お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

親に相談してない

私が高校三年の時、姉が保育の専門学校にいってることもあり私も保育士に憧れてましたが、姉の学費で大変なのは知ってましたが、一度自分の考えも言いたいと思い母に話しました、しかし母は学費が大変と泣いてしまい…それから私も専門学校の事は口に出せず諦めるしかないかと思いながら就職をしました。やはり長続きはせず様々な仕事を色々してきました…あの時の事もあるのか親に相談とかをするのが出来ない自分といつも姉を羨ましいと思ってしまう自分を変えたいです。

学校・会社・働く
有り難し 265
回答 4

質問投稿日: 2013年5月9日 14:45

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

What to do より How to be が仏道修行。

私は修行道場にいた頃、いつか修行僧の統括的役職について、道場の体質を改革したいと願っていました。
ところが私が任命された役職は調理場。
落胆し、やりがいを感じなかったものでしたが、ある時から考え方が変わりました。

私は仕事における花や果実というのは、華々しくきらびやかな“役職・職種の中”にあると思っていました。
そうではなかった。
仕事の中で、何をするかよりも、
人生の中で、どうあるべきか、どう生きるかという視線を持つこと。

仕事以前に自分の心の柔軟性や自由自在さ、心のあり方こそ大切です。

今までは花や果実にしかウマ味はないと思い込んでいたのですが、
根にも、幹にも、枝にも葉の中にも必ずウマ味、醍醐味があるとが分かる視点ができれば、どんなことも楽しめるようになれたのです。

人は自分に無い物は、華々しく見えるものです。
枝とか葉だと思って軽んじている所の中にこそ実は、花や果実にすら含まれていない、大切なエキスが含まれているのです。

玉ねぎだって、皮にガンを治す力があり、
イチョウも実ではなく葉っぱに高い薬効成分があり、
タンポポには、根にデトックス効能があるように。

これから「何の」お仕事をしていくかよりも、
今から「どのように」自分があるべきか。
華々しい咲いた花を追うより、自分が人生で咲くことの方が価値があるのです。

私にとって一番の花は、その心華、心眼👀が開けたことでした。これこそ自分の内に咲かせる人生の花であり、本当の果実ではないでしょうか。

仮にあなたが、念願の保育士さんになられたとしても現実の職場はあなたの理想とは程遠い😱かもしれません。事務や裏方ばかりかもしれません。だから今すぐあなたが咲く生き方をすることです。

たとえいかなる仕事に就いても、お母さんの気持ちを理解できる優しいあなたならば、必ず多くの人の心を理解し、多くの人のお役に立てて、幸せの道を切り開けることでありましょう。
今日は母の日です。

今まで土となって泣くのをぐっと堪えてお姉さんの花を咲かせてあげてきたあなたの生き方こそ華。あなたの生き方の視点が変わることも花。夢を追い続けるのも花。
あなたが咲かせたい花を咲かせてください。

5年7ヶ月前

「思いは、伝えなければ決して伝わらない」

りい様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

りい様は今でも保育士になりたいとお思いでありますでしょうか?

高校三年生の時に親御さんにご相談された時から、親御さんもりい様もお姉様も含めて様々な状況が刻々と変わっているかとは存じます。もしも、「保育士になりたい」と今も強くお想いでいらっしゃるのでしたら、今一度、ご家族にご相談なされてみられてはいかがでしょうか?既に保育士になられておられるのであれば、お姉様から何か良いアドバイスも頂けるかもしれませんし、ご家族で資格取得へ向けてお金の融通も利かせて頂けるかもしれません。このまま想いをずっと隠し続けているよりかは、もう一度打ち明けられてみられることをお薦め申し上げます。

「思いは、伝えなければ決して伝わらない」・・最近の過去問の拙回答にても申し上げさせて頂いておりますが、人間は結構、(誇大)妄想において苦しみ続けてしまうことがあります。いつまでも高校三年生の時の状況にとらわれたままで、まだ二十代で色々なことにチャレンジしていける年代でもあるのに、このまま「後悔」を抱えてお過ごしになられるのは実にもったいないことではないだろうかとも存じております。

また、りい様はこれまでいくつか就職をなさられて社会も経験されてきておられます。その経験は今後の人生でもきっと活かしていくことはできるであろうかとは存じます。もし、まだ何とか働きながらにでも、保育士を目指すための準備期間であるとして、お金を貯めたり、働きながらにでも通信教育などで勉強を継続なさられることなども考えられてみてはいかがでしょうか?

そして、いよいよ機が熟すれば、本格的に資格取得のために専門学校へと進学なさられるのも良いかとも存じております。

これからの人生、もちろん色々な「縁」によって結婚や子育てやらと大変なことはまだまだ控えてくるかとも存じます。

このまま今の「後悔」を抱えた状態で、これからの人生を過ごすよりかは、今後の将来の色々なことのためにも、ここでもう一度、保育士になることを目指すのか、きっぱりと諦めるのかを考えて頂ける一つの機会として頂けましたら誠に幸いでございます。

りい様の人生に幸あらんことを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

5年7ヶ月前

思いを伝える

専門学校に行きたかったけれど、就職してしまった。

という後悔にあなたは悩んでおいでなのでしょうか?

それとも、親と相談することができないでいるという状態に悩んでおいでなのでしょうか?

一度、ご自分の悩みがどこにあるのか、心の中を探ってみていただきたいと思います。

人生の選択として、自分の希望していない方向を選ばざるを得ないということは、多かれ少なかれ誰にでもあることではないかと思います。

もし、あなたの思いが「保育士」になりたいというものであれば、回り道をしている分だけ困難は伴いますが、「保育士」の資格を得るための努力をなさっていくことだと思います。

通信教育という道もあり、そういう道を考えるのならば、必ずしもあきらめる必要はないのだと思います。

「保育士」の資格を取る道筋をよくお調べになり(期間や費用のことも含め)、その上でご自分が「保育士」の資格を取って保育の道を歩みたいというところまでご自分の意志が固まったのなら、自ずと親御さんやお姉さんに相談する内容も固まり、相談しやすくなると思います。

もし、「専門学校」に行けなかったということを後悔しておられるなら、「専門学校」というものへのとらわれから少しでも離れようとしてください。

選ばなかった道は、自ずから「選ばれない道」としてあなたの前にあったのです。
周りの状況、あなたの覚悟、その他諸々の原因(因)があなたを「選ばない」という結果(果)に導かれたのです。

それは「自然」なことであり、そうなるべくしてそうなったわけです。

大事なのはあなたのお心。

この機会に自分と対話してみていただきたいと思います。

5年7ヶ月前
回答僧

泰庵

子どもに触れる機会を持つ。親への伝え方は方法を考える。

りい様。

こちらの質問もそうだったのですね。
少しづつ質問する中でいろんな思いが浮かぶことと思います。

もし、家族と同居をされていたり、貯金が少しあって生活費を緊急に必要とされないのであればボランティアから始めてみてはいかがでしょうか。

学童や児童クラブ、図書館での絵本の読み聞かせ。キャンプカウンセラーなど、その辺りから子どもと触れる機会を持って子どもからエネルギーをもらうといいです。
まずはそれをはじめの一歩として歩まれたらいかがでしょうか?

残念ながら保育で飯を食べるなら資格は必要です。
資格を必要としない学童などに二年働いたのち、保育士試験を受験する。

あるいは、昼間バイトしながらお金貯めて通信制の保育科に3年通って卒業する。

制度の変更も少しありますが、具体的な助言としては上記のような感じです。

親への思いの伝え方は、時間をかけてスキルを磨いてください。
子どもに伝えることをしていく中でその親とも話す機会がでてくると思います。いきなり核心を話す必要はなく何気ない世間話でのコミュニケーションを重ねることも大切です。
また、口頭での話し言葉だけでなく手紙やメールでの伝え方もあります。

事前にお伝えしますが、保育の仕事は大変ですよ。給料も安いですよ。
私自身、15年前にもらった障害者施設での初任給より今の給料は低いです。

それでも、保育への情熱が消えないならチャレンジする価値はあります。
ウチの職場にも保育士試験の合格を目指して頑張っている若い衆がいます。

どうか、自分の中で納得できる歩みをもてますように。 なまんだぶつ。

5年6ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ