hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

先のことばかり考えて不安になります。

回答数回答 2
有り難し有り難し 78

先のことばかり考えて不安になります。

まるで、心配することを毎日探してるような…

どうすれば、この状態から脱却できるでしょうか?

またなぜ、このような状態になるのでしょうか?

2014年11月18日 8:44

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

過去と未来は無い

過去というのは記憶です。
未来というのは推測です。
ともに今現在の思いの中の世界ですわ。
現実を生きる事をしていないと過去や未来におびえ、現在を損ないます。
何故、過去と未来は無いと言えるのか。
無いというより❝体験❞ができないのです。
何故なら目にも映し出されないし、耳にも聞こえていないからです。
現在だけが永遠に事実です。
ですが、あなたはその現在をも「思い」「考え事」に費やしている。
考え事は事実ではありません。
考え事だから未来にも過去にも遡れます。
ですが、思いは事実ではありません。
私は、事実を生きる人間です。事実を生きる事しかしません。それが仏道だからです。
それが修行というものだからです。それが思いから抜ける心の在り方だからです。
世間ではこう言います「いまをいきる」と。
理屈でわかるだけではだめです。
今を生きよう、じゃない。
この身心が何時でも今と共にある事を自覚することです。
眼にはさっきは映っていない。眼にはこれからも映っていないでしょう?
耳にはさっきの音は聞こえていない。耳にはこれからの音も聞こえていない。
自分自身が思いにばかされてしまっていたことに気づいて頂きたいと思います。
「いま」といっても「い」の時に「ま」は無く、「ま」のときには既に「い」は終わっている。
だから「今をいきろ」なんて安っぽいベタなことは言いまへん。
眼はいつでも「いま」のことしかない。
耳はいつでも「いま」のことしかない。
先のことなんざ起こったためしがない。
過去のことなんざ再び現われたためしがない。
そういう正しい道理を知る事です。
思いの世界に旅立たんよう、祈ります。

2014年11月20日 13:56
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

過去・現在・未来について

ぬぬぬ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まだ来たらぬ先のことにとらわれて不安となられておられるご様子・・

丹下覚元様のご回答ともほとんど同じことになりますが、実は、未来も、過去も、そして現在も、観念的なものであり、実体としては存在しえていないものでございます。現在も現実には時間が止められない以上は、次の瞬間に過ぎ去ってしまうものでしかありません。

時間論につきましては、これまでにも下記の問いにてもお答えさせて頂いておりますが、私たちは「現在の一瞬(一瞬の連続体)でしか生きていない」のでございます。

問い「現在の一瞬だけを強く生きるコツ」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002967103.html

『・・過去がなければ、今の自分はあり得ません。更に今の自分が無ければ、未来の自分も可能性としては有り得ないことになります。過去と現在の自分は明らかに繋がっている、また、現在の自分は未来の自分とも繋がっていくものと言えるので、異なってはいないのだけれども、もちろん同じとも言えません。このことを難しいことですが、「不一不異」と言います。・・』

『・・結論的には、つまり、「現在の一瞬(一瞬の連続体)でしか生きていない」自分のありようを理解すると、自ずと、この一瞬一瞬に集中して、大事に大切に過ごしていけるようになるのではないだろうかということでございます。・・』

ただ、この「現在の一瞬一瞬の連続体」は上記にも書かせて頂いているように、過去と、そしてまた未来とも繋がりはございます。但し、その繋がりには、「因縁」が必要となります。因縁とは、原因と条件のことですが、ぬぬぬ様が生きている今の瞬間でも、当然に生きるための因縁が欠かせずに必要となります。簡単なことでは、例えば怪我や病気や老いの状況によってはその(肉体的な)生きる因縁が調わなくなり、今の肉体を未来へと繋げることができなくなってしまうこともございます。

もちろん、仏教では相続していく心のありよう(心相続)を特に重要視して扱いますので、厳密には続いていくことにはなります。その相続が、より善いものとなるためにもより善い行いが何よりも必要となります。是非、共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

2014年12月20日 13:18
{{count}}
有り難し
おきもち

「将来・未来・先が不安・見えない」問答一覧

明るい未来が想像出来ません。

人生に希望を見出せません。 かつて夢がありましたが過労と人間関係の悪化で鬱になりました。 治療しながらもう一度夢に挑戦しようとしましたが悪あがきしてるみたいで続きませんでした。 就職活動してみたり、アルバイトしてみたりしましたが上手くいかなったり続きませんでした。 夢を追っていた際マルチ商法に手を出してしまい借金を負い今も返済でいっぱいいっぱいです。マルチに手を出したことは私の愚かさ故であり借金もその罰だと思います。 もうとにかく頑張りたくないのです。何をやってもどうせ自分の人生じゃ上手くいかないと気力が湧かないのです。学習性無力感というものに当てはまるのかなと思います。 夢も目標もありません。どうせ自分には叶えられないと思うからです。努力して叶わなかった際、そのショックに耐えられる自信がありません。 受験、恋愛、夢、全て努力した自負はあります。しかし成功体験がありません。 今は障害者手帳を取ってA型事業所(一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う事業所)で働いてます。ですが1ヶ月の給料も微々たるもので借金返済でほとんど残りません。 仕事内容も軽作業やPCでただコピーペーストを延々と行うようもので先が見えません。 もうかれこれ鬱になって6年です。 一体いつまで続くのか。もう夢とか道は切り開くものとかそういう言葉はうんざりです。一見輝いてるように見える人も影で努力してるとかそういうのもうんざりです。じゃあ私が怠け者だって言うんですか? 成功者も極貧だった時代があるとかもそれはその陰で蹴落とされた人間や再起出来ず死んでしまった人もいただろうことを考えてないと思ってしまいます。 本当に疲れました。こういう時、お坊さんはどういう考えなのでしょうか?どういう教えがあるんでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

不安症とどう向き合えば良いでしょうか

こんにちは。はじめまして。 私は某地方国公立大を卒業後、某旧帝国大学の院を出て現在大手の企業に勤めています。 現在はIT系の部署で働いており、仕事をする中で、色んな人が喜ぶシステム(まさにhasunohaはそんなシステムだと思います。)を作りたいと願い転職活動を始めました。 転職活動中に知ったとあるIT系ベンチャー企業が、社会の役に立つシステムを作っていると知り、面接を受けて採用されました。数年はその会社でお世話になりながらITのスキルを磨き、さらにステップアップをしてより広範に人の役に立つシステムを作っていこうと考えています。 しかし初めての転職、大手からベンチャーと不安に押し潰されそうです。 収入面、初めての業務内容、会社が潰れないか、老後の資金は貯まるのか…などなど。 何人もの友人に相談した結果、人一倍不安を抱えやすい性格だと知りました。不眠症でもあります。 また、私には結婚を約束した同棲中の彼女がいます。彼女と協力してこの先の人生を渡っていこうと考えています。 彼女は私が不眠症だということも知っております。彼女を心配させないためにも不安症と向き合い、できれば克服し、不眠症を治したいです。 座禅から派生したマインドフルネスを実践していますが、煩悩(特に不安)が多く、うまく集中できません。 仏教の考えにも共感することが多く、もっと学んで煩悩と向き合いたいのですが例えば空という考えはこの世には実体と呼ぶべきものがないと言うのならば私の彼女に対する愛情や信頼はどう解釈すれば良いのでしょうか。煩悩をなくせば愛情を感じなくなるかもと思い悩んでいます。 長くなりましたので質問を要約します。 1. 住職(敬称が違っていたら申し訳ないです)の方々は不安を感じないのでしょうか。例えば住職になることに対して不安を覚えたりしないのでしょうか。もしあればどう向き合っていますか。 2. 社会の役に立ちたい、愛する彼女と協力して人生を歩んでいきたい反面、(路頭に迷わせたくないというような杞憂にも感じる)大きな不安とどう向き合えば良いでしょうか。 3. マインドフルネスを行なっていますがどうすれば煩悩と向き合えますか。 4. 不安と向き合う時に仏教の教えをどう活用すれば良いですか。 5. 不安にはプライドに高さも関係してると考えていますが、プライドとの向き合い方をご教示下さい。

有り難し有り難し 37
回答数回答 4

稼業を継ぐか、きっぱり辞めるか。

初めて相談させていただきます。 大学卒業後、すぐに家業の会社に入りました。 後継者として会社で実務をこなしながら経営の勉強をしています。 物心ついた頃からなんとなく私が継ぐように導かれてきたと思います。 両親には他の会社への就職も反対されました。 私自身も会社への想いはありますが、どうしても一生懸命になることができません。内容に興味が湧かないのです。 また入社のころから重い責任を背負っている気がしています。 それは自分の将来のことだけではなくって、会社のこと、社員のこと、社員の家族のこと、たくさんのことから逃れられず気持ちが重くなります。 会社では私が後継者だということで物事が進んでいきます。 今、会社を辞めると言ったら、両親を悲しませ怒らせることになると思います。 後継者以外で、認めてもらうことはないと思います。 結局のところ、今の会社は「自分と社員の生活のため」にあると思っています。 しかし、「生活のため」の仕事だけでは、自分の一生を諦めている気がしています。 自分のやりたいことや、得意なことが活かせる仕事がしたい。没頭できる仕事がしたい。という気持ちがありますが、どうしても今の会社の仕事にどっぷり浸かってみたい。会社を大きくしたい。と思うことができません。 答えは見えていないのですが、私は自分の人生を諦めたくありません。 考えを改めるべきか、きっぱりと会社を辞めて後を継がないと決めるべきか、 ほかにどのような方法があるのか、アドバイスをお願いします。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る