hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

無とはなんですか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 41

少し哲学じみた質問なのですが、
仏教の教えで考えが変わるのであれば
どうかお話を聞かせて下さい。
学生時代、地球がいつかなくなると
授業で習いました。
だいぶ後の事だし今が楽しかったので、
そこまで気にもしてなかった事なのですが
ふと、そんな事を考えていたら、
地球がなくなる=いま生きている事がなくなる と繋がってしまい、いつか何もない
無の世界になってしまうのか?と
毎日不安で押しつぶされそうになりました
死ぬことが怖いとは思いませんが、何もなくなる世界が恐ろしくてたまりません。
この恐怖をなくして、前のように今ある命、人生を楽しく、人間らしく生きて
いきたいです。
変な質問ですみません。
どうかアドバイスをお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

何も無くならない

あなたは「無くなるのではないか?」という邪推に苦しんでいるだけです。
本来の無とは、もともとまっさらな純粋無垢な世界のこと。そこに対して自分の思いのペンキで塗りたくる(有化される)前、脚色される前の様子を無というのです。
だから、目の前にものがあっても無くても、元々の様子が無。
なくなる、とか虚無とか、そういうことではない。
ものがありながらも、考えや思考のペンキで塗りたくられ「有心され」ないことが無です。
実際、あなたが思い込んでいた無は、あなたを苦しめる材料でしかなかったでしょう?
カラッポの無、虚無、ゼロの無が何がどう、何の救いでしょうか。
般若心経や禅の公案でも「無」というのがあります。無という道理は、心が救われるための道理とされるならばまだしも、無という言葉を運びきたって救われない解釈地獄に陥るようでは虚無、空無、悪い意味でのネガティブな「無」です。
本当の無とは「ものがありながらも、見えながらも、そこに自分独自のわたくし的イメージを添えていない様子」が無なのです。
あなたの質問を読み返してみてください。
「世界はきっと…」「…無くなるのではないか?」←その思いこそが実は有心(思考のペンキ)なのです。何故なら、自分の思いを介入させているでしょう?
だから、それは<有><有心>なのです。
一切は自分が拾い上げなければ、さらさらと流れる川のようなものです。
たった今も映し出されているもともと無垢の現実の河の中で、何かを流れてきたものをつかんで認識に移すこと、拾い上げることが「有」なのです。
握り事や掴み事が心の中にあるから。
あなたが、そんな事を拾い上げて悩む以前を思い出してみてください。
まるで、問題にならなかったでしょう?
もっと、その時の今を謳歌していて人生も楽しかったはずです。そういう素晴らしい在り方が無、無心です。
あなたが、人から言われた論をつかんで、もともとサラサラと流れてい河をSTOPさせ、思考で有心だらけのドロドロの濁り川にしていただけです。目覚めましょう。
自分を救えない論はもう手放し、今も流れている、無心(あなたのペンキが塗られていない)の川の流れに目を向けましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

「無始無終」

ひまわり様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「無」についてお悩みのご様子をお伺い致しました。

実体としての「無」というものは無いかと存じますが、実体としての「無」は無いとしても、「縁起」としてはあり得ることにはなります。このあたりのことは非常に理解が難しいことですが、ひとまずは下記拙論をご参照下さいませ。

拙論「 死後について 」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1008841241.html

そして、いつかこの世が「無」の世界となってしまうのかどうかということですが、それは正直あり得ないことかと存じております。

もちろん、いつか膨張を続けているこの宇宙はやがて臨界期を迎えると今度は収縮に向かうことになるでしょうが、限りなく収縮したとしても、決して「無」になることは無いかと存じます。拙見解ではございますが、その凝縮されたエネルギーが、また何かのきっかけによるアンバランスによって、爆発(ビッグバン)、膨張を生じることになるであろうかと思っております。

この宇宙が誕生したのは、そのアンバランスさによるもので、本来は相反する超素粒子同士の衝突により、超素粒子同士が消滅して、ビッグバンは起こらなかったはずですが、僅かなバランスの崩れがあって、ビッグバンに繋がりました。そして、現在の宇宙が生成されているわけですが、これが収縮していったところで、アンバランスさは変わっていない可能性が高く、きっとまたそのアンバランスさにより、ビッグバンが起こるのではないかと考えております。

もちろん、何度かこの宇宙も膨張と収縮を繰り返す中で、やがてバランスが取られて、消滅してしまうこともあり得るでしょうが、それは相当先(千万無量大数年以上)として、それでも他の宇宙もたくさんございますので、この点ご安心下さい。

とにかく、この世は(実体としては)「始まりも終わりもない」・「無始無終」というのが仏教の基本的な考え方でもあり、あまりご心配に及ぶことでもないかと存じております。

それよりも、幾劫にも及ぶ輪廻の迷い苦しみのありようを何とかしていけるように心の連続体(心相続)のありようをより良くに変容させていくことが大切であるかと存じております。共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

ありがたいご回答
ありがとうございます。
本来の無 無心について
気づかされました。
私の思考ペンキで塗られている
←まさにその通りだと思います!
濁しているのは私だったんですね。

川の流れに身を委ねる生き方を、
考えることなくありのままに
受け止めたいと思います。

今という時間を楽しく過ごします!

ありがたいお言葉本当に
ありがとうございます^ ^!!

川口 英俊さま
ありがたいご回答
ありがとうございます。

何でも不安になり、今生きてる事さえ不思議に思ってしまっていましたが、この世に不安はないのですね。

不安から世界を見ていましたが、
仏教の教えからも宇宙のお話も、
今の私をしっかり救って頂けました!
本当に感謝でいっぱいです。
ありがとうございます^ ^!

「仏教全般」問答一覧

できる範囲での仏教でいいのか

短期間に多くの質問をして申し訳ありません。 hasunohaに出会って、自分の心と 向き合うための知恵や方法を少しずつですが知ることができました。 特に死生観や生きる意味については お経にしめされている教えや、hasunohaでの問答で 少しずつ道が見えてきたような気がして、 仏教の教えや考え方を取り入れて生活したいと 考えるようになりました。 そこで自分は、書籍などで仏教の作法やお経を調べて 実践しやすいものを生活に取り入れてみたのですが 家が檀家ではないし、近所にお寺が少ないので 自分がしていることが仏教的によいのかがわからなくて、 自分が読んだ本についても、今までの学の範囲内で 意味を考えているかもしれないので もしかしたら解釈が違ってしまっているかも、と不安です。 生兵法は大怪我のもと、のように 檀家でない人、制式に入信していない中途半端な人 が仏教の教えや作法などを生活の中に取り入れても 効果はないのでしょうか? 信仰はどこから有効なものなのでしょうか? また、今後自分がどうしていくべきか (どのように仏教と付き合い 生活の中に生かしていくべきか) を教えてください。 この質問が、今の仏教に対する冒涜のようになってしまっていたら 申し訳ありません。 乱文失礼しました。 追伸 今自分がしていること 寝る前に念仏を唱えて、阿弥陀さまにその日のことや 次の日のことについてご報告させていただくこと。 同じように空いた時間に念仏を唱えること。 お経や教えを心に留めて日常生活をすること。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺