hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

人に共感出来ない

回答数回答 4
有り難し有り難し 40

人の気持ち(主にプラスの感情)に共感出来ずに悩んでいます。
他人が喜んでいる様子や嬉しがっている様子を見ても何とも思いませんし、何も感じません。
その為、他人に対して何かをする、してあげるという行為に対して非常に億劫さや面倒臭さを感じてしまいます。

他人に対して、親切な行いやボランティアをする人々は、総じて共感能力が高い人だと感じています。
相手が喜んでいる、嬉しがっている様子を自分のことのように感じることの出来る人でなければ、どれだけ他人の為に尽くそうとも結局は無駄なことのように感じると思われるからです。

上記のような考えを持つ自分自身がとても自己中心的で冷たい人間のように感じられて、日々不全感を感じています。
そこで質問なのですが、他人の喜びを自分のことのように感じる為には、日々を過ごす上でどのような心構えや習慣が必要なのでしょうか?回答の程よろしくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたの笑顔も誰かがつくってる

あなたは、自分が誰かから何かをしてもらった時に、喜んだり嬉しかったりしませんか?
嬉しいことに出会ったら、思わず笑顔になりませんか?

他人の笑顔に興味はなくても、自分の笑顔は否定出来ないはずです。

実は他人もそうなのです。

誰しもが、笑顔でいる時間が一番楽で一番楽しいことを本当は知っているのです。

でも、他人のために動くことが面倒くさい。

言うなれば、損得感情とでも言いましょうか、億劫も面倒くさいも、その行動が自発的なものでないから起る感情です。

簡単に言えば、誰かに言われてとか、やらなければいけないとか、そういう立場からものを考えるから、億劫だったり面倒くさくなるのです。

ボランティアだったり、誰かのためにと言う行動は、常に自発的なものです。

たとえ誰かに「やれ」と言われて始めたとしても、「やる」と決めた自分がいるからやるのです。
「やりたくないけどやる」でさえ、「やる」を選択しているのです。

自分が「やる」と決めた行動の結果が、笑顔として返ってくる。
返ってきた笑顔が自分の行動に見合うものだった時に、また笑顔をみたいとか、喜んでいる姿を見たいと思う感情が、また次の「やる」に繋がって、自然発生的にサイクルを生んでいるのです。

もちろん、自分の行動に見合う結果がいつも出るとは限りません。
これだけ頑張ったのに…と思うこともあるでしょう。
これは誰しもが思うことです。

でも、何らかの行動のないところに笑顔は生まれません。
誰かが行動してくれないと、自分の笑顔さえ生まれないのです。
テレビを見て、ゲームをして、漫画を読んで、食べて楽しい。
でも、テレビもゲームも漫画も食事も、必ず誰かの行動がそれらをつくっています。

本当はみんなそれが心のどこかで解っているからこそ、自分が行動せずに動かないことが続くと、ともすれば、自己嫌悪や現実逃避の引き金にもなりかねないのです。

誰かのためにというのは、逆に言えば、自分のためにということです。

誰かがあって、初めて自分が笑顔になれるのですよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

自分で身体を動かし、試行錯誤して何かを作る

私は年をとってきた師匠や母のために、お墓へ登る坂に階段を作っています。階段といっても大したものではなく、地面に木の杭を二本刺して、そこに丸太を引っ掛け、土をとめて段にするだけの簡単なものです。
できるだけお金をかけたくありませんでしたし、禅宗ではこういったことは作務(さむ)という立派な修行ですから、できるだけお寺にある物で作ることにしました。裏山に入ってノコギリで木を切り、それを引きずって運び、適当なサイズに切り分け、鉈で皮を剥ぎ、地面に刺す杭は尖らせます。そして長さが腰まであるハンマーで杭を打ち込み、スコップで地面掘って丸太をはめ込み、土をかぶせ、ジョウロで水をかけて固めます。

こう書くと大したことなさそうですが、やってみると分からないことだらけ、難しいことだらけです。たとえば汗水流して一生懸命にハンマーで打っても、1ミリづつくらいしか地面に入らない…
嫌気がさしてもう止めよう!と思った頃に「こうすると力が伝わるんじゃないか?」とひらめき、コツをつかんだのですがその直後、ハンマーのクビが折れちゃった…師匠が子供の頃からあったものですから木が朽ちていたんです…

で、肩を落としながら帰りつつ、ふと思ったのです。「こんな大変なこと何十年もやってる仕事の人がいるんだよなぁ…すげぇなぁ…ノコギリなんかどうやったら思い付くんだろ…製鉄だって自分にはできないよなぁ…やっぱり仕事の対価って、惜しまず感謝の気持ちとして払わないとダメだなぁ…」

結局、共感力というのはこうして自分で苦労することの積み重ねです。あと、職場や家庭で他人の成長に携わるという体験を真面目にすると変わりますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

気持ちの注ぎすぎ か そうでないか

ポレポレさん、こんにちは。
たとえば映画で涙を流す人とそうでない人は、共感力、心理的距離の違い、気持ちを注いでいるかいないか、自分にそういう体験、経験があるかないかなどで変わります。
「アナと雪の女王」で共感できず全然泣けなかった夫が「あの話で泣けないなんて人として共感能力に欠けているわッ!」と妻に捨てられてしまった実話があるそうです。(奧さん、夫にも共感してあげて)
「えっ!そこで泣くの、何故?」ということは感動映画に限らず、笑いのツボにも同じことが言えます。(私の回答はぶっちゃけ、四分の一は、質問者様の緊張を取り除くためにも、冗談や、お笑いをまじえていますが、真面目な人たちや趣旨を理解してくれない方に反感を買われてしまいます。
世間の痛ましい事件などでも、気持ちを注ぎすぎた状態でニュースをみると我が事のように、心が痛みます。
何でもかんでも、共感力が高ければよいかといえば、そうでもありません。
(そろそろ来ますよ)ぶっちゃけ、わたしは、こういうことを申し上げますと、〇〇ファンを敵に回しますが、学生時代、そのスポーツの名前は言えませんが、白黒の玉を蹴っ飛ばして半開きの巨大カゴにけり入れる某スポーツや、小さい白い玉を金属か木製の棒で遠くへ打ち飛ばすスポーツを真夏の暑い中、汗水たらしてお金払ってまで見物して勝った負けたで熱狂して泣いている人たちをみると高校くらいの時に「お前ら大丈夫か?」「何でコイツら人の事で泣いているんだ?」「相撲や卓球、剣道でそんなに泣くか?」「勝った負けたからってお前が勝ったわけでも負けたわけでもないだろうに何故に泣く?それほど他人事で一喜一憂、熱狂すべきことか?」と本当に意味不明で頭がおかしい人たちであると思っていました。
その考えは、今では大きく反省し、改めました。大変申し訳ございません。「きっと夏の頭が熱さでおかしくなっていたのであろう」と、その考えを大きく改めました。(↑全然改められていない)あ、ここ笑う所です。
さて結論。よって、あなたの能力は、上手に使えば、上手な距離感を保てる素晴らしいチカラでもあります。「百万回生きたねこ¿」とかいう話がおススメです。
自分以外に大切なものを持つとガラリと変わるということですね。
あ、サッカーも野球も大好きです。泣きはしませんが。この話、共感で来ましたか?(._.)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


自分に置き換えてイメージを

誰でも傷つけられるのは嫌だから、他人を傷つけてはならない、というのがお釈迦様の考え方です。
自分が嫌なことは他人にしない。
つまり、他人を自分に置き換えてイメージするわけです。
喜びについても、他人を自分に置き換えてイメージするか、あるいは、他人と自分が一緒に「やったー!」と喜んでいる様子(サッカーのサポーターみたいに)をイメージしてみてはどうでしょうか。
ちなみに、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「慈悲の瞑想」というのが紹介されています。
やってみてはどうでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

「人が嫌い・怖い・苦手」問答一覧

行きづらいです

私は生まれて少しして乳児院に預けられ、2歳の時母親が行方不明になりました。2歳すぎて児童養護施設に預けられ中学生の時、不登校になり学校へ行けませんでした。高校は私立受験して受かったのですが、対人恐怖でまた不登校になり高校を退学しました。高校退学後私はビジネスホテルの清掃のアルバイトをしてましたその後私はまた別の会社で清掃の正社員になりました。正社員になっても1年後精神的に辛くなりやめました私が居た児童養護施設は高校に行かない人は受け入れてくれないから私はそこを出て、自立支援ホームに行くことになったけどそこでも対人恐怖や幻覚などが表れ、そこの人に精神科に入院させられました。6ヶ月くらい入院してお金がなくなり生活保護を受けて独り暮らしをして今に至ります。私の父親は父親らしくない人でした父親は高齢で私が23歳の時になくなりました私は兄弟は兄がいて今、東京でヘルパーの仕事をして独り暮らししてます 現在の私は無職で精神科に通院してます彼氏もいますけど考え方があわなくて疲れます。でも好きなのは好きなんですが合わなくても一緒にいます。私は親もいないし兄弟はいるけどウマがあわなく頼るのは彼氏だけですから彼氏と縁を切ると誰にも頼るひとがいなくなってしまうので切れません。ひきこもりの対人恐怖だし意欲がないので何もできません。ご飯、洗濯、お風呂以外は。無駄に時間を過ごしててこのままこれからどうなるんだろうかって思います アドバイスお願いします

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

なかなか治らない対人不安について

はじめまして、20代女性です ここには相応しくない変な質問かもしれません 私は精神科に7年ほど通っています 強迫性障害や不安障害など診断をされ、服薬と通院、カウンセリングの日々です 特に対人に関して問題があり、初対面では楽しく話せるのに2回目3回目と会っていくとどんどん恐怖が増します 同じ空間に人がいると頭の中で勝手に1人にターゲットを決めて、その人に対して過度に集中してしまいます その1人がとてもおぞましいものに見えて「見られてたらどうしよう」「付き合ってしまったらどうしよう」と思考が暴走し止まりません 手が震え、息を吸いすぎて倒れそうになり頭痛もします 次第にそのターゲットの方向が真っ暗に見えてジリジリと焼けるような感覚がします 到底この状態では社会生活は送れず、高校は中退仕事はしたことがありません そのことを病院に伝えて色んな療法などを試してきました 身近な所だと呼吸法もそうですし、作業療法や森田療法、認知行動、自分なりに社会復帰をしたくて習い事や塾や公共のサービスで人とお話しして治していこうと努力しました しかし症状は一向に治らず、頼りの担当医師には「どうすればいいかね〜」と言われてしまいました そんなときに仏教の本を手に取り、自分の思考の暴走と重ね合わせてみると少しだけ気が楽になるような気がしました 特に気になったのは「慢」の心です 慢の心が私の対人を不安にさせているのではないかと思ったのです 過去の体験などから人に対して過剰に反応してしまうのですが、もしかしたら、仏教や禅の心を学べば少しは改善できるのではないかと思いましてここに相談させていただきました 一番にお聞きしたいのは対人の時の思考の暴走をどうコントロールしていくのか、どう対処していけばいいのかを知りたいです よろしくお願い致します

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

もう、生きられない。

子供の頃から、人と話すのが苦手です。最初は恥ずかしがり屋なだけだと思ったのですが、今では人と話すのが恐怖になってます。 「相手を困らせるかもしれない。」「迷惑をかけるかもしれない。」「怒らせるかもしれない。」など、そんな恐怖から逃げて、自分勝手な行動をしてしまいます。そのせいか、周りから信用されないし、誰からも愛されない。それにより自分に自信をなくしてしまい、駄目な自分を責めてしまい、仕事や生活が思うように出来ません。 原因は脳の障害や病気かもしれない。最近、意欲や記憶力、決断力といった能力が低下してる。仕事や生活に支障が出てるのは自覚がある。 しかし、原因がわかっていても、それを誰が信用するのでしょうか? 「馬鹿にされるだけかもしれない。」「余計に追い詰められるかもしれない。」など、自信が持てないから、悩みを打ち明ける勇気もありません。 近日、心療内科に行く予定ではありますが、本当に脳の障害や病気だったとして、治すことが出来たとしても、これまで失った信頼は、二度と戻ってこないと思っています。 仕事で失敗ばかりしたり、迷惑ばかりかけているのは事実です。そんな人間が、本当に救われていいのだろうか? 今では、僕の存在そのものが迷惑な気がしています。「自分がいなかったら、誰も辛い思いをしなかったかもしれない。」「自分がいなくなっても、誰も悲しまないし、むしろ周りの人は幸せかもしれない。」と思ってしまいます。僕は生きてるだけで罪なのかもしれない。 しかし自ら死ぬことも出来ない。自分の思い込みだけで解決するのは良くないと思うから。っとはいえ、人間として何一つ良いことしてない自分が、本当に救われていいのだろうか? 正直、今書いてるこの文章の書き方も、伝わる気がしません。きっとお坊さんからも見離される。僕の苦しみは誰にも理解出来ないだろう。 何もかも自信を無くしてしまった。もう、生きる道は無い。 僕は・・・人間失格です。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

人が怖くて喋れない

育った環境などが原因で、極度の人間不信で人が怖くて、本当に心を開いた相手以外に意見を言ったり、普通に話したりができません。 物心ついた頃から母は、あの人は人を平気で貶める人だ、とか、みんなお母さんの敵だ、とか、肉親も含めて母にちょっとでも嫌な思いをさせた人のことをいつも大げさに嘆きながら語り聞かせてきました。 幼かったわたしは真に受け、お母さんを泣かせるのだからその人たちはみんな悪い人だと思い込みました。 母は、祖母や祖父、はてには父の悪口まで言い続け、わたしは誰を信じていいかわからなくなってしまい、大人とまともに話すことができなくなっていきました。 そしてさらに、何か気に食わなかったのか近所の友達のお母さんの悪口も母はしつこく言い始め、聞かされ続けて、友達のことも信じていいのかわからなくなり、どんどん人間不信に陥り、保育園までは言いたいこともはっきり言えていたのに、小学生に上がる頃には、はい、いいえ、すらまともに言えないほど、人も、人と話すことも怖くなってしまっていました。 更に母は、極端なほどにわたしが反論するのを嫌っていました。 少しでも、「それは違うんじゃないかなあ」と意見を言えば、「あんたまでお母さんの敵に周るの!?お母さんに味方なんて誰もいないんだ!」と言い、泣き叫んだり部屋に引きこもって壁を叩いたり、と、気が狂っていました。 それを見続けて、意見を言うのは悪いことなんだ、黙っていればすべて丸く収まるんだ、と、わたしは何も喋らなくなりました。 とはいえ、中2くらいの頃にはお母さんの癇癪も収まり、ちょっとずつ人と話すことができるようになり始めたのですが、丁度そのころ、同じグループだったそんなに仲良くない子に強く嫌われ、いじめられました。 最終的に仲直りはしたのですが、意見を言うことはやっぱり悪いこと、嫌われることなんだ、と強く刻みつけられてしまい、それ以来そんなに仲良くない人がいる場面では意見を言うことができないままです。 正直、一番の要因になった母の言動に関しては非常に怒りと憎しみを覚えています。 母自体を嫌ってはいませんが、あれがなければもう少しまともに人とも話せただろうし、生きやすかっただろうと憤りを感じます。 いまは、とても、生きにくいです。 でも、過ぎたことです。 少しでも人間不信を軽減する方法を知りたいです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る