hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お経や仏教での好きな言葉を教えて下さい。

回答数回答 4
有り難し有り難し 84

お経やとても音が綺麗な様に感じてしまいます。
仏教にまつわる花の名前や色々な自然の豊かさを感じます。
好きな言葉や花や色々な事を教えて下さい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

世間の法に染まらざる・・・

奈由さん、はじめまして。

好きな花は、日本人の心「桜」と言いたいところですが、桜は二番目。

やはり一番は「蓮華」でしょうか。

ご存じの通り、蓮の花の根はレンコンです。
レンコンは深く濁った泥の中にあってこそ、太く力強く成長します。
そして、どんなに濁った水の中からでも、清らかな大輪の花を咲かせます。

お経の中にこんな言葉があります。

「不染世間法 如蓮華在水」
世間の法に染まらざること、蓮華の水に在るが如し。

これは、

お釈迦様の教えは、どんなに煩悩や欲に満ちた世界でもそれに染まることはない、それはあたかも、どんな濁水泥土の中にあっても蓮華が美しい花を咲かせるのと同じように。

というような意味合いですが、裏を返せば、

私たちが生きる世界には色んな誘惑があり、ともすれば欲におぼれて自分の歩く道をそれてしまったり、道を見失ってしまいがちですが、ちゃんと自分の足下を見て、誘惑に負けることなく、まっすぐに伸びて、いつしか美しい大輪の花を咲かせなさい。

という、私たちへの教訓だと捉えています。

なかなか簡単ではありませんが、そんな生き方が出来たらすばらしいですね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

僧に凡聖なく、十方に通会す

僧に凡聖(ぼんしょう)なく、十方(じっぽう)に通会(つうえ)す
偉い↔︎下っ端、良い↔︎悪い、聖↔︎俗、便利↔︎使えない、好き↔︎嫌い、こんな感じの価値観を仏教徒は気にするべきではない。どこにも誰にもとらわれず、あるがままの世界をありがたく受け入れ、丁寧に丁寧に接して一所懸命に生きましょう。そんな感じの意味です。心の、究極の綺麗さだと思います。

好きな花は睡蓮です。綺麗さと可愛さと格好良さを全部持っていると感じます。
あと蓮の葉っぱをつっついて水に沈めて遊ぶのが好きです。錦色に光るんですよ。手を離したら浮かんできて、水がはじけて元どおりになるんです。水が葉っぱの上に残ってたら葉っぱを揺らすんです。そしたらグニャグニャしながらすんごい勢いで転がるんです。見たことありますか?
そういえば睡蓮の葉っぱではやったことないなぁ…同じようになるのかな?

これからお盆になりますね。私の宗派ではお盆に甘露門というお経を読みます。スーッと流れていく漢文と、木の葉が落ちていくみたいにクルクルな和文と、なんだか不思議な梵語(中国より西の言葉を漢字で音写した言葉)が入り混じって、転調が綺麗なお経です。ぜひ聴いてみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

諸行無常

世の中は常に変わりゆきます。最近まで栄華を極めたものも、時代の移り変わりで消えていったりします。

お釈迦様は涅槃の際このような事を言ったそうです「すべてのものは移りゆく怠らず努めよ」。

慢心する事なく時代の変化を感じ対応していく。2500年以上前のお釈迦様・・・本当に尊く偉大な存在ですね。 (私の解釈ですのでご了承下さい。)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


小黒澤 和常
大本山總持寺安居ののち、松岩寺副住職となる。テレビ朝日系お坊さんバラエティ...

おかげさま

奈由さん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈です。

私の好きな言葉は「おかげさま」です。一般用語のようですが、実は仏教に語源があります。
「かげ」とは、陰にあって目に見えないもの、つまり神仏やご先祖さまのことです。奈由さんも私も知らないうちに神仏やご先祖さまの陰に支えられているのです。

いつ神仏やご先祖さまに支えられているのか分からないから、おかげさま。
良いことがあっても、悪いことがあっても、おかげさま。
万事がおかげさまなのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

ありがとうございます。
ありがたいお言葉です。m(._.)m

全ての方々を何度も読み返しています。

「お経・経典」問答一覧

読経が何故供養になるのか教えてください。

お経を読むことがなぜ先祖や自分に関わりのある仏様の供養につながるのか? 大変罰当たりながら、そのような疑問を抱いてしまいました。 仮に例をあげますと、日蓮宗では法華経を読んで先祖供養などをされると思います。 法華経は釈迦が悟りを開いて亡くなられる前に最後の教えを説いたもので、 数ある経典の中でも最上の教えとされていると聞いたことがあります。 その素晴らしい教えを守り、帰依しますと宣言する=「南無妙法蓮華経」と題目を唱える。という事になるのでしょうが、なぜそれが供養につながるのか疑問です。 自分は先祖や仏様との何らかのつながりがあるから、その自分が題目を唱えることで先祖や仏様の過去の罪が軽くなり救われる。=先祖や仏様も成仏できるという考え方も確かに一理あると思います。 しかし、お経というのはただ聞いたり意味を知らずに読んだりすれば、まるで呪文のようでいかにも効果がありそうに思いますが・・・。 現代語に訳して意味を分かるようにしてみると、一つの物語をただ読んでいるにすぎないように思えてしまいます。 とてもありがたい教えが書かれていることは理解していますが、客観的に考えれば子供に絵本を読み聞かせているようなものではないかと思ってしまうのです。 子供ではなく対象が先祖や仏様へ、絵本がお経という物語へ変わっただけではないでしょうか・・・。 物語を読み聞かせる行為がなぜ供養につながるのか? 先祖供養のためによくお経を読む者として、大変疑問に思っています。 どうか教えてください。

有り難し有り難し 79
回答数回答 5

読経

昨日、母の初盆で自宅にお坊さんに来ていただき、読経していただきました。 今まで無宗教だのあの世は信じないだの威勢のいい言葉を並べて生きてきましたが、母の死に直面して、純粋に「苦楽から解放されてあの世では安らかに過ごして欲しい」との思いで父方の宗派の浄土真宗大谷派のお寺さんにお願いして節目の法要をお願いしています。 お坊さんの法話で、私たちが心配しなくても極楽浄土で過ごされているから心配は無用なんだとの旨を教えていただき、少しずつ自分でもネットで調べて仏教に触れ、今まで無知だった仏教に対しての印象も段々と変わってきました。 そんな私のお坊さんに対する疑問ですが、母の法事のお坊さんの読経中は生前の母は「こんなことあったな」「あんなことあったな」と色々思いを馳せたり、お坊さんの「南無阿弥陀仏」が聞き取れた時はお坊さんの言葉に重ねて頭の中で南無阿弥陀仏と唱えているのですが、未熟なものでそのうち「お経長いな」とか「お坊さん、歌うまそうだな」とか「お経は何て言ってるのかな」とか色々と雑念がわいてきて、母や法事と無関係なことを考えてしまいます。正直お経の意味すら知らない自分が読経に合わせて手を合わせることに意味があるのかなんていう素朴な疑問もよぎります。 自分でも失礼だと思うし、「せめて今日ぐらいはお袋や先祖さま、お袋も可愛がっていた先代のペットのことを考えてやれよ!」と自分自身に突っ込みをいれたくもなるのですが、失礼な言い方ですが読経に自分でか「飽きてしまってる自分」もいるのだと思います。 そこでお坊さん方にお聞きしたいのですが、法事はもちろんこれからも参列する機会もたくさんあると思いますが、お葬式やお通夜など含めてお坊さんの読経中はどういった心持ちでいるべきなのでしょうか? もし同じような雑念が出てきてしまったら、どのように持ち直す?脱線を修正したらよいでしょうか? またお坊さんたちは自身のお勤めの際、どのようなお気持ちで読経なさるのですか?例えば劇の時のように、感情を込めてそのたちばになりきるように、お経の中の言葉の意味に思いを込めて唱えられるのでしょう?また同じような雑念がわくことはありますか? 子供じみた質問で申し訳ありません。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る