お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

先のことばかり考えて不安になります。

先のことばかり考えて不安になります。

まるで、心配することを毎日探してるような…

どうすれば、この状態から脱却できるでしょうか?

またなぜ、このような状態になるのでしょうか?

心構え・生きる智慧
有り難し 62
回答 2

質問投稿日: 2014年11月18日 8:44

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

過去と未来は無い

過去というのは記憶です。
未来というのは推測です。
ともに今現在の思いの中の世界ですわ。
現実を生きる事をしていないと過去や未来におびえ、現在を損ないます。
何故、過去と未来は無いと言えるのか。
無いというより❝体験❞ができないのです。
何故なら目にも映し出されないし、耳にも聞こえていないからです。
現在だけが永遠に事実です。
ですが、あなたはその現在をも「思い」「考え事」に費やしている。
考え事は事実ではありません。
考え事だから未来にも過去にも遡れます。
ですが、思いは事実ではありません。
私は、事実を生きる人間です。事実を生きる事しかしません。それが仏道だからです。
それが修行というものだからです。それが思いから抜ける心の在り方だからです。
世間ではこう言います「いまをいきる」と。
理屈でわかるだけではだめです。
今を生きよう、じゃない。
この身心が何時でも今と共にある事を自覚することです。
眼にはさっきは映っていない。眼にはこれからも映っていないでしょう?
耳にはさっきの音は聞こえていない。耳にはこれからの音も聞こえていない。
自分自身が思いにばかされてしまっていたことに気づいて頂きたいと思います。
「いま」といっても「い」の時に「ま」は無く、「ま」のときには既に「い」は終わっている。
だから「今をいきろ」なんて安っぽいベタなことは言いまへん。
眼はいつでも「いま」のことしかない。
耳はいつでも「いま」のことしかない。
先のことなんざ起こったためしがない。
過去のことなんざ再び現われたためしがない。
そういう正しい道理を知る事です。
思いの世界に旅立たんよう、祈ります。

3年7ヶ月前

過去・現在・未来について

ぬぬぬ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まだ来たらぬ先のことにとらわれて不安となられておられるご様子・・

丹下覚元様のご回答ともほとんど同じことになりますが、実は、未来も、過去も、そして現在も、観念的なものであり、実体としては存在しえていないものでございます。現在も現実には時間が止められない以上は、次の瞬間に過ぎ去ってしまうものでしかありません。

時間論につきましては、これまでにも下記の問いにてもお答えさせて頂いておりますが、私たちは「現在の一瞬(一瞬の連続体)でしか生きていない」のでございます。

問い「現在の一瞬だけを強く生きるコツ」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002967103.html

『・・過去がなければ、今の自分はあり得ません。更に今の自分が無ければ、未来の自分も可能性としては有り得ないことになります。過去と現在の自分は明らかに繋がっている、また、現在の自分は未来の自分とも繋がっていくものと言えるので、異なってはいないのだけれども、もちろん同じとも言えません。このことを難しいことですが、「不一不異」と言います。・・』

『・・結論的には、つまり、「現在の一瞬(一瞬の連続体)でしか生きていない」自分のありようを理解すると、自ずと、この一瞬一瞬に集中して、大事に大切に過ごしていけるようになるのではないだろうかということでございます。・・』

ただ、この「現在の一瞬一瞬の連続体」は上記にも書かせて頂いているように、過去と、そしてまた未来とも繋がりはございます。但し、その繋がりには、「因縁」が必要となります。因縁とは、原因と条件のことですが、ぬぬぬ様が生きている今の瞬間でも、当然に生きるための因縁が欠かせずに必要となります。簡単なことでは、例えば怪我や病気や老いの状況によってはその(肉体的な)生きる因縁が調わなくなり、今の肉体を未来へと繋げることができなくなってしまうこともございます。

もちろん、仏教では相続していく心のありよう(心相続)を特に重要視して扱いますので、厳密には続いていくことにはなります。その相続が、より善いものとなるためにもより善い行いが何よりも必要となります。是非、共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

3年6ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ