hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

生きることも死ぬことも不安で仕方ないです

回答数回答 2
有り難し有り難し 20

私は生まれてから今まで、恵まれた環境で何一つ不自由なく過ごさせて貰ってきました。
それなのにもしくはそれ故に、今の生活から何か不自由なことが起こったらどうしようかという心配が止まず、心を落ち着かせて今を満喫できません。
諸行無常の世の中で変化を恐れ、身内や自分の健康や金銭面での安定がいつまでも続いて欲しいと願い続けています。
これは誰もが願うことであり、そして変化は避けられないものだと承知していますが、明日の我が身に何が起こるか知れないと思うと、生きることも死ぬことも不安でなりません。
今お金を使ったが為に将来金銭的に苦労することになったらどうしよう、今余分に食べたが為に肥ってしまったらどうしようなどという些細な心配から、もし仕事で大事故に繋がるような失敗をしてしまったらどうしよう、もし身内が事件に巻き込まれていたらどうしようという不安が、堪えず頭を過っています。
こんな心配ばかりしている人の声はなかなか耳にしませんが、本当は皆同じように不安を抱きながら過ごしているのでしょうか?
周りの人達はもっと明るく前向きに暮らしているように感じられ、自分のこの無意味な心配性をどうにか良い方向に向けられたらと思っています。
失敗から学んだり這い上がることも大切なはずなので、もう少し精神的に強くなりたいです。
いつか必ずくる死や苦しみを受け入れられるようにもなりたいです。
少し変わったところで心配性で、生きることも死ぬことも不安な自分に、前を向けるよう何かお声掛けを頂けたらと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「不生不滅」

梅雨生まれ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

生死へのご不安、誠にもっともなことであるかと存じます。

生死を明らかとするのは、まさに仏家一大事の因縁と、道元禅師もおっしゃられています。

仏教を学び修する私たち仏教徒たちにおいては、この生死を明らかにすることにより、生死に対しての不安や恐れ、迷い苦しみというものも取り除いていくことが肝要となって参ります。

私たちの様々な不安や恐れ、迷い苦しみというものは、おおよそ「無知」からやってくるもの。

その「無知」とは、仏教的には、「無明」(むみょう)と申しまして、真理を知らない愚かな心の状態のことを言います。

「幽霊の正体みたり枯れ尾花」というようなもので、その正体を知ってしまえば、きっと不安、恐れを拭うことができるようになっていくでしょう。

では、その不安や恐怖を拭うためには、どうすれば良いのかと申しますと、「生死の真理」をしっかりと理解して見極めることが求められるものとなります。

その真理の見極めへと向けたヒントの一つとしては、「般若心経」の中にも出て参ります「不生不滅」という言葉の示めそうとしているような境地の理解となります。他には、「不死の境地」、「不生の境地」とかとも表現されます。

是非、これを機縁として、仏教を学び進めていく中において、「生死」の真理についても明らかとすることにより、不安、恐怖、迷い苦しみを少なくすることで、前向きに過ごせるように調えて参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


諸行無常でも大丈夫です

拝読させて頂きました。あなたのお気持ちよく分かります。その不安な気持ちは誰でもが実は潜在的にも思うことです。あなただけではありません。
誰しもが失うことは怖いことですから。
私も幼少の頃その不安にさいなまれてしばらく家から一切出ることできずに閉じこもりました。しかしその不安から逃げることはできませんでした。
あなたがおっしゃるとおりこの世は諸行無常です。一時も止まることなく常に変化を続けているのです。誰もそれを止めることはできません。
そして生老病死がどなたにもあるのです。
それを受け入れていくことが大切なことです。失うことは確かにつらいことですが、よくよく考えてみるとどれも実は自分のものではありません。
この身体でさえ刻一刻と移り変わっていくのですから自分のものではないことがわかります。私達は毎日多くの生命を頂きながら常に変化している身の上なのです。
でなけばちょっと汚い話ですが自分が用を足した排泄物にも自分のものとして失うことを怖れて執着してしまうことになります。
いかがでしょうか?私とは実は心の有り様でしかないのです。
もとから自分のものではないのですから変化してしまうことや失うことを怖れることは実は自己矛盾なのです。
仏教は諸行無常、諸法無我、涅槃寂静。
その有り様をありのまま受け入れていくことです。執着を消し去ることです。
生きていく中ではなかなか消し去ることは難しいかもしれませんが、少しずつその有り様をありのまま受け入れていってくださいね。
そうしていく中であなたの心は満たされて参ります。
それが本当の円満です。そして仏となっていく道です。つまり成仏です。
あなたはその仏教のみ教えに巡り会えたのです。どうか人生をかけてそのみ教えを学び受け入れていってくださいね。
あなたのこれからの未来が明るく開けていき心も身体も充実して満たされていき、本当の豊かさの中で生きていかれます様にと切に願います。
そして心からあなたを応援させて頂きますね。

{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご回答有り難うございます。
お二方から不生不滅・諸法無我のお言葉を頂き知ってから、現在変化を恐れすぎず受け入れながら過ごせています。
この先直ぐには受け入れ難い事も起こるとは思いますが、何かに執着し過ぎず、その時々の自分らしくいられたらと思います。
仏教の御言葉が道しるべとなり、私の人生を明るい方向へと導いて下さっているように感じられます。
本当に有り難うございました。

「生きるのが辛い」問答一覧

大切な人が何も言わずいなくなりました

はじめて相談させて頂きます。 一番大切に思っている友人と連絡を取ることが出来なくなってしまいましました。 喧嘩や言い争い等の分かりやすい切っ掛けがなかったのでショックや混乱もありますが、「もう生きていたくない」という感情で潰されそうです。 相手は昔の職場の友人で、お互いゲーム好きだったこともあり、お互いがその職場を辞めた後も遊びに行ったり連絡を取り合っており、ここ数年は毎日一緒にゲームをしていました。 家庭環境が少しだけ特殊で家族にも殆ど心を開けず、外の交友関係も殆どない私の中で唯一安心して話ができる相手でした。 相手も人と関わる事を苦手としている中で唯一の場所だと言ってくれていたので、お互いの自己肯定感の低さも相まって共依存に近い関係にあったと思います。 数ヶ月前に私が精神的にかなり落ちていたことが原因で相手を酷く不安にさせ、追い詰めてしまった事がありました。 その時は「不安になる前にちゃんと話を聞けばよかった。こんなことしなければよかった。後悔してる。もう二度としない。」と言ってくれたのですが、その際相手の行動に少なからずショックなことがあり、私はその事を引き摺っていました。 喧嘩をしたわけではなく、どちらが悪いとも思っていないのに調子が戻らず、「頼ってくれないから何もしてあげられないのが辛い、今の状態では一緒に居る方が悲しいことが多い」と言われ、元の状態に戻れるまで私から関わってはいけないのだと判断しました。 2ヶ月程前に、もう大丈夫だと判断して、相手がオンラインになっていたゲームで声をかけてみたのですが返事は来ず、離席中かな?と思いましたが、数日後に見てみるとフレンド解除されており、LINEはブロック、暫く残されていたTwitterは数日前に削除されていました。 「我慢しないで話して。ちゃんと聞くから。」と言ってくれていた相手が何も言わずにいなくなったことがショックで、好きだったゲームを見るのも怖くなり、泣いたり、眠れなくなったり、仕事に行けなくなったりで病院にも行きました。 今は「生きたくない」「連絡をくれると信じて待ちたい」の矛盾した気持ちがループしてる状態です。 話がしたいけど此方からの連絡手段はなく会うにも地元駅を知ってる程度。 望みがないならもう死にたいと思う気持ちが強いですが、待ってるのは無意味でしょうか。 ご助言いただけると幸いです。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

生きるのが辛くどう生きるべきですか?

私は幼少期から自己肯定感が低くて、人によく思われようと、羨ましがられる為にたくさんの嘘をついてきました。それは時に人を傷つけ裏切ったり、人を不幸に陥れたりしました。それでも、正直に話すのが怖くて、嘘をついたままでした。そんなわけで、友だちと言える人はその場しのぎの関係しか築けませんでした。大学で正直になろうと決心したもののありのままの自分が出せませんでした。学費を出すお金もないのに、無理に入り両親に迷惑をかけました。2年生からの学費の工面が難しく辞めようと決意し1年の後期はほぼ行きませんでしたが、見栄から中退もできず、休学し教育ローンをして復学し卒業しました。当時、1年の時にできた友だちの連絡も無視し、復学しても友だちはできませんでした。その後、就職しました。こんな人間ですから好意を持たれたら、既婚者でも関係を持ってしまいました。2回もです。1回目は既に別居していた方で、私と別れた後、離婚し別の方と結婚しました。2回目は夫婦関係は最低限の会話で、私との結婚を仄めかしましたが、子は鎹と言うので私から別れを告げました。仕事で尊敬していたため、今でも近況報告は受けています。当時はバレた時に慰謝料を請求された場合に払える準備をし、一生独身でと考えました。 ある時、父から孫が欲しいと言われ、婚活をし婚活サイトで出会った方と結婚し子供を授かりました。彼には過去を話していませんし、今後も話しません。 最近、義姉が親友の義理の家族のことを涙ながらに話し、衝撃を受けました。父親が脳梗塞で入院し、知らない女性から連絡がないと息子に電話してきたそうです。その方は自ら父親との思い出話を語ったそうです。母親は20年以上前に原因不明で自殺したらしく、これが原因だと親友夫婦は考えているそうです。 これを聞いて自分のした事が前より最低に思いました。相手の妻子に何かあれば私はどうしたらいいのか?と思いました。そこまでの考えがなく、取り返しのつかないことをしました。 現在、私には家族がおり夫と息子には罪はありません。私の罪は消えず、幸せになる資格はありません。その中で夫と生活をし、息子を育てることは辛いです。逃げですが、時々、死にたくなります。結婚し子を産んだ責任はあります。全てを白日の元に晒す勇気はありません。自業自得ですが生きるのであればどう償いどう生きるべきでしょうか? 

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

生きづらい

夫、私、3歳児、0歳児の4人家族です。 幼少期より10年ほど前まで霊が見え悩み、なかなか理解されなかった過去から人間関係も上手くいっていないと常々感じながら生き、現在もご近所さんとの関わり方に悩んでいます。 ちょうど1年ごろ前に裏の家が小型犬を飼い始め、無駄吠えが止みません。 市役所の担当課に2回、隣に住むご両親に2回、直接ご本人に1回、夜10時前無駄吠えをしている様子を撮った動画を見せたりとお願いという形で寝られず休めず困っているとお伝えしているのですが、騒音レベルに達しない、躾はしているから我慢してほしいと改善もほぼ見られない状態です。 その方は周りのご近所に犬の騒音が気になるかを聞いているようで、我が家が神経質なだけだと周りも言っているから今後も気にしないと回答がありました。 一言謝罪があればまた違うのかと思いますが、母が最近亡くなったことや仕事でも人間関係に悩んでいたりと重なり、今まで感じていた生きづらさや孤独感がドッと堰を切ったように溢れ涙が止まらず毎日死にたい消えたいと可愛い子供たちの前でも平常心でおられず辛いです。 育ってきた環境が違うのだから人それぞれ常識も違う、人に全てを理解されようとしてもいけないと頭では分かっております。 また、顔色を伺う子供になってほしくなく、強くなりたいと日々思っております。 心療内科も近々通い始める予定ですが、あとは何をどうすれば穏やかに過ごせるのでしょうか。 まとまりがなく申し訳ありませんが、お言葉をいただけたましたら幸いです。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

人一倍迷惑をかけてしまう•焦りの消し方

人に人一倍迷惑をかけてしまうので、生きていたくないと感じます。 普段、人より時間がかかる割に成果物のクオリティが低く、また、プライベートが充実しているわけでもありません。 そして今、私の確認不足で、今までなかったレベルでイベントが失敗しそうです。 周りの協力者にも大きな迷惑をかけそうで、不安で不安で仕方ありません。 私のミス以外にも、協力者とメインで繋がって話をしてくれていた人が、家庭の都合で連絡が取りづらくなりました。 また、もう1人のチームメンバーも1週間以上不在です。 残り1ヶ月を切ったのにこんなに慌ただしいのは、色んな要因がありますが、結局は私のマネジメント能力不足です。 能力不足を分かっていて、上司にアドバイスを求めたりもしました。 アドバイスをいただきつつ進めてはいたのですが、余裕を持った進行に出来ず、例年より遅れた進行になりました。 「何故他の人は出来てる(これまでの人もこなしてきた)のに、私だけこんなことしてるんだろう」「もう迷惑をかけて自己嫌悪したくないし、自分の持てる責任範囲の仕事で細々と生きたい」と本当に虚しくなります。 前にこちらで相談した際、「今に集中する」ということを教えていただいて、希死念慮を乗り越えて作業ができていました。 しかし、今また虚しさが募り、また焦りによって身体と心が動かなくなってしまい、何かよい知恵をお借りしたくご相談させていただきます。 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

生きることが本当に辛く、面倒臭いです

20代後半、無職、実家暮らしの独身女です。過去の相談内容も見て頂ければとても嬉しいです。 離婚後、非正規の仕事に就くも上手くいかず毎日憂鬱で、2年後に契約更新せずに自ら退職。 退職を決めたときは離婚から毎日毎日頑張ってきたのだから少し休んで、一人旅でもしよう、それからのことはその後考えようと思っていました。 退職後は旅をしてみましたが、自分の目的がわからず、ただ観光地を回るという義務感に辛さを覚え、最近になってもう行きたくないなと思ってしまい、実家にいます。 旅をすれば何か変わると思っていた自分が馬鹿みたいです。 そして数ヶ月前には元夫との復縁話が浮上し、毎日のように連絡を取り合っていて、また繰返しになるのではないかと不安を感じながらも、孤独感は無くなり安定した日々だったと思います。 しかし最近になりその復縁話が白紙になりました。 私は知らないうちに元夫に依存していたように思います。 また結婚してお互いが努力して幸せな日々を築くことができれば…今度こそは子供を作って幸せな家庭を作れるかもと毎日期待してしまっていたんです。 それが現実になると信じていました。 実際付き合っていた頃を思い出して楽しかったです。 しかし復縁話がなくなり、また離婚直後の情緒不安定な毎日に戻ってしまいました。 実家暮らしなので親も泣いている私を見て何かあったのかと聞いてきましたが絶対に言いたくなく、ただ憂鬱な毎日を実家で送っています。 親もついに呆れしんどいのだと思いますが、とても冷たくされてしまい、自分には生きる価値がない、このまま消えてしまいたいと思うようになりました。 一人暮らししてくれ、と言われます。 家に居場所がありません。友達もいません。 就職活動について、少しだけ興味のある分野を時間をかけて学ぼうと思いましたが、かなり努力がいることで、正直もう「面倒臭い」です。 幸せになりたいと願っているのに、幸せになるための努力をしたくありません。 私は仕事をやめて十分に休んでしまったし、これ以上休む方法がありません。 でも毎日辛くて仕方ないです。 あまりに辛いので最近、抗不安薬を個人輸入して(違法にはならない薬)、届くのを待つ日々です。 幸せな人ってそれ相応の努力をした人だと思います。 でも私にはそんな気力がないし、死んでしまいたいと思ってしまいます。 助けて下さい

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ