皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

大正大学に行くべきか、それとも...

大学へ行ったら仏教を学び、将来はお坊さんになりたいと思っているのですが、大学選びはどうしたら良いでしょうか。
私の家は浄土宗でして、私は浄土宗の僧侶になりたいと思っています。それを学ぶには、家から通える距離に有る大正大学が良いと、自分は考えているのですが、両親や学校の先生には、「偏差値が高くて名の知れた大学を選んだ方が良い」と言われており、駒澤大学や東洋大学を勧められています。
私も、最近になって、もう少し偏差値の高い大学を狙う方が良いのかなぁ、と思う様になりました。けれども、近場で、浄土宗を始めとする施設やカリキュラムが充実しているのは大正大学だけだと思いました。
これを御覧になって下さっているお坊様、私は、大正大学へ行くべきでしょうか、それとも、大正大学よりも偏差値が高い駒澤大学や東洋大学を狙うべきでありましょうか。
もしよければ、アドバイス等を頂ければ幸いです。どうか、宜しくお願い致します。

お坊さん
有り難し 53
回答 4
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お坊さんに学歴はいらない

親御さんの気持ちもわかりますが、一言でいうなら「お坊さんに学歴はいらない」ということです。
これは、「勉強が出来なくてもいい」という事ではありません。
「どこで学ぶか」よりも大切なのは「なにを学ぶか」「どれだけ学ぶか」です。
大学は研究機関です。確かに偏差値が高いところの方が、周りのモチベーションやポテンシャルも高いので自然とそちらがわに引っ張られますが、お坊さんにとって大事なのはいかに周りに流されず自分の進むべき道をぶれずに進むかです。
静中の静は真静にあらず、動中の静こそ真静なり。ですね。

ちなみに僕も高校生の時に大正大学のオープンキャンパスに行きましたが、東京の中にありながら穏やかな雰囲気のキャンパスで、浄土のみならず密教も学べるので、素晴らしい大学だと思いますよ。知見の幅が広がります。

時間があるなら他大学

こんにちは。私は、自分のプロフィールにありますように、他大学から大正大学の大学院へ入り、資格を取りました。
大正大学は、それこそプロパーな先生が大勢いらっしゃいますし、将来は僧侶を…と考えている仲間も沢山できるでしょう。ただ、資格という面では三年に編入しても2年間で必要な単位を揃えることは出来ま…した。(私の時は可能でしたが、今はどうか、それはご自身で確かめて下さい。)
わが身びいきな言い方とは思いますが、できれば他大学の空気も吸ってからお越しになっても遅くないと思います。多眼的な見方ができるという意味で。
恐らく最大の関門は師匠選びだと思います。それがクリアーされているなら選択肢は広い。逆に師匠が決まっていないなら、早くから先生方を通して師匠選びをされた方が良いと思います。

はい、自分の目で見て判断なさってくださいね

拝読させて頂きました。仏教をそして特に浄土宗の教えをしっかりと学びたいのであれば迷うことなく大正大に行くことがベストだと思います。
私は大正大卒ではありませんから実体験としてはご説明はできませんが大正大では仏教の基本や浄土宗の基本を素晴らしい先生方がしっかりと教えてくださいます。
念のためホームページや問い合わせや現地に見学に行ってみても良いと思います。
今はとても綺麗な大学です。
ご自分の目で見てしっかりと判断してみてくださいね。
http://www.tais.ac.jp/faculty/department/buddhist_denominational_studies/

あなたがこれからご自分の意志でしっかりと仏教そして浄土宗の教えを学び、素晴らしいお坊さんになられます様にと心から仏様にお祝い申し上げます。

回答僧

柴谷宗叔

何を求めるか

ご自分の判断だと思います。
浄土宗の僧侶になるなら大正大学か佛教大学に入るのが無駄がなくいい先生がそろっています。
見聞を広めるのなら一般の大学に行き、卒業後大正大学編入あるいは大学院入学という手もあります。
偏差値のプライドを求めるのなら、東京大学や早稲田大学あたりに行くのならともかく、東洋、駒沢あたりではあまりメリットはないかもしれません。ただ、そこに来ている学生の幅広い見識は、僧侶養成大学の小さな世界とは違うと思います。卒業後の人脈も違ってきますから。
どちらを求めるかはあなた次第です。よく考えて決断してください。


質問者からの有り難し - お礼

ありがとう御座います。
心から感謝致します。
合掌

関連する問答
このページの先頭へ