hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

どうしたらいいかわかりません。

回答数回答 5
有り難し有り難し 25

はじめまして。

毎年この時期になると学校がどうしても辛くて、梅雨だからかな?と思っても、明けたからといって気分は変わりません。

中学の頃不登校気味になったことがあります。理由はわかりません。
ですが、学校へ行くと無意識のうちに腕に爪で傷をつけていました。家では頭を打ち付けていたりもしていたらしく、親に止められたことがあります。
その時は自宅で療養し、2年の3学期に復帰しました。

去年も遅刻は数回しましたが、なんとか持ち堪えました。

今回はそうもいきそうにないです。
おなかは空いているのだろうけれど食欲がなく、1週間で2〜3kgは落ちました。
何もやる気が湧かなくなり、好きだった芸人さんの動画さえ見ても笑えなくなりました。
学校ではよく笑うと言われてますが、いつも笑うたびにすごく疲れてしまいます。
表情を作るのにも疲れました。

今は一週間くらい欠席、遅刻が続いています。悲しくなくても涙が出て、嫌なことがあっても自分の中で考えて、結局また腕に傷が増えていきます。すぐ治るのでそこまで気にしてはいません。

以前と比べてぼーっとすることが多くなりました。何をしても楽しくありません。なんで生きてるんだろう?と1日考えることもあります。自分が何をしたいのかもわかりません。

学校がしんどいです。ノートを取る時以外はほとんど自傷行為をしてしまいます。それは、授業が終わってからはっとして見て気づきます。

中学の時精神科に通っていた経験がありますが、その先生には毎回のように怒られ、毎回泣いていました。合わなかったのかもしれません…

これから先、将来の夢もなく、この学校で高卒の資格さえ取れるかわかりません。

生きがいってなんですか。
私はどうやって生きていけばいいですか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

青色の蓮花は青い光を放つ

学校に行かなければ、といった常識を外してみては如何でしょう。無理に学校に行かなければならないと思うから苦痛なのではないですか。
近所の同じ宗派のお寺のお息子さんが学校に行かなくなり、真夜中に友達が遊びに来て昼夜逆転の生活が長く続いたそうです。大検の学校に行っておられた時期もありましたが、一学期を終えるとまた同じ状態に戻りました。きっかけはたぶんお父様が急死なさり課程環境が急変したからだと世間では言っていました。
その頃、メールで北海道の寒村の少女と知り合いになり、そこを訪ね彼女と意気投合し、結果として結婚を考えるまでになりました。そのためにはまず学校に行く必要があると考え、大検の学校に入り直し資格を得て、大学を卒業されたようです。
ひとにはそれぞれの生き方があります。仏教は、「こうでなければならない」と型にはめるのではなく、それぞれがそれぞれの個性に応じて生きることを勧めていると思います。
だからといって学校をやめろ、と言っているのではありません。行かなければならないという考え方に苦しめられる必要はないということです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

素直な感情表現を

そあさん

不登校気味、でも理由は分からない
無意識のうちに腕で傷をつけている
家では頭を打ち付ける
食欲はない
やる気が湧かない
笑えなくなった
悲しくなくても涙が出る、、、

これらの出来事は
一体何をあなたに伝えているのでしょうか

気になる記述は

“学校ではよく笑うと言われてますが、いつも笑うたびにすごく疲れてしまいます。
表情を作るのにも疲れました。“

あなたはおかしくないのによく笑っている
人はおかしいと思うことが起きれば、結果的に笑ってしまうのです。

あなたは自分が感じている本当の心を押し殺して
いつも笑っているのではないですか

度重なる本心への裏切りが
目に見えない傷を負わせているのではないでしょうか。

なんのために笑っているのか
何が自分自身を背かせているのか
是非問いかけてみて下さい。

笑いたい時に笑い
悲しい時には悲しみ
苦しい時には苦しむ

素直な感情表現が
そあさんを取り戻すことに
繋がっているのではないかと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


仏教を学ぶことが生きがいに

精神科、合わない先生だったのかもしれませんが、「うつ」の可能性もありますので、専門機関への相談は続けたほうがいいです。
仏教では、人間に生まれて仏教に出会うのはかなりラッキーだと考えます。
仏教を学ぶことの喜びを知れば、生きがいになると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

心の抑圧

(T_T)うーん、どこか自分に嘘ついたり、ご無理をされているのではないでしょうか。
あなたの心の中を言い当てられる人は少ないと思いますが、あなたをきちんと理解して受け止めてくれる人は沢山います。全部を理解し合える間柄でなくても家庭の事などを話せる相手をみつけるべきであると思います。あなたに必要なのはよき理解者であろうと思います。
家の中では、いつもやりたいこともやれずに親御さんの言いなりだったのではないでしょうか。
いうことを聞かないと親御さんがすぐ不機嫌になられたり、怒られるような事が苦痛だったのではないでしょうか。
親を怒らせる、不機嫌にさせるのも嫌なので、イイ子を演じていたりしていませんでしょうか。
これは、日本の各家庭で起こる子供がストレスを抱えている家庭によく見られるケースです。
誰もが、似たような経験をされていると思います。
ですが、程度、レベルが家庭によって異なりますので、もし、思い当たることがありましたら、心の中でだけ、親御さんと少し距離を持つと良いと思います。
付かず離れず。
あなたが接しやすい距離でいいのです。
あなたは心の自由さを求めているのかもしれません。
自分をしばりつけているのは自分の思いという縄です。その縄をほどいてみませんか。
親御さんと、ご一緒に坐禅会に来られる方もおられます。
もし、思い当たる節がありましたら、お寺にお越しください。(^

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

慢性疲労、あるいは起立性調節障害の疑い

そあ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度はおつらいご様子をお伺い致しました。

ご自身の意思に反して、どうにもならないことにて、途方に暮れてしまわれて、少し悲観的になられているのではないかとお察し申し上げます・・

原因不明・・確かにわからないこともあるでしょうが、仏教ではこの世における全てのモノ・コトには必ずそこへと至るための原因と条件、つまり因縁があると説明致します。

しかし、以前に通われておられた精神科、あまりにも酷いですね・・理解のないとんでもない先生です。

さて、ここからが本題となりますが、原因不明を原因不明として諦めたままではいけません。それでは何ら解決的手段もとれず、無駄に時間だけが過ぎてしまいかねません。

そこで、一度、その原因となっているのが何かを探る上で、慢性疲労、あるいは起立性調節障害(中学生の10%で何らか該当するとされ、特に思春期の女子に多いとされています)の治療について扱っている病院へと行かれてみて、まずはどのような検査、治療法があるのかを聞いてみられると良いのではないかと存じております。必要があれば、他の病院でのセカンドオピニオンも受けられると良いでしょう。

また、もしか致しますと何らかの複雑なところでの免疫機能の低下が影響しているかもしれません。

とにかく、原因さえ分かれば、解決は早くなるかと存じます。一つ一つ身体的機能におけることで、当てはまりそうなものを消去法的でも構いませんので、当たられてみられることをお勧め申し上げます。

そして、先の将来のこと、生きがいのことは、とにかく元気になられてからの楽しみということにて、一先ずは身体的機能に関することについての改善からアプローチなされてみて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「自分がわからない」問答一覧

私は何がしたいんだ

私は、昨日まで、自分は今通っている大学とは違う大学に行きたいと思っていると思っていました。 高校時代、見学に行き行きたいと思った大学2校をどちらも受けなかったことに加え、今の大学生活にどこか不満を抱いていたからです。(この不満は、今の大学が悪いとかではなくこのままでいいのか、何か違うという違和感のようなものです。私は今の大学は嫌いではありません。) だから、去年も志望大学のパンフレットを取り寄せました。でも、去年はそれだけしかしませんでした。 そうして1年が過ぎ、今は大学2年生です。 再受験するなら今年がラストチャンスです。 なのに、未だに再受験する決心がついておらず、勉強に身が入りません。 私は何がしたいのか?そう考えたとき(昨日あまり寝られなかったからかもしれませんが)なんだろう?と考えてしまいました。 私は今、大好きなお店でアルバイトをしています。このお店で働くことができて、幸せだと思っています。 勉強も、適度に頑張っています。 幸いなことに興味が持てます。面白いです。レポートなどの課題にも頑張って取り組み、やり遂げたときは嬉しかったです。 ダイエットやメイクの練習など、自分磨きも頑張っています。 恋愛にも興味を持ち、このご時世なのでアプリを使っていろいろな方とお話をして、楽しんでいます。 でも、私はどうしてもこのままでいいのかという思いが消えません。 それは、やはり自分の進路、人生のことなのです。 そりゃ楽しいです。今の生活は。好きなお店で働き、自分磨きを始めてからは、表情が明るくなったと両親にも褒められました。 それでも、この思いは消えません。 私は何がしたいのでしょうか? とりあえず志望大学に向けて勉強に身を入れ、受けてみれば何かが変わるのでしょうか? しかし、勉強に身を入れるとなると、今のお店でバイトは続けられません。(通勤に片道1時間かかる上、自分の苦手な分野にチャレンジしているので楽しいが肉体・精神ともに疲労度合いがかなり高いため) もう私は自分が何をしたいのか、わからなくなっています。 この思考を終わらせてこのままでいいのかなんて思わずに生きたいです。 私は何がしたいのでしょうか。 客観的に見た私と、どうしたらこの思考を終わらせられるか、その他生きやすくなるアドバイスをお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

わからないもうわからない

こんにちは、今回の質問の内容はかなり汚くなる恐れがあるのでどうかご了承下さい。 私は以前過去に小3〜4年生の頃、自分は夜な夜な寝ている妹のパンツを脱がしてお尻の写真を撮ったりお尻の割れ目に勃起した股間を当てるという最低最悪な事をした事について質問しました、ですが3週間ほど前から、自分は妹をレイプしたのではないかと頭の中で想像しています。 経緯としては上記の事がレイプにあたるかどうか想像していたらいつのまにか頭の中で自分は妹のお尻の穴を使ってレイプしたという想像になっていました。 ですが普通に考えていくら寝ていると言えども寝てる最中にお尻の穴に勃起した股間入れられて動かれたら流石に起きるだろ、それにもししてしまっていたらそんな酷い事されて忘れるはずがないと考えるのですが、案外寝てる最中に入れられても気付かず寝てるんじゃないか、案外バレないんじゃないかと同時に想像してしまいます。 違う、そんなはずはない、そんなはずがない、確かに自分は最低な事をした、でもそこまで自分は堕ちていない、でも否定しても否定しても記憶が曖昧だから容易に想像できてしまう、ここ3週間ずっとこの事が頭の中を駆け巡りもしかしたらしてしまったのではと考えてその度に頭の中で"違う違う違う違う"と自分に言い聞かせ、朝起きてから学校にいる間ずーとずーと考えて、時々自分の中で自己完結して開放感に浸っても、またしばらくしたらまた想像して、朝になっては上記の繰り返し、現実に閻魔様がいて閻魔帳を持っているならすぐにでも見せてもらいたい、或いはどっかの超能力者に過去の自分を見せて欲しい、そんな事を考えてしまいます。 今妹とと家族で仲良く生活して、前に母が妹に昔変なことをされたことはないかと聞いて、妹がされてないと言った言葉を思い出しても、された事を知らないだけじゃないか、忘れただけじゃないか、そう想像しては"違う違う"と自分に言い聞かせるんです。 もう何がなんだか分かりません、最近では自分は実際レイプしてて将来結婚してレイプ犯の子を産むんじゃないかと想像します、今は少し落ち着いていますがどうせ次の朝になったら朝っぱらから考え続けます、下手したら回答に答えていただいても、すぐ疑問を持ち出して考え出しそうです、カウンセラーにでも行って相談すべきか、もう分かりません、自分の何を信じればいいか分かりませんどうか御回答お願いします

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る