皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

子供を亡くしました

長男が亡くなりました。自死です。

とても優しい、正義感の強い真面目な子でした。
なぜ死ななければいけなかったのか、なんでなぜ気が付いてやれなかったのか、もっと優しくしてあげればよかった・・・
後悔と反省と疑問ばかりです。

長男は今苦しんだり迷ったりしていませんか。さみしくないですか。
どこにいますか。
もうすぐ四十九日です。

私はこれから長男のために何をしてあげられるのでしょうか。
取り返しのつかないことをしてしまいまいました。
失ってその大切さにやっと気が付いた感じです。

まだ仏壇も用意できていません。
しばらくお骨は家に置いておくつもりです。

宗教にこだわりはなく、自分の想いが大切だと考えています。
が、色々調べるうちに気になってきて。
長男のために、仏壇を置くときにお坊さんに来ていただくべきでしょうか。

長男がいなくなっても、毎日の生活は続いています。これからも続いていきます。
これから一生、長男を亡くした悲しみや辛さとともに生きていきます。私がそれに耐えられるか不安です。

身近な人の死
有り難し 96
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

息子さんの供養のためにも家族で力強く生きてください。

Kさん、こんにちは。

息子さんの自死、お悔やみを申し上げます。
まだ四十九ですから、まだまだ心の整理もついていないと思います。
もともと仏教は葬式はしません。でもなぜするようになったかというと、死を通して仏教の目的である諸行無常の真理を悟り、心の安心と向上を目指すための仏縁となるからです。
息子さんの死は悲しいことですが、息子さんの心にも仏性があり、すべての現象は仏さまのみ教えといいます。死を通して生命の大切さを知り、自分の生き方や家族の絆を強くすることができるはずです。それこそが亡くなった息子さんへの最高の供養になります。

その誓いをする場が仏壇なのです。毎日拝むことによって仏さまに感謝し、亡くなったご先祖様、息子さんにいつも一緒にいることの家族の絆を誓う場なのです。またそのお導きをされるプロがお坊さんになります。

悲しかったご縁ですが、是非そのご縁を仏さまの仏縁だと信じ、仏壇を安置して供養してください。高い仏壇でなくてかまいません。小さな仏壇でもカラーボックスでもいいのです。自分の家にあったお仏壇を求めてください。そして仏さまと一緒に息子のお位牌をご安置し、毎日お水お茶を捧げて、供養をしてあげてください。それを見た他の子供たちは、あなたの子を思う気持ちを理解するでしょう。すると子供立ちは子を思う親の気持ちを知り親思いの良い子に育ちます。それもまた息子さんの菩薩行なのです。

仏壇や仏具は、儀式として性根入れを通して神聖なものとして区別するのですが、するかしないかは施主様のお気持ちになります。四十九日忌に僧侶を呼ばれるのであれば四十九日忌法要と一緒に性根入れをしてもらってもいいでしょう。ご縁がなければ私が遠方にて性根入れをさせてもらっても良いです。

三回忌まではまだまだ心は落ち着かないと思いますが、お母さんは子供の鏡でなければなりません。息子の分まで力強く生きて今兄の死を受け入れようとしている子供たちの見本になってあげてください。いつでもつらければご連絡してください。心の相手をさせて頂きます。合掌

無上道 あらゆる苦しみを超える道

仏教とは無上菩提を説きます。
万人が得られるやすらいの心を説いています。
人生のあらゆる困難や苦しみから逃れる、救われるための教えが説かれています。
私自身もあらゆる苦しみから仏教によって救われました。
Kさんもご自身を救うために、仏道修行がはじまることをお勧めします。Kさんが菩提心を起こすことによってそれは始まります。
仏道修行とは自らの心をおさめることです。
いわゆる故人様への供養として塔婆を立てる、墓石を建立する、仏壇を購入する、法事をするということは、それをすればそれだけでよいことのように思われてしまっていますが、本当に大切なのは精神です。
根本は自らの心も、世の中の人の苦しみをも救う「菩提心」をうち立てることにこそあるのです。
仏教は菩提心から始まっています。菩提心があってこそ広まっています。
塔婆を立てるのも供養塔を立てるのも皆、安らぎを求め、世の人の苦しみ救っていこうという慈悲心や菩提心を打ち立てるという誓願のもとに建てられてきたのです。
故人を思いやって、故人がこの世で成し遂げられなかった善行や世の中がよくなるような功徳を積むためにも、代務代行としてでも、ご自身のためにこと仏道を歩んでください。
それが二人で同じ道を歩むことになります。
お子さんが亡くなられてしまった事、さぞかしお苦しいことと思います。
先日もあなたと同じくお子様を亡くされた方が来山されました。
私も昨年、仏道仲間や弟弟子との別れを経験しました。
私は彼らの菩提を弔う行為として菩提心を奮い起こしています。
己を離れ、自分の持てる力の限りどなたかの為にお役に立てるようにつとめるのです。
衆生という言葉があります。
自分の中でその方を想う心、と理解して頂ければありがたいです。
自分の中でああ、あの子が苦しんでいるであろうなぁ、申し訳ないなぁと思う心です。
その自心の衆生を救う事があなたの苦しみを取り除くことにつながります。
お子さんを救ってあげたい、何かできることをしてあげたい、という心を菩提心に転化させるのです。
それが菩提を弔うことにつながります。
あなたはあなたの人生なのです。
そして、あなたの愛情を必要としているお子さんがおられるはずです。
あなたの人生を歩み直す為にも菩提心を起こして、❝出道を欣求❞なさってください。

慌てる事なく心を込めご供養することです

拝読させて頂きました。あなたもご家族の皆様も本当にお辛い悲しい思いをなさっておられることかとお察し申し上げます。
ご長男さんが必ず仏様のお導きを正しく受けて、仏様のもとに生まれ変わり心から安らかに安心なさって、これからご成仏頂きます様にと心を込めてお念仏おとなえし仏様にお願いさせて頂きますね。
南無阿弥陀仏
どうかあなたもご長男さんが仏様の元に生まれ変わって心から安心してご成仏なさって頂きます様にと手を合われてお念仏おとなえしお願いなさってください。
南無阿弥陀仏
必ずや仏様はあなたの願い私の願いをお聞き届けいただいてご長男さんを正しく導いて頂きます。
49日はなくなられた方がこの世から旅立ち仏様の極楽浄土に生まれ変わる日といわれております。
ですから必ず必ずご長男さんは仏様のもとに生まれ、ご先祖様方に巡り合い安心なさることでしょう。
そしてこれからもあなたや皆さんをお見守りなさってくださいます。ご長男さんとのご縁はこれからも永遠に続くのです。いつもいつもあなたや皆さんの心の中でお近くにいてくださいます。

お骨の埋葬やお仏壇については菩提寺のご住職様にご相談なさってみても良いと思います。
そしてあわててお仏壇は買わなくても良いと私は思います。
それぞれのお宅でお仏壇を置かれるところも違うでしょうし、私は皆さんがいつもいらっしゃるリビングが良いと思いますので慌てずにご家族でご相談なさってから購入し設置する時にはご住職様にご仏壇の仏様の魂入れの開眼をして頂いてください。開眼作法をして初めて仏様をお参りできますので。

ご納骨についても私はしばらくご自宅で身近においてご供養なさっても私は良いと思います。
あわてることはありませんから毎日朝手を合わせてお声をかけてご供養なさって頂きたいと思います。
その死を今すぐ何がなんでも受け入れることはは大変辛いことです。どうかご自分を責めないでください。あなたのお気持ちをいつでも聞かせくださいね。あなたをいつもお待ちしています。

あなたもいつに日にかその生命が全うされるその時に仏様の元にお導きを受けられます。そして再びご長男さんにお会いすることでしょう。そして喜び合うことでしょう。それまではどうか見守っていてくださいねとお願いなさってくださいね。そしてこれからもご長男さんを心を込めてご供養なさってくださいね。


質問者からの有り難し - お礼

皆様、早速のご回答、本当にありがとうございます。
何度も何度も読み返しています。これからもきっと何度も何度も読み返すと思います。
本当にありがとうございます。

現実を受け止め、長男に恥ずかしくないよう生きていきます。

お仏壇のことはいただいたご回答を参考に、家族でよく話し合って決めたいと思います。

質問の投稿を迷ったのですが、投稿してよかったです。
感謝しかありません。本当にありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ