お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

孤独への不安

私は今、大学4年生で来年4月からは社会人になる身です。

就職活動も終え生活に余裕ができ、自らの将来について落ち着いて考えられるようになったのですが、そうすると「この先ひとりだったらどうしよう」という不安が襲ってきます。

元々人に心を開きづらい性格ですので、本当に心を開ける人を一生見つけることができないのではないか、と思ってしまいます。
本当は、ずっと学生時代の仲いい友人達と遊んだり、結婚し子供を授かって、所謂「幸せな家庭」を築きたいのですが、自分にはそれができず、ずっと独りで生きていくような気がします。

また私の両親についても、以前からあまり良い仲ではなく、お互い離婚を考えている雰囲気を感じていて、私が社会人になるこの機会に、ついに別れてしまうのではないかと思っています。
正直、別れてほしくないです。もし私が独り立ちしても、両親二人で一緒に暮らしていってほしいというのが本望です。二人が別れたら、私はどこに帰ればいいのでしょうか。ただでさえ人に心を開けないのに、唯一ある自分の居場所すらも無くなってしまう気がします。
しかし一方で、両親の人生や意志を尊重したいという思いもあります。両親の言い合いの原因の多くは子供である私でしたし、今まで嫌な思いをしてきたであろうこの家庭に両親を束縛し苦しめてしまうのは、私も辛いです。

もうこういうことを考えるのも嫌になっていますし、大人になりきれない自分にも嫌気が差します。しかし、いつも解消されないまま心の底にモヤモヤが残っている感覚があります。暇になって考えないように、なるべく予定を入れているのですが、ふとした時に虚しさを感じます。

どうしたら、人に心を開けるでしょうか。どうしたら、両親の人生を受け入れることができるでしょうか。孤独感はどう対処すればよいのでしょうか。

まとまりの無い長文で申し訳ありません。
もしお時間がありましたら、ご回答を頂けると幸いです。
宜しくお願いいたします。

有り難し 19
回答 2

質問投稿日: 2014年11月11日 3:11

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

誰もが孤独に陥るもの。心開いて周囲の人に接していきましょう。

もちもち様、まずは就職決定、おめでとうございます。孤独についての質問ですが、2つに分かれるようですね。

1つは、今後、心を開ける人(友人や伴侶)を見つけることができるだろうか?

2つは、両親が離婚を考えているようだが、自分はどう両親に向き合っていくべきか?

1について
  あなたは小中高大と学業を歩んで気ましたが、小学校から現在の大学までずうっと同じ友人がそばに居ましたか?多くの場合、中学から高校へ、高校から大学に進む段階で友人との別れが生じます。永遠の別れと言う意味では無く、現在なら携帯でメールやLineで連絡を取り合うことは可能です。でも、実際に有ったり一緒に行動したりする回数は減ります。そして、高校は高校で新たな友人が出来、大学は大学で新たな友人が出来たと思います。卒業して就職したら、大学時代の友人と会える機会はどうしても減ります。必然的に仕事仲間と共にする時間が増えて行きます。そういう中で、誰もが今までいつでも会えた友人と会えなくなる寂しさを感じ、同時に新たな人間関係の中で心を開く事の出来る人との出逢いもきっとあります。 
但し、これだけは知っておいてください。どんな友情も親子関係も共に一緒の時を過ごせる期間は限られていると言う事を。つもり、すべて期間限定なのです。(「孤独感をなくすにはhttp://hasunoha.jp/questions/677」)
世の中のみんな、或る時は友人仲間家族との楽しい時を過ごしますが、一定期間を過ぎれば転勤転居し皆あなたの側から去っていったり、死亡してこの世から去っていったりするのです。世の誰もが心通わす時を過ごす一方で、孤独な時を過ごしたりしているのです。決してあなただけが孤独に陥る訳ではありません。
 実行可能な対応としては、今までの友人とは、メールでもLineでも連絡を取りあい、月1でも年1でも集まる機会を持ちましょう。それと同時に、あなたが心を開いて新たな同僚等に接して行くことです。あなたが心を閉ざして居たら、誰も心を開いてくれませんよ。

2について
  御両親の夫婦仲が修復可能なら、あなたが出来る限りの修復作業をしてみて下さい。仮にそれが駄目でも、あなたとの親子関係が離婚によって切れるものではありません。あなたなりに父も母も大事に接していけば、あなたが結婚する時は両親が揃ってくれると思いますよ。

3年5ヶ月前

一人こそ最強

人間そもそも一人です。
一人で生まれ、一人で死んでいきます。
人とのかかわりには限界があります。
本当の一人を自覚すれば、一人を楽しめます。
親も親の生き方がある。
でも別れても、それぞれがあなたとのかかわりが続いていく。
アナタを理由にすれば別れる事もできなくなりますから、あなたが両親のコンサルタントとして、冷静に関係修復を促してあげてください。
(親だって本当は子供に止めて欲しいし、子供に甘えたいのよね)
私も親友といっても年に数回しか会えません。
人は本当のことでつながりを持てるものです。
仏教は法という真実つながりです。
みなが一人であることを自覚し、だからこそ助け合いの心が生まれ、誰かに手を差し伸べられます。
ワンピース世代ですと、仲間仲間と仲間を重宝しますが、実際に仲間がいなくて矛盾を感じている若者たちもいます。ケンシロウ世代の私なんぞは、一人でいる事に何の抵抗もありません。(笑)
みんなひとりであることの大自覚をもつ。
平凡平凡大平凡の自覚を持つ。
そこから始めて本当の仲間(自己)が見つかります。
仏道は、このどこにも生きようがない自己を本当に発見して孤独感も何も吹っ飛ばせる道です。

3年5ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ