hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

自分という人間を信用できない

回答数回答 2
有り難し有り難し 22

先日は、罪悪感についての質問に回答頂き、本当にありがとうございました。
これからは周囲に対して尊重の心を忘れず、謙虚に優しい気持ちを持って接しようと心がけています。
悔い改め、幸せを広げることが出来る人間になれるように努力したいとおもっています。

しかしながら、今までの自分の行動や考え方自体が全て間違っていたと気がついた今、自分のことを信用できません。
今、自分で罪悪感を感じている悪行は最近になるまでは、気付くことが出来ませんでした。
ですので、テレビ等で悲しくなるニュースや不祥事、こんな酷いことをした人がいる、などの会話を聞くと
私自身もそんなことをしていた可能性があるかも知れないと過去の自分に思い、
未来の自分もそんなことをしてしまう可能性があるのではないかと、とても不安になります。

どのようにしたら、まっとうな人間となることができるのでしょうか。
そして自分のことを怖がらず信じていけるようになるのでしょうか。
ご助言ください。よろしくおねがいいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人間は変わるものです

昔、お釈迦様の時代にアングリマーラと言う殺人鬼がいました。

アングリマーラは人を殺してはその指を切り取り首飾りにしていました。

しかし、ある日お釈迦様と出会い、すっかり改心します。

その後修行に専念しすっかり立派なお坊さんになります。
しかし、世間は彼を殺人としてしか見ませんし、彼自身も過去の自分の姿に苦しむのでした。
そんな彼がある日、難産に苦しむ女性に出会います。

お釈迦様はアングリマーラに安産を祈るように申し付けます。
そしてこのような一言を添えるのでした。
「アングリマーラよ、お前は仏門に入って生まれ変わったのだ、過去のお前とは別人である。そしてこの事が真実であれば、必ず苦しむ女性は安全に子供を産み落とすだろう」
そして難産に苦しんでいた女性は安全に子供を産むことが出来たのでした。

そうなんです。
人は良く変わろうと思い立った時に変わるのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

自❝信❞を持つ

私個人の考えですが、仏教の究極的な信仰とは自分を信じることです。(自灯明)
お釈迦様や仏さまらしい物体を信仰するものではない、と思っています。
なぜなら、仏教の原点のお釈迦様は、仏教を学んだのではありませんし、仏法を学んだのでもありません。
自分をみつめ、自分をまかせられるようになった、自分が明らかになった、という事だからです。
ココはお分かりになられますでしょうか。
そのお釈迦様の教えを編纂したもの、二次的に生まれたものが一般で言われる所の仏教です。
よって、一番大切なのは二次的に生まれた仏教を学問的に学ぶのではなく、原点のお釈迦様と同じように自分そのものを学ぶことが大切なのです。そうでないと何となく為になる教え、チエを学んだという程度にしかならんものです。私はそういったことを十数年やってきてので、多くの方々にこの点を誤らないように、と強くお願いしています。
では、自分を※信じる(※信…まかす、理解する、よりどころとする)にはどうすればよいか。
それは自分の意識や自分の思いを中心とした生き方ではなく、自分の見えていること、聞こえていること、事実の世界に身を任せるということなのです。これが俗に言われる無心、無我という心の在り方なのですが、カラッポになるということではなく、自分の思い、自我、我見がないものの見方が無(私)心、無我(見)ということです。
これは、一度そういう状態にならないと分からんでしょうから、とりあえず質問者様は静岡なので、今週末24日放映の心の時代「井上哲玄老師」(静岡 浜松 龍泉寺前住職)をご覧いただくか、井上貫道老師(掛川市 少林寺) をご検索頂いてのちに両老師の開かれている参禅会に行かれることをお勧めします。現在曹洞宗ではほとんどの僧侶が悟りを否定する立場ですが、こちらの両老師は私も長年参禅していますがきちんと悟りそのものを授ける力をもった本当に意味での❝お師家さん❞です。
師家という言葉は最近、使われなくなりましたが、仏道を求める学人をして観念の世界から、悟りの世界に導く力量をお持ちの禅の宗師を師家といいます。
井上哲玄老師
http://www.youtube.com/watch?v=EK3Fw1lU22c
井上貫道老師
http://www.youtube.com/watch?v=GodG42DEYgE

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

悟東あすか様、ご回答本当にありがとうございました。
アングリマーラのお話を聞き、こんな私でも悔い改めひたむきに努力することで、変わることが出来るのではないか、今この時がチャンスではないかと思うことがきでました。本当にありがとうございます。

丹下覚元様、ご回答本当にありがとうございました。
自信ということが、そういうことであったのかと目から鱗でした。
そして詳しいお話、無心無我を実感するための道筋まで教えて頂き、本当に感謝いたします。
教えていただいた参禅会に、ぜひ参加させて頂きたいとおもいます。

お坊さんに質問できるこの場にも感謝しております。
自分でいくら悩んでもどうしようもないことが、こちらでご回答頂くことで、光が見えてくる気がします。
どうもありがとうございました。

「自分に自信がない」問答一覧

夫を幸せにする自信が無くなりました

10代の頃お互い初めての恋人で、10年の交際を経て結婚に至りました。私は過保護に育てられ、夫は口を出さない家で、ご両親は働き、祖父母に自由に育てられました。 しかし結婚の際に私の両親に猛反対を受け、夫は赴任先から新幹線で何度も実家に足を運び、土下座でお願いし『家にではなく、君に娘を預ける』と結婚を認めてもらいました。今まで親の監視下におかれ、自分の意見も言えなかった自分には、結婚生活は全て新鮮でした。 義理の実家にはお正月とお盆にお邪魔しています。大型犬がリビングでずっと吠えていて、ご飯の用意は無く、買い物には私達が支払い、私の家族の悪口を言いながらご飯を食べます。義父の思い付きで急に他県までドライブに行ったりします。毎度インフルエンザや、急性胃腸炎、突発性湿疹がでたり、ご迷惑をおかけしてしまいましたが、慣れないと!と頑張りました。 夫も大晦日に私の実家に着てくれ、両親は大喜びでご馳走を用意し食べさせ、夫の好きなものをお土産にたっぷりと持たせます。夫は拷問!と言いながらも頑張ってくれます。 今年の元旦は夫の実家で暖房もつけてもらえずダウンを着て過ごしました。義父の思い付きで出掛け、コンビニ弁当を車内で急かされながら食べている時、ふと消えたくなりました。 私の知っている愛情の表現とあまりにも全く違い、とても疲れていたことに気付きました。結婚して5年経った今も私の家族の悪口を言う義父母姉のことも、おかしいと思っていいと理解し、夫に伝えました。夫はいつもの温厚な夫から豹変し怒り、貧乏で引け目を感じさせられたと泣き、私をHSPという病気だと責めました。家族と私の間に入ることも拒否しました。なにも伝わりませんでした。 私は夫との生活が大好きで、毎日笑っています。しかし、義理の家族のことを考えると憂鬱です。それは夫にとって不幸なことです。  また今は完治しましたが、私が重い病気になり、働き方を変え収入が減り、低家賃の家に引っ越しました。私達は生活費を一円単位で割り勘しているので、理想の家に引っ越したく、キャリアアップを目指しています。しかしそう思っていたのは私だけで、夫は上をみたらきりがないとスラム街の映像を見せ、生活の縮小を促します。夫の理想に寄り添えない可能性を感じてきました。 再婚も見込めると思うので、本当に幸せにしてもらえる相手と夫は結ばれるべきなのではと悩んでいます。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

自分に自信がありません。

2回目の質問となります。 私は今、私立で医療系の大学に通っています。今はこのようなご時世なのでオンライン授業です。そのため大学の友達に会うことが出来ず、ましてや一人暮らしなので、孤独に悩まされています。 そのせいか、最近すごく様々なことに対して悩んでしまい、もはや何に対してこんな暗い気持ちになっているのか分からなくなってしまいました。ただ、心の中でずっと思っていることは、こんな私が医療人になれるのか、という不安です。大学での勉強は毎日受験勉強のようで、本当に本当に大変です。勉強しなければ安易に留年してしまいます。実際に友人が何人も留年してしまっています。私立の医療系ですから、金銭面が本当にきつく、両親には迷惑をかけてしまっています。だから絶対留年はしてはならないと思い、ただ、がむしゃらに勉強をしている日々です。でも、いくら勉強をしても自信はまるで持てず、この先の長期実習が不安でたまりません。将来、本当に医療人になれるのか。臨床で使える人材になれるのか。先のことを不安に思っても仕方がないとは分かっています。ただ、もう、何もかもがイヤになっています。 そして、悩み疲れすぎてしまい最近は勉強も手につかなくなってしまっています。それに罪悪感に感じ、罪悪感を感じていても勉強に手をつけられないことに、さらに罪悪感を抱いています。 この不安いっぱいの気持ちはどうすれば解消できるのでしょうか。教えて頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 27
回答数回答 3

仕事を再開する自信が持てない

いつも、ありがとうございます。 相談の度、気持ちが救われます。 今、再び就職活動をして仕事を再開するか、とても迷っています。 前々職は、前述の上司や同僚関連の投稿絡みで退職を選択し、前職は、手に怪我をして、その仕事をする上で上手く手が使えなくなった事と、持病のパニック障害・自律神経失調症が悪化した事、発達障害がある下の娘の療育の日数を増やさざるを得なかった事、等、色々重なり、退職をしました。 今は自分の病院と子供の療育を中心に生活しています。 しかし、夫の収入が決して多くない事、育ち盛り2人で経済的に心配な事もあり、やはり働かねば、と思っていますが、今の自分の現状で、仕事と家の事がしっかり両立できるのか、今までの人間関係などを振り返り、新しい人間関係への不安や自分に自信のない気持ちが増長してしまっている事、祖父母など頼る所が一切ない中、今まで働いてきた時より家や子供にかける時間が増えた中、新しい職場で迷惑をかける事が増えるのではないか(子供の行事や体調不良など)、など、色々な不安や心配、自信のなさから、踏ん切りがつけられずにいます。 自身の気持ちとしては、外に出て働きたい気持ちと、周囲や子供達、家族への負担や迷惑を感じる気持ちが入り交じっています。前々職ではかなり忙しく、子供達と殆ど一緒にいられなかったので、仕事漬けにならないようにしたい気持ちもあります。上記の不安や心配な気持ちは言い訳なのでは?と思っている自分もいます。 夫は、あなたなら何でもこなせてしまえると思う、今までそうして一人で何でもやってきたじゃないか、自信を持って、と言います。 どのように視点をかえれば、前向きな気持ちになれるでしょうか。 今は一歩踏み込めない罪悪感と焦りなどで頭がいっぱいです。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

自分の能力のなさに失望している

こんにちは。 2度目の投稿になります。前回は家族のことについて相談させていただきました。大変お世話になりました。 今回は自身のことについてご意見をいただければと思います。 3月に転職し全くの異業種となる新たな職に就いたのですが、業務が複雑でなかなか理解が追いつかないまま、新型肺炎の流行により入社から数週間で完全リモートワークとなってしまいました。 机を並べていない状況ではこれまでのように都度質問や指示を仰ぐことができず、経験がないため自分から動いてできることも限られ、経験不足と不安感からミスも多発している状況です。 やるべきことがあるときには経験不足からか他の人が簡単にできる業務でも非常に長い時間がかかって結局徹夜してしまう一方、やれることがないときには一日中そわそわと机の前に座っているような日が繰り返しています。 上司も部下に仕事をやらせるよりも自分でバリバリ捌いていくタイプで指示を仰いでも具体的なことは言われません。 長くなりましたが、このような環境でとにかく仕事が上手くできないことへの焦りや、自分だけが取り残されている不安、自分はなんて無能なのだという失望感に苛まれています。 最近では動悸や不眠など体調にも不調が現れており、仕事へのモチベーションも下がって手につかず、また自己嫌悪へ陥る悪循環になっています。目に見えてミスが多くなり先輩らに尻拭いをしてもらうのも辛いです。やらなければならないことを後回しにしてしまうことも増えてきました。 もっと気楽に、むしろ開き直って環境のせいにしようと思ってもみましたが、気持ちは楽になりませんしやる気も戻りません。 自分の能力では無理な職場だったと結論づけて新たな職を探すことも検討しています。 日々前向きに明るく過ごしたいと思って生きてきましたが、このような精神面のつまづきは初めての経験で戸惑っています。自分を肯定し、気持ちを楽にするにはどのような心構えが必要でしょうか? 他愛もない内容で愚痴っぽくなってしまいましたが、悩んでいます。ご意見よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

なににも自信がなく不安だった話です

私が小学4年生くらいの頃 なぜか全てが不安で不安で自信がない時期がありました きっかけも特になかったのですが、自分の見たり聞いたりしたことが本当に正しかったのか分からなくなってしまっていました 例えば夜ご飯の時、母が食べていいよと言ったのを聞いたのに何故か本当にそう言っていたのか自信がなくなり いま食べていいっていった?と何度も何度も聞き直してしまうんです。他にも学校であった出来事や見たことを話そうと思ってもそれが本当にあったことだったのか見たことだったのか不安になり嘘をついてしまってるんじゃないか、など思い、「たぶんねたぶん」など何度も言っていました その時期はずっとモヤモヤした不安で辛い毎日を送っていました。 いつこれが治ったのか覚えていませんがあの頃のことを思い出すといまでも泣きそうになってしまうくらい辛い思い出です 鬱とかだったのでしょうか 家族にもたくさん心配と迷惑をかけていたなと思います これからまたそうなるとは思いませんがそうなってしまったらどうしようとは今でも少し思います 私のなかでなにが起きていたのでしょうか、 相談というか、誰かに聞いてもらいたかった話です 長々とすみません

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る