hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

実母との付き合い方

回答数回答 5
有り難し有り難し 53

離れて暮らす、母はデイサービスに通ったり、それなりに父と二人の生活をしているようですが、暇になると何の用事もないのに毎日のように電話をしてきて、こちらも「またか・・」と思ってしまうので、特に話さず、黙っていると「じゃあいいわ」と言って切ります。先日こちらのたまっていた気持ちをぶつけると「もう電話しない」と電話もこなくなりました。生活に張りがなくつまらない気持ちをくんであげて話くらい聴いてあげればと思い、冷たくあしらったこと後悔していますが、私は病気療養中で体思うようにいかず、おおらかになれないのかもしれません。間違っていたのでしょうか・?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「またか」という見方を持たずに、新しく出会う。

似たようなことが続くと「またか・またしても」と思いがちですが、厳密にはこの世には同じ出来事、同じものは何一つありません。
全く同じ焼き鳥を焼いてもらったとしても、それは鳥も違えば、部位も切り方も串も刺し方も焼き加減も違うものです。
タレと塩で分ければ味も異なります。
たとえがヤキトリで不適切でしたが、どんなものも別物です。
何百回同じことが続いても、それはその度に新しいことである、という認識を強くお持ちになってください。必ずいつか毎回新しい出逢いに辿り着けます。
毎日見る同じ景色であっても、自分も世界も少しずつ変化、熟していっているのが、この世の法則です。もし同じ物があったら高額で買い取りますので持ってきてください。

以下は悟りへの修行だと思って日々、ご精進願います。
それは絶対に「またか」を持たないことなのです。
「またか」は真実を正しく見ていないあり方なのです。
それは考えというフィルターを通して過去の同じ体験を思い起こして世界を観ている、誤ったものの見方、過去のものを見てしまう、邪見なのです。
今、目の前で出逢っている事は皆 人生で初めての出来事です。

新しく出会うということは「またか」「過去にこういうことがあった」という我見のフィルターを通さずに接することなのです。

坐禅会に参加されていたある方が次のように問題を解決されました。
初期は親の認知症に苦しみ「同じことばっかり言って」と嘆かれていました。
その後親御さんが同じことを繰り返し「またか」という気持ちが起きたとしても、それを即座に「これはこれで新しいこと」「さっきのそれとは違う」と自分に言い聞かせて「またか」を止める習慣を心がけて接していたそうです。すると、ある時から「またか」という思いを持ち込まずに接せるようになれたということです。
「今までは、母が同じことを言うたびにイチイチ腹を立てていましたが、どうやらそれを“同じこと”にしてしまっていたのは、私の考え・思いを通した間違ったものの見方であるということが分かりました。それ以来、世界のは同じものが無いということが知識ではなくて体感としてよく分かり、毎日人生が輝かしいものに変わりました」(^.^)と。

どんなに同じことを繰り返されても「またか」のものの見方を持たないことは「新しく出逢う」心のあり方を体得する大切な修行です。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話  自己を明らかにするために絶対に必要なこと 「非思量」 ...
このお坊さんを応援する

金子みすゞ『こころ』

uk46さん

親、特に母親というものは、自分の全存在で子どもを慈しみ育んで下さいます。それに対し、子は同じようには親を思えないものなのでしょう。

仏教に「五逆罪」という言葉があります。仏教的に見て、非常に重い5つの罪のことですが、その中に「殺父・殺母」があります。
実際に親を手にかける、という事だけではなく、自分を大切に育てて下さった親をないがしろにする事も含まれていて、誰もが避けて通れない道なのだと思います。

私にもだいぶ年配となった親がいて、比較的近いので週に1回ほど顔を見に行っています。しかしこれが毎日行かなければならない、自分のやる事や家庭を犠牲にしなければならない、となったら出来るかどうか。もし出来たとしても心の中で「忙しいのに! 面倒だ!」と「殺母」をしながら過ごす事でしょう。

uk46さんがお母さまへとった態度は「殺母」なのかもしれないですが、それを後悔し、間違っていたのでは、と反省なさっています。そのお気持ちが大切なのだと思います。
そのお気持ちがあれば、次の機会に優しく接せられる種になるのではないでしょうか。

金子みすゞさんの詩をひとつ、ご紹介します。

『こころ』
お母さまは大人で大きいけれど。
お母さまのおこころはちいさい。
だって、お母さまはいいました、
ちいさい私でいっぱいだって。

私は子供でちいさいけれど、
ちいさい私のこころは大きい。
だって、大きいお母さまで、
まだいっぱいにならないで
いろんな事をおもうから。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

ごめんなさいね おかあさん

uk46さん、こんにちは。

人は、ふとしたことでイライラしたり。落ち込んだり。楽しくなったり、と。まるで万華鏡のように心は変化していくもののようです。

毎日毎日、電話して(お母さんったら)。たいした用事もないというのに拘束されて。なんなのこの時間は。疲れる。

両親に優しくできない、ちょっと努力すれば出来そうなものが・・・していないのは自分が**なせいだ。
”生活に張りがなくつまらない気持ちをくんであげて話くらい聴いてあげればと思い、冷たくあしらったこと後悔していますが、私は病気療養中で体思うようにいかず、おおらかになれないのかもしれません。間違っていたのでしょうか・?”とuk46さんは心では思っているけれど・・・。

ここにいるお坊さんに対しては、気持ちはじゅうぶん伝わっています。
では、あなたの御両親や、ご主人の親には伝わっているでしょうか。かかってきた電話で、つい言ってしまったきりでしょうか。
もし大変ではなかったならですが、手紙を書いてみてはいかがですか。
電話は簡単にかけることができます。たいした用事がなくても、口からベラベラ言葉が出ることも。
手紙も同じです。たいした用事がなくても、文字にすることはできます。ただ、手紙と電話が違う部分は、「手紙の文章が、文字を書いている自分にも語りかけてくる」という点です。

そして、親御さんから電話がかかってくるのではなくて。こちらから仕掛けましょうか。
もちろん、電話で毎日一時間や何十分も話すことなんてないですよ。電話し続けるなら、せめて安否確認くらいの気持ちで電話してみましょうか。

あとは、あなたが手紙をかくように、親御さんにも手紙を書いてもらうとか。書き損じたら、書き損じたまま送ってしまうことです。
根本的な解決・・というのは手探りするしかありません。やり方を変えてみましょうか。
『ごめんなさいね おかあさん』と書くだけでもいいかもしれませんね。

{{count}}
有り難し
おきもち


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...
このお坊さんを応援する

三度に「父母恩重経」について

uk46様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

「父母恩重経」は下記問いにおきましても扱わせて頂きました。

問い「親不孝すぎて辛い」
http://hasunoha.jp/questions/142

問い「夫と別居せざるをえない状況で両親の介護をしています」
http://hasunoha.jp/questions/125

http://ja.wikipedia.org/wiki/仏説父母恩重難報経

もちろん、「父母恩重経」は中国にて成立したお経で、儒教の影響が濃く、偽経説が有力ですが、その内容は父母の恩を考える上においての大切な内容があるかと存じております。

おそらく、uk46様のお母様は、いつまでも「娘」は自分の子どもであり、特にuk46様が病気療養中でもあるため尚更にご心配であられるのではないかとも存じます。

お母様は、声を聞いて、元気なことをご確認致したいのではないだろうかとも思います。大丈夫だよ、心配ないよ、元気にしているよとお伝えになられる中で、やはり少し毎日ではしんどい、もう少し頻度を減らしてほしいとなりましたら、例えば、毎回の電話では、電話代も掛かること(家族通話無料でしたら構わないのですが・・)ですので、お母様が携帯やパソコンをお持ちでありましたら、メッセージ・メールでのやり取りとしたり、FAXがありましたら、FAXのやり取りでも良いのではないかとも存じます。その方が電話より、お互いに幾分か時間や都合などでも余裕や融通が利くのではないかとも思います。もちろん、お母様がご高齢で、携帯やパソコンなどの機械に不得手でしたらやはり難しいかもしれませんが・・

ただ、この機会に「父母恩重経」における親の十恩からでも、これまでのお母様から頂きました恩をお感じ頂けまして、少しでもおおらかなお気持ち、受け入れて差し上げれる余裕もお持ち賜われましたらとも存じております。是非、下記ページにございます、親の十恩の内容をお読み賜われましたら幸いに存じております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/仏説父母恩重難報経

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


uk46様。

此処で大切な事は、お互いにお互いを「慮(おもんばか)る」と言う事でしょうね。
他を思いやる心が、お互いに欠落していたという事ですね。
其れを心して応対なされば、宜しいと存じますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

回答を下さった皆様ありがとうございます。次女(10歳)にも同じようなアドバイスをされました。「相手の気持ちになってあげて」と・・・。私も実母なので甘えがあるから、自分の都合のことばかりになってしまうのでしょう。わかってくださり、おしえていただきありがたく思います。まだまだ感謝の念が足りない人間だとしりました。ありがとうございました。

「母親のこと」問答一覧

母の意見に流されてしまう

はじめまして。情けない悩みで誰にも相談できず、こちらで相談させていただきます。 もういい年をした大人であるにも関わらず、親、特に母親の意見が絶対に感じてしまい、流されてしまいます。 私は一人っ子で育ちました。父が単身赴任をしていたため、母とふたりで過ごす時間が長かったのもあって、仲良く過ごしてきました。 幼い頃から母は私の中で「絶対」でした。母の言うことに従っていれば、何事も問題なく過ごすことができる。母の言うことが正しい。そう思っていました。 なので、結婚し、子供を産んだいまでも母に意見を求めるのですが、「こうしたら良いんじゃないか」「貴方のその考えはこうするべきでは?」と言われるとそうしなくてはいけない気になってしまいます。 「母がAと言ったから、私はBだと思っていたけどAに変えた」と自分の中で「母の意見」を言い訳にして、予防線を張っているのです。あたかも母の意見で自分の意見を曲げたように思ってしまいます。 例えば「お客様にメロンをお出ししようと思う」と相談して、「メロンよりスイカのほうがよいのでは?」と言われると「私はメロンが良いと思っていたけれど、母がスイカというので、スイカに変えた」といったことです。 夫にも「貴方は母の意見を聞きすぎなのでは?」と言われます。 母にも「貴方の意見を私のせいにしないで」「私に聞いて悩むのなら、聞かないでくれ 」と言われます。 自分でしっかり決めたことならば、母の意見は聞きません。 自分が迷っているときに母に便り、母の意見を聞いてしまいます。 どうしたら、母の意見に流されないようになれるでしょうか。また、責任転嫁するような考えがなくなるでしょうか。 お忙しいところ申し訳ありません、ご教授頂ければ幸です。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

実母への負の感情を消したいです。

夫家族と出会ってから 実母が毒親だったと気付きました。 精神的、金銭的に依存されています。 これまでの実母の行いを夫家族に話していませんが察して私を救ってくれました。 私の悩みは重すぎて誰にも話せません。 子供の時に父が自死したのは私と借金を助けなかった親戚のせいだと言われ(借金は母が原因)父がいないんだからしっかりしなさいと子供の私に難しい手続きの書類を読ませ理解できないと罵倒し泣いたり、無理心中しようとしたり、私が早く結婚したためか夫家族の悪口を言われ騙されていると罵倒、実母の知人に私の悪口を言われ、それが原因で知人に突然殴られたこともありました。 なので、私は実母が嫌いです。 悪い記憶が多いですが、実母も「母」でいたときもあったと思いますし、辛い思いをしていたと理解しています。 前に実母が我が家へ来て義両親の悪口を言い6歳息子の前で大泣きするように。息子に私のようになってほしくない、義両親に聞かれるのも辛いので実母と距離を置くことにしました。私が思うに大人数で暮らしていて1人で暮らす可哀想な自分を演出しているんだと思っています。私が幸せに暮らすことが気に入らないんだと思います。 こんなこと実親に思う自分にも嫌気がさします。 その後、距離を置いてから何度もメールをしたり、自宅周りを徘徊したり腐った野菜を玄関に置かれたりストレスでした。 先程、在宅中のお昼に実母が自宅に来てインターホンを鳴らしていましたが、実母の姿をみるだけで動悸が出るようになった私は、在宅していたのが私だけだったため、恐怖で顔を出せず居留守をしてしまいました。数十分経ち知らない着信があり仕事の電話だと思い出てしまったらまさかの実母でした。「困り事があるから助けろ」と。普段、実母の前では感情を出せないのに、この時はパニックで棘のある言い方をしてしまい、困っているのに突き放したことに罪悪感が出てしまいました。上手に対応出来なくて情けないです。 それから実母のことを考えてしまい憂鬱です。母に嫌われてもいい、どう思われてもいい、可哀想でもいい、と自分の頭の中で繰り返し唱えて自身をコントロールしようとしても弱い自分が出てきます。 私自身の思考に問題があるのかもしれません。 これからの接し方にも迷いがありますし、接することを避けたいです。実母に対する負の感情と罪悪感を断ち切るにはどうしたらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 25
回答数回答 1

実母の縛りが苦痛。でも親孝行しなくちゃ。

こんにちは。43歳主婦です。 幼少期から親に「あの友達とは付き合ってはダメ」「ガラ悪い子が多いから塾に行って私立中学受験しなさい」と親に縛られてきたような気がします。 大人になると「あの人とは別れなさい」「結婚は?子供は?」と常に言われ、大人なのでさすがに言い返し、反抗もしてきましたが、しばらくは親の意見がものすごく重く心に残り、鬱っぽくなります。 今は私と子供二人が実家から車で30分のところに住み、夫は単身赴任しています。 最近は私が一人で育児を頑張っているのを認めているようでいい関係が築けていましたが、昨年末「(実家が営んでいる)お店、年末多忙になるんだから手伝いなさい!義実家に帰るのは大晦日に新幹線で一人で行けばいいでしょ!この家の娘に産まれたんだから、手伝うのは当たり前でしょ!」と言われ、私は夫がコロナ禍でほぼ一年ぶりに単身赴任先から帰ってきて、みんなでドライブしながら遠方の義実家にいきたかったので断ったら大衝突しました。 それ以来、連絡もしてこない、こちらから連絡してもそっけない、です。 私はおそらくアダルトチルドレンで、未だに親に褒められて安心するという一面がある一方、自分の考えもあって勝手に板挟み状態です。 親とは考え方が違う、一線を置いたほうがいい、と思う反面、このままだと親孝行ができない、連絡してきてほしい、前のような関係を築きたい、と心がぐちゃぐちゃです。 何かアドバイスいただけたらと思います。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

米寿を迎えた母がさらに老化が進んで心配

こんばんは! いつもありがとうございます。 最近、米寿を迎えた母の衰えが加速しているみたいで不安です。 もちろん、高齢なので仕方ないとは分かっていますが… もともと、足元もおぼつかなくて時々、転倒していました。 今月の初めに家の中で転倒して10日間入院して 退院後、今度は首が痛いと言い出しました。 今度は首が直角に下向いてしまって顔を上げることができなくなってしまいました。  整形外科で診てもらいましたが、レントゲンを撮ってどこも異常なしと言う事で痛み止めだけを処方してもらいました。 3週間近く経ちますが、首は下を向いたままです。 その姿を見るたびに心配だし、かわいそうだし… 私は、毎日仕事帰りに実家に寄って電位治療器をしてあげたり、食欲も無いようなのでその事も心配で…なんか、ほんとに疲れてしまいました。 実家にいる、精神疾患の弟の事、母の事、私の頭の中はそんな事を考えてばかりです。 母の姿を見るたびに年を取るってこう言う事なんだな〜って思います。 家の中を歩くだけでも一生懸命な母を見るのは辛いです。 それなのに、首まであんなになってしまって どうにかして、元に戻って欲しいと思ってますが… 気分が晴れない毎日を送っています。 こんなに、皆んなに心配かけて手間をかけるなら私はその前に死んでしまいたいと思ってしまいます。 すみません。 愚痴になってしまいました。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

母との関わり方

私は20代、母は50代です。 私には妹がいますが、妹と母、父と母の仲は良好(に見えます)です。 現在、私と両親は共に暮らしています。 私と母の関係は良好ではありません。 母は私の話に興味がなく、私が話し始めると無視するか、声を大きくして被せてきます。 今日こんなことがあったんだよ、と話したら、なにそれ自慢?と言われたことがあります。あまり褒められた記憶がありません。 母は私のものを勝手に捨てることがあります。絶対に謝りません。妹と父にはしません。 私が母と一緒にいた時に盗撮被害に遭ったときも、警察が来た後、面白がって、私が泣くまで犯人の真似をしていました。 母は繊細で、思い込みが強いです。 嫌なことを母に言われて私が怒ると、怒られたことに対して被害者意識を持ちます。ひどい、何で怒るの、と。 でもなぜ私が怒っているのか、教えてもわからないそうです。だから謝れません。 母自身も、祖母がひどい人だったので逃げるように離れたそうです。愛情をかけて育てられていないから、こうなのかもしれません。 せっかく家族に生まれることができたので、母と仲良くし愛されたいと思っていて、毎日すごく辛いです。 話を聞いたり体を気遣ったり優しくしていて、暴力もしないし嫌われる覚えもありません… もしくは、私が母の言ったことに対して怒るからでしょうか。 希望する学校も行かせてもらえたし、好きなように生きなさいと言ってくれ、母なりに愛情はあるのだろうと、思うようにしています。 きっと私も子供を持つようになるとわかるのかもしれませんが、母との関係をよくしたいと切に願っています。 満たされない中で、どう心を構えて過ごせばよいでしょうか。アドバイスいただけますと幸いです。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

母の脳梗塞その後

以前母が脳梗塞に倒れ、入院した際に相談させていただきました。 あれから2か月たち、最初の病院から転院をしてリハビリを始めることとなったのですが、大腸の潰瘍が見つかり、そこからの出血。 また、膀胱炎なのか、血尿がひどく、重度の貧血状態となりました 輸血と酸素吸入で今は持ち直したのか容体は安定しているように見えます ただ、主治医からは今回の血尿の原因がわからず、詳しい検査・治療をするなら転院をしなければならないと言われています。 主治医の意見としては転院や検査の負担に体がもつかわからない 治療するにしても全身の状態が良くないため、転院先の病院で受け入れてくれるかわからないと言われております。 またいつ急変するかわからないとも告知されました 本人は生きることには前向きで、私の娘がいま妊娠中なのですが、赤ちゃんを抱っこするのだと、言っております また帰りたい、帰りたいと言っております そのたび、頑張って家に帰って、赤ちゃんを抱っこするんだよと母にはいっておりますが、そんなことを望めない状態なのに母に言うのがつらいです。 本心など母には言えないのはわかっていますが、母に自分の本心を偽っているのがつらいです。 これから先、母が急変した際には無理な延命治療を望まないと主治医には伝えておりますが、自分が本当にその時受け入れられるのかいまから不安です。 支離滅裂な文章になっておりますが、その時までどのようにして、自分を保っていけばよいのか教えてくださいませんか。 皆様のお言葉を頂き、自分の心構えとしたいと思います よろしくお願い申し上げます

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

母について

見てくれてありがとうございます。 母とのことでどうしたらいいかわからなくなる時があります。 昔から仲良し親子ではなかったのですが、仲が悪いわけではありませんでした。 ただ、小さい頃から怖かったりヒステリックな時があったので、母が怒らないかビクビクしていました。 高校卒業後は海外の大学に進学したため、母に対する感謝も感じ、一時帰国した際には以前より仲良く過ごせていました。 ただ、コロナの影響で帰国し日本で過ごす中、以前よりも状況が悪くなりました。 具体的には、母が私に嫉妬心をむき出しにするようになりました。 父とは仲が良く以前から2人で出かけたりすることも多かったのですが、父との関係に嫉妬するようになりました。 具体的には、 ・3人で旅行に行った際、行きの電車で父と2人で話していたら、機嫌が悪くなり、大きめの声でヒステリックなことを言い始める。荷物を音を立てながらまとめ新幹線を降りようとする。呆れて父も私も止めないと、怖い顔で戻ってくる。この旅行は本当に人生で最悪な日だと思ってしまいました。 ・父が仕事に行く際にお見送りしに行くと、私がいるとお見送りできないから来ないで、と言われる。 ・父と2人でご飯に行くことを決め、母を誘うと、前もって予定組まないと心の準備ができないから当日はいけないと言い、永遠となんでもっと早く言ってくれなかったの、など言われる。明らかに私への態度がおかしくなり、行ってきます。と言っても完全に無視される。 気分が良くなると急に優しくなる。 ・母は大きな音でテレビを見ており、その横で父と話していると、せっかく母がリビングにいるのにどうして話にまぜてくれないのか、と言ってくる。 これ以外にも、父との関係に嫉妬されます。 また、妹が10やって怒られないことを、私が1やるとすごく怒ります。 最近は話すのをやめたのですが、私自身変な気を使わなくて良くなったので、少し楽になりました。ただ、私は今の状況ではお互いに干渉しないほうが楽だと思うのに、毎日のように小さな声で聞こえるように色々な愚痴をいってきたり、ため息を大きくついていて、明らかな視線を感じます。 いつもはスルーしていますが、たまりにたまると、定期的に叫びたくなり逃げたくなります。 どうしたらよいのでしょうか? マイナスな雰囲気をどうしてわざわざ作るのか、わからないです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺