hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

親に相談してない

回答数回答 4
有り難し有り難し 289

私が高校三年の時、姉が保育の専門学校にいってることもあり私も保育士に憧れてましたが、姉の学費で大変なのは知ってましたが、一度自分の考えも言いたいと思い母に話しました、しかし母は学費が大変と泣いてしまい…それから私も専門学校の事は口に出せず諦めるしかないかと思いながら就職をしました。やはり長続きはせず様々な仕事を色々してきました…あの時の事もあるのか親に相談とかをするのが出来ない自分といつも姉を羨ましいと思ってしまう自分を変えたいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

What to do より How to be が仏道修行。

私は修行道場にいた頃、いつか修行僧の統括的役職について、道場の体質を改革したいと願っていました。
ところが私が任命された役職は調理場。
落胆し、やりがいを感じなかったものでしたが、ある時から考え方が変わりました。

私は仕事における花や果実というのは、華々しくきらびやかな“役職・職種の中”にあると思っていました。
そうではなかった。
仕事の中で、何をするかよりも、
人生の中で、どうあるべきか、どう生きるかという視線を持つこと。

仕事以前に自分の心の柔軟性や自由自在さ、心のあり方こそ大切です。

今までは花や果実にしかウマ味はないと思い込んでいたのですが、
根にも、幹にも、枝にも葉の中にも必ずウマ味、醍醐味があるとが分かる視点ができれば、どんなことも楽しめるようになれたのです。

人は自分に無い物は、華々しく見えるものです。
枝とか葉だと思って軽んじている所の中にこそ実は、花や果実にすら含まれていない、大切なエキスが含まれているのです。

玉ねぎだって、皮にガンを治す力があり、
イチョウも実ではなく葉っぱに高い薬効成分があり、
タンポポには、根にデトックス効能があるように。

これから「何の」お仕事をしていくかよりも、
今から「どのように」自分があるべきか。
華々しい咲いた花を追うより、自分が人生で咲くことの方が価値があるのです。

私にとって一番の花は、その心華、心眼👀が開けたことでした。これこそ自分の内に咲かせる人生の花であり、本当の果実ではないでしょうか。

仮にあなたが、念願の保育士さんになられたとしても現実の職場はあなたの理想とは程遠い😱かもしれません。事務や裏方ばかりかもしれません。だから今すぐあなたが咲く生き方をすることです。

たとえいかなる仕事に就いても、お母さんの気持ちを理解できる優しいあなたならば、必ず多くの人の心を理解し、多くの人のお役に立てて、幸せの道を切り開けることでありましょう。
今日は母の日です。

今まで土となって泣くのをぐっと堪えてお姉さんの花を咲かせてあげてきたあなたの生き方こそ華。あなたの生き方の視点が変わることも花。夢を追い続けるのも花。
あなたが咲かせたい花を咲かせてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

「思いは、伝えなければ決して伝わらない」

りい様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

りい様は今でも保育士になりたいとお思いでありますでしょうか?

高校三年生の時に親御さんにご相談された時から、親御さんもりい様もお姉様も含めて様々な状況が刻々と変わっているかとは存じます。もしも、「保育士になりたい」と今も強くお想いでいらっしゃるのでしたら、今一度、ご家族にご相談なされてみられてはいかがでしょうか?既に保育士になられておられるのであれば、お姉様から何か良いアドバイスも頂けるかもしれませんし、ご家族で資格取得へ向けてお金の融通も利かせて頂けるかもしれません。このまま想いをずっと隠し続けているよりかは、もう一度打ち明けられてみられることをお薦め申し上げます。

「思いは、伝えなければ決して伝わらない」・・最近の過去問の拙回答にても申し上げさせて頂いておりますが、人間は結構、(誇大)妄想において苦しみ続けてしまうことがあります。いつまでも高校三年生の時の状況にとらわれたままで、まだ二十代で色々なことにチャレンジしていける年代でもあるのに、このまま「後悔」を抱えてお過ごしになられるのは実にもったいないことではないだろうかとも存じております。

また、りい様はこれまでいくつか就職をなさられて社会も経験されてきておられます。その経験は今後の人生でもきっと活かしていくことはできるであろうかとは存じます。もし、まだ何とか働きながらにでも、保育士を目指すための準備期間であるとして、お金を貯めたり、働きながらにでも通信教育などで勉強を継続なさられることなども考えられてみてはいかがでしょうか?

そして、いよいよ機が熟すれば、本格的に資格取得のために専門学校へと進学なさられるのも良いかとも存じております。

これからの人生、もちろん色々な「縁」によって結婚や子育てやらと大変なことはまだまだ控えてくるかとも存じます。

このまま今の「後悔」を抱えた状態で、これからの人生を過ごすよりかは、今後の将来の色々なことのためにも、ここでもう一度、保育士になることを目指すのか、きっぱりと諦めるのかを考えて頂ける一つの機会として頂けましたら誠に幸いでございます。

りい様の人生に幸あらんことを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

思いを伝える

専門学校に行きたかったけれど、就職してしまった。

という後悔にあなたは悩んでおいでなのでしょうか?

それとも、親と相談することができないでいるという状態に悩んでおいでなのでしょうか?

一度、ご自分の悩みがどこにあるのか、心の中を探ってみていただきたいと思います。

人生の選択として、自分の希望していない方向を選ばざるを得ないということは、多かれ少なかれ誰にでもあることではないかと思います。

もし、あなたの思いが「保育士」になりたいというものであれば、回り道をしている分だけ困難は伴いますが、「保育士」の資格を得るための努力をなさっていくことだと思います。

通信教育という道もあり、そういう道を考えるのならば、必ずしもあきらめる必要はないのだと思います。

「保育士」の資格を取る道筋をよくお調べになり(期間や費用のことも含め)、その上でご自分が「保育士」の資格を取って保育の道を歩みたいというところまでご自分の意志が固まったのなら、自ずと親御さんやお姉さんに相談する内容も固まり、相談しやすくなると思います。

もし、「専門学校」に行けなかったということを後悔しておられるなら、「専門学校」というものへのとらわれから少しでも離れようとしてください。

選ばなかった道は、自ずから「選ばれない道」としてあなたの前にあったのです。
周りの状況、あなたの覚悟、その他諸々の原因(因)があなたを「選ばない」という結果(果)に導かれたのです。

それは「自然」なことであり、そうなるべくしてそうなったわけです。

大事なのはあなたのお心。

この機会に自分と対話してみていただきたいと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


真宗山元派上西山正善寺住職

子どもに触れる機会を持つ。親への伝え方は方法を考える。

りい様。

こちらの質問もそうだったのですね。
少しづつ質問する中でいろんな思いが浮かぶことと思います。

もし、家族と同居をされていたり、貯金が少しあって生活費を緊急に必要とされないのであればボランティアから始めてみてはいかがでしょうか。

学童や児童クラブ、図書館での絵本の読み聞かせ。キャンプカウンセラーなど、その辺りから子どもと触れる機会を持って子どもからエネルギーをもらうといいです。
まずはそれをはじめの一歩として歩まれたらいかがでしょうか?

残念ながら保育で飯を食べるなら資格は必要です。
資格を必要としない学童などに二年働いたのち、保育士試験を受験する。

あるいは、昼間バイトしながらお金貯めて通信制の保育科に3年通って卒業する。

制度の変更も少しありますが、具体的な助言としては上記のような感じです。

親への思いの伝え方は、時間をかけてスキルを磨いてください。
子どもに伝えることをしていく中でその親とも話す機会がでてくると思います。いきなり核心を話す必要はなく何気ない世間話でのコミュニケーションを重ねることも大切です。
また、口頭での話し言葉だけでなく手紙やメールでの伝え方もあります。

事前にお伝えしますが、保育の仕事は大変ですよ。給料も安いですよ。
私自身、15年前にもらった障害者施設での初任給より今の給料は低いです。

それでも、保育への情熱が消えないならチャレンジする価値はあります。
ウチの職場にも保育士試験の合格を目指して頑張っている若い衆がいます。

どうか、自分の中で納得できる歩みをもてますように。 なまんだぶつ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


ハスノハみたのも何かの縁。 手の届く範囲は救いたい。 浄土真宗僧侶...

「親のこと」問答一覧

子供のような親への接し方について

初めて質問させて頂きます。 子供のような両親に、どのように接すればよいか困っています。親と一緒に家に居ると、とても苦しいです。 親と一緒に居たくても居られない人たちがいる中、自分でも贅沢な悩みだということは十分承知しております。 どうか、最後まで読んで頂けると嬉しいです。 まず、母ですが 私にとても甘えてくるのです。 子供がするように構って欲しがったり拗ねたりするので、子供としてはどうしていいか分からず、困ってしまいます。親に甘えられるのは正直嫌です。 そして、私が何か都合の悪いことを言うと理由をこじつけて私をとても責めます。「あなたの為に私、これだけやってるのよ?私の犠牲の上にあなたは成り立ってるの。」と。 次に父ですが、昔は暴力的で、母と私は父に怯えていました。 些細なことですぐキレる、反論を聞かず決して謝りません。 発言に一貫性が無く、私と母は自分勝手な父にいつも振り回されてきました。 二人とも、まるで子供のようだと思うときがあります。 ですが、私には両親に悪意がある、彼らが悪い人だ、とは思えません。 一緒に居て楽しかったことも嬉しかったこともありますし、何よりここまで生きてきた上で沢山お世話になってきました。 きっと、自分たちが生きていくことが辛くて子供に(家族に)うまく接することが出来ない、不器用なだけだと思います。 私は、両親が私のことをとても大切に思ってくれていることを分かっているつもりです。本当は私に辛い思いをして欲しくないと思っているはずです。 だからこそ、このようになってしまっているのを見ていると、悲しくてたまらないのです。 私はまだ高校生ですので、家を出て自立することは出来ません。 私は両親にどのような心で接すればよいでしょうか?

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

お金も家もない両親の老後について

こんにちは。 私の両親は60歳過ぎています。 タイトルにも書きましたが、 父がパチンコ、つまりギャンブル依存症が きっかけに借金を10年前から繰り返しており、 老後の資金や借金返済に当たるため、 先日実家が売却されました。 その間、父が勤めている会社の寮に 母と一緒に死ぬまで住んで働くことになるそうです。 私が高校生の時にも借金が1000万近くあり、 大学に行かせられないと言われ、 奨学金を借りて、学費の安い国立大学に入学し卒業し今はちゃんと一人暮らしをしながら 貯金もして、奨学金も返済しながら自活できております。 大学時代は自分の生活費も賄わないといけず 国立大で学費が安いのにも関わらず アルバイトを必死にしていた4年間でした。 しかし、ずっと両親はお金に困っています。 私や姉にお金の援助は求めないと言いますが、 最近は自分で稼いだお金を使うことに対しても 両親を見ていて罪悪感や恐怖を覚えるようになりました。 借金返済にあたるため 実家を失ったショックも大きいですが、 どうやって今後親と付き合っていったらいいのか、本当にお金の金銭的な援助をしなくていいのか、自身のお金の向き合い方に悩んでいます。 借金のことさえなければ 親は愛情もって育ててくれたことに 変わりがないので責めたくなる気持ちは ないです。 友達の親、彼氏の親がお金に困ってない姿を見ているとなんでうちの両親だけ 借金返すための生活をしているんだろうって 思ってしまいます。 幸い、今結婚前提に付き合っている彼氏が 稼ぎもありそんなお金に困っている様子もないので余裕を持って私に接してくれている気がします。 そんな借金のある親との付き合い方について、 教えていただけたら嬉しいです。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

両親のことについて

両親に恵まれなかった故の将来の心持ちについて。 閲覧下さり、ありがとうございます。 私は今高校生なのですが、父親はモラハラをしてくる人間で、母親は高確率で不倫をしています。 父は、表向きの顔が基本良く、いいお父さんだと言われることが多いですが、家庭では『こんな事もできないから、お前はダメな人間だ』『お前はおかしい』や自分の思い通りに私などが動かないとキレ始めるような人間です。 母親のことは、不倫の疑惑が出てくるまでは結構好きな人間でした。夫婦仲は元々良くなかったのですが、お互いに父のことでイラつくことも多く、同じように感じることも多く、信用していました。ですが、ある日私と出かけている時に、母親がメールをしているのを見かけ、何気なく覗き込んで見ると、『○○さん。私も…しています♡』などといった文面でした。その時に母親に『それは何か』と聞いてみたところ、お互いに酔っていた時に送った、とのこと。しかし、母親は飲酒をしないうえ、真昼間にもそのメールが送られており、もう信用など出来なくなりました。 父は私が小さい頃からそういう性格だったため、『そんな人間なんだなぁ』と思っておりましたが、母親の件に関しては、最初実感が伴わず、呆れるような気持ちになり、今となればしっかり正直なことを話してくれない母親に深い悲しみと、自分の無力感を感じています。 それでも、なぜだか私は両親と接触するのを減らそうとしたり、離れようとするのは、酷いことなのではないか、と思ってしまいます。馬鹿な事だとは分かっています。 1つ目にお聞きしたいことは、私はこれから両親のことをどう認識して生きていけばいいのでしょうか。もう、家族円満になることは無理だと分かっています。しかし両親のことを考えると時折胸が締め付けられ、『どうして私は恵まれなかったんだ』と苦しくなります。 2つ目はこんな私でも将来、仲のいい家庭を築くことは出来るのでしょうか。昔から父や周りの同級生にいじめられていたこともあり、男性が苦手です。 長くなってしまい、申し訳ございません。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

両親との関係について。

この年末に父親が鬱になったと連絡があり慌てて帰省しました。 帰ってみるとカウンセリングを受けるでもなし、内科で処方された薬を飲み「鬱だ」「こんなに辛いなんて知らなかった」と全力で甘える姿。 夜中に眠れず母親を起こし泣きつくとのこと。 私は幼少期から両親が本当に厳しく、人に甘える方法がわからず、早くから誰にも気付かれない自傷を繰り返し、中学~高校は摂食障害で終わりそれすら「甘えだ」「理解できない」と言いたい放題否定され、お願いだからどこかお寺か教会か病院へ行かせてほしいと頼み込み自分であれこれ探しカウンセラーを見つけ、やっと通わせてもらい、第三者に入ってもらうことでなんとか自分の人生を見つけられた経緯があります。 その時、全く関わらず見て見ぬふりをし否定だけ繰り返し続けた父親。 昨年の私が必死で持ちこたえた出来事ももちろん話していません。 また、コロナ禍でもゴルフにパチンコ、うがい手洗いを行わない、自分の好きにしか動かない様子を目の当たりにし、「あぁ、昔からこの人はこうだった、思う通りにしかしないんだ」と改めて感じ距離をとっていました。 本人の年齢もあり、だんだん弱ってくるのは当たり前で私はそれを受け入れてこれからは助けていかなければいけないのですが、自分で「鬱だ鬱だ」主張し続け、日々の生活の大切さには目を向けず家事炊事掃除は相変わらず全て母親に任せている姿を見ると、微塵も助けようとゆう気持ちがわきません。 私が結婚をしたいと思えないのも、子供が欲しいと思わないのも父親と母親の関係を見てのことです。 そんな親の弱り目に協力しきれない自分が悲しいです。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

親に死んで良いよと言わせたこと

死んだはずの紫雲です。 前の相談で大変お世話になりました。 一ヶ月前、死ぬ準備の為に自殺は先送りにしました。 その間に相談事が出来たので来ました。 先日、講師に家庭環境を聞かれ残り5回も会わないので軽い気持ちで話してみたんです。 途中で、誰の為に生きてる?と聞かれました。 その環境で自己形成してきて紫雲さん自身はどこにいるんだろうと心配になった、と。 結構自分の為に生きてると思ってました。 家事して成績取って。毎日与えられた所に通って。友人の誘いを断っても仲良くしてもらって。 でも振り返ると何するにも親の許しを欲してました。昔死にたかった時も聞きました。答えは「良いよ死んでこい」でした。いつも私の意見は大体NGなのに即OKが出てホッとしました。今回も即答でした。 改めて考えると、死以外にも親の機嫌の確認したりしてました。自分の為にした決断って実は親に左右されたものだったんでしょうか。 皆さんの思う、自分の為に生きるってどういうことですか? 私以外の家族が食後に会話する光景を見て私の役目はもう無いなと思いました。昔のピリピリした無言の食事が消えて、嫉妬心も嬉しさもなかったです。 自分だけ過去に取り残されてるみたいです。 深夜に書いたので全然まとまりの無い内容で申し訳ないです。 私がなぜ「死にたい」から10年ほど抜け出せないのかわからず悲しくなりました。

有り難し有り難し 23
回答数回答 3

親との関係を改善したい

幼い頃に離婚した両親との関係についての相談です。 私は子供の頃父子家庭で育ちました。 父は私たち兄妹を一生懸命育ててくれましたが、すぐ不機嫌になって怒る事が多く、いつも顔色を伺って生活していた気がします。 私が結婚してからは、 母と定期的に連絡を取ったり会ったりしていましたが、父はその事が気に入らない様で、父にも母にもどちらにも良い顔するなと言われ母と連絡を取る事が少なくなりました。 昔、父に贈り物をした事もありましたが、 気に食わない場合返されたり、もう送ってくるなと怒られたりしたこともあり贈る事も無くなりました。 父が私の事が気に食わない時は電話やメール等も拒否されているのか連絡がつかない事もありました。 私も父から電話で怒られたり怒鳴られたりするのが辛くなり連絡を取らなくなり半年以上連絡を取らない事もありました。 今も私から連絡はほとんどしていない状態で、父から連絡がきたり、会いに来てくれた時は普通にしていますが、連絡が来た時や家に来るといわれるとまた怒鳴られるかも不安になります。 でも、今一人暮らししている父も母も年なので、いつ何があるかわからないので心配ですが、どう接していけばいいのか分からず悩んでいます。 やっぱり何も気にせず普通に連絡を取り合ったり会ったりしたいです。 父も母も私の子供たちにとても良くしてくれるのに何も返せないのもとても心苦しいです。 夫自身が夫の両親ととても仲が良いので尚更差を感じて不安になります。 まとまりの無い文章で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

自分の性格に疲れました。

幼いころから、人格否定を親から受けてきました。 それを自覚したのがここ2か月ほど。 でも、具体的にはわからないけど、未就学児のころから「うちの親の言動がおかしい」と感じていました。 明確に自分の育った環境がおかしいと気づいたのは、義実家に何度か訪ねてから。 配偶者に「あなたの家族はお互いに尊重しあっているのがわかる。私の実家にはないと思う」といったら、 「あまり人の家のことに悪くは言いたくはないけど…君の実家は異常。子供は親の格下・支配下にいて当然だと思ってる。人格否定もひどい。子に行っていい言葉じゃない。君が磔にされて一方的に親から拷問器具で殴られているような会話だった。」 「君は自分から人生のハードモードを選択してるくらい、自分のことを忌み嫌って心を傷つけてるよね」と返されました。 配偶者には親の違和感について話していたので、元から理解はしてくれています。 人格否定とはなにか、私が言ったどの言葉が人格否定なのか。 喧嘩したときにでる暴言から、クールダウンした後に丁寧にかみ砕いて教えてもらうのですが…。 なぜいけないのか、ほとんどわからないのです。 事実に基づいて言っているだけなのに、それは人の生まれ持ったものを否定してしまうから、と言われても… その人格否定の多くの言葉は私が親から言われたこと、私も自分自身についてよく思っている言葉だな、としかわからないのです。 人格否定がいけない、そのいけない人格否定が自分の中では普通だったから、自分の心が歪んでいる。 その歪みに耐え切れません。 ストレスのせいで、数年前から持病も患い体調も安定しない時があります。 自分自身の存在がストレスの根源なので、ストレスから離れられません。 親と何年も離れているのに、親の価値観が私にぴったりと張り付き、はがれないのです。 どうしたら心が楽に他人や自分を傷つけず、のびのびと生きていけるのでしょうか。 心療内科に行くのは、懐疑的。 それでも、心療内科に行って効果は得られるのか、私に行く価値があるのか…。 配偶者の理解はありがたいのですが、私の心を削り取るような言動にいつまでも付き合わせてはいけない…とだけははっきりとわかります。 失礼なのは承知ですが、心の支えとなるお言葉を頂けないでしょうか。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

ケチで心の狭い自分について

はじめまして。 誰にもなかなか話を出来ず、こちらで相談させてください。 子供が産まれてから母親に頻繁にサポートをしに来てもらっているのですが、度々衝突してしまいます。 母親は決して毒親という部類ではないのですが、人とのコミュニケーションが苦手で、人の話を遮って自分の話をしてしまったり、声が低くて表情も乏しいので暗い気分になったり、何かあれば「だって」が口癖で言い訳を言おうとしたり。。 母親の癖が気になって仕方がありません。 最近の話ですが、私がギックリ腰になってしまい、久しぶりにサポートをお願いしたのを受けて来てくれて、2週間程我が家に宿泊して子守をしてくれましました。このような大義名分がないと、コロナ禍ではなかなか孫に会いに来れないのではという思いもありました。 母のサポートはとても有り難く、感謝の気持ちでいっぱいであったにも関わらず、親のちょっとした態度に引っかかり、喧嘩をして今回も母親は怒って帰ってしまいました。 原因は金銭的なことで、主人から新幹線代を遠慮なく受け取ったことです。 ケチな話でお恥ずかしく、来てもらったのだから払うのは当然だと言われたらそうかもしれないのですが、、 これまでも義理の両親から帰りのお弁当代等にと母に渡されたお金を何度となく遠慮なくもらっていました。 そういうものは絶対に受け取らなかった祖母、来てくれるだけでなく色々買い与えてくれる友人達の親とつい比べてしまう自分がいます。 現在育休中なのですが、住宅ローンを払いながらの節約の生活の中でコロナが重なり、職場が希望退職を募っているという経済的事情もあり、先の見えない不安があり、そのことは母親ももちろん知っています。 実家は決してゆとりのある暮らしではなかったですし、年金生活ですので、貰えるものはもらうというのも分かります。ただ、もやもや引っかかってしまって、、 私が色んな意味で親を頼りすぎなのでしょうか。 親の貧しさを軽蔑しながらも、自分のケチさと余裕のなさ、今回も母に辛く当たってしまったことに嫌気が差して涙が出ます。 このようなケチで心の狭い私はどのような心持ちで今後親と付き合っていったら良いでしょうか? 親との関係が良好でないと、生活に少なからず影を落としますね。。

有り難し有り難し 50
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る