hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

死後の世界・霊とは何なのか

回答数回答 4
有り難し有り難し 74

私は小学生の頃、大阪のUSJ近くのホテルで恐らく心霊体験をしました。

それ以来、私は今でも霊の存在を信じているのですが私個人としては、どちらも科学で証明できると考えています。

よく霊や死後の世界は非科学的と世間でも科学の世界でも言われていますが、その多くはしっかりと調べもしないで根拠も無いものばかりです。
そもそも非科学という言葉が非科学的ではないのかと私は思ってしまいます。

死後の世界や転生に関しては近年、量子物理学の学者が科学的に存在する可能性を真剣に研究しています。
私は霊や死後の世界などが今まで立証できなかったのは科学が未熟だったからではないかと考えているのです。
ですので、将来、立証できる日が来るのではないかと私的には思います。

そこで質問です。
お坊さんは、霊や死後の世界をどの様な存在だとお考えなのでしょうか?
また、もし、今後この分野に科学のメスが入る場合、お坊さんとしては、どの様に思われますか?

2016年8月7日 2:01

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

根拠のないことには騙されないのが仏教的明晰性

いずれにせよ、今の時点で誰も立証できていないことは妄信しないことです。
あなたも冒頭で「おそらく」と言っておられる。
脳の力は思い込んだものを実体化させる力もあり、人追いかけられたり、掴まれたと思い込むと本当に背中などにひっかき傷が生まれたり、掴まれたアトができるそうです。
「実際に無いものをあると思い込む」これは自分の中だけの脳内大権です。
そう思い込み「たい」ということ自体がすでに妄想的で我欲的見解といえます。
無いものを信じる、信じ「たい」という無理に信じ込もうと熱意を燃やして感情的になるこ自体が明晰な思考状態でなくなります。
ですから、私は科学的にも立証されるまでは信じません。
では、あの世やら死後の世界はないのか。
仏教では宗派や個人によって「ある」だの「ない」だの言っているだけで、仏教として「ある」「ない」ということを誰かが代表で言っている訳ではないもんです。( ˘ω˘)
だから、今から言うことがとても大事ですが。

故に悟った禅僧はこう言ってます。
あの世とは一秒前、一秒後。
過去世とは記憶のこと。
来世とは推測のこと。
死後の世界とは、その個人が死んだ後にも続いている我々が体験している、永遠に続いているこの地球上のこと。

人間は今しか生きとらんのでしょう。
それ以外の一秒前、一秒後のすべては皆「今現在の思考」でしかない、ということが道理としてお分かりになられるでしょうか。

死後の世界があっても私は平気で生きています。
死後の世界が無くても私は平気で生きています。
死後の世界やあの世とやらがあっても無くても今日、いま、ここという、地球上を、沢山の偉人たちが亡くなっていかれた『先人たちの死後の(この)世界』を、思考というファンタジーワールドに旅立たぬように血に足つけて生きています。

☆死後の世界、あの世、という言葉の明確な定義が個人によってきちんと明確になっていないことが問題なのです。
多くの人が「運命 あの世 死後の世界」などと聞くと、そこから本人たちが勝手に物語を作り始めてしまうという人間の性質をよーく自分のことも含めてみてください。
もう一度申し上げます。

人間とは、どこで読んだか見たか聞いたか、そういう言葉や人言葉に騙されて、立証もできない不確かな事を曲解して「そうにちがいない」と思い込んでしまう迷いの思いがあるのです。

2016年8月7日 12:18
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

「霊」も「死後」もあります。

こんにちは。拝見いたしました。

「霊」や「死後の世界」をどのように仏教は考えているのだろうか、ということですね。お坊さんである私としては、仏教に興味と言いますか、関心を持っていただけたことが嬉しいです。そして、そう思ったということは「仏縁」があるということでもあります。それは、アルファ・ケンタウリさんは仏様と出会う御縁があるということです。

お釈迦様がお悟りになられた内容は「私たちが何のために生まれ、死んだらどうなるのか」ということを明確にされたことにあります。仏教の世界では、基本的に「死んだら終わり」ではありません。「死んでも終わらない」のが「苦しみ」なのです。今生に行った行為の報い(自業自得)を受けて次の世に生まれ変わります。それは人間であるとは限りません。だからこそこうして人間として生まれてきたこと、お釈迦様の言葉を聞くことができる境涯に生まれてきたことはとても「尊い」ことであると考えます。永遠に続く生まれ変わりの世界、しかし苦しみから逃れることはありません。だからこそお釈迦様は「もう二度と生まれ変わらなくてすむ」方法を悟られたのです。死んで終わりなら修行も悟りも仏様も必要ない事です。「霊のようなもの」(一般に語られるような霊がすべてそうだとも言えませんが)もあります。死後もあります。私はそれがありありと見えるわけではありませんが、お釈迦様のお言葉、悟られた方々のお言葉を信じております。

科学をどうとらえるかということで意見は変わってくると思いますが、科学ではまだ立証されていないことはたくさんあると思います。お釈迦様に限らず、過去の偉人達は現代になってようやくわかるような事もすでに知っておられました。科学と宗教を対立構造に起きたい大人の事は置いておき、純粋なあなたの疑問や興味を大事にしていただけたらと思います。

合掌

2016年8月7日 7:21
{{count}}
有り難し
おきもち

御縁があって一般人からお坊さんになりました。現在は小さなお寺の住職をさせて...

考えないという智慧

科学を持ち出すのであれば、科学的手法による検証で結論が出ていないことに対して結論を急ぐことが非科学的です。否定するか肯定するかの問題ではありません。

量子力学で研究が進んでいる…面白い話を教えてくださいましたね。これは興味があります。でも、研究中はあくまで研究中であり、結論は出ていないのですよ。分からないものは分からない。それを我慢できずに結論を出してしまうのは、分からないことによる心理的なストレスに負けているだけです。

認知に関する分野からはこのような研究成果が出ています。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52151355.html
でも、俺が霊を証明してやるぜ!と言うならその意気や良しです。1つの研究・1人の学者を神聖視して疑わないのは非科学です。それは量子力学にも言えることですが、だからこそ大いに頑張ってください。

さて、お釈迦さまは霊についてどう言ったか?
「毒矢のたとえ」という逸話の中で、死後のことや世界の果て等が気になって仕方がなかったお弟子さんに対して、「議論しても結論の出ないことを考えていないで修行しなさい!」と一喝されました。お釈迦さまは有るとも無いとも言及せず、「それを考えても心の平穏にとって邪魔になるだけですよ」とおっしゃったわけです。そのためこの教えは「無記」と呼ばれます。

一方で来世に全く言及していないわけではありません。
「誠実に生きなさい。さすれば来世で楽になるでしょう」という経典の記述は枚挙に暇がありません。ただ、この手の教えは決まって王侯貴族や庶民、つまり非出家者に対しての言葉です。この言葉のメッセージ性はどこにあるのでしょうか?来世利益でしょうか?それとも誠実に生きなさいという部分でしょうか?どう注目するかによってお坊さんの意見も割れるわけですね。

私個人としては、お釈迦さまも出家者なのですから一般人向けの教えよりも出家した弟子への教えの方がお釈迦さま自身の本音に近いだろうと考えます。だから一般人向けについても誠実に生きなさいが主メッセージだろうと信じています。(cf,対機説法、バラモン教)

より深い話をすると仏教の説く来世は「諸法無我」を前提に読まないといけません。もう字数がありませんが、丹下師が書いていらっしゃる教えのことです。

2016年8月7日 15:43
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

おっしゃる通りと考えます

 おはようございます。
 霊や死後の世界については、お釈迦さまは明確に示していません。仏教の大切な所はそこじゃないからです。「死んだらどうなるか」ではなく、「いかに生きるか」が仏教だからです。
 また、霊や死後の世界と科学については、あなたのおっしゃる通りだと思います。科学の進歩を待ちます。
 霊や死後の世界が科学的に証明されても、私の思想の立場はかわりません。最初に書いた通り、「死んだらどうなるか」ではなく「いかに生きるか」が仏教のテーマだからです。

2016年8月7日 6:09
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

質問者からのお礼

皆様、こんな私の質問にご回答ありがとうございます。
皆様のご回答は大変、興味深く読ませていただきました。
私は将来、この分野を個人的に研究してみようと思っていたので参考になりました。
ありがとうございました。

「霊・霊感」問答一覧

不思議な写真

お世話になっております。 少々オカルトっぽいです。 カテゴリーが分からず、その他にしました。 ずっと気になっていることがありまして…。 本当は見ていただくのが1番早いのですが。 2019年4月12日20:00頃、私は友達と京都の東寺、夜桜のライトアップに行きました。 とても綺麗で、日頃のストレスなどどうでもよくなるぐらい素敵な所でした。 写真が好きで、カメラを持って写真を沢山撮りました。 撮っている時には気づかなかったのですが、帰り道に撮ったものを見ていたら 桜や御堂の周り、敷地内にフワフワした丸いものがいくつも飛んでいました。 色は白~半透明でした。 連写ではないですが、1秒前、1秒後に撮った写真には写っておらず、 全く別の場所で撮った5枚ほどにフワフワが写っていました。 スマホでも撮っていましたが、写っておらず、友達のカメラにも何も無く、 レンズが汚れてるのかと確認しましたが、そうでもなく、花粉や砂埃がそのように写る事があるのは知っていますが、それなら全部の写真にフワフワが写るのではないかと…。(私の写真が下手なのもしれません) カメラが好きな知人、色んな人に見ていただきましたが、結局何か分からず。 ただ、皆一様に、 嫌な感じはしない、怖いとは思わない。 むしろ綺麗で癒された。 と言われました。 私自身も確認した時、驚きましたが最初から恐怖感はありませんでした。 心霊などは苦手なので、嫌な感じがしたらすぐ消していたと思います。 たまに見返しては、これがホントにある世界ならとても綺麗な世界だと思っています。 何かという特定よりも、こういう写真は持っていても良いものなのでしょうか? ずっと気になっています。 アドバイスを頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

波瀾万丈

初めて相談致します。 霊感が強いのか?予知夢を見たり、悪い事が起きる予兆を感じるのですが、回避する事が出来ません。今年の2月か3月頃に、自分に良くない事が起こる予知夢を見ました。職場で身近な人からの裏切りの内容でした。 4年前に転職した先で一回り以上離れた年下の子と同僚となり、その子は全くの新人だったため時間をかけて育てました。時には厳しく指導する事もありましたが、公私共にうまく付き合っていると思っていましたが…その子が4年経った今、私からパワハラを受け精神的苦痛で専門医を受診し、診断書を上司へ提出したとの事でした。上司から指導や聴取もなく突然退職して欲しいと言われ退職に追い込まれました。 私は正義感と責任感は強い方で、仕事をした対価として賃金がもらえる、何でも一生懸命するのは当たり前…と思っており全身全霊で職務を全うしてきました。私への今までの評価は何もなく、診断書が必要になるまで彼女を追い込んだ…とあまりにも一方的過ぎてショックで人間不信になりました。 その子は昨年に妹さんが飛び降り自殺をされ、一命は取りとめたものの現在も加療中です。 仕事は1ヶ月程度休み、出勤して来ても残業はさせず、妹さんの事に出来る限り寄り添える環境を作り、またその子の不安な気持ちを聞いたりしていました。そんな精神的に不安定な状態の子だと上司も知っている中での今回の件です。 いつも貧乏クジを引く体質…予知夢を見ていたのに回避出来ない自分…世のため人のために頑張っているのに評価されない自分…こんな自分がとても大嫌いで、消えてなくなりたいと思いますが、自分の子供には道に迷ったら(人生で)分岐点で立ち止まりよく考えて、自分が笑顔でいられそうな道へ進むといいよ!と教えています。だから消えてしまう事が出来ずに、誰の前でも弱音や泣くことも出来ずにいます。 私の人生って何ですか?私の存在価値はありますか?まだ私が乗り越えていない壁があるのでしょうか?その壁は乗り越えられるのでしょうか?私の運命はこの先もずっと予知夢を見ても予兆を感じても、回避出来ずに繰り返しでしょうか? 良きアドバイスを何卒!!何卒!!!よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

生き霊は実際しますか?

たまたま見ていた怖い話スレの動画で「よく事故り入院を繰り返す自分が知人の伝手で仕事を紹介され完治した頃から社長の態度が豹変してパワハラで殴られるようになり、そこから逃げて別の土地に行くとそこの神社の人に声をかけられ『貴方には二人の霊がついている。一人は兵士、もう一人は生き霊ですね。兵士は貴方にとても似ていて兵士が生き霊を牽制してるようです。生き霊はとても怒っているようですね』と話しその人は辞めた所の社長だと思ったそうです。霊は神社の人にお祓いをしてもらいました」 というようなのを見て、怒りや憎しみが生き霊となりその人について体調を悪くさせてしまうのでしょうか? 私の祖父は霊感がある人でお祓いなども依頼されてするような人だったとは聞いてますが、私には霊感はないけど中学まで毎日お祈りと御守りを肌身離さずつけていた習慣がありました。 これがなんの意味があるのかは説明しにくいのですが、もし怒りなどで生き霊となりその人に取りついているのであれば 姉の原因不明の体調不良は私の毎日の怒りが取りついていたのではないかと、はっとしました。 姉にデザートなど奢ってるような日でも毎朝頭の中で姉の生活態度に怒りや悩みを抱えて、姉の守護霊や神様になんとかしてくれと思っていた日々もありました。 姉が寝ぼけなのか寝起きに耳元で罵倒されたとか叩かれたとか意味不明なことを言ってきたこともあり、困惑してたのですが この長年の苦しみは私の怒りからくる生き霊が取りついていたのではないかと思うと、ああもうとりつくのはやめようと思いました。好きで生き霊を飛ばしたわけではないですけど、もしそうだったなら自分の生き霊を回収して姉の体調を良くしたいです。 全く関係なかったら、姉の生活習慣が悪い結果なんだろうとは思います。 生き霊やめよって思った次の日、珍しく姉は朝起きてきました。体もしんどくなさそうです。 にわかには信じにくいですけど、こういうことはあるのでしょうか?

有り難し有り難し 33
回答数回答 2

これは私のおじいちゃん?

1週間前に大好きな祖父が亡くなりました。 私の母の父です。 こちらであたたかいお言葉を頂きに、寂しいながらにも前向きに生きていこうと思えています。 今日は新年で昨日から主人の実家に泊まりに帰っています。 そこで主人のお父さん(息子達にとってはおじいちゃん)が沢山遊んでくれたり、主人の実家のお仏壇の上にはご先祖様のお写真も数枚かけてあり、新年のご挨拶をさせてもらったりもしました。 そして先ほど、「寂しい気持ちは消えないけど、今年も頑張っていかないと」、と思いながら、1才8ヶ月の息子を寝かし付けようと二人で部屋にいる時、息子が 「じじ!じじ!じじ!」とある方向を指指しながら、何度も言うのです。 なので、主人のお父さんのこと? 写真がかけてあるから、(その辺りを指指したりもしていたので) それともご先祖様のおじいさんのこと? とも思ったのですが、もしかして私のおじいちゃんが会いにきてくれたのかな?という気がして(そう思いたい気持ちがあり) 「○○じいちゃんいる?○○じいちゃんきてくれてるのかな?なにか言ってる?ありがとうて伝えてくれる?」と言ってみると、息子がなんと、合掌の格好をして頭を下げるのです。 今まで「いただきます」の時はその格好をしているのですが、普段そんなことはしないので、(実家で仏壇にまいらせてもらう時は大人がしているのを見ていたかもしれませんが)びっくり驚いてしまいました。 その後も、「おじいちゃんいるのかな、ありがとうだね、」「おしえてくれてありがとう、どこかな」と私が聞く度に合掌するのです。 私のおじいちゃんが会いに来てくれたのでしょうか、、? ちなみにおじいちゃんは、この次男をすごく可愛がってくれていて、いつも連れて行くととても喜んでくれていました。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る