hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

子供も親も互いに選べないのはどうして?

回答数回答 6
有り難し有り難し 118

この世の中には
①子供がほしいのにどうしても授からない人。

②子供が欲しくないのに何人も産み落とし、あげくの果てに育児放棄したりする人。

③子供が欲しくて授かりさらにその子が障害児でもきちんと育て上げる人。

子供も親もお互いに選べない中例えば、病気や障害、もしくは親の虐待ですぐに死んでしまう子供はなんのために授かるのでしょう。
私は10年以上鬱病で、満足に子供達と遊んであげたりすることができませんでした。主人や母、さらには義父母などの力をかりてやっと育ててきたぐらいのダメな母親です。私のところに来てくれた子供達が時々不憫でなりません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人間のか弱さは 優しさを引き出すことも

「ダメな母親でごめんね」
もしくは
「立派な母親の私に感謝しなさい」と

相反する言葉をかけられたとしたら

私は前者の言葉に尊いものを感じます。

自分の至らなさを自覚している
人間のか弱さは

周りの人の優しさを引き出し
繋がりを生んでいるのではないかと思います。

ゆうさんとお子さんの存在が
ご主人、お母様、そして義理のご両親の
優しさ引き出し、繋がりを育んでいるのではないでしょうか

どなたも
迷惑をかけられたというよりも
お子さんとの時間を
豊かに過ごされたのではないでしょうか

お子さんも多様な人間に育まれ
新たな視点を与えられたとも思います。

何よりあなたの存在が
お子様に成長を促したかもしれませんよ

極度な迷惑をかけてはならないという考えは
人間を途方にくれさせ、孤立を生みます。

不憫と嘆くところから
助けてもらえる有難いご縁を頂いたなと
感謝してみませんか

そして
ゆうさんが元気になられたら
困っている人を助けてあげたらいかがでしょうか

また
人間は生まれながらに
親も、時代も、国も、性別も、才能も選べません
自分の思い通りに生きようとする限り
境遇を恨み、他人を羨むしかありません。

与えられた自分を生きる
良いことも悪いことも含めて
自分を支えているものだと
受けとめられた時
新たな世界が開かれるのではないでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


一切は、自分の願いとは無関係に存在している。

「この世は、自分の思いや願いとは、まるで無縁な世界」=一切皆苦・無常・無我だからです。
それを悟る事で、あなたも涅槃寂静、心が静かになります。
それがこの世の大前提であることを、まず知るべきです。
ですが、それを深く悟る事で、この世界に自分の要求や願い望みを持つ事が無くなるので、心静かになります。
この世界は残念ながら、有り難い事に、人間のルールが先じゃないんです。
人間は、人間の都合で自分のルールを、この無常、無我の世界に「常」や「自我」を要求するから苦しみが生まれるだけなのです。だから、このカラクリを悟れば、この世界に人間の無理な要求を押し付けること無くなって、お任せするだけでいられるので、心が安らぎます。
あなたの場合、諸行無常とは、自分がこうだと思いこんだものではないのだ、無常ゆえに、決まりも、定まりもないのだと悟るべきであり、
諸法無我とは、この世は、自分も私の子供も先祖も含め、誰もが誰の親の元で生まれてこようとか、無しに生まれてきたのであり、思い通りにならないならばこそ、そういう願いを持つべきではないのであり、それによって、真実のすがた寂静を悟り、涅槃(安らぎ)に至るのである、と読むことで必ず救われましょう。
子供が不憫であると思って、自分を卑下し、その卑下した表情や態度で子供に接することが一番自分も子供も不幸にします。それは単なる一面的なものの見方に、あなたがこだわろうとしているだけです。そういうネガティブ陶酔、悲劇のヒロイン症候群を今日限りでやめ、ハスの花のように、過去の泥を吸収して養分にして、かつ染まることなく生きることがあなたの日々の子育て、家族に対するおつとめです。
困ったことがあったらいつでもお電話ください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

なりふりかまわず生まれてきたから

前世で死ぬときに、とにかくまだまだ生きたいんだ、どんな境遇でもいいから生きたいんだ、というレベルの心だったから、なりふりかまわず、手近な受精卵に飛び付いて生まれて来たのだと思います。
もしも前世で精神統一をマスターした聖者だったなら、精神統一状態の世界しか好まないため、梵天とか天のような神様にしか生まれ変わらなかったかもしれません。
病気や障害などの肉体的な条件はさまざまでしょう。
人間とはそういう苦しみを抱えた存在です。
そんな苦しい人生でもいいから、とにかく生きていたいんだ、という暴れんぼうな生への執着により輪廻した結果、生まれてきたのです。
あなたのお子さんが生まれ変わろうとして瞬間に、ちょうどあなたの身体が命を宿す準備ができていた、ただそれだけのことです。
その瞬間は、生まれようとする子供と生もうとするあなたの身体との利害が一致していたのでしょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

あなたの勝手な判断。

難しい問題のような気のしますが簡単かもしれません。
人間の思い通りに物事が進む訳が無いからです。
ゆうさんはお子さんに対して不憫だと感じているのですね。
十分にしてやれてない、自分の病気のせいだと思われているみたいです。
一度軽い気持ちでお子さんに何が最近楽しかったのか聞いてみてください。
つぎにお母さんといて楽しかったことを聞いてみてください。
多分お子さんは楽しかったことを伝えてくれます。
それがゆうさんからみてつまらない事かもしれません。
子供はディズニーランドに行くことも好きですが母親といて一緒にかんじられたことの方が
印象的で喜んでいるのかもしれません。

親や主人を使って子供が育っていれば十分母親合格です。
虐待したり子供の性格成形に問題があれば別ですが
そのような感じは全くしません。
私から見れば立派な母親です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


きっと選んでますよ。

ゆうさん、はじめまして。

仏説ではないのであくまでも個人的な考えですが…

人は因果の法則で生き、業を昇華することを目的とし、輪廻転生して今を生きていると考えると、子供が親を選んで生まれてきているといっても不思議ではないと思います。

学問的にいえばつじつまが合わないこともあるかもしれませんが、
この世のものはすべて「因=果」「縁=報」で成り立っています。

前世でやり残した越えられなかった宿題をもって今世に生まれてくるならば、その宿題の方向に連れて行ってくれる親を私なら選ぶでしょう。

親になる人も、またそれぞれに残った宿題をやるために生まれてきていると考えると、生まれてきた子を本来望んでいたはずです。

いかんせん、前世の記憶はありませんから、戸惑うのは当たり前の話ですが、与えられるためには何らかの因果があり、得たからには何らかの果報があるはずです。

精一杯やるしか方法はありません。

ゆうさんは、鬱を患っておられるとのこと。
大変だと思いますが、お子さんはきっと
あなたを選んで生まれてきてくれたんですよ。

嬉しいじゃないですか。
ありがたいじゃないですか。

鬱になった原因はわかりませんが、人はみんな、言葉や態度と心はうらはらなものです。
わかってもらえず、うまくいかず、身動きが取れなくなることなんていっぱいあります。

でも、お子さんはみんなあなたを必要としているはずですよ。

特別なあなたじゃなくて
何でも出来るあなたじゃなくて
上手に出来るあなたじゃなくて
お母さんのあなたじゃなくて
子供の望むあなたじゃなくて

ただのあなたを

素顔のあなたを

だって、沢山の夫婦の中で、沢山の女性の中で、
わざわざあなたを選んで来たんですもの。

元気を出してくださいね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


全ては如幻ではあるが・・

ゆう様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

そうですよね・・この世では、色々と選べないことばかりにて思うようにならないことの方が圧倒的に多いですよね・・

もちろん、これにも確かな理由がございます。もっともこの世界というものは、実体(永遠永久に変わらない、独立自存なもの)として成立しているものが何もないため、選ぶモノ・コトも選ばれるモノ・コトの双方ともに実体として存在しているものではなく、本来は、選ぶ、選ばれる何かが実体としてあるわけではないのであります。

簡単な例えと致しましては、幻のようなものが幻のようなものを選ぶ、幻のようなものにより幻のようなものが選ばれるみたいなこととなりますが、それでも現にゆう様の目の前の世界は確かに展開していっており、存在しているものがあって、決して何も無いというわけではありませんよね。

もちろん、それらの存在、モノ・コトは、実体としてあるわけではなく、様々に「縁起」によりて成立して変化していくものであると仏教では考えることとなります。

縁起にも幾つかの考え方がございますが、まずは最も理解しやすい「因縁果」ということをお考え頂けると良いのではないかと存じます。

因縁果とは、全てのモノ・コトの結果には、必ず、因、つまり、原因(直接的要因)と縁、つまり、条件(間接的要因)が作用しているということでございます。

そして、ゆう様が挙げられたる三項目にも、もちろんしかるべくの因縁があり、ゆう様の今における結果にも当然にその因縁があるのであります。

ここからが本題となりますが、過去の因縁は既にどうにもできませんが、これからの因縁はこれから次第であり、しっかりとより善いものへと調えていくことで、より善い結果へと向かうこともできるということになります。

しかし、それをいつまでも後悔や自己嫌悪に陥られてしまわれて、より善い因縁を調えるための努力ができないのであれば、いつまでもその悩み苦しみからは逃れられないということになりかねない恐れがございます。

まずは自分はダメだ、子供たちが不憫で可哀想だという思いを少しずつでも変えていけるようにして、もっと前向きに、もっと楽しみを持って取り組めるようになさられるだけでも色々とこれからが変わってくるのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

中根さま
ご回答ありがとうございました。
「自分の至らなさを自覚している
人間のか弱さは周りの人の優しさを引き出し 繋がりを生んでいるのではないかと思います。」目からウロコでした。私は自分が他の母親と比べて自分を責めてばかりいました。自分の至らなさが何かの役に立っているなんて。色々な人に助けられ育てられた息子たちは人見知りをしない、ご高齢の方に優しい子供に育っているかもしれません。自分が鬱でなく元気で教育もバリバリ1人で行える母親だったら、もしかしたらこんな人見知りをしないのびのびとした子に育たなかったかもしれません。アドバイスありがとうございました。

覚元さま
いつもありがたいお言葉ありがとうございます。
そうなんですよね。
世の中、自分の思い通りにならないということが受け入れられなかったのです。
自分が産んだ子供を理想通りに育てられない。
そんなことは当たり前なことなんですね。子供も理想通りの家庭に生まれてくることはできない。
ないないだらけだけど、自分が今精一杯できること、愛していますよ、大切な家族ですよということだけは発信し続けたいと思いました。
確かにかなり悲劇のヒロインだったかもしれません。というか本当に幼い人格でした自分の思い通りにならないことを無い物ねだりして駄々をこねて拗ねて泣いて押入れに籠っている子供。
そうなんだ。思い通りにならない。って教えていただいてふと気持ちが楽になったような気がします。ありがとうございました。

三品さま
ご回答ありがとうございました。
仏教の無常とは何かとても悲しい言葉虚しい言葉に捉えておりましたが、そうではなくて、思い通りにならないって知れば生きていくのって案外と楽になるという事だったんですね。
思い通りにならない人生をどうやってしなやかに生きていけるのかと考えました。私なりの答えは周りの人に感謝の言葉を伝え続ける事だと思いました。何かをしてくれたからありがとうではなく、私のそばにいてくれてありがとうと伝え続けたいと思いました。

願誉さま
アドバイスありがとうございました。
利害が一致した。なるほど人の生命はそんなクールな仕組みでできているのかもしれませんね。1日でも長く生きたいと思っていてもバッサリと事故や災害などで命を絶たれてしまう人もいれば、とりあえずもう1度生きたいから空きが見つかったらその母体に自分を託し生まれる。人間の転生など、以外とそんなシステマティックなクールな仕組みで出来ているのかもしれません。よりよく生きたい、自分の思い通りの子育てがしたいと思うなんて転生工場(あったとしたら)の工場長に笑われてますね。ありがとうございました。

英俊さま
いつもありがたいお言葉ありがとうございます。
因果というのは変えられる。確かにこの世は自分の思い通りにならない。でもポジティブに捉えて今を周りの人たちと楽しみながら生きていく事って素晴らしい事かも!お金持ちになるより、子供がエリートに育つよりそんな事より毎日周りの人に感謝の気持ちを忘れず笑って生活できればなんだか未来もそんなに絶望する事はないのかもしれません。素敵なアドバイスありがとうございました。

小原さま
泣きました。
誰かに、こんな私でもいいんだよと言って欲しかったのです。
子供が勉強ができない、家事もうまくこなせず、夫のサポートもできない。
こんな私でもいいんですね。こんな私を家族や友人に選んでくれた周りの人に感謝の気持ちを込めて笑顔で接していけるよう、私にできる事はそんな事ぐらいですがそんな事をずっと続けていこうと思いました。

たくさんのお坊さまからありがたいお言葉をいただき、私は果報者です。
今ままでずっと自分の病や境遇を恨み、他人と比べては虚しい日々を過ごしてきました。
この世は自分の思い通りにならない。だから求めないし、輝かしい未来なんて想像しない。毎日を私と関わってくれた人たちに感謝しながら楽しみながら生きていこうと思いました。
また迷ったりしたらご相談するかもしれません。
しかし、こんな駄々っ子のような私に真摯にアドバイスをくださったお坊さまたちに本当に感謝しております。
皆様から頂いたお知恵はいろんな形でお返ししたいと思っております。
本当にありがとうございました。

「子供のこと・子供との関係」問答一覧

子供に対して神経質気味な私

私自身の、高校1年生の娘への接し方を変えたい思いでおります。 娘のやりっぱなしな行動が目に付いてしょうがなく、全てにガミガミ言ってしまってます。部屋が汚い、必要ない電気はすぐ消す、靴を並べる、出した物はすぐ直す、脱いだ服はすぐ片付ける、等々の日頃の細かな行動への躾と言いますか、この子が大人になった時に、この状況を平気でいられる子になったら本人が困るとか、気づけない子になるとか、そうならない様にきちんと育てないと、との思いが強すぎてるのだと思います。追いかけ回して指摘してる感じです。もちろん、娘はうんざりしており、そのせいで何度も喧嘩してきてます。私が諦めると言いますか、完璧を求めなければいいだけの話しです。将来困るのは娘で、恥をかくのも娘。身をもって学んでもらう事も一つの方法ですが、親としては、なるべく遠回りせずに身につけさせてほしいといいますか。私も指摘するのが癖の様になってしまい、一つの執着心の様になってる気がします。娘に目を向ける時間をあまり持たない為に、自分の事に目を向ける様意識したり行動したりもしてますが、目に付くと気になりイライラがとまりません。高校3年生の息子には、娘ほど腹は立たない様な気がします。どこかで男の子だから、女の子だから、という気持ちがあるのだと思います。我が子は二人とも、小さい頃からよく友達、学校、部活、悩み、好きな子の事を話してくれており、現在も、よく話してくれる方だと思います。なので、子供達の状況は私も知ってる事が当たり前の様になってしまっており、少し過干渉気味でもあると思います。その為、子供の友達に対しても、口を出してしまう事もあり、当然、友達を悪く言う私に怒りをぶつけてきます。 自分の理想な子供像が無意識の中にあるのかもしれません。これから先もっと子供達は親の言うことは聞かず、自分の考えで判断し行動をとっていく事になっていきます。私自身がそうでした。自分の思うがままに突き進み、親の気持ちを理解しようともしてきませんでした。そのせいで大切な事を理解し大切に出来るまでに、遠回りをしてしまいました。そう言う人間になってほしくない気持ちは強いです。子供を信頼する、完璧を求めない、子供は子供の人生を生きていく事も分かってはいるのですが… 自分でコントロールできないので考え方を変えると言うよりも、根本的な部分のご指導を頂きたいと思います。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

子供へ対しての罪悪感

こんにちは。 私は22歳の時に結婚をし、その後出産。 わたしにも本当に悪い所はあったのですが、妊娠の時の怒鳴り方や流産しかけたのに無関心さやお金のことなど色々な事があり出産前に離婚しました。 その後、関わりはありません。 そして子供が3歳の頃今の旦那さんと再婚しました。 子供がとても懐いてこの人ならと思い再婚し、子供が6歳の時に妹が生まれました。 上の子も兄弟ができた事すごく喜んでくれました。(一度下の子が生まれる少し前に死産をした為無事に生まれてきて余計に嬉しかったのかも) 旦那ももちろん下の子が可愛い可愛い!ですが、上の子の事も変わらず面倒を見てくれます。 周りからすると、やっと幸せな家庭をもてた。と思うかもしれません。 しかし、私の中では子供達への罪悪感が消えません。 一度離婚して父親の違う姉妹にしてしまった事。普通の周りとは違う家庭で産まれてきた事。 私の失敗なのに、子供達へそんな思いを少しでもさせてしまうこと。 大きくなればなる程その事が意味が分かってくると辛い思いが大きくなるのではないかと、、。 今更なのは分かっています。ただ、姉妹2人を見てるとすごく罪悪感に押しつぶされてしまいます。もちろん幸せに思う時もあるのですが、、 上の子が寂しそうな顔をしている時や 下の子はまだ赤ちゃんで分からないが、大きくなるといつか話さないといけない。 その時の気持ちを考えてしまうと辛いです。こんな事今から考えてもいけないと分かってますが、毎日毎日罪悪感が募ります。もっと強く明るい母親になりたいので少しでもアドバイスを頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

子供の目が見えなくなるかもしれない

こんにちは。いつも相談に乗っていただきありがとうございます。 半年ほど前にご雑談させて頂いたのと同じ内容なのですが、私の子供はとても目が悪いです。 2年生ですでに強度近視。このまま行けばコンタクトの制作範囲を超えてしまいます。 将来的に失明や視力不全になる可能性も高いです。 今は眼科に通い、治療もしておりますが、進行が早く、検査のたびにゾッとしてしまいます。 前職が目に携わる仕事をしていたのもあり、今の子供の状態は、楽観視出来る状態ではありません。 どうしても食い止めたくて、治療や運動、目に刺激を与えるなどしてますが、全く後悔なく落ち込んでしまいます。 保険外の治療に手を出す事も考えてます。それでも、と思うと怖くて眠れません。 やれる事はやっている。悩んでも解決するわけではない。医療技術が進んでいるのだから、将来的には解決される話なのかもしれない。 わかっているのですが、受け止められません。 また、子供に対して、目のことで私が過敏になっている事です。 勉強する時の姿勢、いつも本を読んでいる事、食べ物の好き嫌い。 視力が変動する大きな理由ではないものの、少しでも目を悪くさせたくないので、つい過敏に注意してしまいます。 注意した後にいつも後悔します。 目のために姿勢を良くして、目のためにあれを食べて、これを食べて。遺伝や体質的な問題がほとんどなのに、つい気になってしまいます。 本来であれば好きに食べさせたい、好きに本を読ませい、勉強してるだから褒めるところなのに、そう思うとどうして良いのかわからなくなってしまいます。 家族や両親に相談すると、技術が発展するから大丈夫。 死ぬわけではないのだから前を向きなさい。 口うるさく言って、子供の心を傷つけるなと言われ、本当にそうだなぁと思うのですが、未熟な私は受け止めきれないのです。 子供に悲しい思いをさせたくないです。 どうしたら良いのでしょうか。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

子どもとの距離感がわかりません

高校生の息子との距離感がわかりません。 息子はスポーツをしています。食事やマッサージなどのサポートをしてきました。 しかし、怪我をしてしまい、目標としていた大会に出ることが出来ませんでした。 怪我を克服し練習はきちんとこなしているようです。怪我を予防するために教わった メニューはサボってるようで、最大限努力しているように見えません。学校からは家族のサポートを求められていますが、目標を達成できなかったことや最大限努力しているように見えないこと、また、私自身が資格取得に向けて忙しいので、今までのようにサポートする気が起きません。 今までが過干渉だったような気もするし、 今が無関心すぎるような気もします。 今までなら声かけをしていましたが、今はサボるのも息子が決めたこと、とも思います。また、怪我をしてほしくないけど、ケアを怠って怪我をするなら、自業自得な気もします。 過干渉なのか、無関心なのか、適度な期待をどうかけたらいいのか、距離感がわかりません。見守る、見放す、の違いが出来ません。 発達障害の傾向があり、非常に育てにくく、他の家庭より苦労してきて、大会にも出られないのか、との思いもあります。 怪我をした時に、面倒くさいと病院にいくのが遅れたので、呆れてもいます。そんな自分は親らしくないと嫌な気持ちにもなり、疲れます。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

子供のからの信頼を回復したい

初めてご相談させていただきます。 長男との関係のことですね。 先日、ほんの些細なこと(私にとってだけかもしれません)が発端だったのですが 今まで溜めに溜めた息子の心の声が溢れたようで、金さえ出しておけば親なのかよ!俺の気持ち考えたことあるのかよ!お前のせいでカスみたいな人間になっちまったんだよ!と。 私は自分の事でいっぱいいっぱいでしたが、育児書を読み漁り、太陽みたいなお母さんが目標でした。いつも子供達の味方でいるお母さんになりたかった。でも、実際は真逆でした。 思い通りにならなければ怒鳴り散らし、過干渉で、お陰で長男は不登校になり心も病んでしまいました。 子供にはよく人の気持ちを考えろと教えているのに、お前が俺の気持ち拾えもしないくせに、よく言えたもんだな!そんなんで感謝や尊敬されるとでも思ってるのかよ!と言われました。 全くその通りです。 でも、私は子供たちを大事に思っています。それも自分の都合で、変わるのを子供はかんじているのでしょう。 本当に情けない母親です。母親なんて烏滸がましいです。 自分自身のことをカスだなんて言わせる母親なんて、息子が、かわいそうです。自分を好きになってほしいです。 私が長い年月をかけて、そのように育ててしまって、簡単には親としての信頼が回復なんてしないとは思いますが、息子のこれからの人生生きやすくしてあげたいと思っています。親としてやるべきこと、これからでも間に合うことが有ればぜひ教えて頂きたいです。 下2人は長男のようには思っていないようですが、それも長男とのやりとりから対応を変えていたからかもしれません。そう思うと長男がさらに不憫です。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

長女に対する後悔の気持ち

長女に対して後悔の気持ちが強いです。 長女が産まれたときは私自信まだ考えが浅く幼くて自分の遊びたい気持ちが強く、長女を家に置いて遊びに出たりしていました。また、酷く怒鳴ったり手をあげたこともあります。 休みの日は一緒に出かけたり旅行に行ったりもしましたが、仕事を理由に夜遅く帰っては長女の相手をしなかったり、とても寂しい思いをさせていました。 次女が産まれ、可愛い盛りになった今、思うのは長女のことです。 次女が笑うたび、抱っこするたび、あのころの長女を、こんなふうに構ってあげなかったこと、夜も寂しくて起きただろう時に横にいてあげなかったこと、甘えたい時に傍にいてあげなかったこと、だからあの頃、長女は寂しくて指をしゃぶっていたんだと、ずっとお母さんを求めていたんだと、考えては涙が出てきて仕方ありません。 取り戻せない寂しい時間を、後悔して後悔して、長女には申し訳ない気持ちでいっぱいです。 今はもうほとんど連絡もなく、長女ももうすぐ成人です。 私は今からでも少しでも長女の寂しさを埋めることはできるのでしょうか。そもそもその考えは私のエゴなのでしょうか。 お願いします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

子供の友達

子供の友達 私の子供の友達に、怒ってばかりいる子がいます。2人の関係が気になるので相談に乗って頂きたいと思います。 私の子も、怒りん坊の子も女の子で、5歳です。同じ園で、年少の時から私の子と仲良しで、盛り上がる時は2人で笑い転げて、気が合う部分が多いのだと思います。 私の娘の性格は、穏やかで、もっと小さい頃から怒った事があまりなく、幼児にしては泣かない子です。大人しいという感じではなく、元気で明るく、よく喋ります。1人っ子で、誰とも喧嘩をした事がありません。先生から「精神年齢が高い」とよく言われています。 怒りん坊の子は、優しいご兄弟がいます。お母さんは穏やかで教養があり、芯がある素敵な方です。お父さんも特に怖い人ではないと思います。 2人が遊ぶ様子を見ますと、基本的にその怒りん坊の子が遊びの役を決め、命令口調、上から目線です。私の娘が何か言うと「違うでしょ!!」とかなり強めに言うので、娘はしゅんとし「ああ、そうか」と言って、全く言い返しません。その子は、気に入らない事があると、怒る→拗ねる、泣く、という流れもあります。見ていて、大人気ない事で恥ずかしいのですが、腹が立ち、段々その子が嫌になってきました。怒りん坊のお母さんも、その都度「優しく言いな」と注意し、私や娘に「ほんとごめんね」と言ってくれます。強く怒ることはない様子ですが、「将来いじめっ子にならないか」「皆に嫌われるのではないか」と心配しています。その子は私の娘だけに怒るのではなく、園では他の子と喧嘩したり、強い口調で喋るあまり、「一緒に遊びたくない」と離れていってしまった子もいます。 娘に「あんなに怒られながら遊んで楽しい?」と聞くと「いつも怒ってるから平気」と言うのですが、その後「やっぱり、前より怒るようになっちゃったから、1番好きな友達じゃなくなった」と言いました。それでもその子と遊びたがります。 私は、娘にストレスが溜まらないか、それが思春期になり爆発しないか心配です。幼児なのにその子に気を遣って喋ってるのが分かります。オドオドする時もあります。 子供の友達関係なので、親が関与しないで、人間関係を子供が学んでいけば良いのでしょうか?まだ幼児だし、怒りん坊の子に私からピシャリと叱ってみようか、、と考えてしまいます。 そもそも、なぜその子はいつもすぐに怒るのでしょうか?どう対応したら良いのでしょうか?

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る