お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

息子が自閉症であることを周囲に公表すべきでしょうか

小学1年生の息子の母です。
息子は自閉症スペクトラムです。
特徴は比較的軽く、障害児であることは周囲からはわからない程度です。

小学校で自閉症であることを周囲に公表すべきか悩んでいます。

小学校では特別級(障害者等のクラス)に籍を置きながら、
一般級で過ごしています。
担任の先生からは一般級で大丈夫、とのコメントをいただいています。

今は周囲に自閉症であることを公表していません。
理由は、
 ・いじめや偏見が心配であること、
 ・息子自身が障害を自覚しておらず、適切なタイミングで告知する(若しくは告知しない)べき
と考えているからです。

先般、小学校の先生から
「特別級に籍があることを周囲に公表するように」
と言われました。

理由は
 ・特別級であることを隠すことは、特別級の子供たちに失礼である。
 ・本校に偏見やいじめは無い。全ての児童父兄が優しい。
ということでした。
本人にとってのメリットは話されませんでした。

私には、公表することが息子にとってデメリットしかなく、
いじめや偏見が無い学校など無い、と思っているので、
公表することに躊躇しています。

その旨はその先生に伝えたのですが、
渋い顔をされ「隠すなんて信じられない!」と言われてしまいました。
更に、息子に対する偏見的な言葉を多々浴びせられ、
悪い心証を与えたのではないか、息子への悪影響が心配です。

一般級に籍を移すことも考えたのですが、
個別級に籍を置くことで、
万が一、何かあったとき個別に対応してもらうことができ、
安心のため、このまま個別級に籍を置いておきたいと思っています。

・公表すべきか否か。

・息子への影響を考えたとき、この先生にはどのように対応すれば良いのか。

アドバイスいただけますでしょうか。
息子にとって最良の対応をしたいと考えています。

よろしくお願いいたします。

出産・子育て
有り難し 88
回答 4

質問投稿日: 2016年5月31日 17:23

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

まずは子供の周りの人と手をつなぐ事

kumakuma様

「隠すなんて信じられない!」とは
先生も、もう少し丁寧にお話あいができると良いですね。

少し視点を変えたほうが良いかもしれません
今は大人が子供さんの学校生活を整える大事な時期です

そしてkumakumaさん
まずは自閉症のお子さんを持つ方と
積極的に接触すると良いかもしれません

私の息子は、私と同じ軽いADHDという発達障害
診断は数ヶ月前についたのですが
当事者ですので子供の障害は幼い頃から検討はついており
発達障害の可能性がある事を周囲に伝えておりました

入学当初は先生も同級生の親御さんも
まだ理解が浅くトラブルが頻発しました
私の子供が友達の家の敷地に勝手に入り
その家の親御さんに突然家まで押しかけられ
「もうちょっと何とかしたら子供さん直るんじゃないですか?」
と言われたこともありましたよ
こんなことはあげはじめたらきりがありません

とにかく先生と毎日のように連絡を取り
特に落ち着かない時期は
私も授業に通って臨時の先生のような顔で参加しておりました

今では4年生です
学校にたくさんの理解者ができて安心して
送り出せるようになりました
(喧嘩やいじめはよく起きますので子供たちにこまめに聴取して初期の段階で学校と連携し対応しています)

まずkumakuma様も学校内にきちんとした相談相手(味方)をみつけるのがよろしいかと
担任の先生がいかんようでしたら特別級の先生でも
教頭先生でも校長先生でも良いと思います

そして隠す隠さないと言う点ですが

いじめはどちらかというと
周りに「普通」と思われているほうが発生しやすいように感じます
お友達がが普通だと思ってコミュニケーションをとろうとするのに「普通」でないと感じて
そのズレが蓄積していけばいじめが起きるきっかけは至る所にあることになります

私の場合
私が当事者であることも隠しませんし
息子の事も隠さないようにしています
そのほうが精神的にすごく楽なんです

ちなみに息子にはいつも「人と全く違うすごい脳を持っているんだ」と教えるようにしています」(笑)

ごめんなさいね~
まったく説法になってませんね

それから、この本
良かったらほとんどの図書館にあるので読んで見てください

光とともに… -自閉症児を抱えて-

合掌

2年10ヶ月前

タイミングはそれぞれでいいと思います

 まず、誠に申し訳ありませんが、公開されると思うので、オブラートにくるんだ書き方をさせて下さい、ごめんなさい。

 まずは、親ができる限りの事をする事が大切だと思います。
参考までに私と妻がしてきた事を思い出せる限りでご紹介します。
 ことばの教室、ことばの教室のつながりで、だっこ法、心理士や専門の先生の指導、相談。大学の教育相談、専門の病院、親業の集中研修(これは妻が)、児相での指導や相談、できる限りの講演、研修会、発達障害の様々な会の参加、子供ディサ-ビス…。
 幼稚園の段階で、園長先生や主任、担任の先生へことばの教室の先生方が2度、うちの子の特性や接し方、注意点を説明してもらったのですが、園長先生に理解してもらえず、色々見学して回り、1番理解してくれた保育園へ転園、ここでは1人先生を加配してくれました。
 小学校の選択も、まずは学区と学区外の小学校へ話し合いに行き、1番理解のある学区外の小学校の特別支援へ入学(市役所の人の話が変わって入れそうになくなったので、知人の住所を借り、強制的に学区変更)、入ってからは学力はむしろ、やや上だったので、通級で途中から普通学級の割合を増やしていきました(最初のうちは特別支援の先生がついてくれました)。
 それと同時に、学校でありがたい事に、うちの子にかかわった方が一堂に集まり小学校で夜にカンファレンスを2、3度開いて頂き、校長、教頭、主任、特別支援担任、通級学級の担任の各先生と、理解と、学級や学校での方針を話し合って実践して頂きました。
 うちの子はアスペで、今は大学生です。
 まだまだ書ききれない事や、忘れている事がたくさんあると思いますが、その時点でできる限りの事をしてきました。意外にあったかい方はたくさんいるものです。
 1年から野球部にも入っていて、学級でも野球部でもつらいトラブルはたくさんありました。でも、その都度先生方や、関係の先生方、発達障害の父兄の方々と話し合いました。
 自分の子供へは少しずつ、成長に合わせて知らせていけばいいし、学校でも、たくさんの話し合いを通して少しずつ子供さんの苦手な事などを伝えていくなりして、教育に逆利用してみんなの理解にもつなげていければ理想ですよね。うちは幸運にもそのようにできました。世の中には同じような人がたくさんいて、増え続けていると言われていますから必要な事ですよね。

2年10ヶ月前
回答僧

浄得寺

釋聡覺

無理に公表する必要はありません。

kumekume さま
息子さんのことで悩んでおられ、お辛いことだとお察しいたします。
自閉症スペクトラムで、周囲からはわからない程度の障がいをお持ちなんですね。
すこし、こだわりがきつい、多動である。そういう個性をもっておられるのですね。
結論から言いますと小学1年生、低学年で無理に公表する必要はないと思います。
あなたが子供さんの障がいを受け入れ、納得できるときが来れば自然と言えるようになります。
特別級に籍をおくことで細かな対応をしていただけるメリットはありますが、
「特別級であることを隠すことは、特別級の子供たちに失礼である」ということはありません。
先生が偏見的な言葉を浴びせるのは先生自身が障がい児をよく理解されていないからではないでしょうか。
先生の理解が得にくい場合は他の先生方に相談なさるのが良いと思います。
こちらの思うことははっきり先生に伝え、協力し合いながら歩んでいってください。
ひとりで悩まないで先輩のお母さんに相談されるのもいいことです。
道は開けてきますよ。

2年10ヶ月前
回答僧

願誉浄史

嘘は善くないので

公表しないというのと積極的に隠すのは少し違いますね。
積極的に隠す場合は、嘘をつかなければならない可能性があります。
仏教的には嘘は善くないので、嘘をつかなくても良い環境にしてください。
なお、仏教的な「善くない」とは、悩み苦しみの種になるということです。

もしかしたら、先生は守秘義務の関係で、お母さんが公表してくれないと、お子さんの障害を隠すために他の児童に嘘をつかないといけないのかもしれません。
教師にとって、子供達に嘘をつくのは辛いことかもしれません。

2年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

明学院  丸山 晃俊 様

ご回答いただき、誠にありがとうございました。

「学校内にきちんとした相談相手(味方)をみつける」とのお言葉、
とても心に響きました。
担任の先生はお忙しいだろうと、つい遠慮していたのですが、
先生の予定も伺いつつ、良い関係を築く努力をしていきたいと思います。

いじめについても、確かにそうかもしれません。
身近な方がそのような悲しい体験をされ、転校までされたので、
過剰に心配してしまったのかもしれません。

私も子供には素晴らしい特徴が備わっていると心から思います。
うちの子は完璧主義という特徴です。
本人もその特徴は自覚しており、家でも褒めて育てています。
でも、時々、その特徴により本人が辛い思いをしているのも事実です。
丸山様のように、子供自身がその特徴を誇りに思えるように、
親も誇りに思いながら育てていきたいと思います。

書籍の情報も、ありがとうございました。
療育の専門機関に通っていたため、たくさんの書籍で勉強し、
この書籍も読んだことがあります。
でも、その当時は公表すべきか悩んだことがなかったので
(療育の専門機関や園の先生に今は公表しなくて良いと言われたので)
もう一度、視点を変えて読んでみようと思います。

まだ、公表すべきか否か、自分の中で結論が出ていませんが、
周囲に相談しつつ、また、丸山様のアドバイスを大切に心に留め置きながら、
検討していきたいと思います。

本当にありがとうございました。

浄得寺  釋聡覺 様

ご回答いただき、誠にありがとうございました。

「こちらの思うことははっきり先生に伝え、協力し合いながら歩んでいく」
というお言葉、とても心に響きました。
今は、PTAやボランティアに参加し、小学校との関係を密にしていますが、
担任の先生はお忙しいだろう、と遠慮してしまい、
肝心な関係が築けていなかったように思います。
先生のご都合も伺いつつ、良い関係を築く努力をしていきたいと思います。

療育の専門機関に通っていたため、同様の親御さんには多くの知り合いがいます。
忙しさの中でなかなか会うことができませんが、
相談相手、助け合う相手、分かりあう相手として、大切にしていきたいと思います。

うちの子は「完璧主義」という特徴を持っているのですが、
周りの注意を引くような言動はなく、一見普通の子に見えます。
本人はこの特徴を自覚していますが、障害であることは知りません。
親は障害であることを認識しつつ、一種の素晴らしい個性とも考えています。

このため、公表すべきか否か、本当に悩みます。

無理に公表しなくて良い、とのお言葉、心が温かくなりました。
この子にとって、本当にどちらがいいのか、釋聡覺様のお言葉を心に留めつつ、
周囲とも相談しながら答えを探していきたいと思います。

本当にありがとうございました。

★願誉浄史  様

ご回答いただき、本当にありがとうございます。

先生が嘘を付かなければならないかもしれない、という点、
まったく気が付きませんでした。
考えが浅かったと反省しています。

一般級のお子さんと何ら変わることなく過ごしており、
あえて公表しなくても良いのでは、という思いだったので、
積極的に隠す、という意識がありませんでした。

しかし、先生が嘘をつかなければならない状況があるのであれば、
それは本当に申し訳ないことです。
まずは、先生に確認してみようと思います。

本当にありがとうございました。

★海蔵寺  花田雄幸 様

ご回答いただき、本当にありがとうございます。

貴重な経験をお聞かせいただき、本当にありがとうございます。
私どもも、療育の専門機関への定期的な通園、勉強会、書籍での勉強、
園や小学校の選択や協力要請などなど、
花田様がなされたことと、ほぼ同様のことををしてきました。

今の小学校も、事前に相談に行き、一番理解を得られた学校にしたのですが、
学校には色々な先生がいらっしゃるので、理解が得られる先生もいらっしゃれば、
そうではない先生もいらっしゃるようです。

カンファレンス、とても素晴らしい学校だったのですね。
私は学校と密に関係を持つために、PTAやボランティアは頑張ってきたのですが、
先生方はお忙しいだろうと、相談や話し合いについては、つい遠慮してしいました。
先生のご都合も伺いつつ、家庭との連携をお願いしていきたいと思います。

「タイミングはそれぞれ」というお言葉、とても心に響きました。
色々と勉強してきたつもりではありましたが、
先生に強く公表を迫られて、つい、焦ってしまったように思います。
この子にとって最適なタイミングを周囲と相談しながら検討していきたいと思います。

花田様のご経験談、とても勇気が出ました。
親ができる限りのことをしていけば、きっと子供も幸せな人生が送れる、
と信じながら、これからも頑張っていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

「自閉症・恐怖症・他症状」問答一覧

「自閉症・恐怖症・他症状」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ