お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

病気になるのが怖いです

はじめまして。
心気症、疾病恐怖というものかと思います。
毎日体のどこかを気にしています。

ホクロが出来た、皮膚ガンではないか?
胃が痛い、胃ガンではないか?
指が痛い、リウマチではないか?
首にシコリが、何か悪いものではないか?

その度必死になりネットで調べ、悪い検索結果にいてもたってもいられず病院へ。
超音波で診ても「何もないよ、大丈夫」と言われてもまだ心配で別の病院へ...

医療費もかかり、時間もかかり、何より自分自身疲れてしまいました。
以前のように何も気にしないで楽しく毎日を過ごせたら良いのに...

心療内科にも通っていますが薬が出て終わりです。
病気になるのが怖いくせに、死にたいとまで思ってしまいます。

カウンセリングをしてもダメです。
テレビでも、「早期発見が大事!」とやっているので、あちこち検査するのがやめられません。
お医者さんにも呆れられたこともあります。
どうしたら良いか分かりません。
よろしくお願いします。

後悔・自己嫌悪
有り難し 12
回答 1

質問投稿日: 2016年6月11日 18:43

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

運動をしましょう。

みいさん、こんにちは。

神経症で悩んでいるのですね。
医学的な対応はできませんが・・・

少し激しめの運動をお勧めします。頭ばかりで身体が疲れていないと余計な思考が働きますので、思考を停止させるために運動をお勧めします。一番いいのはジョギングです。身体を動かすことによって脳が余計な思考をさせないようにするのです。短い時間でいいのです。何か不安ができてきたら、すぐにダッシュで走って脳を考えさせないようにするのです。それを続けていくと、それが習慣になって脳が余計な不安思考をしなくなります。

または、全力のカラオケというのもあります。不安が始まったら、消音器やタオルを口にあてて、思いっきり歌うのです。これも運動と同じで脳に余計な思考をさせないための方法です。脳は歌を歌わなければならないので、不安思考を停止するのです。大切なのは続けることです。続けることで脳を不安思考にさせないように習慣化させるのです。

私は不安がたまった時は、大きな声で読経、そしてサウナでびっしり汗をかくことにします。不安やストレスをためるのが一番いけません。そして人間は少し疲れるぐらい日々の運動がちょうどいいのです。

お試しください。

合掌

3年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

染川様
返信ありがとうございました。
大変具体的で分かりやすい方法、なるほど!とハッとさせられました。
確かに考え始めるといつも頭ばかり疲れていて、身体は動かしていませんでした。
大切なのは続けるとのこと、習慣化させるとのこと。
大変勉強になります。
また、この心気症を克服できる希望も見えました。
ありがとうございます。
ぜひ試してみます。
貴重なお話ありがとうございました。

「病気と向き合う・看病」問答一覧

「病気と向き合う・看病」問答一覧をすべて見る
関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ