お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

父の死

10年前に、大好きな父が胃ガンで亡くなりました。

病気が発症した時にはすでに末期で本人にも告知してありました。唯一の治療として少なからずの延命で抗がん剤治療、あとはひたすら痛みを取ってあげることしかできませんでした。

死期が近くなるにつれ、痛みも強くなり、モルヒネの量も多くなりました。

私は、一人っ子で両親にたくさんの愛情をもらい育ててもらいました。時に厳しく叱ってもらい、時にはたくさん遊んでもらい、自分が大人になっても仲良しでした。

父がモルヒネの量が増えるにつれ、私が毎日、面会に言っても副作用のせいで、誰だかわからなくなってきていました。もちろん、私だけではなく、母にも妻という認識も薄れてきていました。

私は仕事柄、医療従事者なので、父が告知を受けた時から死期をどう迎えるか、どう向き合うか、覚悟はできていました。

ある日、父がモルヒネの副作用で暴れたことが一度ありました。

私の胸ぐらを掴んで、死期が近いとも思えない力強い力で殴ろうとしたんです。

私は、今までそんな怖い父を見たことありませんでした。

もちろん、副作用で私が娘だと認識はもぅできてませんでした。

聞いたこともない汚い言葉を使い、私を罵り、、、

副作用が言わせてると頭では理解できてたけど、やっぱりすごくショックでした。

それが父との最後の会話になり、父は旅立ちました。

10年たった今でも、父が暴れたことが忘れられなくて、本当は副作用ではなく、私に対する憎しみの、表れだったんじゃないかと思っています。

もし、憎しみであれば、わかってあげられなかったことを謝りたいと思っています。

10年の間、ずっとモヤモヤです。

身近な人の死
有り難し 37
回答 3

質問投稿日: 2015年7月6日 21:21

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

父の恩は山より高く、母の愛は海より深し

由美子姫さんへ

未だに引きずっておられるという事は、
10年前とはいえ、大変なご経験をされたのですね。

私は、医療の事は全く分かりませんが、
モルヒネは、患者さんの痛みを和らげる効果と反対に、相当強い副作用があると聞きます。

表題にも書きましたが、
『父の恩は山より高く、母の愛は海より深し』
と言います。また、
「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」(吉田松蔭)
(子供が親を思う気持ち以上に、親が子供を思う気持ちがはるかに強く深い。)

親を恨む子供があっても、子を恨む親はいないはず。
それ程、親心は、深く強い!

私の勝手な想像ですが、
お父様は、由美子姫さんに感謝し、極楽へ往かれたのではないでしょうか。

3年3ヶ月前
回答僧

願誉浄史

苦痛・怒りは誰にでもある

誰でも、心身の苦痛が大きいとイライラが爆発することがあります。
特にあなたを憎んでいたということではないでしょう。
しかし、苦痛イライラをぶつける家族が身近にいてくれたことは、ある意味幸福でもありました。
お父様は、最後の最後に、娘さんに甘えることができたのです。
他人にはそんな姿を見せたくなかったはずですし。
お父様は、モルヒネを使うまでは、ご家庭でそのような姿を見せなかったわけですね。
つまり、しっかりとした人格のお父様でいらした。
だからこそ、副作用のときのギャップを見て驚いたんですよね。
でも、それも人間の自然の姿ではないでしょうか。
普段から家庭で暴力をふるうオヤジも世間には多いなかで、あなたのお父様は副作用が出るまでそんなことがなかった。
立派な方だったのです。

3年3ヶ月前

ゆるすことは自分をゆるめる事

もしあなたが「私に対する憎しみの表れだったんじゃないだろうか」といわれるなら、お父さんに対して、どんな悪い事をしたというのでしょうか。
それを、もし、悪いと思うのであれば、お母さんに尋ねてみてください。
自分を責めることがあなたにとって苦しみになっていると思います。
たしかな根拠も無しに、自分を責める必要があるでしょうか?
殴ろうとしたというけれども、殴らなかった。
お父さんも、薬の副作用と戦ってあなたを殴らなかった、幻影を見ながらも打ち克った姿だったのだとみるべきです。
仮にもし悪い事をしてしまったなのなら、墓前で詫びるべきをお詫びし、お父さんが喜ぶような生き方をするべきです。
どうにかしてあげたかった。
だけど、当時の医療でも助けてあげることはできなかったのです。
あなたが悪い訳ではありません。
墓前で、話すべきを話し、つたえるべきを伝え、自分をゆるめ、自分の執着を緩めて、自分をゆるすようにしましょう。

3年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

きっと私が想像した以上に父には壮絶な治療だったのかと思います。

10年の間、ずっとこの思いを話せなくて辛かったけど、ようやくココロの荷物が降りた気がしました。

お答えをいただいて、読んだ時、涙が止まりませんでした。

父には、これでよかったんだと自分の中で区切りがつきました。

ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ