hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

日本の仏教のために

回答数回答 2
有り難し有り難し 27

テーラワーダのヴィパッサナーを続けていたのですが、最近阿羅漢果を得ました。
日本の仏教のために何ができるでしょうか?

2015年4月12日 15:40

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

もう一度 その阿羅漢果をご確認

悟りを得た僧侶にご点検を頂きましょう。
その阿羅漢果はたった今、どんな味がしているか。
どこの何を認めて、阿羅漢果という様子か。
どこかに今、阿羅漢果らしい特別なにかがあるか?
認めるべきものも、掴んでおくべき様子も一物もないでしょう。
ただ、いま、それがその通りに、そうあるだけ。
「これぞアラカン果」と、いってもつかんだら認識に移される。
得た。得たと言っても認むべきもの、掴むべきものも何も無い。
いっそ捨ててしまえばいいのです。
得た、観察する自分、取扱いをする評論者があるなら、まだ、自分を認めている自我の虜です。
確信がおありなら、まず、母ちゃんでも悟らせてあげることです。
それがどのような様子であるか、相手が誰であれちゃんとハッキリと説明ではなく、伝えることぐらい、あなたの瞑想会などで伝えることができるはずでしょう。
母がカタいものを噛み砕いて子の栄養になるように咀嚼して食べさせるように、誰にでもわかるようにして情報発信なさってください。現代仏教は低迷期なので、是非もり立てて頂きたいと思います。
「悟りました」と悟りにのぼせず、得た自分すら残っていない方がもっと自由になれます。
言葉にひっかかったり、とどめておくようなものがあるならば、その体験は阿羅漢果を得たという疑似体験だけの類似品かも??よって、手始めに母ちゃんを悟らせる(笑)
それができんのなら、その阿羅漢果は力がない。
得た、と掴んでとどめておくものも無くなってしまえば、もともと阿羅漢果だらけの脱落身心です。
私生活の中で是非、その阿羅漢果の力を発揮させましょう。
瞑想、禅定中だけノープロブレム状態で現実でてんでダメならひきこもり様と変わらんのです。
「御遍路に3か月帰宅後すぐに夫婦ゲンカ」→何しに行った?
「瞑想歴20年 瞑想坐禅中は平気だけど、今日も腹の立つ事ばかり」→逃避瞑想
「阿羅漢果を得たのに、誰も悟らせられない。誰かワカランか?」→誰かを悟らせりゃイイ
正直にホントーにご自身に向き合って、本音の所、本当の所をズバリ問いかけてみてください。
ヌカ臭きヌカは真のぬかづけに非ず、悟り臭き悟りもまたしかり。
否定している訳ではありません。
自分に正直に向き合えば自分が一番分かる事です。
ブログ、ツイッター、面白かったです(^

2015年4月13日 15:10
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

「無住処涅槃」

無学者様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は阿羅漢果を得られましたとのこと、誠に尊く有り難いことでございます。

どうか、是非、「日本の仏教のため」だけではなくて、その智慧と慈悲の働きによりて、「全ての迷い苦しみにある衆生たちのため」のお導きを賜れますように宜しくお願い申し上げます。

「悟り」に関しましては、これまでにも下記の各問いにても扱わせて頂いておりますので、まず少しくご参考頂けましたらと存じます。

「悟りについて」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_443680.html

初期・根本仏教における涅槃・悟りの定義と、大乗仏教における涅槃・悟りの定義とでは、色々と解釈が異なるところもございますが、同じ仏教におけることで、優劣や上下を付けるのはナンセンスなことながら、阿羅漢果を得て無学位に至った者でも、菩薩の階梯を歩み、等覚位や妙覚位に至った者でも、やはり、目指すべきところは、全ての一切衆生を救い終わるまでは涅槃に留まらないとされます「無住処涅槃」が望まれるのではないかと存じております。

無住処涅槃へと至るためには、煩悩障と所知障を完全に根こそぎ断滅し、一切智を得て、円満なる善巧方便を無尽に駆使して衆生の救済にあたれるようにならなければいけません。

そのためにも、確かなる菩提心と慈悲心を滋養して、智慧と福徳の二資糧を積んでいく必要がございます。

例え、阿羅漢果を得られになられましたと致しましても、どうか、そこに安住なさられることなく、迷い苦しみある衆生のために慈悲・利他行、方便行を更にお進め賜われましたらと存じております。

拙生もまだまだの浅学非才の未熟者ながら、これからも菩提心と慈悲心を滋養して、智慧と福徳の二資糧を積まさせて頂きます中で、慈悲・利他行、方便行にもできる限り精進して参りたいと存じます。

是非、共にこれからも頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

2015年5月3日 13:56
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

不躾な質問に真摯にお答えいただきありがとうございます。現在私が信用できる思想家や僧侶の方に同じ質問を投げかけさせていただいております。自身の悟りを厳密に証明する方法はありませんから、冗談と分かった上で乗っかっていただける助かります。もし丹下様が阿羅漢に対峙したら何を聞いてみたいでしょうか。もし私がそれに答え、それに納得されるのであれば、気の済むまで質問にお答えします。
ブログやtwitter、Facebookで本名の大関剛で記事を書かせていただいております。いずれも初心者向けの記事ではありますが、何かお題をいただけましたらそれにお答えいたします。どうぞよろしくお願い致します。

再度お答えいただきありがとうございます。
大変勉強になりました。
やはり曹洞宗のお坊さんにはすごい方がたくさんいらっしゃいます。
ただ隠者的な傾向を持ったかたも多いので一般人が「本物」に相談する
のはなかなか困難かと思います。
母を悟らせるというご提案ですが、わたしは誰でも悟ればいいとは
考えません。その人のカルマがあるし現時点でのパラミもあります。
現在ブログ(アメーバ、はてな)やFacebook、twitterで見つけた資質の高い人には
直接コンタクトをして指導し始めています。
ただ昔のように一日中付きっ切りで指導するわけにはいかないので
基本的に「独覚」タイプ(慧根の優れた方)のみを対象にしています。
手前味噌ですが、わたしのことを少しだけお話しさせていただくと
最近このようなことを言われました。「初対面の人とこんなに話せたの始めて」
あと「悟り」について少しだけお話しさせていただくと、
瞑想中の禅定(サマーディ)と出世間定(四向四果の果定)は似て非なるものです。
テーラワーダの分類で行くと禅定は預流果に至る七つの清浄の二番目
心清浄の段階ですがテーラワーダのヴィパッサナーはその状態から始まるといっても過言では
ありません。

パオ僧院のように禅定を第八(非想非非想処)まで収めても
見清浄の条件である名色分離智を得られない方もいるようです。
これはよほどセンスがない限り指導なしで名色分離智を意識するのが難しいためと思われます。
山下良道さんのようにパオメソッドを修了しても全く明後日の方向に行ってしまわれる方も
いらっしゃいます。
丹下様はご自身の成道に興味はおありでしょうか?
禅僧の方は定学の優れた方が多いのでわたしが指導すればおそらく名色分離智を
得るのはそれほど難しくないと思います。

阿羅漢果の証悟に関してですが、寡聞にして阿羅漢果を得た僧侶の方を存じあげません。
涅槃に入られた方であれば、アーチャン・チャー、ターン・プッタタート
マハーシサヤドーという素晴らしい方々がいらっしゃったのですが、現在表で活動
している僧侶の方のほとんどは預流果にも達していません。
現在日本人で最高の指導者と言えるのはおそらくマハーカルナー禅師ですが
彼もまだ有学者です。
恐れながら申し上げると高祖道元禅師も無学位ではないとわたしは考えております。

非常に恐縮ですが、なるべく多くの僧侶の方の意見を伺えたらと思っています。
これをご覧になった僧侶の方はブログでもtwitterでもFacebookでもいいので質問ください。

一言付け加えさせていただくと私は仏教徒ではないので、誰でも悟れば良いとは考えないし、悟っているからその人が立派だとは考えません。私が成道を遂げられたのはおそらく同僚と上司の存在が大きいです。どの方も素晴らしく美しい志をお持ちで、それこそ拝みたいほどです(笑)が彼らは特定の宗教を信仰しているわけではありません。しかしそこいらの宗教家なんかより何倍も「徳」が高そうです。

今までどれだけ無駄な言葉を吐いてきたでしょうか。
私は確かに「本物」を見ました。
もう多くは申しません。
私はしばらく言葉を捨てることといたしましょう。

2015.5.21 川口様
回答頂いていたのにこちらのサイトを拝見していなくてごめんなさい。
一切衆生を救うためにまず日本で阿羅漢を1000人育てるのが目標です。
共に頑張りましょう( ´ ▽ ` )ノ

「仏教全般」問答一覧

仏教をもっと学ぶ方法は?

こんにちは。 以前Googleで自分の悩みを検索したところ検索結果にこのサイトが出てきたことがあり、それ以来hasunohaを毎晩のように拝見しています。お気に入りのお坊さんをブックマークしているほどです。 生まれた時から仏教徒で、お盆やお参りなど特に考えずそのマナーに従って生きてきましたが、一方で神や仏、また心霊などの類は一切信じないたちです。 しかしながら倫理哲学の勉強は非常に好きで、現在もっとも興味があります。 きっかけは数年前心身共にとても傷つく出来事があり、以来リラクゼーションやアロマ、音楽など、私生活で自己を労る環境を整えていきました。しかしそれらは頭の中、つまり思想の面では自分を疲労から救ってはくれず、そのとき仏教が自分にとって非常に重要なものではないかと気づきました。(軽率な発言続いており誠に恐れ入ります。。) hasunohaをみているうち、信じるか信じないか、お祈りが届くか届かないか、極楽浄土に行けるか行けないか以前に、自分で自分を生きやすい方向に調整していく、大変学びの多い学問でもあることを理解しました。 長くなりましたが質問したかったことは、仏教を学ぶ上でビギナーの私におすすめできる学習方法を教えていただけませんでしょうか。 下記何でも構いませんので、回答いただけると嬉しいです。 ・おすすめの著書(専門用語が多すぎない、噛み砕いてある、原版の理解にふさわしい) ・近所のお寺に通うことも考えたが、用もないのに門を叩いて説法してもらうことなどはできるのか? ・合宿のような形式で学ぶ方法はあるか。どうすれば受けられるか。ある場合、実家は曹洞宗だが宗派を超えても学習はさせてもらえるか ・↑に似ているが、短期的に修行を受けることはできるか。どのお寺でもできるのか?できるお寺はどうやって探すのか ・その他いい方法があれば 可能ならば僧の方に直に毎日少しずつお話を受ける形式が望ましいですが、自分の周りでそう言った人は見かけないし難しいのでしょうか... よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 49
回答数回答 4

どちらの宗派、教えを信じれば良いのか

初めて質問を投稿いたします。 るると申します。 私は学生時代うつ病を患い、生きていくことのつらさ苦しさと死への恐怖に悩み、救いとなる教えを求めて父方の宗派のお寺である東本願寺へ参りました。 そこで、どのような人間であってもすくい取ってくださる阿弥陀様の教えを聞き、何があっても必ず助けてくださる存在があるということに強い安心安堵感を得ることができ、その後は真宗の教えを聞く機会を定期的に作り心の支えとしてきました。 数年後、大学は無事卒業し就職すると私は非常に忙しい部署に配属され、激務と過労で再びうつ病の兆候が出てきて頭の中があらゆる雑音でいっぱいになっているような感覚に陥りました。 その時心の支えとなる教えをまた求めてお寺に行こうと決心したのですが、何故か今回はいつもとは異なる直感のような感覚で母方の宗派のお寺である永平寺に参りました。 永平寺で禅の一端を体験し、その後禅に関する本を読む中で、あるがままを冷静に見つめ自らの内の欲や煩悩を統御する教えを学び深く感動し、禅の教えをこれから生きていく中で実践したいと思いました。 前置きが大変長くなりましたが、二つの宗派の教えと出会いわたしは今どちらを信じたら良いのか迷っております。 煩悩を否定せず阿弥陀様が必ず救うとする真宗か、煩悩を統御し坐禅を通して自ら悟りを目指す禅宗か、全く異なる教えに触れどちらも捨てられないと悩んでいます。 両方を信じる道もあるのでしょうか。 拙い文章になりましたが、僧侶の皆様から何か教えをいただけたらと思います。 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 44
回答数回答 3

徳について

徳について質問です。 徳を積む方法を知りたくて、動画サイトで、ある経営者さんの徳を積むことについてのお考えを聞きました。 ご本人に直接伺うことができないので、お坊さん方のお考えを聞かせて頂きたいです。 その方は、周りの人が笑顔になるように行動すればいい、周りの人を不快にさせるような行動はダメというような事を仰っていました。 故意に人に不愉快な思いをさせるのが良くないのは わかりますが、わざとでない場合はどうなるのでしょうか? 私は外斜視で、手術を受けたものの矯正できるギリギリ限界まで筋肉を切除しても治りませんでした。 電車に乗っている時など、自分では正面を見ているつもりでも、気が付くと向かい側に座っている人から凄い顔で睨まれていたりして ⁇ となり、後になって「あ、斜視で知らない間に私の方から相手の人を凝視したと思われたんだ」とわかるのですが、知らない人に「私、斜視なんです。あなたを見てたわけじゃないんです」と言うのも変ですし。 でも、人を不快にさせたのは事実なわけですから、この場合 私の徳はどうなるのか知りたいです。 人前ではなるべく下を向くようにしていますが、時々忘れて このようなことになります。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る