hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

もっと肩の力を抜いて生きたいです。

回答数回答 2
有り難し有り難し 18

私は、昔からとても悲観的な性格です。例えば、バイトの面接や受験するときに「受かったらいいな」では無く「落ちたらどうしよう」と考えることが多かったり等です。とか、これを言ったら嫌われるかも、これをしたらいじめられるかもと思うので、中々自分の意見を言えません。すぐためこんで、気付いた時にはかなり限界に近くなってるので、それが体調にも現れて困っています。多分、保育園、小学校の1から4年の間と中学1、2年の時にいじめにあっていたので、そのせいで人の目を過剰に気にするようになったのが原因だと思っています。こんな自分の性格を変えて、もっと明るく楽観的な性格になるにはどうするべきでしょうか。

2016年12月5日 23:02

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「悲観的」なことを、悲観する必要は無いですよ

「昔からとても悲観的な性格です」であることを悲観する必要な無いと思います。確かに悲観的にならず、楽観的に明るく対応できれば、いいですよね。そういう風に自分を変えられれば良いですし、実際に変えられた方もいることは居ると思います。でも変えようと思っても、簡単には変えられないかもしれません。

斯く言う私はかなり小心者であり、緊張するとおどおどして言葉が詰まり、思考が停止状態になってしまいます。何でも無い時は結構おしゃべりな子供でしたが、人前で説明したりするのは駄目でした。初対面の時にも何を話したら良いかわからず、黙り込んでしまうか、一方的に自分の知っていることを喋ってしまう。こうして書いていると我が身の進歩の無さをつくづく感じてしまい、ますます悲観的になってしまいます。
 でも、「悲観的」なことが一概に悪いとは思いません。私自身すべてうまく出来たわけではありませんが、「慎重に物事を運ぼうとする。」「事前の準備にしっかりと取り組む。」少々悲観的なくらいに物事を考えるからこそ、真剣に取り組んできたとも言えます。

自分自身に自信を持てればいいですが、自信なんて簡単に持てるものでは無いと私は思ってます。初めから自信を持って物事に取り組める人なんて余りいません。自分のささやかな経験を通して言えることは「自信は、歩み続けて後ろを振り返った時に生まれる」ということです。
http://hasunoha.jp/questions/6730

 保育の勉強をなさって居れるとのこと、素晴らしい大事なお仕事ですね。結構きつい仕事ではあると思いますが、同時に遣り甲斐もあると思います。物作りに従事する方々は「作る」という作業が一番大事だと思います。しかし、教育、営業、渉外、総務系統の仕事は「人と接すること」が基本だと思います。
保育の仕事は乳児幼児と接するのが基本だと思います。その中で自信を持つためには、やはり経験を重ねるしかないと思います。大学の課程の中で当然実習はあるでしょうが、子供と触れ合うサークル活動に参加したり、公共の児童館にボランテイアとして参加したり、経験を積む方法はあると思います。経験の積み重ねがいつか自信につながりますよ。

2016年12月6日 19:44
{{count}}
有り難し
おきもち

自分に一つの自信をつけること。

うみさん、こんにちは。

地震は大丈夫でしたか?
さて、ネガティブに考えてしまうのですね。ほとんどの人はそうですよ。ポジティブに生きようっ!て、いつもハスノハでの質問にアドバイスしますが、一番私がネガティブかもしれません(笑)。いつもオロオロしてメソメソしています。内緒で(笑)。

さて、まずは趣味を持ちます。スポーツでもいいしカラオケでもいいですよ。力いっぱいできるものがあるといいです。趣味に没頭すると何もかも忘れて楽しみの中に生きるようになります。今、おじさんは、中高生の頃、漫画家になりたくてイラスト描いたのを思い出し、今、いろいろ下手な漫画イラストを書き始めました。でも集中できるので、仕事の辛さやイライラも忘れて没頭しています。うみさんは、漫画好きですか?好きだったら、いろいろ漫画について語りましょう(笑)。

そして、もっと楽しくしたいなら、お笑いを見ること。漫才でも落語でもいい。テレビやDVDを借りて見まくると楽しくなり、自分も楽しいことをしたいと思うようになりますよ。私も落語が好きでいつかお寺で寄席ができることを目指してがんばっています。

うみさんは、学生だから、いろんなことができます。学生時代、楽しんでくださいね!合掌

2016年12月5日 23:26
{{count}}
有り難し
おきもち

★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...

質問者からのお礼

お返しありがとうございます。私は、漫画やアニメは大好きです。歌うことも好きです。お笑いも、前はそんなに興味なかったのですが、最近は笑点や陣内智則さんやアンジャッシュ、サンドウィッチマンにハマっています。しかし、最近は不安なことを考えてばかりでそんな風に趣味をすることも無かった気がします。たまには、一日自分の好きなことに没頭することがあってもいいのかなと思いました。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

生き方への迷い

こんにちは。 私は幼い頃から「専門の技術をもって世の中に貢献したい」「貧困や差別、虐待に苦しむ人の力になりたい」と意志を持ち、それを果たすことが自分の生きる意味なのだと考え、生きてきました。 物心ついた時には既にその考えがあったため、高校生までは迷いなく努力することができていました。 しかし高校3年生でうつ病と拒食症を患い、「自分の生まれてきた意味は何だろう?私に価値はあるのか?」と考えるようになり、周りは恋愛に夢中なのに、恋愛に興味を持てず異性に対してとても冷めている自分に気づきました。年相応の楽しい経験もせず、自分の使命のために生真面目に頑張っている私はとても浮いていました。 そこから紆余曲折あり、大学進学し資格を取り現在はやりたい仕事をすることができています。人の役に立つ仕事をできているため、自分の使命は少しずつ果たせていると思います。 現在も仕事やボランティアで「自己実現したい」という欲求は明確にあるのですが、恋愛や結婚に対してはなぜか興味が持てず、「どうしてしなければならないんだろう?」という疑問が拭えません。 職場の先輩が善意から「20代のうちに結婚しないと女は価値がなくなるよ!」と婚活を勧めてくれます。 半年ほど婚活してみたものの、短い時間で人を収入や外見で判断し、決めていかなければならないシステムに違和感がすごく、もはや苦痛です。数人の男性と食事をしましたが、どの人も結婚を考えると重く感じお断りしてしまいました。 結婚しても幸せになれなかったら?子どもが生まれてもちゃんと育てられなかったら?などと考え不安ですがたまらなくなります。 パートナーがいない、結婚していないと人として欠落しているという言説も多く、独身だと生きていけない社会の仕組みだという脅し文句もよく聞きます。 ですが本当に結婚は必須なのでしょうか。パートナーがいても居なくても、その人なりに世の中に貢献し、美しく生きていればいいのでは...というのが私の本音です。一度きりの人生を世の中の価値観に振り回され、否定したくない。 その一方で、まともに恋愛や結婚ができない自分に「価値はないのでは?」と不安になるのも事実です。 迷いなく穏やかに使命を果たして生きたいです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

これからの生き方について

19の女です。先日、大好きな彼がいるのにも関わらず浮気をしてしまいました。 浮気をした相手は元カレです。私と元カレと付き合っていた際、元カレからはDVを受けていたのですが、洗脳状態にかかっていて、彼は神様のような人だと周りにいっていたため、心配になった家族や友達から引き剥がされて無理やり別れさせられたような状況でした。元カレに未練があった私はずっと「元カレに会いたい、私達は愛し合っているのに!」と暴れたりしてました。そこで、精神的に不安定な私を今の彼氏が助けてくれたんです。私は今の彼氏のおかげで元々あった平穏な暮らしができるようになり、精神も回復していったのですが、精神的にまいっていた際に、元カレに会ってしまい、1日だけですが元カレと肉体関係を持ってしまいました。そのあと、元カレと話をしてるうちに、元々、「この人は私のことを愛してたのに周りが誤解してそれを引き裂いた、この人は良い人なのにみんな誤解してる!」と思っていたのが、「この人は私のことをオモチャとしか思ってなくてみんなが言っていることが正しかった」ことに気付き、もう二度と会いたくない!と半ギレの状態で元彼の家から出ていきました。 今自分のしたことに対し、激しい後悔があり、もう二度としない、今の彼氏を悲しませるようなことはもうしたくないと考えているのですが、一度でも過ちを犯してしまった場合、地獄行きになってしまうのでしょうか。また、彼氏にはまだバレていないのですが、そのことを告白するべきでしょうか?それとも彼を傷つけないためにこのことを墓場まで持って行くべきでしょうか。彼のことが大好きで、本当のことを言って彼がいなくなってしまうのが怖いです。本当に自分のことを愛してくれる存在を失って、また1人になりたくないんです。私は地獄に行くんだ、と考えると死ぬことに対して恐怖心が強く感じられ不安な状態が続いています。自業自得なのはわかっているのですが、是非アドバイスをいただきたいです。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

2度目の家出

私は今回で2度目の家出をして、現在お付き合いしている彼と同居し、勉強中のWEBデザインの学校に通い、そのバイトをして、最終的に正社員として働きたいという考えを持っています。 ですが、母や父、妹にやはり反対されています。 一度目の時に傷つけられて仕事も辞めてカードの支払いも負って帰ってきたために、また家を出ることが本当にありえない、ということで大反対しています。 1度目の時ですが、大学卒業前、当時付き合っていた元彼と住むために家を出ていきましたが、結局別れてしまい、また当時彼との生活費もすべて私がクレジットカードで払っていたため、実家に戻ってから約4ヶ月間、支払いで苦しんでいました。 その後、新しい男性と出会い、支払いも落ち着き、心も安定してきました。 いまお付き合いしている彼は週に一度しかない休みの日にも私と会ってくれ、帰りも彼はわざわざ埼玉県から神奈川まで毎週車で送ってくれたり、離れているときもずっと心配してくれたり、フリーターである私の将来のことを一緒に考えてくれ、2人の将来のことを真剣に考えてくれ、何より私のことを1番に考えてくれています。 確かに親は間違ったことは言っていませんし、本当に今まで私のためにやってくれたことにとても感謝しています。 23歳にもなって、フリーターで、大したお金もないのに、彼に頼って、一緒に暮らして、少しずつ夢を実現していくのは、やはり親不孝になるのでしょうか。 今回の家出では、必ず正社員になって、彼と幸せになって、今までお世話になった大学費用などを含めて、親にお金を送ることを目標としています。 その努力をする覚悟もしています。 親の言う通り、先に正社員になってから、彼氏と住む、という順番を追うのが普通であり、それをするべきなのでしょうか。 どうしても自分の意志が強く、親の意見や順番、といったものを理解はできるのですが、取り入れることができず、かといってこのまま家を出ればきっと家族はまた傷ついてしまうのだろうと思うと悲しい気持ちにもなります。 葛藤がありますが、何かこの私の悩みに有難いお言葉を頂けると幸いです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

自分の進むべき道

長文失礼致します。 ここ1~2ヶ月の間、あることを切っ掛けに特定の宗派のお寺に伺うことが増えました。 その中で、あるお寺のお弟子さんとお話しさせていただいた時に「お坊さんにならないのか」と問われ、その事についてモヤモヤとしています。 何故言われたのかはなんとなく理解できています。 それというのも、縁があり菩提寺とは別の宗派のお坊さんと知り合いになり、そのお坊さんに娘のように可愛がっていただいていました。 そのお坊さんに本当に色々なことを経験させていただき、そのお坊さんがいなければ今の自分は居ないと思うほどです。 亡くなってしまったため今は直接会う事は叶いませんが不思議と淋しいという感情はありません。 このようなことをお弟子さんにお話ししたところ上記のような発言となったのです。 恐らく「経験」の内容が水行等、修行に関することが多かったからなのでしょう。 さらには「そのお坊さんは貴女をお坊さんにしようとしていたのでは」ともお弟子さんに言われました。 しかし上述のとおり、懇意にしていたお坊さんは亡くなってしまったため真相はわかりません。 でもなんとなく私に色々な経験をさせてくれたのは自分で自分を守るためなのではないかと思っています。 いずれにしろ真相は分からないのですが… ここまでであれば私の性格上「こんなこと言われたな」程度で終わるのですが 先に書いたとおり特定の宗派(懇意にしていたお坊さんと同じ宗派)のお寺に伺う機会が増えたと同時に そのそれぞれのお寺でお経が始まる確率がすごく多く 必ずと言って良いほど伺ったお寺でお経を耳にするようになりました。 ちょうど御開帳が始まったり、こんなタイミングあるのか?と不思議に思うほどです。 そして何故かずっと開経偈が頭から離れないのです。 特に今の生活を変えたいとか思ったことはありません。 ただお坊さんになりたくないとも思いません。 行く先にその選択肢があるのなら選ぶ確率はゼロではないと思います。 最後になりましたが ・お坊さんにならないのか聞かれたこと ・お経を耳にすることが急激に増えたこと ・開経偈が頭から離れないこと これらの事は何かを意味しているのでしょうか。 またこれらのことから今私自身がすべき事はなにかありますか。 ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る