は精神的に調子を崩すことが多いのですが、そのあとすぐお薬を飲んだので、私の精神状態は大丈夫でした。けれどもこれから妊娠して健康な赤ちゃんを産みたいので、減薬したいので、このような、障害を持った人に対する恐怖心をなくしたいです。何よりその人に対して失礼です。どうしたら、この恐怖心をなくすことができるでしょうか。あと、こんなこと考える私はひどい人間でしょうか。 ご意見くださればありがたいです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

障害、病気の受け止め方

夫のことでご相談です。 夫は子供の時から生きづらさを感じていました。大人になって発達障害と診断され、納得した一方、受け入れられない気持ちもあったようです。 夫は昨年、帯状疱疹になり、それ以降体調不良が続いていました。病院には通っていましたが、原因が分からない状態でした。 今年に入り、難病指定されている膠原病の疑いがあるとされ、専門の外来を受診しました。結果は膠原病の症状はあるものの今のところ確定はされず、 経過観察で数ヶ月に一度くらいで受診して下さいとのことでした。 ただ夫は発達障害の特性で、感覚の過敏、神経症があり、「経過観察」の状態が耐えられません。 膠原病は様々な症状が出る上、完治はしない病気なので、あの症状もこの症状も膠原病かもしれない、症状が進んでいるかもしれないという不安や恐怖で気持ちが押しつぶされそうになっています。 夫自ら色々と調べ、その情報で不安になっているところもあるとは思いますが。 発達障害である上に難病を発症するなんて、自分はなぜこんな運命なのか、不安、苛立ち、恐怖、様々な感情で病気の治療以前に心が壊れてしまいそうです。 夫はこのような状況をどのような心持ちで受け止めて、過ごして行ったら良いのでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る