お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

父親を亡くした夫

つい先日、夫の父親(私からすると義父)が81歳で他界しました。
夫は独身時代から実家を離れており、夫の出身とは全く違う他県の私と結婚して、今も地元からは離れた場所で生活しています。
夫がずっと実家から離れて生活していたせいか、結婚後も普段の生活の中で夫実家の家族のことなど、あまり話題にはのぼりませんでしたし、帰省も年に2〜3回程度だったので、自分の実家や家族にあまり執着がない人なのかなと私自身勝手に思っていました。
けれど、そんなわけないですよね。
義父が他界してから、それまでの夫との生活では見たことのなかったような表情を感じるようになりました。
夫はお葬式の最中はバタバタしていて、悲しみに暮れる余裕もないとも思えましたが、出棺の際には顔を歪めて、今までの結婚生活では見たことのない悲しい表情を見せましたし、葬儀後は疲れもたまっているはずなのに、すぐに仕事に戻ってしまいました。
夫は、休んでいると多分悲しみでいっぱいになってしまう自分になりたくなくて、必死に忙しくしているように私には見えます。
私自身は両親とも健在なので、夫の気持ちを完全に理解するのは難しいと思いますし、理解しようなんておこがましいとも思っています。
けれど、妻として、できるだけ夫に寄り添い、支えたいという気持ちは強く持っています。
私は今後、どのように夫に接して行けばよろしいでしょうか。

身近な人の死
有り難し 6
回答 2

質問投稿日: 2015年3月23日 22:23

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

どうしたらいいのかと思いながら、聞き続ける

あしたばさん
“私自身は両親とも健在なので、夫の気持ちを完全に理解するのは難しいと思いますし、理解しようなんておこがましいとも思っています。
けれど、妻として、できるだけ夫に寄り添い、支えたいという気持ちは強く持っています。
私は今後、どのように夫に接して行けばよろしいでしょうか。“

ということですが

「自分は相手の気持ちを完全に理解することは難しい
ただ寄り添い、支えたい気持ちが強くある」

この気持ちを持ち接していくことが
独りよがりにならず、寄り添い支えることになるのではないかと思います。

ですので、あしたばさんは、旦那さんにこの気持ちを伝え
どのようにしたらいいのかと思いながら
長い時間をかけて旦那さんの気持ちを
聞き続けていったらいかがでしょうか?

あしたばさんの存在は既に支えになっているのではないかと思います。

3年2ヶ月前

父は死して子に宿る

STINGのソウルケージというアルバムを買ってさしあげてください。
すべてにおいて洗練された名曲名盤です。
世代的にも同じくらいかと。
この作品は、彼のお父さんが亡くなった時に作った作品です。
あらゆる人間で父親を介さずして生まれてこなかった人などいません。
およそ父親を強く意識する人であれば歌詞、楽曲、響かないものは無いのではないかと。
「WHY SHOULD I CRY FOR YOU」などは本当に素晴らしい歌詞、曲、そして父に対する赦し、自己解放が見事に表現された曲で、父を亡くされた方であれば涙なしには聞けません。
坊さんにお父さんを亡くされた方に歌詞と共に聞いてほしいと言われて買った、といって渡してみてください。ちゃんとそれがどういうものであるかを説明しながら。
誰もがいつかお父さんを亡くします。
偉大なる父親の精神的遺産はすでにご主人の中に宿っています。
それを感じられるようになれば、永遠にお父様を宿すことができます。
先に亡くなる事を示すことも父親の❝示し❞であるのです。
直接、こちらをご主人にご覧いただくのが良いかもしれません。

3年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

早速のお返事ありがとうございます。
葬儀からまだ間もなくで、あまり夫とゆっくり話も出来ていない状態なのですが、少しずつ気持ちを伝える努力を心がけたいと思います。

お礼が遅くなりましたが、ありがとうございます。
時間がたち、主人も少しずつ落ち着いてきたようです。
アルバムは主人の好みかも。うまく渡したいと思います。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ