お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

覚え方

うまく言えませんが、般若心経を覚えることに挑戦してみようと思っています。
まずは意味は分からないけど全部言えるようになる方がいいか、一区切りずつ意味を分かって覚えて行くべきか迷っています。
つまらない質問ですみません。
よかったらアドバイス下さい。

仏教
有り難し 35
回答 2

質問投稿日: 2017年2月8日 23:53

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたのいのちが喜びを感じる方向で

般若心経を覚えたいのですね。そのようなお気持ちがおこった仏縁に感謝しましょう。

さて、どうするかですが、「~すべき」の考えは「~したらいいことがある」という考えから生まれるような気がします。

お経の言葉を覚えたほうが何か効果があるのか?意味を理解した方が何か効果があるのか?

もしそうだとしたらその考えはやめたほうがよいでしょう。お経を暗唱することで、あるいは意味を理解することで、私が何かよりよい私になるということはありません。

お経に説かれている内容から私というものの存在の在り方を知らされるところに尊さがあります。より良い私ではなく、今の私を知るのです。私とは何かを知るのです。

お経を理解するのでなく、私を理解する、そこにお経に説かれた法(教え)の尊さがあります。

まずは「~すべき」より「~したい」と感じた方向で学ばれてはいかがでしょう。全部読めることが喜びならそちらから、意味が分かることが喜びならそちらから。

お経の音としての響きにも、説かれる意味の深さにも、私とは何かを知らせ、私のいのちをよろこばせるはたらきが溢れています。

私なら意味は分からずともまずはCDなどの音源を聞きながら唱えてみて全体の響きを味わい、解説本などを通じて少しずつ内容に触れていきます。
これは何が説かれているのかな?私にとってはどういうことになるのかな?と確かめていきます。

ご参考まで。

2年6ヶ月前
回答僧

妙香

根詰めず、細く長いおつきあいを

こんにちは。

私は、お経は根詰めて暗記せずに、生活習慣の一部に組み込んでしまうのが良いと思います。

まずは、毎日声に出して音の響きやグルーヴを味わうところからはじめてみてはいかがでしょう?

何がともあれ、毎日向き合う時間をつくること。これが、本当の意味で「お経があなた自身の一部になる」最短ルートです。

毎日触れていれば、口が勝手に覚えますし、自然と気になるフレーズがでてきます。そうしたら、書き留めて、意味を調べてみてください。それが、今のあなたに最も必要なフレーズかもしれません。

お坊さんでも、お経のワン・フレーズを消化するのに何年もの期間を費やす、なんてことはザラにあります。

わかったつもりになっていても、自分が成長することで、また新しい見方が加わることもありますしね。

逆に、ひとつのフレーズさえ自分の一部にしてしまえば、他のフレーズの意味も芋づる式に理解できる、なんてこともあります。

ひととおり暗記したら終わり、語句の意味を辞典で調べたら終わり。そうはいかないのが、お経の面白さです。

細く長いお付き合いをするつもりで、ゆっくりと距離を縮めてみて下さいね。

合掌

2年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

アドバイスありがとうございます。
今の私を知る、私とは何かを知るということが大切なんですね。
また、お経は覚えたらおわり、意味を一通り調べれば終わりということでもないんですね。
少し前に仏教に興味を持ち、ほんの少し調べて知ることができただけで、日常やつらいとかに楽に考えられるようになりました。
それで、今は般若心経について知りたいと思っているところです。
何も分かってはいませんが、これまで遠い存在に感じてた仏教が、身近に感じるようになってきました。

「仏教全般」問答一覧

「仏教全般」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ